こんにちは~!

CTN講師の武井伸悟です。

 

プレイフルな生き方を通して

世界をエンパワメントする(元気づける)ことを意図して

福岡の糸島という場所をベースにしながら

海外、東京の多拠点生活をしています。

https://www.kokkara01.com/

 

※Playful(プレイフル)とは
物事に本気で向き合うからこそ生まれる、ワクワク・ドキドキする心の状態を指し、人生を楽しむためのエンジンとして考えだされた概念です。『プレイフル・シンキング』著=同志社女子大学教授 上田信行氏 より

 

実は、この糸島という場所で起業をして暮らし始めたのが昨年の4月から。

 家を自分たちでリノベーションしてオフィス兼自宅にしています。

(是非、遊びにきてください~☺ 

 

リノベーションの木も自分たちの手で切りました笑 

 

 

徒歩30秒で海があります

 

 

ここは玄関

 

 

ここが1階のワークショップスペース

 

 

秋と冬は薪ストーブで火を楽しみます

 

 

写真でみると何てことないのですが

最初の1ヶ月はひたすらリノベーションの毎日で

毎日慣れない作業に悪戦苦闘で大変でした。

 

 

天井を落として、ひたすら磨いてペンキ塗り

 

 

 

 

家だけではなく、極力自分たちの手で

暮らしを創っていこうという意図で

畑も地元のおっちゃん(暮らしの師匠)から学んで

自分たちで耕して野菜を作っています。

 

 

おっちゃんに畝づくりを教わる

 

 

夏に庭でとれるブルーベリー

 

 

冬野菜の赤かぶ

 

 

東京にいるときは

スーパーで並んでいるものを買うだけでしたが

こうやって自分たちで作るようになると

モノづくりの大変さと

食べ物(命)に

向き合うおっちゃんのあり方に

心の底から感銘を受けます。

 

 

先日も冬ということで

夏みたいに雑草がすぐに生えてくるわけでもないということもあり

(そして寒くてちょっとめんどくさかったということもあり)

何日か畑に入らずにいると、、、、

 

ふらっと家にやってきて

 

「ここ何日か畑に入ってないやろ。野菜が可哀想や。」

「そんな向き合い方(あり方)だと美味しい野菜はできない」

「目に見えないからと言って何もしないのではない。

 むしろ目に見えることに対して何かをするのは当たり前で

 目に見えないところにどう気を配れるかが大事」

 

 と、さらっと言い残して帰っていきました。

 

 

CTNのコーチングでも

「環境次第ではなくて、自分次第」

という観点を大切にしていますが

自分のあり方にハッとさせられる体験でした。

 

みなさんは環境次第ではなく、自分次第というところから

生きられていますか?

 

 

武井伸悟

 

AD