在英邦人、でも心はキューバ

期間限定、シャンハイ在住。
英国&ニッポン共に年2回ペースで里帰り中。


テーマ:


ハバナ市内には2つのカサ・デ・ラ・ムーシカがあって
旧市街からも近いセントロにある方がガリアーノ、
西の静かな住宅街にある方がミラマール。

観光エリアから距離がある分、明らかなツーリストや
そういうツーリスト狙いのヒネテーロ、ヒネテーラが少ないのは
たぶんミラマールの方。
改装して以来、音もこちらの方が良くなった気がする。

マイケル・ブランコのライブは

ガリアーノとミラマール、両方で楽しんできた。

これはミラマールでのライブ。




photo:01





photo:02



マイケルのピアノが弾け飛ぶ、
トランペットのツヤツヤの音が響き渡る、
アグレッシブなティンバ。

マイケル本人は、ネグロ(黒人系)ではなくて
ブランコ(白人系)だけど、
音楽はかなりルンバ色の強いアフロキューバン寄りで

カラダの奥まで分厚いサウンドがズンズン入ってくる。
黒いうねりもしっかりと感じられて、もうたまらない!


しかもライブでは最初から最後まで飛ばしっぱなし、
メンバー紹介以外ほとんどMCもなしで
中だるみというか、休憩するようなヒマは一切なく、
ノンストップでパワフルな演奏が続く。

曲のアレンジも素晴らしくて、
スタジオ録音バージョンだと4~5分の曲が
ライブでは平均10分以上。
ダラダラ長引くのではなくて、どこを切り取ってもすごいから
CDよりライブの方が魅力も倍増!

録り直しや各種テクノロジーの恩恵などなど、の
ごまかしがきかない生音の「ライブ」でも
CDと同じくらいすごい、というのはキューバでは当たり前。
でも、CDより素晴らしい!といえるのは、限られたバンドだけ!





photo:03





photo:05





photo:04





photo:01






photo:02


Maykel Blanco y Su Salsa Mayor  
@ Casa de la Musica  (Miramar)




そして、ここでも中盤以降に登場、
マイケル・フォンツ。
Maykel Fonts



photo:07



このときは一緒に行った仲間もステージに。
ダンスカンパニー所属のプロのキューバ人ダンサー。

いやー、さっきまで一緒に踊ってた人だよ~!
スゴイ! スゴすぎる!!
ふつうにカシーノを踊っても飛び抜けて上手いのだけど、
ステージの上で披露したルンバ(コルンビア)が素敵すぎて
ちょっと言葉にできないほど。
力強いのに、エレガント。
正真正銘、プロのパフォーマンス。





photo:01





photo:08






photo:02





photo:02





photo:09





マイケル・フォンツと並んでもまったく見劣りしない!
サングラスの男性が、アンディ・バローナ
Andy Manuel Gonzalo Varona


マイケル・ブランコとは関係ないけれど
このアンディがキューバのダンスについて語っている
ショートフィルムがあるので、ご紹介。

YouTubeより:
Dance Is Life


某国のサルサティーチャー、インストラクターにも
じっくりと見てもらいたいと思う。
ここでアンディが踊っているのは「サルサ」ではないけれど、
爪の垢でも煎じて飲んでいただければ、と。

(最近辛口でスミマセン。)



・・・・・・・


余談ですが。

カサ・デ・ラ・ムーシカは、エアコンがガンガンに効いていて
ライブのステージが始まるまでの待ち時間、
踊っていないと凍死しそうなほど寒い。

踊りだしたら邪魔になることはわかっていても
長袖の上着は毎回必ず持参しているほど。

でも、今回は「待ち時間」がほとんどなくて、
DJタイムも踊りっぱなしで、上着は不要だった。

しかも一緒に踊っていた相手というのが
アンディやその他プロのダンサーたち。
待遇良すぎ、甘やかされすぎだったから
キューバから戻ってきた今、
まだ上海で踊りたいという気分になれないまま。

あれと比べてはダメ、と頭ではわかっているし
自分自身に言い聞かせてもみるのだけど...。

現地で楽しみすぎると、あとがタイヘン。
これも「キューバ病」の症状のひとつ。
完治するまで、まだもう少し時間がかかりそう。



・・・・・・・



ラムは一杯ずつ買うより割安なので、

飲める仲間とシェアしてボトル買い。

これ以外にも、缶ビールやモヒートも飲んでるんだけどね~



photo:01



カサ・デ・ラ・ムーシカ(ミラマール)にて。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今回のハバナ滞在で唯一2回ライブに行ったのが
「マイケル・ブランコ・イ・ス・サルサ・マヨール」
Maykel Blanco y Su Salsa Mayor

何十年も活動しているバンドが多いキューバのなかでは
比較的新しい方で、メンバーは20代~30代中心、
(十代のころから活躍しているマイケルもまだ30代前半)
若手中心の中堅、と行ったところだけれど
人気、実力ともに今のトップクラスだと思う!

アルバムも気に入っているけれど
ライブのクオリティーはそれ以上!!

iPhoneで撮った写真で先にアップしていた
マイケル・ブランコとマイケル・フォンツ」と同じ、
カサ・デ・ラ・ムーシカ(ガリアーノ)でのライブ。
カメラで撮った分の写真を追記。

ブログサイズで見る限りiPhoneとふつうのカメラ、
写真の出来はそれほど変わらないかも。

レンズ交換ができるような本格的なカメラなら
また違うんだろうけどね。

(でもそういうの持参だと踊れない~~)






photo:07





photo:08



ビジュアルも意識したステージ、
登場の仕方もクール!




photo:05





photo:06



マイケルも演奏を離れて前面に出てきて
踊ったり、歌ったり、フル活動。



photo:10





photo:02





photo:03




マイケル・フォンツも登場。
踊りが上手い(プロ中のプロ!!!)なのは知っていたけれど
歌も上手いというのは知らなかった!




photo:09





photo:01





photo:04




マイケル・ブランコ & マイケル・フォンツ、
ダブル・マイケルを堪能!


@ カサ・デ・ラ・ムーシカ(ガリアーノ)にて。




iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ニッポンが大好きなタニア(日本人が大好きなタニア)のライブも
ガリアーノのカサ・デ・ラ・ムーシカにて。
リュウ・ムラカーミ氏が毎年のように日本に呼び寄せている
「タニア・パントーハ」
Tania Pantoja

わたしも彼女がバンボレオのカンタンテだったころに
東京でのライブに行ったことがある。
(ソロライブは前回もハバナで見ている)


観客に向かって、どこから来たの~?という呼びかけがあって、
カナダとかコロンビアとかメヒコとか
イタリアとかフランシアとかイングラテラとか
定番の答えがあって、
それぞれの国の代表的な曲のひとフレーズを歌って
観客にサービスするタニア。

わたしは黙っていたのだけど、仲間たちが
ハポーン!(ジャパン!)と叫んだものだから、
タニアが急変、それまでとは明らかに違う反応が返ってきた。

ハ~ポ~~~ン!!!! 大好きな国!!!!!
十年以上毎年行っているからよ~く知っている、
美しい国、素晴らしい人たち!、もう本当に最高の国!!!
と大絶賛。

そして「コーヒールンバ」を日本語で歌い始めた。
きれいな発音で、すごい声量で、アカペラで。
ひとフレーズじゃなく、かなり長~く。

ステージから思いっきり見つめられて話しかけられて
その場のニッポン代表みたいな感じになって

なんだかちょっと恥ずかしくなってきたほど。

とにかく、ラブコール、しっかり受け止めました。
どうもありがとうございます!







photo:01




彼女が素晴らしい歌手であることは間違いない。
でも、「元バンボレオ」ではなくて、ソロとなると
いろいろ難しいのだと思う。

歌手としてどんなに優れていても
キューバのダンスミュージックというカテゴリーの中では
曲が作れて、アレンジができて、演奏もできて、
リーダーとして音楽監督的な仕事もできないと
独立しても埋もれてしまうのでは...と。

キューバ音楽のレベルは実際それくらい高いし
北米式の、歌手とそのバックバンド、という関係とは違うから
キューバには、たとえばマーク・アンソニーのような「歌手」はいない。

昨日書いたエル・ノロもそうだし、
元トラブーコのエル・インディオもそうだし、
元バンバンのマジートもそうだけど
やっぱり元のバンドにいてくれた方が... と思ってしまう。

もちろん独立したらからには、頑張ってほしいし
応援しているのだけどね。

正直な感想としては、
タニアのライブは、タニアのリサイタル、
彼女のワンマンショー的な感じで、
ティンバのライブとしては少々物足りなさが残った。

彼女に必要なのは、彼女にあったオリジナルの楽曲と
彼女を活かせるプロデューサー、だと思う。


...って、ちょっと辛口だったかしら。




photo:02



TANIA PANTOJA

Casa de la Musica (Galiano)



一緒に行ったプロのダンサーの仲間たち。
彼らのおかげでDJタイムにはガンガン踊りまくり!





photo:03



カサ・デ・ラ・ムーシカ(ガリアーノ)にて。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。