日本航空のボーイング747型貨物機で平成15年、規定外の部品を使った修理が行われた上に保存義務がある整備記録も残していなかった問題で、日航は6日、米国の空港で作業車と接触した機体を同社の日本人整備士が隠れて修理していた、とする調査結果を発表した。日航はこの整備士を処分する。

 日航によると、15年3月10日、米アンカレジ空港に到着した貨物機の胴体下部に縦23センチ、横約8センチ、深さ約0・6センチのへこみがあり、規定外のアルミ部品を使って修理した跡が見つかった。

 貨物機は同月8日に米ロサンゼルスの空港で、トイレの水を抜き取る作業車と接触するトラブルを起こしていた。整備士はトラブルを社に報告することをためらい、規定と異なる修理を行い、整備記録も残さなかった。

 当時の社内調査では修理の経緯は確認できなかったが、今年1月に内部の関係者から匿名の情報提供があり、判明した。

【関連記事】
「拠点閉鎖は整理解雇」 日航方針に客室乗務員が大阪で会見
日航、50路線廃止方針 地元知事は反発
日航、50路線廃止を検討 リストラ強化へ
新生・日航の「1期生」が入社式、奮闘誓う
日航、貨物専用機の運航を10月末に休止
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「Jタロー」で縄文PR=青森県〔地域〕(時事通信)
巨大しごと館、厳しい再就職 あす閉館 買い手なく、廃虚化恐れも(産経新聞)
立ち入り9割超で違反、公表制度の創設検討 高円寺ビル火災受け報告書(産経新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
「日本政府規制に乗り出すべき」 CNN「ヘンタイゲーム」批判特集(J-CASTニュース)
AD