ここしばらく、気持ちがざわつく

ニュースが多く流されているようです。

 

 

皆さんもきっと幾つかの事柄に、

心にひっかかりながら、

日々お過ごしのことと思います。

 

 

有名人の方の訃報については、

多くの人の力にもなり、手助けになったことは

喜ばしい事柄の一つではありましたが、

多くの情報を知ることが本当に「今」、

「必要なのか」と、痛めている部分もあります。

 

 

母を癌で亡くしている私は、

闘病中のご家族の皆様の様子が、

ある程度想像できる部分も共感できる部分も多く、

尚更心が痛むのかもしれません。

 

 

静かに、じっくりと、ゆっくりと現実を受け止め、

悲しむ権利も必要なのではないかと・・・。

 

 

次への前向きな一歩は、

本人が進むタイミングでなければ、

踏み出せるものでもなく、

頑張ろうという気持ちも、

自分から湧いてくる力がたまってこなければ、

ただの疲労になってしまうように感じるからです。

 

 

 

そして、もう一つ感じていること。

 

 

それは・・・、

 

 

一方的に流されている情報・内容に、

今一度冷静に考え、

本質を見極められる力を持てるよう、

努めようと思うこと。

 

 

なぜ、そう思うのか。

 

 

私自身中学時代に「いじめ」を体験し、

それまでの物事の考え方を自分の中で変えて、

多面的に物事を捉えることの

大切さを気づくきっかけができたからです。

 

 

自分を100%好きになってもらえることは

絶対にないことを前提に、

ある程度でも「理解して」もらえる人になるために、

できることはあるのでは・・・と思います。

 

 

法律を犯したり、公序良俗違反は、

決して許されないことは前提ですが、

今、目の前に見えていることが

「真実で」「正解」なのか・・・。

 

 

大勢の人が言っているから・・・


大勢の人がやっているから・・・


大勢の人の意見だから・・・

 

 

判断基準は、本当にそこでいいのか・・・。

 

 

冷静に物事を見る力をつけるために、

時に人とぶつかることがあっても、

学び・経験することで、

より多くの物差しで物事の本質や

その人の本質が見えてくるように思うのです。

 

 

最近の流れているニュースから感じる、

つぶやきでした。

 

AD