宮崎県で、家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある家畜が国内で10年ぶりに確認されてから3週間が過ぎた。発生農場は86カ所に達し、殺処分の対象となる牛や豚の累計頭数は14日時点で8万257頭にも及んでいる。10日に宮崎を訪れた赤松広隆農林水産相は家畜の殺処分に対する補償を国が全額負担すると強調したが、その後も相次ぐ発生に関係者の不安は収まっていない。
 「夢も希望もない。もうわれわれは体力が持ちません」。赤松農水相との会談で農業団体代表は畜産農家の窮状を涙ながらに訴えた。同県の東国原英夫知事も畜産農家の体力が10年前の発生時と比べて低下している現状を繰り返し説明、国に全面的な支援を要請した。
 被害の規模は殺処分が牛35頭にとどまった10年前とは比べものにならない。ここまで被害が拡大した要因の一つとして、県は畜産農家が密集する地域で発生していることを挙げる。県によると、被害が多発する川南町では既に町内の半数以上の豚が殺処分対象となり、牛も半分に迫る。殺処分後の埋却作業は自衛隊の協力を受けるが、全体の約半分しか完了していないのが現状だ。 

【関連ニュース】
口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
堂々と立つ「一本桜」満開=岩手・雫石町〔地域〕
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫

高血圧はノンストップ進行です=特別列車で注意呼び掛け―東京(時事通信)
<バナナ>寒さと台風で3カ月遅れの収穫(毎日新聞)
<非正規雇用>「派遣法改正を」若者と女性が集会(毎日新聞)
車両不正改造容疑で業者ら逮捕 (産経新聞)
テント飛ばされ、生徒10人負傷=中学体育祭で―滋賀・近江八幡(時事通信)
AD