2017-07-22 20:24:31

自己再生力を上げるセルフケア

テーマ:自分のキレイを創る土台のセルフケア
✿コラーゲンを育てる 潤肌石鹸の入荷状況のお知らせ✿

大変お待たせいたしましたぺこり

潤肌石鹸の入荷日が確定いたしました。

 

7月25日(火)入荷いたします。

 

毎回、お待たせをしてしまっておりますが、

 

3年以上、25種類以上のハーブを漬け込んで

抽出した成分を、生きたまましっかり成分を閉じ込める

特別な製法で

 

コラーゲンを育てる石鹸として職人さんが
一つ一つ作っております。

 

石鹸で使っている油も酸化させない

コールドプロセス製法の数少ない石鹸です。

 

毛穴が小さくなる、くすみがなくなる、

吸い付くようなしっとり感が出てくる

というお声を頂おております。

 

キラキラ石鹸のモニターさんの4週間の経過写真は

こちらからご覧いただけます↓

http://ameblo.jp/cspring/entry-12292877738.html

 

大量生産ができないので毎回、ご予約いただく分のみで
完売させて頂いておりまして、

入荷して2日ほどで完売をさせて頂いております。

 

ご予約頂けましたら、確実に在庫を確保させて頂けますスマイル

 

ご要望の方は、こちらからお申し込みください♥akn♥

http://cspring-official.com/shop/products/detail.php?product_id=5

 

石鹸の成分や詳しい説明はこちらです

http://cspring-official.com/uruhada/

 

 

✿ブログでは伝えきれない、細胞レベルでキレイを作り続ける
あなただけのセルフケアを伝授する個人カウンセリング詳細はこちらから✿

 

このブログにご訪問頂きありがとうございますぺこり

 

このブログでは

「自分のキレイを

最大限に引き出して保つセルフケア」

をお伝えしています。

 

自分のキレイを自分で創り続ける

 

スキンケアなどの外的なケア、

身体の中からのインナーケア、

内分泌や自律神経を司る脳の動かし方

 

など、

根本的なセルフケアの方法をお話ししています。

 

セルフケアの効果を上げて、きれいを創るのは、

スキンケアなどの方法の前に、土台が必要です。

 

それがあって、内分泌や細胞レベルで

キレイが生まれてきます。

 

方法の前にその人の目的によって、

脳の動きと身体環境、老化の速度が変わります。

 

初めての方は、以下の記事からご覧頂ければと思います。

 

何をやっても効果が出ない本当の原因

https://ameblo.jp/cspring/entry-12284878107.html

 

老化の速度はここで変えられる 老けない土台の作り方

http://ameblo.jp/cspring/entry-12290948705.html

 

 

 

こんばんは、藤田千春ですぺこり

 

今日は初めて動画を一人で撮って

アップしてみました。

 

50秒ほどの実験の動画です↓

 

↑このきゅうりきゅうり

無農薬、無肥料のきゅうりで

知人の家庭菜園でとれたものを頂いたのですが

 

バキッと折ったのに、

一度くっついたら離れないんですよ。

 

すっとそのまま

すごい自己再生力です。

 

水分が多くて新鮮なキュウリは

細胞がしっかりしていて

折ってもくっつくそうなんですが、

 

スーパーで売られていたキュウリは

くっつきませんでした。

(全ての物じゃないとは思います。)

 

スーパーの物は

出荷されて時間がたったものなのか

農薬の影響か分かりませんが、

 

動画のキュウリはとれたてではなく

頂いてから5日ほど経っていたので、

 

すごく新鮮でもなかったですが

自己再生力はとても強い。

 

農薬も化学肥料も全く使われていないので、

新鮮さが保てていたのかな

と思いましたが

 

人も自己再生力を持っています。

 

人で言う自己再生力は

免疫力(自然治癒力)です。

 

ここが強いと、ある程度年齢を重ねても、

ダメージを受けた細胞を

自分で修復できる力があるので

老けずらいということです。

 

免疫力が高いと代謝力も高くなるので

肌代謝も高くなる。

 

見た目の年齢の差は

免疫力の差でもあると思います。

 

この話は話し出すと

えらく長くなる気満々ですが

 

スキンケアやサプリメントでは出来ない

自分自身の自己再生力を作るお話なので、

 

まず、物理的に出来る事から

お話ししていこうと思います。

 

無農薬のキュウリが新鮮さを保って

折ってもくっついたのが

 

農薬や化学肥料を与えられていなかったこと

で、日にちがたっても自己再生力を保てた

一つの理由かと思いますが

 

人も同様で

添加物、砂糖、小麦粉を抜いてみる

 

 

これは

わかりやすく身体が変化すると思います。

 

人の免疫も、食品添加物や砂糖

農薬やらで下がります。

 

あまり神経質のなるのも大変ですが

レトルトの物、冷凍食品、

スーパーのお惣菜は

裏のラベルを見ると

 

カタカナや

アルファベットが書いてあります。

 

おにぎりも

「おにぎり、塩、海苔、梅干し」

だけじゃなくて、

 

何やらカタカナで

何やら記載があるものもあります。

 

カット野菜とか出来合いのお寿司とかも

そうですね。

 

そういう物を避けてると

買い物で、買うものがはっきりします。

 

レトルトや、冷凍食品やインスタント

は便利なので、

たまに使うのもいいと思いますが

 

添加物が入っているものが多いので

(入ってないものもたまにあります。)

 

一旦、身体の感覚を取り戻すために

二週間~一か月くらい

リセットする時期を作ってもいいと思います。

 

余りがっつりやろうとしないくても

外食や何か余分なもん摂ったなぁと思ったら

出せるように、

 

お味噌汁や発酵食品を摂ったり、

デトックスをすればいいくらいで

やっていたらいいかなと思います。

 

デトックスドリンクのレシピはこちらです↓

https://ameblo.jp/cspring/entry-12190383205.html

 

 

レトルト、冷凍食品、ファーストフードなど

などはわかりやすいので、

意識的に避けることは出来ると思いますが

 

普段、毎日のように使っている

「調味料」はとっても大事だと思います。

 

例えば醤油は小麦粉が入ってますが

リーキーガットがあったりアレルギーがある場合は

小麦粉は避けたいところです。

 

※リーキーガットとは

小腸の粘膜に穴があいてしまう状態。

 

腸壁に穴が開くと、本来なら体の外に出されるはずの

不要な毒素や重金属や化学物質、バクテリア、

アレルギー元、タンパク質などが

血液中に入り込んでしまい、

 

そこで、栄養吸収や代謝に障害が起こり、

不調や肌荒れを

引き起こしてしまうと考えられています。

 

小麦粉は糖化や炎症も起こしやすいので

私は出来るだけ避けてますが

 

食べたい時は食べるので、

そんなに神経質にはなっていないですが、

 

家で使うお醤油はたまり醤油です。

たまり醤油は小麦粉は入っていないので

 

家でほぼ毎日使う調味料に入っている

添加物や砂糖は、見直してあげると

いいかなと思います。

 

具体的な調味料の紹介はこちらでしてます。

https://ameblo.jp/cspring/theme-10100233694.html

 

そして、免疫力を上げるケアは

自律神経のバランスを整える事

 

これについては、物理的な要素だけではなく

脳の使い方も連動しますが、

 

すぐにできるのは

 

寝る前、

スマホ、携帯、タブレット、テレビ、パソコン

を見ないこと

 

最低1時間前、

ベストは3時間前

 

です。

 

これがなかなか難しいと感じる方も多いかと思います。

これを言うと皆さん、えーって顔になるので笑

 

ただ、

これも、そんなに神経質になる必要はないですが、

少し意識してあげる身体に変化が出ます。

 

寝る前、スマホや携帯を見ているとか

寝室にスマホを持ち込むとかは、

 

自律神経が交感神経優位(闘争逃走の神経)

のまま寝ることになるので、

眠りの質がとてつもなく悪くなります。

 

なので、

成長ホルモンの分泌がすこぶる悪くなります。

 

成長ホルモンは、

日中に受けた細胞のダメージを

修復してくれる働きがあります。

 

サプリメントでは補えない部分です。

 

成長ホルモンのほとんどが

寝ている時に出ているので、

 

私はそれを止めるのは

もったいないと思うので

1時間前は見ないことは続けてます。

 

ちなみに起きてからも1時間見ない

をすると、眠りの質と疲れ方が変わります。

 

交感神経優位の状態が続くと

筋肉の緊張状態が続くので

深い表情じわやたるみの原因にもなるので

 

スキンケアをどうにかするより先に

ここをやってあげるといかなと思います。

 

そして、

体温が一度下がると

免疫力は30%下がる

 

と言われていますが

その体温を作っているのが、

 

基礎代謝です。

 

これすごくすごく大事です。

 

冷える=免疫力が下がる

ということです。

 

基礎代謝が下がると

胃腸の働きも低下します。

 

胃はほうれい線と連動する臓器で

腸は抗重力筋(重力に逆らう筋肉)

を増強させる、ハリに直結する臓器です。

 

その働きは基礎代謝も大きく影響します。

 

始めにお伝えした

添加物と交感神経優位になるのも

冷えの原因ですが、

 

代謝力となる

熱を作るのは筋肉なので、

物理的なケアとしては、

 

スクワットやふくらはぎに筋肉をつける

エクササイズをお勧めしていますが

 

ストレスで基礎代謝は大きく下がります。

 

運動不足よりも、

ストレスの方が代謝を下げる大きな原因です。

 

というのは

ストレスがかかると、ストレスホルモンの

コルチゾールが分泌されます。

 

コルチゾールはストレスに対処するために、

体に蓄えられたエネルギーを燃焼します。

 

長くストレスがかかっていると、

コルチゾールは熱を作るための筋肉を

分解してエネルギーにするので、

 

女性はただでさえ男性より少ない筋肉量が

減ってしまうため、

基礎代謝が下がって冷える寒い

 

これ、ものすごく私思い当たるんですよ

 

この頃、そうでしたから↓

 

離婚やら、職なしやら、

初めての育児やら、フルストレスで

 

基礎代謝も自己再生力も超低くて

胃痙攣で良く病院に駆け込んでましたし、

筋肉もどんどん痩せてましたチーン

 

 

実際、悲しみ、怒り、不安などの感情で

足が冷えて体温が下がる

というデータもあります↓

http://tocana.jp/2014/01/post_3490_entry.html

 

なので、物理的なケアも必要ですが

根本ケアは、自分に

ストレスを掛けないようにしてあげる事

 

脳の苦痛系を

動かしている時間を短くする状態を

作ってあげる事

 

で基礎代謝や

自律神経や内分泌の状態を

良くしてあげる事だと思います。

 

その状態は自分で創ることが出来ます。

自分で身体環境は創れます。

 

長くなったので、次回に続きます。

早めに更新しますね元気

 

今回も最後までお付き合い頂きまして

ありがとうございます。

 

このブログはリンクフリー

Facebookでのシェアやリブログフリーです。

ご自由にお使いくださいスマイル

 

藤田千春(^-^)

 

現在ご提供中のサービス

はな。毛穴縮小、透明感UP、コラーゲンを育てる潤肌石鹸​の詳細はこちらからはな。

http://cspring-official.com/uruhada/

 

はな。ブログでは書けない、あなただけのキレイを自分で作る
セルフケアを学び身につける
藤田千春の個人カウンセリングの詳細はこちらから
はな。

http://cspring-official.com/counselin

 

応援よろしくお願いいたしますぺこり

にほんブログ村 美容ブログへ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

Facebookやってます facebook

お友達申請して頂くと、とても喜びますデレデレ

https://www.facebook.com/cspring0223

整形しないでたるみを解消!藤田千春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:若さって戻るんでしょうか?

>umi78さん

20代の頃と同じ顔に戻るとか、
数年前と同じ顔に戻る
といったことは、ないのと思いますので、

若さは戻るのか?という質問が、
そういった意味でお聞きになられているのであれば戻りませんという回答になりますが

今の自分の肌を自分の中での
いい状態に持っていくことや、

体内環境や身体の使い方などや
セルフリフトアップや脳の動かし方など
ケアをしてあげて

今の自分のいい状態を作って保つことは出来ると思っています。

改善することもあると思います。

年齢を重ねていく事自体は止まられませんが、自分をキレイにしてあげることは、いつからでも、何歳であろうか出来ると思っています。

人の老化を一番進めるのが、下記の記事で書いたことだと思います。

私が変化したのはこれを意識してからです。

https://ameblo.jp/cspring/entry-12284878107.html

https://ameblo.jp/cspring/entry-12290948705.html

私も自信があるのかと言われたら、わからないですが、私はいくつになっても、

自分が自分の基準でのきれいな状態でいると決めてはいます。

そのための事は自分にしてあげようと思い、その時、その時で出来ることをやってきましたし、
今もそのようにしています。

若さを戻す、過去の自分に戻りたい
という視点だと脳の苦痛系が動いて
ストレスホルモンが出続けます。
老化と病気や癌の原因でもあります。

視点は過去ではなく、今を見る
人ではなく自分がどうしたいかどう在りたいか
そこからだと思います。

今の自分をキレイにしていくことは出来ます。

1 ■若さって戻るんでしょうか?

藤田さんのブログとても大好きでよく拝見させて
いただいています、
そこで聞きたいのですが、現在39歳ですが
顔がボコボコ張りがなくなり口の横に肉がたまって
しまっているんですが
努力次第で改善されるんでしょうか??
でも実際藤田さんが綺麗になられてるので
そうなんだと思いますが、自信がありません
返答して頂けたら嬉しいです

コメント投稿