亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は7日、同党議員総会後の会見で、策定中の郵政改革法案について、遅くとも20日ごろまでには国会に提出したいとの考えを表明した。郵政改革法案は日本郵政グループを3社体制に再編することや、郵便、金融の全国一律サービスの義務付けなどが柱。亀井氏はこれまで、国会提出の時期について、「4月の半ばぐらいには出したい」と述べていた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<大学入試センター>民営化検討の考え示す…枝野担当相(毎日新聞)
外務省文書にも「跳躍上告」=外相と米大使の会談録に記載-砂川事件(時事通信)
首相訪米を正式発表 核安全保障サミット(産経新聞)
1歳の三女虐待、頭揺さぶり死なす…両親逮捕(読売新聞)
春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備(産経新聞)
AD