京都市南区の製薬会社「日本新薬」の敷地内で昨年11月、ドラム缶が爆発し東海道新幹線の高架を飛び越えて落下した事故で、京都府警は10日、現場で廃液処理作業をしていた同社社員3人を11日にも業務上過失激発物破裂容疑で書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 書類送検されるのは、いずれも同社環境技術課専任課長の男性3人。
 府警によると、3人は同月16日午後1時40分ごろ、200リットル入りのドラム缶で酸性の廃液を中和しようとした際、廃液の中に過酸化水素水が含まれていることに気付かず、カセイソーダ水溶液を加えて、急激な化学反応により爆発させた疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

パトカーが女子高生と接触 大阪・岸和田(産経新聞)
三宅島空港でも気圧誤送信、5便が目視修正(読売新聞)
津波「Jアラート」が誤報、システム不具合?(読売新聞)
衆院選無効訴訟で5例目判決へ=格差2.3倍、違憲と主張-東京高裁(時事通信)
公然わいせつ容疑逮捕→入院釈放→飛び降り死亡(読売新聞)
AD