米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、岡田克也外相が23日にルース米駐日大使と都内で会談し、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移す現行計画の修正をめぐり、協議していたことが25日、分かった。同問題の5月末決着が絶望視される中、米側が現行計画を「唯一実現可能」としていることから、その修正による打開を模索したものだ。しかし、県内移設に対する沖縄の反発は強く、修正案も同意を得られる見通しはない。
 政府関係者は25日、岡田外相とルース大使の協議に関し、シュワブ沿岸案の修正が可能かどうか話し合ったことを明らかにした。ただ、「現行計画を主張している米側から切り出した」とし、修正は日本側からの提案ではないと強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】沖縄と米国海兵隊~普天間問題の背後にあるもの~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

放鳥トキ また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
デゴイチ“整形”前の顔は見納め、撮り鉄殺到(読売新聞)
「道義的な責任感じる」脱線事故の車掌が献花(読売新聞)
「厚労省版マニフェスト」発表、全省庁で初(医療介護CBニュース)
「介護疲れで母殺した」 長女が自首、殺人容疑で捜査(産経新聞)
AD