【上海・鈴木玲子】中国政府に帰国を拒否され、抗議の意思を示すため約3カ月間、成田国際空港の制限エリアに滞在した上海の人権活動家、馮正虎(ひょう・せいこ)氏(55)が12日、上海の浦東国際空港に到着し、入国を許可された。同日夕、自宅に戻った馮氏は報道関係者を前に「戻れてうれしい。(自分の国に戻ることは)中国人の最も基本的な権利だ」と話した。

【馮正虎氏の写真つき記事】人権活動家:成田空港に77日…中国政府の帰国拒否に抗議

 空港には馮氏の支援者や報道関係者が集まったが、馮氏は当局によって通常とは別の出口から出され、当局の車で自宅に送られた。自宅付近には当局者が待機し、自宅前に監視カメラが設置されるなど緊張が漂った。

【関連ニュース】
<関連記事>成田空港ろう城:抗議終止符、中国人権活動家が日本へ入国 /千葉
<関連記事>成田空港ろう城:中国の人権活動家、あすにも日本入国 90日余、帰国にめど /千葉
<中国と人権>中国の人権擁護団体サイト、サイバー攻撃で一時アクセス不能に
<中国と人権>中国:対抗措置を警告 ダライ・ラマ訪米、大統領と会談なら

デルタ航空機の主脚格納庫に黒人男性の遺体 成田空港(産経新聞)
「創生日本」が発足=真・保守政策研を改称-安倍元首相ら(時事通信)
外国人の地方選挙権、首相が慎重姿勢(読売新聞)
「7人の弁護士」がそれぞれ最終弁論 足利再審(産経新聞)
陸自連隊長発言、処分含め検討=北沢防衛相(時事通信)
AD