こんにちは。後藤照典です。
CTNの東京の講座でコーチングを学び、現在は企業で、人事・新卒採用担当をしています。

 

実は最初、新卒採用担当には希望してなったわけではありませんでした。
部長から呼びだされ、
「今の新卒採用担当が異動になってしまうから、後藤くん、やってくれ」
と、命を受けて着任しました。

私は、制度設計や社員育成などに興味があったため、最初、採用と言われたときは
「え~、やりたくないなぁ」
と思っていました。

 

そんな時に、CTNで「意図」を探究するワークに取り組んだことを思い出し、改めて、自分自身の意図を探ってみました。
※意図については、こちらの平田さんの記事をご覧ください!
http://ameblo.jp/ctnblog/entry-12243378081.html

 

すると、自分自身の中から
「周りの人を元気にしたい!」
という言葉が出てきました。

その時、「はっ」としたんです。
新卒採用担当って、学生さんを元気にする仕事だし、新入社員が入ってくると部署が元気になる。つまり、
「周りの人を元気にしたい!」
っていう、私の意図に沿った仕事じゃないか!わーーー! って気づいたんです。

 

すると、景色が変わりました。
つまらないと思っていた仕事が、とてもやりがいのある仕事に変わりました。

 

その後は、説明会も、面接も、「会った学生さんを元気にする!」という意図から取り組むようになりました。
 
あの手この手を考えて、この手いこう!と決断し、実際に行動し、うまくいったら嬉しいし、うまくいかなくても「じゃあ次どうするか」を考える。
そしてまた「会った学生さんを元気にする」という意図からあの手この手を考えて・・・
そんなイキイキと仕事に取り組めるサイクルがグルグル回るんです。
これを「バイタリティのサイクル」といいます。
※「バイタリティのサイクル」は、コミュニケーション・スキルコースの5回目で扱います。
http://communication.ne.jp/course/ 

 

そんな風にイキイキと仕事に取り組んだ結果、採用難といわれている中で、自社の新卒採用は見事に目標数を達成! 有名企業にたくさん内定をもらった優秀な学生さんが、私の会社を選んでくれるケースも多々ありました。

 

仕事でも、プライベートでも、「コーチングのセンスって、本当にパワフル!」って実感する毎日です。

お読みいただき、ありがとうございました!

 

後藤照典

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る