政府は11日午前の閣議で、2010年版の「交通安全白書」を決定した。それによると、09年の交通事故による死者数は前年比4.7%減の4914人と、1952年以来57年ぶりに5000人を下回った。死者数の減少は9年連続。
 また、09年の事故発生件数は同3.8%減の73万6688件で、5年連続で減少した。白書は、シートベルト着用率の増加や飲酒運転が減ったことに加え、衝突時の衝撃吸収性に優れた自動車の普及が進んでいることが要因と分析している。 

【関連ニュース】
川に車転落、59歳男性死亡=橋の欄干突き破る
栃木県警元署長、飲酒運転で逮捕=「農業」と発表、「分からなかった」
伊良部元投手、飲酒運転で逮捕=米ロサンゼルス近郊で
酒気帯びで大阪府警職員逮捕=免許課勤務、接触事故起こす
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走

財務副大臣に池田元久氏が内定(産経新聞)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
篠山紀信氏に罰金30万円略式命令 東京簡裁、青山霊園でヌード写真(産経新聞)
関空への補給金凍結を解除=伊丹との統合など条件に―財務省(時事通信)
<不同意堕胎>つわりに効く…容疑者、同級生医師の助言偽装(毎日新聞)
AD