コミトレ北海道とゆかいな仲間たち

コミトレ北海道で開催している各種講座のご案内や
コミトレ北海道のゆかいな仲間たちが、
日々の生活の中で発見したこと、気づいたことなどを
シェアしています。


テーマ:

皆さん、こんにちは。ニコ

 

昨日、愛知県で91歳の男性が有料道路を逆走し、死亡事故を

起こしたニュースがありました。

 

普段、地域包括支援センターで働く私としては、こういったニュースを見ると他人事には思えません。

 

世間一般的には、こういう痛ましいニュースがあると

 

「早く免許証、返納すればいいのに」

 

と、反応してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

私自身、日々ケアマネとして利用者に関わると、車の運転が出来る高齢者とっては、生活していく上ではなくてはならないものであることも分かります。

 

というのも、

みなさん、自分が高齢者になった時の生活を想像したことがありますか?

 

・足腰が悪くて長い距離は歩けない

・足腰が悪くてバスに乗るにもステップ(階段)の昇降が

出来ない、つらい

・毎週、何かしら違う病気で病院受診している

・買い物するにも重たいものが持てない

・足腰が悪いけど車に乗れるから遊びたいところへ行ける

 

などなど、働き世代である私たち以上に高齢者にとって、

車のある生活が、生きていくことに繋がり、重要である

イメージがつくでしょうか?

 

でも、私がケアマネである前に、一人の人間としてこういうニュースを

見ると思うのが、

 

「高齢者自身が今、自分が何が出来て、出来ないか現実を観ているか」

 

「事故を起こすかもしれない不安があったとして、それを誰かに相談したことはあるのか」

 

「自分の欲求ばかりに生きて、周りへ与える影響を観ているのか。また身近な人がそれを本人に伝えることが出来ているのか」

 

が、ふつふつと私の中で湧いてきて、こうした高齢者ドライバーによる事故は、いずれもコミュニケーションを起こすことで防げると私は思っています

 

例えば・・・

他県では運転免許更新センターに看護師を配置し、高齢者ドライバーと会話することで免許の自主返納が増えている例もあるようです。

 

高齢になると一人暮らしの方も多く、誰ともコミュニケーションを図らないということはあることです。

 

私もケアマネをしていて高齢者ドライバーから自主返納の相談を受けることがあります。

 

自主返納をしようと思いや背景を聴いていると、そこにはこういった事故のニュースを見聞きして

「人さまには迷惑をかけたくない」という影響を観ている方もいらっしゃいます。

でも、自主返納に至らない、その一歩が踏み出せないのは

「生活がかかっているから」

 

そんな高齢者の思いを受け取り、車のない生活となった場合を想定して、生活の中で何が困るか一緒に考え、会話していきます。

 

コミュニケーションを図ることで本当に見るべき、本質が見えてきてきます。サーチ

 

今回のニュースから自分たちに出来ることってなんでしょう?

もしかしたらこれを考えることが、年を重ねた私たちの未来を創ることにつながるのかもしれませんね。ラブラブ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コミトレ北海道さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。