在英邦人、でも心はキューバ

期間限定、シャンハイ在住。
英国&ニッポン共に年2回ペースで里帰り中。


テーマ:

たくさんのビーチがあって外国人ツーリストも多い観光地ゴアの、

観光スポットでもビーチリゾートでもないエリア、

その名も、「バスコ・ダ・ガマ」 Vasco da Gama という街。


ちょっとした用事ででかけたついでに、ぶらりと散策してみた。

地元の人に、ここにはとくに見るものはないよ、といわれたけれど

知らない街の知らない風景は、それだけでとても新鮮。


外国人女性がひとりで歩いていても危険じゃないし、

観光地ではないから、土産物店の呼び込みや

しつこい物売りや物乞いもいない。


リゾートのホテルやレストランは、隔離された特別空間、

良くも悪くもサンクチュアリーだから、

ふつうの人たちが暮らす、ふつうの空間、

オフィスや住宅や路地裏にある生活の匂いを

感じることはむずかしい。


街に出て、自分の足で、(できればひとりで)

人の流れに沿って、あるいは、わざと逆らって、

思いつくまま気の向くまま、目的もなくただ歩いてみれば

またいろんなものが見えてくる。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


メインストリートから少し奥まったところにあった駅。


列車待ちなのかただ涼んでいるだけなのか、

日陰で新聞を読む人たち。




在英邦人、でも心はキューバ



在英邦人、でも心はキューバ




歩きながら、なんとなくキューバを思い出していた。


ハバナにもよく似た家があったなあ。



在英邦人、でも心はキューバ



ペンキの剥げ落ちたコロニアルなスタイルの建物とか

朽ち果てそうな公衆電話とか。



在英邦人、でも心はキューバ



在英邦人、でも心はキューバ



回廊の感じとか、その壁にとりつけられた

大型で旧式のうるさそうなクーラーとか。

横を通ったら、もわっ、と生あたたかい風が吹き出してきた。




在英邦人、でも心はキューバ



こんな映画館もキューバのどこかの町にありそう。



在英邦人、でも心はキューバ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



真っ白な教会。




在英邦人、でも心はキューバ



オレンジ色の瓦屋根のつつましい住宅群。


街外れの雑居ビルの3階から見下ろした風景。



在英邦人、でも心はキューバ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


炎天下を数時間歩き回ったところで、ひとやすみ。

よさそうなホテルをみつけたので、そのホテル内の

エアコンの効いたカフェで水分補給。


インドの缶ビールのなかで一番美味しいと思った

「キングフィッシャー」のドラフト。


あらかじめ冷やしてあったジョッキがでてきて

ポイント高い!


クーーーーッ!!!



在英邦人、でも心はキューバ



インドの、ゴアの、バスコ・ダ・ガマにて。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いまさら説明不要ですが:


「バスコ・ダ・ガマ」は教科書にも必ず出てくる歴史上の有名人、

ヨーロッパから南アフリカの喜望峰を周ってインドに着く、という

「インド洋航路」を開拓した、大航海時代のポルトガル人です。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

インド西海岸、アラビア海に面したゴアは

大航海時代から長いあいだ、まだほんの数十年前まで

ずっとポルトガル領だったところ。


西洋風の建物や文化の名残りがそこかしこに漂っていて

どこかインド離れした雰囲気のある街。


アジアの旧ポルトガル領という意味では

マカオにも共通するところがあるような。


中国に行った、という響きと、マカオに行った、という響きが

違って聞こえるように、

(そして実際に訪れてかなりの違いを見つけられるように)

インドに行った、というよりも、

ゴアに行った、というべき、今回の旅。



アジアの一大交易拠点は

キリスト教の布教活動の拠点でもあって、

日本人になじみの深い、あのフランシスコ・ザビエルの

ゆかりの地でもある。


ヨーロッパ ~ 大陸アジア ~ 東洋の島国。

頭の中に航路がぱーっと広がる。


単なるビーチリゾートではない、

深いバックグラウンドを持った街。



オールド・ゴアの風景。




在英邦人、でも心はキューバ




在英邦人、でも心はキューバ



在英邦人、でも心はキューバ



在英邦人、でも心はキューバ


聖フランシスコ・ザビエルのお墓があるボン・ジェズ教会。


ミサも多言語で行われていた。



在英邦人、でも心はキューバ


この一帯、「ゴアの聖堂と修道院」として

ユネスコの世界遺産にもなっている。



在英邦人、でも心はキューバ




在英邦人、でも心はキューバ




在英邦人、でも心はキューバ



在英邦人、でも心はキューバ




在英邦人、でも心はキューバ


ゴアにて。




・・・・・・・・・・・・


ゴア、ときくと、つい「マグマ大使ーっ!」を連想してしまう。

見ていたのは再放送ですから。念のため!

(何のことかわからない人はスルーしてください。。。)



ザビエル、ってずっとカタカナで「ザビエル」だったから、

はじめて Xavier というスペルをみたときは、フランス人の「グザビエ」や

スペイン語圏の「ハビエル」 Javier という友人とつながって

ちょっと感動した。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回のインドはゴアだけの滞在。

宿泊先は去年と同じ海辺のリゾートホテル。


はりきって観光に出かける、という日々ではなくて

のんびりだらだらゆる~くすごすというのが基本。


朝食が済んだら水着に着替えてプールサイドへ。

デッキチェアとパラソルを確保して

日がな一日読書に耽る。


ビーチタオルだけを持って目の前の砂浜におりて

椰子の木陰でボーッと波の音を聞いたり。


今年は春先のホリデーが体力的にとてもハードな旅、

体育会系のヒマラヤトレッキングだったから、

今回のインドはゆるゆる滞在でちょうどバランスがいいのだ、と

自分自身にちょっぴり言い訳などしながら。



(わたしが怠惰な時間を満喫しているあいだも

我が家の英国人はオシゴトだったので...。)





在英邦人、でも心はキューバ




3週間を超えるホテル暮らし、

一切の家事労働から解放されて、

身も心も緩みっぱなし。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、現実。


師走のイングランドに戻ってきて

一気に襲ってきたその反動。


一ヵ月近く留守にしていたうちにたまった雑事プラス

年の瀬にむけての準備、その他諸々。


クリスマス~年末年始は

義理パパと義妹一家が総出で遊びに来ることになっている。


さらに慌しい日々になりそうな予感。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。