在英邦人、でも心はキューバ

期間限定、シャンハイ在住。
英国&ニッポン共に年2回ペースで里帰り中。


テーマ:

住んだことがある(便宜上3ヵ月以上の滞在)、という街を別にして、

回数にして一番多く訪れたことがある異国の街が、たぶん、パリ。


初めての訪問は90年代はじめ、ユーレイルパスを使って、

スーツケースごろごろ引っ張って、列車での欧州ひとり旅。

他にもっとカルチャーショック度が高い国や街があったから

このときのパリの印象は薄い。


その後は仕事でお客様をお連れして毎年平均5~6回程度。

日本からのツアーで、フランスだけの周遊だったり、

「ロンドン・パリ・ローマ」という首都めぐりの旅の一環だったり、

「オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ」の旅の最終地点だったり、

「ドイツ・ロマンチック街道とスイス・アルプス」の旅の最終地点だったり。

観光以外でも、ファッション関係のお歴々やバイヤーとご一緒して

ミラノ・パリ・ニューヨークのコレクションに同行したり。


仕事で行っていたころは、観光地周辺しかみていないし

時間的な余裕がなかったこともあって

あまり好きな街ともいえなかったなあ...。


パリの魅力に開眼したのは、プライベートで出かけるようになってから。

特に南仏ニースで3ヵ月、語学学校に通ったあと、再訪したパリ。

フランス語とフランス人とフランスという国のことが、

ほんの少しわかるようになって、やっとみえてきたあの街の面白さ。

(あのとき学習したフランス語、今ほとんど記憶に残ってないって、

いったいどういうこと!?)


仕事を引退してロンドン在住になってからも、

距離的に近いので、年に数回はショッピングに出かけていた。

有名ブランドに興味がなくても、街ゆく人を眺めているだけでも

どこかお洒落で何かインスパイヤーされるものがある。


ロンドンを離れて、感覚的にもずいぶん遠くなってしまった今、

今回のパリはなんと2年ぶり。

そんなにも行っていなかったなんて!


新しいショップやレストランがどんどんオープンして

表面的なところが変化しても、パリの魅力はやっぱり変わらない。

2年前の使い残しのカルネ(地下鉄・バス共通の回数券)も使えたし

覚えている街角の情景も以前のまま。


パリは、気軽に行ける、お隣さんの街。

また、ふらっと出かけたいな、と思う。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


目的地が決まっていて、時間の制限もあるのなら

パリの街を動くのはメトロ(地下鉄)が便利。


でも、わたしはいつもできるだけ、バスを使う。

パリに限ったことではないけれど、窓からの風景が見えない

地下鉄はあまり好きではなくて。

車内の空気までなんとなく澱んでいる気がするし。


特別なあてのない今回の日帰りパリの旅も、

ユーロスターが到着するパリ北駅からバスでスタート。

おっ、と思う風景があれば、そこで途中下車。そして、てくてく歩く。

歩きつかれたら雰囲気のいいカフェで一休み。

また歩く。適当なところでまたバスに乗る。。。

気ままな一人歩き。


(ちなみに北駅発の42番のバスで、オペラ座界隈~マドレーヌ~

コンコルド広場~シャンゼリゼ~セーヌ川を渡ってエッフェル塔の足元まで

一本のルートで行けます)



12月のパリの街は、クリスマスのイルミネーションで

いつもにも増して華やかに彩られていた。



在英邦人、でも心はキューバ-paris / dec. 09


シャンゼリゼを横断するバスの車窓から。

遠近法の消失点には凱旋門。


両側の街路樹に細かいライトが灯る

夕暮れ以降の景色はとくに圧巻!




在英邦人、でも心はキューバ-paris / dec. 09

デパートもクリスマスのデコレーション。


在英邦人、でも心はキューバ-paris / dec. 09

ここは毎年まばゆいイルミネーション。

(ちょっと神戸っぽい?)



在英邦人、でも心はキューバ-paris / dec. 09


街歩きの途中の腹ごしらえは、ゆったりランチ。

こちらも2年ぶりの再訪「レストラン・ナミキ」にて。

リーズナブルなランチのメニューの前菜のプレートで、

この豪華さ!メインのお肉も絶品!!

デザートの抹茶のクレーム・ブリュレまでしっかりいただいて

大満足!!!




在英邦人、でも心はキューバ-paris / dec. 09


冬空に映えるエッフェル塔。



パリにて。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


過去の関連記事:

「パリでの食事」

http://ameblo.jp/cuba2005/entry-10040195625.html



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めてイタリアを訪れたのは今から十数年前のこと。

ユーレイルパス(国をまたいで乗り放題の列車の切符)を使って

欧州ひとり旅の途中。


お隣のスイスやオーストリア、フランスに比べて、

イタリアの第一印象はイマイチだった。

人生経験の足りない当時のわたしには(というなら今もそうだけど)

まだまだその魅力がわかっていなかった。


それがその後繰り返し行くようになって

アルプスの麓の北イタリアから、長靴イタリアの爪先やかかと、

その先のシチリアまでじっくり旅して周るうちに

どんどんその魅力にはまってしまった。


美術も建築もファッションも食文化も奥深~く、

地域差も大きくて、とても一筋縄ではいかない国。


古代ローマ帝国以降は、ナポリ王国とかシチリア王国とか

ミラノ公国とかサヴォイア公国とか

フィレンツェ共和国とかヴェネチア共和国とか

いろんな小国に分かれていて、それがくっついたりはなれたり

外来勢力に分割、統治されたり。


「イタリア王国」として統一されて、更に教皇領だったローマや

オーストリア帝国の支配下だったヴェネチアが加わって

今の「イタリア共和国」に近いかたちになったのは、

なんと日本が明治の時代になってから!


長い間別々の歴史を歩んできた土地が

「イタリア」としてひとつになったのはまだ近代のことだから

この国の地域差が大きいのは当然だと思えてくる。


このへんものすご~く面白くて

知れば知るほどもっと知りたくなって止まらない。



今回のホリデーはトスカーナ。

感じてきたのはトスカーナの風景で

堪能したのはトスカーナのお料理とトスカーナのワイン。


イタリアの、とまとめてしまうにはあまりにも大雑把すぎるから

やっぱりあえて「トスカーナの」と言ってしまう。


日本にやってきた外国人も、首都圏だけを見た人と

北海道周遊をした人、沖縄の島巡りをした人、じゃ

全く違う印象を抱くと思うけれど、

イタリアの違いはそれ以上かも。


だからまた、季節を変えて地域を変えて

イタリアにでかけたくなってしまう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*イタリア旅行計画がある人には、ガイドブックを何冊もそろえるより

 塩野七生作品をまず一冊読んでみて欲しい!



過去の関連記事:

「初めてのヨーロッパ (2) イタリア編」

http://ameblo.jp/cuba2005/entry-10002491438.html


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

その他、トスカーナの小さなまち。


かなり詳しい地図、トスカーナだけのロードマップを調べれば

やっと探せるというくらいの規模の小さな小さなまち、

コンティニャーノ Contignano


ツーリストどころか、人の姿がまったく見えない昼下がり。

自動車も走っていないから(停まってもいないから)

ほんとうに中世にいるのかと錯覚をおこしそう。




toscana '08


toscana '08


toscana '08

Chiesa di Santa Maria Assuna a Contignano



人口は2千人ちょっと、と、これまた小さいけれど

こちらは世界遺産に登録されて

アメリカ人観光客も多い(団体行動なのと声が大きいのでよく目立つ)

ピエンツァ Pienza のまち。



toscana '08


toscana '08


toscana '08

Pienza


人口は約7000人、毎日その何倍もの人が訪れるのが

美しい塔の町、サン・ジミニャーノ San Gimignano

ここも世界遺産。


toscana '08


toscana '08



すべて、トスカーナ州シエナ県 Provincia di Siena にある

ちいさな地方自治体 コムーネ Comune

前述のモンテプルチャーノもモンタルチーノも。

(トスカーナには他にフィレンツェ県、ピサ県などがある。)


・・・・・・・・・・・・・・・


そのシエナ県の県都が、シエナ Siena 


こちらはぐっと大きな街、とはいっても人口5万人強。

ここももちろん世界遺産。


大聖堂(ドゥオモ) Duomo di Siena

カンポ広場 Piazza del Campo

マンジャの塔 Torre del Mangia

などなど。


小さなまち巡りのあとにやってくると

人の多さに一瞬眩暈がしそう。




toscana '08


toscana '08



toscana '08


toscana '08



Provincia di Siena - Toscana - Italia



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。