April 17, 2017

老化の速度を変える食べ方と栄養

テーマ:アンチエイジング食事
✿コラーゲンを育てる 潤肌石鹸の入荷状況のお知らせ✿

3月24日入荷分を完売させて頂きました。

ありがとうございますぺこり

 

今月の入荷は

4月20日前後を予定しております。

 

毎回、お待たせをしてしまっておりますが、

 

3年以上、25種類以上のハーブを漬け込んで

抽出した成分を、生きたまましっかり成分を閉じ込める

特別な製法で

 

コラーゲンを育てる石鹸として職人さんが
一つ一つ作っております。

 

石鹸で使っている油も酸化させない

コールドプロセス製法の数少ない石鹸です。

 

毛穴が小さくなる、くすみがなくなる、

吸い付くようなしっとり感が出てくる

というお声を頂おております。

 

大量生産ができないので毎回、ご予約いただく分のみで
完売させて頂いておりまして、

入荷して2日ほどで完売をさせて頂いております。

 

ご予約頂けましたら、確実に在庫を確保させて頂けますスマイル

 

ご要望の方は、お早めにこちらをご覧くださいね♥akn♥

http://cspring-official.com/uruhada/

 

✿ブログでは伝えきれない、キレイを作り続けるあなただけのセルフケアを
伝授する個人カウンセリング詳細はこちらから✿

 

こんにちは、藤田千春ですニコニコ

 

いつもご覧頂いてありがとうございますぺこり

 

今週は、来週19日の東京でのグループカウンセリングの

準備に集中していました。

 

お伝えさせて頂く内容が、

自分で作っていて、これやってたら

もうキレイになるしかないキラキラ

 

という内容になっています。

だいぶ濃いです。お伝えするのが楽しみです照れ

 

今まであまりやってきませんでしたが、

今後、グループカウンセリングや

少人数のセミナーは

開催させて頂きたいと思っていまして、

 

普段、東京での開催が多かったのですが

ご要望を頂ける場所に

お伺いしたいと思っていますので、

 

来てほしい地域の方がいらっしゃいましたら

可能な範囲で

お伺いしていこうと思っていますので、

 

以下にリクエストを頂ければと思います。

http://cspring-official.com/contact

 

一昨日は山口県から静岡市までいらしてくださった読者さんのカウンセリング、

大好きな白で行ってきました花福岡でのセミナーリクエストを頂いたので、今検討中ですniko

 

さて、先週の続きです。

 

前回の記事をご覧になっていない方は

こちらをご覧頂いてから進み頂ければと思います。

これをやめるとハリが出る「もう一つの肌」のケア

http://ameblo.jp/cspring/entry-12264002418.html

 

先週はまず、「もう一つの肌」

をケアすることで、

 

ほうれい線や、頬のたるみ

毛穴の開きなどの予防と改善つながる

 

ということと、ケアをした実例と

 

今までやっていた「もう一つの肌」にとって

負担になることを

 

「やめていく」

ということをお話ししました

 

私的には外的なスキンケアよりも

「もう一つの肌」

 

は、とても

重要視している部分です。

 

前回はまず、やめていくこと

をお話ししましたが

 

今回は

 

もう一つの肌に補っていきたいもの

食事で意識したいポイント

 

について、お話ししていこうと思います。

 

まず一つ目のポイントは、

 

たるみほうれい線に直結する臓器

胃腸をケアすることです。

 

イコールもう一つの皮膚

粘膜のケアでもあります。

 

 

胃のケアは、なんといっても

消化をよくしてあげることです。

 

もう一つの肌、粘膜は消化に負荷がかかることや

食べすぎると、炎症を起こします。

 

前回ご説明をさせて頂きましたが

炎症は活性酸素を発生させる元になります。

 

つまり、老化の元になるので、

体内の炎症は出来るだけ

押さえたいことろです。

 

そして

 

消化に負荷をかけないということは

実はとても大事な

アンチエイジング対策なんです。

 

詳しく話すと長くなってしまうので、

超ざっくり言うと、

 

肌や髪や爪などの生まれ変わり(代謝)は

消化に負荷がかかると、

 

身体にとっては一番大事な仕事の、

栄養の消化吸収だけに

 

エネルギーを取られてしまって

肌や爪や髪の代謝する力が

なくなってしまう

 

という身体の仕組みがあるからです。

 

なので、私は消化については

超意識しています。

 

まず、すぐに出来るのが

一口を30回以上噛むこと歯

です。

 

これ、慣れると楽しいんですよ

 

噛むと唾液が

いつもより多く分泌されるのですが

 

唾液にはパロチンという若返り物質

が含まれていて

 

噛むことで分泌が出来るので

噛めば噛むほど、若返り物質が出るniko

 

と思うと楽しいので

すっかり習慣化してますが、

 

噛むだけでも、

すごくいいアンチエイジング効果があります。

 

噛むことで分泌されるサラサラした唾液には、

サプリメントでも販売されている

 

消化酵素が含まれています。

 

また、

 

でんぷんを分解する「アミラーゼ」

脂質を分解する「リパーゼ」

 

活性酸素を除去する「ぺルオキシダーゼ」

糖を分解する「プロチアリン」

 

も含まれています。

 

サプリメントよりも自分で分泌したものは

自分にぴったりカスタマイズされた

ものですので、

 

これは、やったもん勝ちです♪

 

前回の記事でビフォーアフターの写真を載せた

うちの母は、あまり噛まない人だったので

 

唾液が出るようになったと言ってましたが

胃腸も肌も調子がいいそうです。

 

輪郭もスッキリしてきたように思います。

 

 

3週間前↓

 

3週間後↓

 

前回の、粘膜に負荷がかかるのを

やめることと、

 

今回の記事でのことなど3週間

実践して顔の印象もだいぶ変わりました。

 

そして、消化の助けになる

酵素を入れながら食事をしてあげると

炎症を起こしずらくなります。

 

日々の習慣として意識することで

老化の速度が変わると実感しています。

 

前々回の記事でも書きましたが

私は消化の助けになる

 

大根おろし大根は多用してます。

 

元々、大根は好きですが

 

大根は中庸な食品ですし

その中には100種類以上の酵素

が存在していますし、

 

腸をよく動かしてお掃除もしてくれます。

 

肉料理には最適です。

 

大根おろし以外も

よくすりおろしてます。

 

それは

野菜や果物をすりおろすことで、

野菜や果物の細胞の膜が破れるので、

 

中に閉じ込められていた

細胞内の酵素があふれ出して

酵素が活性化されて、

 

サラダとして切って食べるより

酵素を2倍も3倍も増やして

体内に取り込むことが出来るからですハート

 

とても強い消化の応援団になるので

サプリメント代わりにスリスリしています。

お気に入りの鬼おろし器で照れ

 

これで、野菜や果物をすると、

野菜にの繊維も栄養を壊さないですれて

野菜がおいしいんです。

 

マイ鬼おろし器ハート竹製です

 

大根の他にも、

 

カブ、林檎、人参、大和芋、長芋、

きゅうり、生姜、セロリ、ニ

ンニク、蓮根、玉葱、梨、柿、

 

など良くすりおろして食事に添えたりしています。

 

※果物は食事と一緒に摂らずに

食前20分~30分前に摂ると

消化をすすめてくれます。

 

このドリンクも消化とデトックスには

効果絶大です。簡単です↓

 

そして、

二つ目のポイントは

粘膜強化の栄養素を補ってあげる事です。

 

粘膜強化の大事な3大栄養素は

私的には

 

ビタミンC、亜鉛、プロバイオティクス

 

です。

 

ビタミンCはコラーゲン生成の材料にもなるのですが

粘膜にもとても必要な栄養素で

 

特に、パソコンやスマホ、

デスクワークが長い方は

ビタミンC補給が必要だと思います。

 

なので、目を酷使する私は、

意識的に摂っています。

 

食品でビタミンC

含有量が多いのは、

 

赤、黄、緑のピーマン、パセリ、芽キャベツ、

ゴーヤ、レッドキャベツ、大根

焼きのり、青のり、カイワレ大根、つまみ菜

素干しのわかめ、とろろ昆布、ブロッコリー

柿、キウイ

 

などです。

 

サプリメントで

補ってもいいと思います。

 

参考までに

私はサプリメントを選ぶ時に、

成分表記に

 

ステアリン酸マグネシウム

(これは、チョークと同じようなもので、

最近の研究では、NK細胞の働きを悪くする

と知られています。)や

 

二酸化チタン

(国際がん研究機関が、

この原料は発がん物質があると発表しています。)

 

の表記がないものを

選ぶようにしています。

 

甘いものが好きでやめられない場合も

ビタミンC不足が考えられる

 

ので、意識的に食事でも取り入れていくと

甘いものへの欲求も抑えられると思います。

 

亜鉛は

玄米、牡蠣、豚レバー、鶏レバー、牛肉

煮干し、高野豆腐、卵(卵黄)、

松の実、黒ゴマ、かぼちゃの種、パルメザンチーズ、

 

などに多く含まれています。

 

また、

ローズヒップティー、セージ、フェンネル

にも含まれているので、

 

コーヒー、紅茶、緑茶を

上記のハーブティーに切り替えると、

手軽に亜鉛が摂取できます。

 

私はビタミンCの含有量が多い

ローズヒップは、ものすごくよく飲みます。

 

そしてプロバイオティクス

 

サプリメントじゃないと

摂れなそうなイメージですが

 

プロバイオティクスを

増やしてくれる食品はたくさんあります。

 

ぬか漬け、漬物(添加物に注意)、キムチ

納豆、醤油(小麦粉が入っていないたまり醤油)

玄米甘酒、テンペザワークラウト

 

また、腸の善玉菌レベルを上げる

プレバイオティクスは

 

ピスタチオやバナナ、はちみつ(純粋なもの)、

オリゴ糖、タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、

キャベツ、トウモロコシ、ネギ

 

等です。

 

動物性のヨーグルトは消化が大変なので

私は勧めないです。

 

毎日の食事で、少しだけ

粘膜を意識するだけでも違ってきます。

 

うちの母はサプリメントなど使ってなかったですが

普段やっていた粘膜の炎症を進めることをやめて、

 

栄養を補う事を意識していただけですので、

意識することって大事だとつくづく思います。

 

やっぱり長くなってしまって

話し切れなかったですが

 

炎症を抑える栄養素や

酸化や炎症の元を作る油は

何を使ったらいいのか

 

など、次回またお話させて頂きたいと思います。

 

このブログはリンクフリー

Facebookでのシェアやリブログフリーです。

ご自由にお使いくださいスマイル

 

最後までお付き合い頂きまして

ありがとうございますスマイル

 

藤田千春(^-^)

現在ご提供中のサービス

 

はな。毛穴縮小、透明感UP、コラーゲンを育てる潤肌石鹸​の詳細はこちらからはな。

http://cspring-official.com/uruhada/

 

はな。4月19日・東京:たるみほうれい線グループカウンセリングキャンセル待ち受付中:詳細はこちらからはな。

http://ameblo.jp/cspring/entry-12261764390.html

 

はな。ブログでは書けない、あなただけのキレイを自分で作る
セルフケアを学び身につける
藤田千春の個人カウンセリングの詳細はこちらから
はな。

http://cspring-official.com/counseling

 

応援よろしくお願いいたしますぺこり

にほんブログ村 美容ブログへ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

Facebookやってます facebook

お友達申請して頂くと、とても喜びますデレデレ

https://www.facebook.com/cspring0223

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

整形しないでたるみを解消!藤田千春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿