神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で、強風などで倒れた樹齢1000年以上の大イチョウの根本部分が15日までに、近くに植え直された。県担当者は「植え直しは成功した。再生に期待したい」と話している。
 同八幡宮などによると、大イチョウは根本から約4メートルの部分で切断され、倒れた場所から西側に約7メートル離れた地点に植え直された。
 根が大きく損傷していたことから、同八幡宮は当初、「現状では植え直しは無理」と判断していた。しかし、その後、再生につながるとみられる状態の良い細い根が残っていることが確認されたという。
 このため、同八幡宮が東京農業大の浜野周泰教授に依頼。同教授の指導の下、大イチョウは残された根で養分や水分を吸収できるよう切断され、植え直された。
 県担当者によると、浜野教授は「天候次第だが約90%は再生できる」と話しているという。 

【関連ニュース】
大イチョウの「回復不可能」=鶴岡八幡宮、資料保存も
鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる=「実朝暗殺の舞台」、樹齢1000年

地図に男、男、男…混乱気味の尋問に裁判長も「このままでは分からなくなる」(産経新聞)
東京・浜離宮恩賜庭園の菜の花が満開(産経新聞)
<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
<官房参与>行天氏ら退職(毎日新聞)
雑記帳 「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
AD