April 09, 2017

これをやめるとハリが出る「もう一つの肌」のケア

テーマ:本当の美肌の作り方
✿コラーゲンを育てる 潤肌石鹸の入荷状況のお知らせ✿

3月24日入荷分を完売させて頂きました。

ありがとうございますぺこり

 

今月の入荷は

4月中旬を予定しております。

 

毎回、お待たせをしてしまっておりますが、

 

3年以上、25種類以上のハーブを漬け込んで

抽出した成分を、生きたまましっかり成分を閉じ込める

特別な製法で

 

コラーゲンを育てる石鹸として職人さんが
一つ一つ作っております。

 

石鹸で使っている油も酸化させない

コールドプロセス製法の数少ない石鹸です。

 

毛穴が小さくなる、くすみがなくなる、

吸い付くようなしっとり感が出てくる

というお声を頂おております。

 

大量生産ができないので毎回、ご予約いただく分のみで
完売させて頂いておりまして、

入荷して2日ほどで完売をさせて頂いております。

 

ご予約頂けましたら、確実に在庫を確保させて頂けますスマイル

 

ご要望の方は、お早めにこちらをご覧くださいね♥akn♥

http://cspring-official.com/uruhada/

 

✿ブログでは伝えきれない、キレイを作り続けるあなただけのセルフケアを
伝授する個人カウンセリング詳細はこちらから✿

 

こんにちは、藤田千春ですニコニコ

 

ご覧頂いて、ありがとうございますぺこり

 

前回のお話はこちらからご覧ください♥akn♥

台所は薬箱、簡単デトックス便秘解消はこれ

http://ameblo.jp/cspring/entry-12263182041.html

 

金曜日は、息子君の中学校の入学式でしたキラキラ

 

うちの息子君は、

中学生になるのを楽しみにしていたので、

 

親子共々、ほぼほぼ緊張感がない(笑)

ずっと笑顔の入学でしたニコちゃん

 

息子君のお友達の近所の大人の方々からも

お祝いを頂いたり、

たくさんの方から祝って頂きました。

 

私は息子君に対しては放牧な感じで(笑)

12年間一緒に暮らしてきましたが

 

すくすく、素敵に育ってくれて

有難い限りです。

 

 

さて、

 

スキンケアで、肌の保湿や

紫外線から肌を守ることは

毎日意識しますが、

 

「もう一つの肌」

を意識することで、

 

ほうれい線やたるみの予防と改善の

になることを実感した例があったので、

 

お話させて頂きますね

 

 

20代から30代半ばくらいのころの

私の事なんですが

 

とにかく、胃の調子が悪くって、

直ぐ胃が痛くなったり、気持ち悪くなったり

もたれたり、胃痙攣になったり、

 

よく風邪もひいてましたが、

必ず始め喉が痛くなってました。

 

 

今より20~15歳くらいは

若かったですけど、

 

ほうれい線は、今より濃くて長くて

目立ってましたし、

 

肌は、毛穴が開いていて、

肌の色もくすんでいて色むらのある肌で、

 

顎のあたりにいつも吹き出物があって

肌も今より、ずっと汚かったです。

 

(アゴ周りの吹き出物は消化器系や

ホルモンバランスや、自律神経の乱れ

が原因の事が多いです。)

 

このころですね↓

34歳の時に美容外科のメール相談に添付した顔の下半分の写真です。

上記のようなことの原因は

この頃の私の食生活に大きな原因があります。

 

 

朝ごはんは

山〇の食パンにマーガリンとジャムを

たっぷりつけて、

 

たまに菓子パンだったり、

たまにヘルシーだと思い

天然酵母のパンにしてみたり、

 

スーパーで売っている

チョコレートやらクッキーやら

ポテトチップやスナック菓子を

おやつや食後に食べて

 

忙しいからと言って、よく

〇ックド〇などを使って炒め物をして、

 

使う油は適当なサラダ油で、

スーパーのお惣菜や、

ファーストフードをよく食べ、

 

揚げ物が大好きで

外食では、揚げ物祭り、

 

小麦粉物やスイーツが好きで

パン、うどん、パスタ率が高く、

 

豆腐や豆乳が良いと信じて

超積極的にがっつり摂り、

 

カテキンがいいからと

緑茶でたっぷり水分を摂り

 

といった感じでした。

 

 

 

今回のお話の「胃や粘膜」に

スポットを当てて言いますと

 

上記の事は

粘膜をがっつり炎症させる元だったり、

 

老化の原因、

酸化を進めるものだったりします。

 

私が胃が極端に弱かったのは

ざっくり言うとストレスの要素も

大きかったですが、

 

普段の習慣や食生活で

粘膜を荒らしていたことも

大きな原因の一つです。

 

粘膜が荒れると

何がそんなに悪いのかというと

 

私たちの粘膜は、

よからぬ菌やウィルスが

侵入してこないように守ってくれています。

 

粘膜が弱るということは、

抵抗力や免疫力が弱るという事ですので、

 

バイ菌や細菌が侵入しやすくなります。

 

そうなると、体の内部で

小さな炎症が起きやすくなります。

 

炎症が起こると

どうなるのかといいますと、

 

体内では侵入したバイ菌たちを攻撃する為に、

「白血球」などの

免疫細胞が活発になります。

 

それによって「活性酸素」

が大量に作り出されます。

 

「活性酸素」は

身体の外から侵入したバイ菌や

異物を攻撃する為に、

 

免疫細胞が作り出すものですが、

大量に作られると

 

自分の細胞自体を傷つけて

老化の速度を加速度的に進めていきます。

 

なので、出来るだけ身体の中の

炎症を抑えたいんですが、

 

上記のような、以前の私の食生活は

炎症を進めるものたちになります。

(ほかにも原因はありますが)

 

炎症によって肌の表面に現れるのが

肌荒れや吹き出物や

 

脂漏性皮膚炎(皮膚が脂っぽくなり炎症をおこす)や

口内炎や口角炎や

毛穴の開き、くすみなどが

分かりやすい症状だと思います。

 

また、

 

東洋医学では胃の粘膜が弱ると

ほうれい線ができやすい

とも言われていて、

 

胃は口周りの筋肉とも連動しているため

胃が弱ると、

 

ほうれい線やマリオネットラインに

ダイレクトに影響する口角挙筋や

 

顏顔全体の筋肉とつながっている

口輪筋も弱るので

 

顔が下がった印象になったり

ほうれい線が出やすくなったり

ということがあります。

 

なので

 

スキンケアではできない、

もう一つの肌のケアは、

 

粘膜を大事にする事です。

 

それは

ほうれい線やたるみの

予防と改善のケアでもあります。

 

 

うちの母が以前の私と同じような

食生活でして、

 

体調がよくない、顔が老けこんだ気がする

と言っていたので

 

まず、今まで意識せずに

やっていた食習慣をやめることを

3週間やってみてと伝えました。

 

伝えたのは

 

・山〇パン、菓子パンをやめる。

 

・小麦粉物は3週間やめてみる

↓

花理由

菓子パンや山〇パンなどは

添加物や保存料などが多く、

 

酸化、炎症を引き起こす原因になるので

まず、それをやめてあげる

 

また

「乳がん患者の8割は朝、パンを食べている」

 

という癌の食事指導をされいる方の

本も出ているほどなので、

習慣的に、食べる必要はないと思いますし

 

(うちの母は、長いこと朝食が菓子パンや食パンで

2度、乳がんやってます。)

 

小麦製品は、血糖値の急上昇もあり、

たるみの原因、糖化を引き起こしますし、

 

腸壁に穴が開く

リーキーガットの原因とも言われてますし

 

天然酵母も全粒粉のものも

小麦は小麦なので

嗜好品だなぁと思ってます。

 

小麦粉物が好きな方は

こちらをご覧頂くといいかと思います↓

 

 

・レトルトの調味料やマーガリン、

調理でサラダ油を使わない。

 

花理由

マーガリンはいわずもがな

なトランス脂肪酸ですから

酸化、炎症を進める食品です。

 

サラダ油は

細胞膜を酸化させるので

使う油は選んであげたいところです。

 

油については長くなるので

また、次回お話ししたいと思います。

 

・豆乳、豆腐をやめる

 

花理由

豆乳についてはこちらをご覧頂くと

分かりやすいかと思います↓

 

豆乳は飲まない方がいい

http://ameblo.jp/cspring/entry-11605775410.html

 

あと大豆のレシチンやサポニンは

天然の界面活性剤ですので

 

発酵していない状態で

大豆や大豆製品をたくさん摂ると

粘膜を痛めるので、

 

粘膜が弱っている時は

発酵していない大豆製品控えたいです。

 

・緑茶をハーブティーに切り替える

 

花理由

 

緑茶は、カフェインがあるので、

あまりたくさん飲むと

 

利尿作用が強く、体内に残しておきたい

ミネラルも排出させることと

 

緑茶のタンニンは

あまりたくさん摂ると

胃粘膜を痛める原因になります。

 

なので、粘膜が弱っている時は

タンニンが入っているものは

控えたほうがいいと思います。

 

(ほうじ茶、煎茶、紅茶、

コーヒー、ワイン、ウーロン茶、ビールなど)

 

また、タンニンは鉄の吸収を妨げるので

食事でとった鉄分を吸収しずらくなります。

 

貧血は美肌とアンチエイジングの大敵なので

食前、食事中、食後のお茶などの摂取も

気を付けたいところです。

 

 

上記の事をまずやめることで、

(細かく言うと、まだやめたことはありましたが

書ききれないので)

粘膜、胃腸の炎症の元を断ちつつ

 

(母は甘いものが好きすぎるので

砂糖やスイーツも代替品にしました。

その辺も次回お話しします。)

 

炎症を抑える食事や栄養を補うケアで

 

3週間ですが、肌と髪にハリが出て

なんだか若返ってましたニコニコ

 

母もうすぐ70歳、3週間前の写真↓

   

           ↓

こちらは一昨日の写真です。

 

粘膜の炎症を抑えるのは、

肌や顔のハリを作る

もう一つのスキンケアでもあります。

 

まず、粘膜の炎症を起こす

元を断ってあげることからです。

 

長くなったので、また次回の記事で

炎症を抑える食事や栄養などの

お話ししますね。

 

今回も最後までお付き合い頂きまして

ありがとうございますちゅー

 

このブログはリンクフリー

Facebookでのシェアやリブログフリーです。

ご自由にお使いくださいスマイル

 

藤田千春(^-^)

 

現在ご提供中のサービス

 

はな。毛穴縮小、透明感UP、コラーゲンを育てる潤肌石鹸​の詳細はこちらからはな。

http://cspring-official.com/uruhada/

 

はな。4月19日・東京:たるみほうれい線グループカウンセリングキャンセル待ち受付中:詳細はこちらからはな。

http://ameblo.jp/cspring/entry-12261764390.html

 

はな。ブログでは書けない、あなただけのキレイを自分で作る
セルフケアを学び身につける
藤田千春の個人カウンセリングの詳細はこちらから
はな。

http://cspring-official.com/counseling

 

応援よろしくお願いいたしますぺこり

にほんブログ村 美容ブログへ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

Facebookやってます facebook

お友達申請して頂くと、とても喜びますデレデレ

https://www.facebook.com/cspring0223

<

整形しないでたるみを解消!藤田千春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■すごいです

私の母も胃がとても弱いので
教えてあげたいと思います。
惜しみない情報ありがとうございます。

5 ■綺麗


ほうじ茶、煎茶、紅茶、
コーヒー、ワイン、ウーロン茶、ビールなど、飲みたくなくても、飲まないといけないこ 機会が多いです。

飲んだ後にこれをすると良い!など、対策がありましたら、教えて下さい。

4 ■無題

いつも拝見させていただいております。
参考になる情報ありがとうございます。

所で、今回の記事に緑茶はやはりカフェインが多いので控えた方がよいとのことでしたが、私はお茶が好きで一日2-3杯ほど飲んでいます。
やはりこの程度でも影響がでるのでしょうか(>_<)

3 ■初めまして。

いつも丁寧な内容で大変わかりやすくて
気づかされることが多くて感謝でいっぱいです。
私は脂漏性皮膚炎で炎症があります。

今は少しづつ食生活と生活習慣を見直していますが
千春さんのブログでハッと思うこともあります。
次の食事についてなどのブログも心待ちにしています。
今の自分の食事も果たしていいのかどうか
わからないところもあったので…。

いつもありがとうございます♡

2 ■こんにちは(^-^)/

いつも詳しい情報ありがとうございます(*^^*)
お母さんお若いですね☆

1 ■粘膜って大事なんですね(°▽°)

今回初めて知りました!
豆乳も身体に良いとばかり思っていて。
パンや小麦粉系も、毎日じゃないけど、やっぱり好きで。

少しずつ減らします(*´꒳`*)
ありがとうございます!

コメント投稿