名古屋市の河村たかし市長は14日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見し、「減税こそが政治の役割で、日本社会を変える第一歩だ」と、今年度に行う市民税減税の意義を強調した。

 鳩山首相と小沢幹事長の「政治とカネ」を巡る問題などが影を落とす古巣の民主党に対しては、「消費税を1%下げたり、鳩山首相が給料を下げたりすれば、国民の支持率も上がるだろう」と指摘した。

 会見は、地域分権に関して現場の声を聞こうと同クラブが主催した。

 河村市長は、議会側が市民税の減税を1年限りに修正したことなどについて、「議員が反対するのは、税金の分配権を手放したくないからだ。議員報酬を半減することで、議員の『家業化』からボランティア化に変えたい」と熱弁を振るった。

<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)
平野官房長官「邦人被害は聞いていない」 中国地震(産経新聞)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
ドウシシャ、9000万円所得隠し=「子会社への寄付」と指摘-大阪国税局(時事通信)
「プロ根性あった」「別れたくない」=村本さんの通夜-東京(時事通信)
AD