千葉ソロギターサークル公式ブログ2

千葉市を中心に活動しているクラシックギターのソロ演奏を趣味とする愛好家団体千葉ソロギターサークルです。アマチュア主体ですがプロやプロを目指す若手も多数在籍。コンサートや各種イベントを開催しギター音楽を紹介。2008年11月19日設立。会員数は2016年5月現在113名。

NEW !
テーマ:



【写真1】演奏中の私



【写真2】会場の千葉市中央区末広公民館2F講堂

ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
一昨日8/28(日)第125回クラシックギターステージ練習会を開催しました。
ステージ練習会とは千葉ソロギターサークルの主要イベントの一つで、人前で弾く機会を作ってステージ度胸をつける事を目的とした演奏会形式のイベントです。
毎月2回開催するのは大変ですが、頑張って開催しています。

今回の会場は、サブ会場の千葉市中央区の末広公民館2F講堂、13時から17時の4時間。
事前申告の参加者は6名の予定だったが、飛び入りで2名増え、さらに見学者も1名弾いて頂いたので、合計9名となった。

ぴかぴか(新しい)
私は、最近集中的に練習している来年のコンクールの課題曲を6曲演奏。
演奏した中でまずまずの仕上がりになってきたのが、ヴィラ=ロボスのプレリュード第4番、ソルの月光、ソルの練習曲(セゴビアNo.2)の3曲。残り3曲は少しづつ完成度を高めていきたい。しかし、なかなか練習時間が取れなのが悩みの種。

ぴかぴか(新しい)
今回は、見学者としてYさんが初参加。演奏もやっていただいた。曲はグラナドスのオリエンタル、ロドリーゴのヘネラリーフェのほとり、など。難曲を弾いていたが、レベルの高い演奏を披露して下さった。
過去に全日本アマチュアギターコンクールで2位に入賞したことがあるとの事。千葉ソロギターサークルにも入会してくれるとの事ですので、今後切磋琢磨できるのが楽しみです。
他にも、久しぶりに参加したIさんも完成度の高い演奏を披露してくれて、イベントを盛り上げてくれ、参加者に良い刺激を与えてくれたと思います。

ぴかぴか(新しい)
予定された演奏終了後は、時間が余ったのでアンコールタイムとして、弾きたい方に時間を開放した。ここでもほとんどの方が1~2曲を弾いた。皆さん熱心です。
練習会終了後は、いつものように会場近くのファミレスで食事会をして散会となった。

次回のステージ練習会は2週連続となる9/4(日)13:00~17:00、千葉市中央区末広公民館2F講堂で開催予定。ご興味のある方はまずは一度見学(無料)にお越しください。一緒に弾きたくなること請け合いです。

ぴかぴか(新しい)
♯♪第125回クラシックギター・ステージ練習会♪
《2016/8/28/日/13:00~17:00/千葉市末広公民館・2F講堂/主催:千葉ソロギターサークル》
♪ プ ロ グ ラ ム ♪ (※印はアンコールタイムで演奏)


《第1部》13:20~14:01(演奏38分+予備3分=41分)

①KMさん~10分
(1)サラバンド~ハープシコード組曲第2番より(ヘンデル)5分
(2)つむぎ歌(バリオス)4分
※他に2曲ほど演奏

②SMさん~13分
(1)エチュードNo.2(F.ソル) 2分
(2)ロマンセ (A.ルビラ) 4分
(3)暁の鐘 (E.S.デラマーサ)6分
※最後のトレモロ(バリオス)

③Kさん
(1)月光(ソル)

④TTさん~15分
(1)練習曲(ソルOp6-12、セゴビア編No.14) 5分
(2)イ短調組曲から Allemande & Gigue(ポンセ) 8分
※ファンタジー(ダウランド)


★★★休憩(15分間)★★★【14:01~14:16】
《第2部》14:16~15:00(演奏分41+予備3分=44分)

⑤NAO~15分
(1)クーラント~無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より(J.S.バッハ) 4分00秒
(2)マリーア(F.タレガ) 1分30秒
(3)前奏曲第4番(H.ヴィラ=ロボス)4分00秒
(4)練習曲Op.35-22”月光”~セゴビアNo.5(F.ソル) 1分30秒※リピート無し
(5)練習曲Op.35-13~セゴビアNo.2(F.ソル) 1分10秒
(6)ブーレ~リュート組曲第1番BWV996より(J.S.バッハ)1分30秒
※プレリュード~チェロ組曲1番(バッハ)

⑥MMさん~11分
(1)禁じられた遊び 3分半
(2)アルハンブラの想い出(F.タレガ)5分30秒

⑦Nさん
(1)アラビア風奇想曲(タレガ)

⑧Iさん~15分
(1)グラナダ (アルベニス) 6分
(2)マジョルカ (アルベニス) 7分
※アラビア風奇想曲(タレガ)
※魔笛(ソル)

⑨Yさん
(1)練習曲(ソル)
(2)オリエンタル
※ヘネラリーフェのほとり(ロドリーゴ)

<アンコールタイム>15:30~16:30

<反省会・片付け> 15:00~17:00

以上

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】渋谷さん(中央)と受講生6名記念写真



【写真2】会場の千葉市ハーモニープラザ・スタジオAの様子



【写真3】渋谷さんのミニコンサート



【写真4】レッスン中の笑顔の渋谷さん



【写真5】後藤亮子さんレッスン中



【写真6】渋谷さんと後藤さん



【写真7】田中太輔さんレッスン中(手取り足取り?笑)



【写真8】田中太輔さんレッスン中(爪の研ぎ方レクチャー)



【写真9】渋谷さんと田中さん



【写真10】小林丈記さんレッスン中



【写真11】渋谷さんと小林さん



【写真12】私のレッスン中



【写真13】渋谷さんと私



【写真14】黒田公子さんレッスン中



【写真15】渋谷さんと黒田さん



【写真16】浜さんレッスン中



【写真17】渋谷さんと浜さん



【写真18】渋谷さん(中央)と受講生6名記念写真



【写真19】打上げで(左よりバジェホスさん、タニアさん、渋谷さん、後ろは私)



【写真20】打上げの様子


ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
先週末8/21(日)に渋谷環さんのマスタークラスを無事開催終了しましたので報告します。

ぴかぴか(新しい)
渋谷さんと私は同年代で、渋谷さんの19歳のデビューアルバムのLPレコードを購入して以来、35年来のファンという事になります。
当時のギター界に男子は山下和仁さん、女子は渋谷環さんがそれこそすい星のごとく登場し、ギター界の話題を独占していたと言っても過言ではありません。
業界専門誌の現代ギター誌でもお二人は対談をしたり、いろいろな話題を提供したものです。ギター界に新しい風が吹いたのを感じました。
渋谷さんは、何といってもギターが上手くて可愛いという意味では、後の村治佳織さんに先駆けた元祖アイドルギタリストだったと思います。
その渋谷さんを、5/29に千葉にお招きしてリサイタルを開催し、そして今回再び渋谷さんを千葉にお招きしてマスタークラスを開催できたことは、私にとって長年の夢がかなったような感激でした。

ぴかぴか(新しい)
前置きが長くなってしまいましたが、渋谷さんのレッスンは受講者一人ひとりの演奏スタイルや個性を尊重しつつ課題や弱点の指摘、新たな視点からの表現方法の可能性の提案などとても有意義なものでした。
時折模範演奏をする場面では、課題や問題点などの解決策を目の前で実際にギターを弾いて音によって示してくれますので、指摘された意味や内容が明確に伝わります。受講生だけでなく、聴講生にとっても非常にわかりやすく、勉強になったことと思います。
今回は聴講生が多く、ギター講師をしている方もいましたが、レッスンの進め方や内容が参考になったとの事でした。
あ、そうそう、千葉在住のチリ人ギタリストのアレクシス・バジェホスさんと、フィアンセのタニアさんも後半見学に来て、打ち上げまで参加してくださいました。

ぴかぴか(新しい)
私は、最近集中的に取り組んでいるヴィラ=ロボスのプレリュード第4番で受講。来年のクラシカルギターコンクールの2次予選を睨んでの選曲です。
この曲はこれまでもいろいろな方にレッスンを受けてきて、自分なりにはだいぶ仕上がってきたつもりの曲ですが、今回もまた新たな視点からの音楽的・技術的な指摘があり、曲の表現はもとより高速アルペジオなど技術的にも今一度高いレベルに持っていく必要性を感じました。また普段練習している中での疑問点にも的確に答えていただき、表現芸術としての音楽作りや曲の仕上げ方取り組み方にも少し自信がついてきました。
少し時間が余ったのでタレガのマリーアもレッスンを受けました。この曲では主にリズム感の出し方、レガート、フレーズの入り方などご指導いただきました。
今回のレッスン内容を今後の曲作りに生かして、より良い演奏ができるよう頑張りたいと思います。

ぴかぴか(新しい)
レッスン終了後は、渋谷さんにミニコンサートを演奏して頂きました。
バリオスのワルツ第4番、タレガのアラビア風奇想曲、ピアソラの曲など約20分の演奏。6時間もの長時間のレッスン直後にもかかわらず、素晴らしい演奏を披露してくださいました。目の前で楽しむことができました。
ぴかぴか(新しい)
その後、渋谷さんを囲んでの座談会で質疑応答などを行った後、会場を移動して打ち上げは会場近くのファミレスで開催しました。
ギターに関する貴重なお話をたくさん聞けて、渋谷さんとも親しくお話ができ親睦を深めることができました。
千葉駅に迎えに行った朝8時半から、打ち上げ終了の午後7時半まで、約11時間もの長時間のイベントでしたが、楽しく言えることができました。再会できる日を楽しみにしながら散会しました。
渋谷さん、受講者及び聴講者、そして開催を応援して下さった方々ありがとうございました。お疲れ様でした。

ぴかぴか(新しい)
1.【渋谷環マスタークラス開催概要】
--------------------------------------
【イベント名称】渋谷環クラシックギターマスタークラス(ミニコンサート付)
【出演】渋谷環(ギター)
【日時】2016年8月21日(日)9:00~17:00
【会場】千葉市ハーモニープラザ内千葉市男女共同参画センター2F「スタジオA」(京成電鉄千葉寺駅から徒歩6分、定員30名)
 <会場HP>http://www.chp.or.jp/danjo/info/info_01.html
 <会場アクセス>http://www.chp.or.jp/danjo/access/access.html
【受講生】6名
【主催】千葉ソロギターサークル(代表:上原淳)

2.【タイムスケジュール】
--------------------------------------
09:00~09:20 会場設営(9:20よりレッスン開始)
09:20~10:20 後藤亮子さん~ファンダンギーリョ(J.トゥリーナ)
10:20~11:20 田中太輔さん~カバティーナ~映画ディアハンターのテーマ(S.マイヤーズ)
11:20~12:20 小林丈記さん~シャコンヌ~無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004より(J.S.バッハ)
12:20~13:00 休憩(40分間)
13:00~14:00 上原淳~プレリュード第4番(H.ヴィラ=ロボス)、マリーア(F.タレガ)
14:00~15:00 黒田公子さん~ワルツ(M.M.ポンセ) 
15:00~16:00 浜由紀さん~ルール~リュート組曲第4番BWV1006aより(J.S.バッハ)

16:00~16:10 休憩
16:10~16:30 渋谷環ミニコンサート(約20分間)
16:30~16:55 渋谷環さんを囲んで座談会
16:55~17:00 片付け・撤収
17:00~17:20 打ち上げ会場へ移動(会場近くのレストラン)
17:20~19:30 渋谷環さんを囲んで夕食会&打ち上げ(自由参加)
以上。

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【画像1】武満徹(作曲家)



【画像2】鈴木大介(ギタリスト)

ぴかぴか(新しい)
皆さんこんにちは。ギタリストのTV出演情報です。

本日、8月27日(土)NHKEテレ1、午後9時30分~午後10時00分(30分間)、ららら♪クラシックで「武満徹のギター名曲集」が放送されます。
日本が誇る世界的な作曲家武満徹がギターを愛して、ギターの為の曲を作曲してくれたことは後世に残ることだと思います。ギター関係者や愛好家のにとって何物にも代えがたい価値ある遺産だと思います。
今回の放送ではギタリストの鈴木大介さんが武満徹編曲のビートルズナンバーを2曲演奏します。お見逃しなく!

ぴかぴか(新しい)
【以下NHKのHPより転載】

ららら♪クラシック「武満徹のギター名曲集」
8月27日(土)NHKEテレ1、午後9時30分~午後10時00分(30分間)

小さなオーケストラに魅せられて (1)武満徹が大好きだった歌(2)武満徹のアレンジのスゴ技(3)武満徹にギターの魅力を伝えた男。
現代音楽の分野で世界的に活躍した日本人作曲家で今年没後20年の武満徹。武満はギターをこよなく愛し、多くの作品を残している。
その中からビートルズの名曲や映画音楽、童謡など誰もが知る歌をギター用にアレンジした「ギターのための12の歌」を紹介。
メロディを損なうことなくギターならではの響きを大切にしたアレンジにビートルズ・ファンも納得。現代音楽の巨匠のもう一つの素顔が見える。【ゲスト】グッチ裕三(歌手)

<楽曲>
「オーバー・ザ・レインボー」ハロルド・アーレン:作曲/武満徹:編曲
(ギター)鈴木大介(2分32秒)

「イエスタデイ」ポール・マッカートニー ジョン・レノン:作曲/武満徹:編曲
(ギター)鈴木大介(2分29秒)

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】様々なリコーダーと私の愛器・河野ギター



【写真2】今回のトリオメンバー(左よりNAO、とかげさん、こあらさん)

ぴかぴか(新しい)
皆さんこんにちは。

先週8/20(土)千葉市に隣接する四街道市にある「スタジオさゆ」でリコーダー&ピアノ&ギターの三重奏で練習会を行いました。グランドピアノがある素敵な私設スタジオです。メンバーはリコーダーのとかげさん、ピアノのこあらさん、私のギターです。
この珍しい組み合わせのユニットは、10/9(日)に幕張ベイタウンjコアで開催されるコアフェスタで演奏するために集まったものです。コアフェスタとはいわゆる公民館祭りの別称です。おしゃれな名称ですね。12/23(金・祝)の千葉ソロギターサークル第8回定期演奏会でも演奏予定。

演奏予定曲目はロドリーゴのアランフェス協奏曲の第2楽章。
この曲はこれまでギター+ピアノのデュオ、ギター+ピアノ+ヴァイオリンのトリオ、ギター+ピアノ+ヴァイオリン+チェロのカルテットなどの組み合わせで演奏してきましたが、今回は初めてリコーダーを加えたトリオとなります。

ぴかぴか(新しい)
リコーダーの方は、大きなバッグに大小さまざまな10本ほどのリコーダーを持参。掌にのる10㎝ほどの超小型からファゴット?かと思わせるギターと同じ位の大きさの巨大なものまであり、様々な音域や音色に合わせて使い分けるそう。愛好家の中には100本ぐらい所有している人もいるそうな。合わせ練習した結果、今回は3種類のリコーダーを使い分けて演奏することになりそう。

今回は初めての練習だったので、主にリコーダーとピアノのパートの降り分け確認程度に終わりましたが、本番までにはきっちり仕上げて皆さんに楽しんでいただけるよう頑張ります。お楽しみに!

ぴかぴか(新しい)
約3時間の練習のあとは、近所のファミレスで食事会をしたんですが、こちらは練習よりも長い5時間!ほどの長話に。音楽の話題のみならず、人生相談的な話題もあり、お互いを知る良い機会になりました。
それにしても女性陣の話題の豊富さには感心します。延々と話題が続くものですね~(笑)。

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




ぴかぴか(新しい)

世界に衝撃を与えた山下和仁編「展覧会の絵」が35年ぶりに復刻され、8/25に現代ギター社から出版されます。初版は水色の表紙でしたが、今回は黒に変更されていますね。

私も山下さんの演奏を生で聴いたときの驚きと感動は、今でも鮮明に覚えています。この復刻版をきっかけにコンサートで演奏するプロの方が出現することを願っています。

私は初版を購入していましたがどこかに行ってしまったので、改めて購入して古城やプロムナードあたりから弾いてみようかしら。

ぴかぴか(新しい) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】8/21(日)渋谷環氏




【写真2】10/30(日)田部井辰雄氏



【写真3】11/13(日)岩崎慎一氏

ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
下記の通り、今週末8/21(日)に渋谷環さんのマスタークラスを開催いたしますのでご案内いたします。
マスタークラスは今後、10/30(日)田部井辰雄さん、11/13(日)岩崎慎一さんも開催予定です。お楽しみに!

ぴかぴか(新しい)
渋谷さんについてはもう紹介の必要も無いかと思いますが、北海道・札幌市を拠点に活動している日本を代表する女流ギタリストです。
今回千葉にお越しいただき、マスタークラスを開催する運びとなりました。
今回の受講者は6名の予定ですが募集は締め切りました。聴講生(見学者)の募集は行っておりますのでご参加下さい。レッスンの様子を見るだけでも勉強になると思います。
渋谷さんのミニコンサートも楽しめて、打上げで渋谷さんと親睦を深めることもできます。皆様のご参加をお待ちしております。
参加ご希望の方は当日直接会場にお越しいただいても結構ですが、出来るだけ事前に私(上原淳)まで連絡をお願いします。

ぴかぴか(新しい)
1.【渋谷環マスタークラス開催概要】
--------------------------------------
【イベント名称】渋谷環クラシックギターマスタークラス(ミニコンサート付)
【出演】渋谷環(ギター)
【日時】2016年8月21日(日)9:00~17:00
【会場】千葉市ハーモニープラザ内千葉市男女共同参画センター2F「スタジオA」(京成電鉄千葉寺駅から徒歩6分、定員30名)
 <会場HP>http://www.chp.or.jp/danjo/info/info_01.html
 <会場アクセス>http://www.chp.or.jp/danjo/access/access.html
【受講生】6名(募集は締め切りました。)
【聴講料】1,000円
【主催】千葉ソロギターサークル(代表:上原淳)
※レッスン終了後に渋谷環先生のミニコンサートと渋谷先生を囲んでの懇親会があります。
※その後、会場を移して会場近くの居酒屋さんで渋谷先生を囲んで夕食会を開催します。

ぴかぴか(新しい)
2.【タイムスケジュール】
--------------------------------------
09:00~09:20 会場設営(9:20よりレッスン開始)
09:20~10:20 GRさん~ファンダンギーリョ(J.トゥリーナ)
10:20~11:20 TDさん~カバティーナ~映画ディアハンターのテーマ(S.マイヤーズ)
11:20~12:20 KTさん~シャコンヌ~無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004より(J.S.バッハ)
12:20~13:00 休憩(40分間)
13:00~14:00 NAO~プレリュード第4番(H.ヴィラ=ロボス)※時間があればマリーア(F.タレガ)、練習曲Op.35-13~セゴビアNo.2(F.ソル)
14:00~15:00 HYさん~ルール~リュート組曲第4番BWV1006aより(J.S.バッハ)
15:00~16:00 KKさん~ワルツ(M.M.ポンセ) 
16:00~16:10 休憩
16:10~16:30 渋谷環ミニコンサート(約20分間)
16:30~16:55 渋谷環さんを囲んで座談会
16:55~17:00 片付け・撤収
17:00~17:20 打ち上げ会場へ移動(会場近くのレストラン)
17:20~19:30 渋谷環さんを囲んで夕食会&打ち上げ(自由参加)
19:30 解散

ぴかぴか(新しい)
3.【渋谷環氏プロフィール】
--------------------------------------
しぶやたまき。5歳より父、渋谷忠三にギターの手ほどきを受け、第8回新人賞選考演奏会(現クラシカルギターコンクール)新人賞を16歳で受賞。1979年 東京でデビューリサイタルの後、スペインへ渡りホセ・ルイス・ゴンサレス、ホセ・トマスに師事し更なる研鑽を積む。1993年 世界的な11弦ギター奏者イョラン・セルシェルのマスタークラスを受けるなど、数少ない11弦ギター奏者でもある。2013、2014年に渋谷環スペインコンサートツアーにて好評を得る。一時手の故障から演奏活動を中断、近年多少の回復をみたため演奏活動を再開。地元札幌で渋谷ギター音楽院を主宰、後進の指導にあたっている。1981、1987、2001年札幌市民芸術祭大賞を受賞。2010、2015年同奨励賞を受賞。アルバム「祈りと踊り~甦るギターの至芸~」、「アランフエス」(現代ギター社)が発売されている。

--------------------------------------

【渋谷環ホームページ】
http://members3.jcom.home.ne.jp/shibuya.guitar/top/top.html

ぴかぴか(新しい)
【今後のマスタークラス予定】※詳細は後日お知らせします。
①10/30(日)田部井辰雄クラシックギターマスタークラス(受講生募集は締め切りました。聴講生募集中。)
②11/13(日)岩崎慎一クラシックギターマスタークラス(受講生募集中、残り4名様。聴講生募集中。)

以上、よろしくお願いします。

ぴかぴか(新しい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】終演後小暮浩史さんを囲んで関係者で記念撮影1



【写真2】演奏中の小暮浩史さん1



【写真3】演奏中の小暮浩史さん2


【写真4】演奏中の小暮浩史さん3



【写真5】演奏中の小暮浩史さん4



【写真6】演奏中の小暮浩史さん5



【写真7】トーク中の小暮浩史さん



【写真8】演奏中の小暮浩史さん6



【写真9】演奏中の小暮浩史さん7



【写真10】演奏中の小暮浩史さん8



【写真11】会場の美浜文化ホールの様子1



【写真12】会場の美浜文化ホールの様子2



【写真13】アンコールに応える小暮浩史さん



【写真14】リハーサル中の小暮浩史さん1



【写真15】リハーサル中の小暮浩史さん2



【写真16】ロビーに設置されたイベント案内板



【写真17】終演後のロビーでお客様と談笑する小暮さん



【写真18】A.バジェホスさんと談笑する小暮さん



【写真19】小暮さんと私



【写真20】終演後小暮浩史さんを囲んで関係者で記念撮影2



【写真21】打ち上げの様子



ぴかぴか(新しい) 
皆さん、こんにちは。
8/13(土)に小暮浩史ギターリサイタルin千葉を無事開催終了しましたので報告します。
ぴかぴか(新しい)
このコンサートは、今や日本の若手を代表するギタリストの一人に成長した小暮浩史さんを千葉市にお招きして、待望のソロコンサートを開催することを約1年前に計画・企画し、実現させたものです。
小暮さんは東京出身。2014年よりフランス、ストラスブール音楽院に留学し研鑚を積んでいます。今回は一時帰国して留学の成果を披露する注目のコンサートでした。

ぴかぴか(新しい)
小暮さんと私の出会いは7年ほど前、小暮さんがまだ大学生のころでしたが、当時から誠実な人柄と音楽に真摯に向き合うひたむきな姿勢は印象に残っています。
クラシックギターは大学入学後に始めたとの事ですが、幼少の頃からピアノを学び、アコースティックギターを弾いていた素養があり、クラシックギターでもすぐに才能を開花させ世界的ギタリスト福田進一氏の目に留まり、氏のプロデュースで2013年にCDデビューを果たす幸運にも恵まれています。近年着実に成長する姿を見るにつけ感慨深い思いがあります。

ぴかぴか(新しい)
果たして、この日のリサイタルでは、私の期待通りの素晴らしい演奏をしてくれました。特にバッハのプレリュード、フーガ、アレグロBWV998の名演は素晴らしかったです。演奏後にはブラボーの声もかかりました。
アセンシオ、ドメニコーニ、ダンジェロなどの近現代曲、アグアドやタレガなどの古典・ロマン派の重量級プログラムも聴きごたえがありました。ダウランドやマイヤースで聴かれた音の美しさは特筆ものです。最初ご提案頂いた曲目がちょっとマニアックだったので、バリオスの大聖堂やカヴァティーナなど有名曲も追加していただきました。

ぴかぴか(新しい)
小暮さんは何といっても音が美しい。クラシックギターの一番の魅力とも言える美しい音を響かせることができる演奏家です。美しい音だけではなく、硬い音や柔らかい音、ピアノからフォルテまで、音楽の内容に即した多彩な音色を駆使して、繊細かつダイナミックで逞しい音楽を表現してくれました。
ギターでは難しいレガートの自然さも特筆ものです。技術的にも高度であり、複雑な運指や早いパッセージも鮮やかに弾き進む姿は、自然な音楽性・表現力、曲の構成や様式を弾き分ける能力などと相まって聴く人をギターの魅力、音楽の魅力で惹きつけてくれました。

ぴかぴか(新しい)
会場の千葉市美浜文化ホール・音楽ホールはギターに最適で、千葉県屈指の素晴らしい響きを持つ音楽専用ホールですが、小暮さんの美しく逞しい音が会場の響きとの相乗効果で、客席の全員がギターの美しい音色に包まれ、心行くまで音楽を楽しめたと思います。

ぴかぴか(新しい)
多数書いていただいたアンケートでも、音が美しい、表現力が豊か、感動した、またぜひ聴きたい等の言葉があり、お客さんもギター音楽の魅力を堪能できたことが伺えました。終演後は、演奏の素晴らしさを伝える声を多数耳にしました。主催者としてとても嬉しく思います。

ぴかぴか(新しい)
フランス留学も約2年が経過し、所定のコースがほぼ終了したとの事ですが、さらに追加で2年間延長する予定との事ですので、さらなる成長が期待できます。
既に高いレベルに到達していますが、これからもさらなる高みを目指して、ギターの魅力、音楽の素晴らしさを伝えられる演奏家、音楽家となって頂きたいものです。今後の成長と活躍を期待しています。
会場では2013年にリリースしたデビューCD「舞踏の旋回」を販売したいと思っていましたが、何と売り切れてもう在庫が無いとの事で販売は出来ませんでした。ぜひ追加生産して欲しいものです。

ぴかぴか(新しい)
これまで私は、高校生や大学生の若手を支援する目的で「ギターコンクール優勝者の競演」シリーズのコンサートを12回開催しましたが、2010年に開催した第1回目に小暮さんも出演しており、トータルで3回出演して頂いています。
この優勝者の競演シリーズは、2~6名のジョイント形式で開催してきましたが、その出演者の中からソロリサイタルの第1号として今回小暮さんに出演していただきました。ジョイントではなくソロコンサートを開催するに相応しい実力があると思ったからです。

ぴかぴか(新しい)
会場にはチリ人ギタリストのアレクシス・バジェホスさんや、美人ギタリストの松澤結子さんも駆けつけてくれました。そして何と今話題のあのミスターKの姿も、、、千葉でもアポヤン道の布教活動?をするつもりなのか(笑)。
打ち上げはいつものように、会場近くのロイヤルホストで10名で開催。小暮さんを囲んで色々な話題で盛り上がり、親睦を深めてお開きとなりました。またいつかコンサートを開催できる日を楽しみにしています。その時はよろしくお願いします。

ぴかぴか(新しい)
主役の小暮さんはじめ、スタッフ協力して下さった千葉ソロギターサークルの方々、応援して下さった全ての方々、そして何よりも当日お越し下さったお客様に心より感謝いたします。皆さんありがとうございました。
さて、6連休のお盆休みも本日が最終日。皆さんはいかがお過ごしですか?私は昨日はギターのレッスン日で池袋まで遠征。本日は台風接近中で荒れ模様ですので、室内でギターの練習をしてオリンピックを見てリフレッシュし、明日からの仕事に備えたいと思います。

ぴかぴか(新しい)
【イベント概要】
-------------------------------------------
【イベント名称】小暮浩史ギターリサイタルin千葉
【出演】小暮浩史(ギター)
【日時】2016年8月13日(土)開場13:45、開演14:00
【会場】千葉・千葉市美浜文化ホール・音楽ホール(定員150名)
【主催】千葉ソロギターサークル(代表:上原淳)
【後援】千葉市教育委員会/大人のソロギターサークル
【協賛】現代ギター社/ギターショップ・アウラ/クロサワ楽器店/島村楽器イオンモール幕張新都心店
-------------------------------------------

ぴかぴか(新しい)
【プログラム】

<第1部>
1.ファンシー(J.ダウランド)
2.ファンタジア第7番(J.ダウランド)
3.序奏とロンド(D.アグアド)
4.プレリュード、フーガとアレグロBWV998(J.S.バッハ)
5.二つのリディア調の歌(N.ダンジェロ)

―休憩―

<第2部>
6.トッカータ・イン・ブルー(C.ドメニコーニ)
7.カヴァティーナ(S.マイヤース)
8.大聖堂(A.バリオス)
9.内なる想い(V.アセンシオ)
10.グラン・ホタ(F.タレガ)

<アンコール>
1.ロマンティックなワルツ第一番(E.フェニシオ)

以上。

ぴかぴか(新しい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】打ち上げでの集合写真



【写真2】満員で熱気あふれる会場、日暮里サニーホールの様子



【写真3】ステージでペロワちゃんZポーズを決める謎の戦士



【写真4】アンサンブル晶のステージ


【写真5】最終ステージでついに姿を現したミスターKの挨拶

【写真6】何故かタイガーマスクをかぶっていたミスターK、最後まで素顔を明かさず



【写真7】ミスターKとキム・ヨンテさんのトップ会談も



【写真8】開場を待つアポヤンディストの皆さん



【写真9】Semanaのお二人と私(左よりSiyohさん、私、みななさん)



【写真10】演奏に司会に大活躍の大坪純平さんと私



【写真11】ミスターKを操る影の支配者?キム・ヨンテさんと



【写真12】アポヤン道Tシャツを着て笑顔の渡邊茜さんと私



【写真13】司会の渡邊茜さんと宮脇佑さん


【写真14】終演後のロビーの様子



【写真15】アルアイ霊に憑りつかれ謎の踊りを踊るEXTRANO GUITAR FANCTIONの若者たち(アポヤン道を忘れてしまったのか?)



【写真16】若手アポヤンダーの方々と私(左から私、森田綾乃さん、杉田文さん、岡本和也さん、渡邊茜さん)



【写真17】ペロワちゃんZポーズを決める出演者(正面)


【写真18】ペロワちゃんZポーズを決める出演者(側面)


【写真19】チラシ(裏面)


【写真20】チラシ(表紙)


ぴかぴか(新しい)
皆さんこんばんは。
昨日8/11に開催された第1回アポヤン道ギターフェスティバル・ミスターKの野望、なるイベントの観戦記です。まさに戦いでした。何と戦っているのかは不明ですか(笑)。
これだけのビッグイベントですので、昨夜の速報だけで済ませるわけにはいきません。某大手専門誌が取材に来ていなかったとの事ですので、しっかりとレポート記事を書きます。

ぴかぴか(新しい)
東京・日暮里サニーホールで13時~20時まで約7時間に渡って開催されたこの意味不明な!?タイトルのイベントの割には、出演者のメンバーは7組約15名と豪華で、演奏内容もギターソロ、2重奏、5重奏、6重奏、フルートや声楽との室内楽、曲目も新曲や編曲の世界初演なども多数あり、ギターの歴史講座などもあり至って充実したまさにフェスティバルと言うに相応しいビッグイベントでしたが、ボーカルとギター、エレキギター、関西系漫才、手品、エチュード戦士ペロワちゃんZ(世界的ギタリストのコスプレ)、ミスターKの登場など、随所にクラシックのイベントの常識からは想像も出来ないほどのエンターティメント性がちりばめられており、演奏以外でも大いに楽しめるイベントであった。まさにフェスティバル状態で、もうアポヤン度、アルアイ礼などの奏法に関係なく、様々な奏法や編成を駆使して素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられていました。

ぴかぴか(新しい)
これだけの出演者の演奏が7時間にもわたって聴けて入場料はわずか1,500円。これをお得といわず何をお得というのでしょうか。ジャパネットさんも顔負けの価格破壊ぶりです。このイベントは人知れず?価格破壊と戦っていたんですね(笑)。来年は2,000~3,000円は取って下さい。

ぴかぴか(新しい)
私は、12時半の開場から20時頃の終演まで7時間半たっぷり楽しませて頂きました。そのうえ図々しくも打ち上げまで楽しませて頂き、音楽仲間も増えました。それにしても今回のメンバーは濃い(笑)。演目もいわゆるギターの伝統的な名曲はほとんど無し。近現代曲の隠れた名曲あるいは忘れられた秘曲にスポットを当て、クラシックの名曲などを5重奏や6重奏で表現し、ギター界の最先端を感じさせました。

ぴかぴか(新しい)
会場には対立団体?(笑)と目されるイーストエン道国際ギターフェスティバルの主催者であるH氏ご夫妻の姿が変装もなしに顔出しで堂々と観戦しており、早くもミスターKや日本アポヤンド研究開発機構側との仁義無き抗争勃発の火ぶたが切って落とされていました(ほんまかいな・笑)。仲良く切磋琢磨してそれぞれ頑張ってギター界に貢献して欲しいものです。

ぴかぴか(新しい)
【第1回アポヤン道ギターフェスティバル・ミスターKの野望】
・日時:2016年8月11日(木)13:00~20:00
・会場:東京・日暮里サニーホール・コンサートサロン

<出演者・曲目>
①アンサンブル晶
 ・ミスターKの編曲によるギター五重奏の人前初公開演奏。オープニングアクトとしてついに謎のベールが明かされた。
 ・メンバー:キム・ヨンテ、大坪純平、森田綾乃、岡本和也、土橋康人。

②Semana
 ・Siyohとみななのニセ親子ユニット(笑)。ギターとボーカルのユニットによるオリジナル曲のパフィーマンス。9/13にリリースされる初CDが先行発売されていたので早速購入し、現在CDを聴きながらこの記事を書いています。CDにはSemanaのお二人のサインもいただきました。
・それにしても下町のお嬢様みななさんのかわいいことと言ったらありません。ちなみにCD発売日の9/13はみななさんの誕生日ということをチラシで発見しました!

③エチュード戦士ペロワちゃんZ
 ・謎のコスプレギタリストによるソロ。フランスの著名ギタリストジュディカエル・ペロワ氏のコスプレスタイルであったが、その体形や服装、靴などがキム・ヨンテ氏に酷似しているが本人は否定。
 ・ソル、ヴィラ=ロボス、パガニーニ、バルトーク、リベラ、カントール、カンペラなどの秘曲・難曲・鬼曲?など超絶エチュード特集を見事な指さばきで演奏。途中で疲れてあわや演奏が中止されるかと思われたが、ごそごそとバッグから取り出したエネルギー飲料をステージ上で飲むというパフィーマンスが功を奏してパワーをチャージして復活し、事なきを得た。勝手にやった?アンコールでは手品を披露したあとギターを弾きながら颯爽と去っていった。

④ギターとの付き合い方(ギターと歌、フルートの室内楽)
 ・土橋康人(ギター)、小坂梓(ソプラノ)、奥村香織(フルート)によるステージ。それぞれのデュオの他、最後にトリオで演奏。
 ・五月(フォーレ)、カルメンファンタジー(ビゼー/どなたの編曲だろ…)、私が一番きれいだったとき(田中聰)、DedicaceⅢ(木下正道)

⑤EXTRANO GUITAR FANCTION
・「エクストラニョギターファンクション」略してEGFの旗揚げ公演。直訳では「奇妙なギター公演」。他のアンサンブルが真似する事が出来ない奇妙なギターレパートリーを多数演奏。
・メンバー:1st大坪純平(代表・企画、たまに作・編曲)、2nd土橋庸人(特攻野郎)、3rd渡邊茜(ムードメーカー)、4st森田綾乃(編曲女王)、5st杉田文(献血少女)、6st岡本和也(作曲王子)※一言紹介は大坪さんによる。
・プログラム:C・ドビュッシー:スティリー風タランテラ(森田編)、橋爪皓佐:Mirage 2016(委嘱初演)、岡本和也:タイの旋律に寄せる二つの歌(初演)、R・シューマン:謝肉祭より(森田編)

⑥IGOSSO
・宮脇祐と岡本和也によるギター2重奏。ロック、ラテン、クラシックなどを融合したような激しさとノリの良さを身上とする、高知県出身の新鋭ギターデュオ。

⑦大坪純平ギター独演会
・コンテンポラリーギターワークス。現代のギター作品のみを取り上げたソロ演奏。ベリオのセクエンツァ、ライヒのカウンターポイントなどめったに聴けない秘曲を演奏。カウンターポイントは半年かけて自信で多重録音したCD音源をバックにエレキギターを演奏するというカラオケ方式で演奏。

⑧吉住和宏
・「アポヤンディストならだれでも知っておきたいギターのこと」をテーマにした講演。オルゴールにチラシ(紙)を接触させてギターの表面板に例えて音量増加の実演をしたり、初めて見聞することもあり非常に勉強になった。

⑨アンサンブル晶
・オープニングに続いてフィナーレもアンサンブル晶によるギター5重奏で締めくくられた。編曲はすべてミスターKによる。演奏の途中でミスターKが登場し挨拶したが、なんとタイガーマスクの被り物をしていたので、その正体はついに最後まで謎のままだった。いや、その話の内容が謎だったとのうわさも(笑)。
・ミスターKがキムヨンテさんでは無く全くの別人であった事が判明し大勢の人を驚かせたが、多くの謎を残したままその正体は次回の第2回アポヤン道ギターフェスティバル・ミスターKの”逆襲”(仮)に持ち越されることとなった。その正体が明かされる日は来るのだろうか、、、。

ぴかぴか(新しい)
おっと、素晴らしいイベントであったため大変長文になってしまいましたが、この辺でペンを置きます。明日の小暮浩史ギターリサイタルin千葉の準備もありますので(笑)。
それでは、来年の第2回大会が開催されることを願いつつ、さようなら。

ぴかぴか(新しい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】演奏中の私




【写真2】演奏中の私



【写真3】千葉ソロメンバー紹介第1弾、岡美佐子さん



【写真4】会場の幕張ベイタウンコア・工芸室

ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
本日8/6(土)第124回クラシックギターステージ練習会を開催しました。
ステージ練習会とは千葉ソロギターサークルの主要イベントの一つで、人前で弾く機会を作ってステージ度胸をつける事を目的とした演奏会形式のイベントです。
毎月2回開催するのは大変ですが、頑張って開催しています。

ぴかぴか(新しい)
本日の会場は、メイン会場の千葉市・幕張ベイタウンコア・音楽ホールで、13時から17時の4時間の予定でしたが、エアコンが故障で蒸し暑い中でスタートしたものの、あまりの暑さで3人が演奏終了したところで、会場側からエアコンの使える部屋への移動を勧められた。このまま続けていては演奏者はもちろん、聴いているほうも熱中症になりかねないと判断し、移動することにした。
移動先は音楽ホールに隣接した工芸室。大きな作業台が所狭しと鎮座し、狭い部屋だったが暑さには代えられない。同時期にフルートサークルも練習会をやっており、やはりエアコンが使えない部屋だったので、暑さのためドアを開けて練習していたため、フルートの音が紛れ込む中での練習会となった(笑)。

本日の参加者は9名の予定だったが、飛び入りで1名増え合計10名であった。見学者も2名いましたが、1名は前回も見学に来て頂いた方で、今日は友人の方を誘って2名で見学に来ていただいた。お二人とも千葉県在住の女性の方でギター合奏団に所属しているとの事。そのうち何か演奏していただきたいですね。

ぴかぴか(新しい)
本日私は、最近集中的に練習している来年のコンクールの課題曲を6曲演奏。まだまだ完成には遠い曲もあるが、少しづつ完成度を高めていきたい。
今回は、来週末に迫った全日本アマチュアギターコンクールに挑戦する方がいたので、最終奏者にしてプレッシャーに打ち勝つ訓練の場とした。本人も大いに勉強になったと思う。来週の本番で結果が出ることを願っています。

全体の演奏が終了後、時間が余ったので第3部としてアンコールタイムを開催。弾きたい方が自主的に演奏する場を設けた。すると何と全員が演奏した(笑)。皆さん人前での演奏機会を欲しいているんだなと、改めてその向上心に感心です。
アンコールタイムも終了後は、いつものように反省会。ギターに関するいろいろな話題で盛り上がって練習会は終了した。その後は、またまたいつもの本格中華屋さんで食事会を開催して楽しいイベントがお開きとなった。参加者の皆さんお疲れさまでした。

ぴかぴか(新しい)
ステージ練習会の写真ですが、いつもは私の写真を中心に掲載していますが、本日は特別に一人千葉ソロギターサークルメンバーを紹介します(本人同意済み)。本日紹介するのは岡美佐子さんです。普段はお花屋さんでお仕事に励む傍ら、ギターにも熱心に取り組んでいる素敵な方です。
今後、ご本人の了解を取りながら、毎回一人ずつ千葉ソロギターサークルのメンバーを写真で紹介していきたいと思います。お楽しみに!

ぴかぴか(新しい)
次回のステージ練習会は8/28(日)13:00~17:00、千葉市中央区末広公民館2F講堂で開催予定。ご興味のある方はまずは一度見学(無料)にお越しください。一緒に弾きたくなること請け合いです。

ぴかぴか(新しい)
♯♪第124回クラシックギター・ステージ練習会♪♭
《2016/8/6/日/13:00~17:00/幕張ベイタウン・コア・音楽ホ-ル/主催:千葉ソロギターサークル》
♪ プ ロ グ ラ ム ♪

《第1部》13:20~14:22(演奏58分+予備4分=62分)

①SMさん~15分
(1)禁じられた遊び
(2)ロートレック讃歌(デラマーサ)
(3)森に夢みる(バリオス)

②SMさん~13分
(1)エチュードNo.2(F.ソル) 2分
(2)ロマンセ (A.ルビラ) 3分
(3)暁の鐘 (E.S.デラマーサ)7分

③kenkenさん~15分
(1)サラバンド・ドウーブル
(2)ブーレー・ドウーブル
  ~無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第1番(BWV1002番)/ J.S.Bachより

④UKさん~15分
(1)ソルの20の練習曲よりNO.2 (F.ソル) 1分
(2)無伴奏チェロ組曲第3番よりクーラント (J.S.バッハ)4分
(3)タレガ讃歌~ガロティンとソレアス (J.トゥリーナ)5分
(4)カタロニア奇想曲 (I.アルベニス) 4分

⑤MYさん ※飛び入り参加
(1)イエスタデイ(レノン&マッカートニー)3分
(2)ラブ(レノン)

★★★休憩(10分間)★★★【14:22~14:32】
《第2部》14:32~15:37(演奏61分+予備4分=65分)

⑥NAO~15分
(1)クーラント~無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より(J.S.バッハ) 4分00秒
(2)マリーア(F.タレガ) 1分30秒
(3)前奏曲第4番(H.ヴィラ=ロボス)4分00秒
(4)練習曲”月光”~セゴビアNo.5(F.ソル) 1分30秒※リピート無し
(5)練習曲~セゴビアNo.2(F.ソル) 1分10秒
(6)ブーレ~リュート組曲第1番BWV996より(J.S.バッハ)1分30秒

⑦SYさん~15分
(1)ディバガンド(セメンツァート)4分
(2)ソナタ ニ長調 アレグロ、ロマンス、ロンド(シャイドラー)11分

⑧OMさん~11分
(1)ダンサポンポーサ (タンスマン作曲)
(2)ノクターン (ショパン作曲 タレガ編曲)

⑨KTさん~10分
(1)ミファボリータ(作曲者不詳) 4分
(2)アランブラ宮殿の思い出(F.タレガ)6分

⑩NKさん~10分
(1)エチュード OP-31-10(F.ソル)
(2)アラビア風奇想曲(F.タレガ)

<反省会・片付け>15:37~17:00

以上

ぴかぴか(新しい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






【写真1】表彰式での入賞・入選9名の方々







【写真2】首席入賞(第1位相当)の長沼太一さん







【写真3】入賞(第2位相当)の大高佑介さん







【写真4】入賞(第2位相当)の鈴木幸男さん(大高さんと鈴木さんは同点で2位が2名となります。)







【写真5】会場の様子







【写真6】首席入賞の挨拶をする長沼太一さん







【写真7】予選通過者の掲示板







【写真8】会場ロビーの様子







【写真9】表彰式の様子







【写真10】審査員・入賞者・入選者集合記念撮影


ぴかぴか(新しい)

皆さんこんばんは。

7/31(日)、東京・代々木上原の古賀政男博物館内「けやきホール」にて、GFPギター友の会主催第14回クラシックギターオーディションの観戦に行きましたのでレポします。



ぴかぴか(新しい)

当日のプログラムによると予選参加者は23名。1名が欠席との事でしたので、22名で予選が争われるかと思いきや、前年度の入賞者及び入選者の方から2名が予選免除との事で、この2名を除く20名で予選会が行われた。(ちなみにこの予選免除制度は来年から廃止されるとの事です。)

審査員は、石田忠氏、奥山由行氏、高久敏春氏、西本悦子氏、長谷部二郎氏、広瀬恵子氏の6名。私は開演の朝11時から午後5時ごろの審査結果まで約6時間、ギター仲間が多数出場するので頑張って最後まで立ち会わせて頂きました。

ぴかぴか(新しい)

さて、20名で争われた予選会ですが、課題曲がコストの舟歌と3分以内の自由曲で選考が行われた。予選会に自由曲を取り入れるのは演奏者の実力をより正確に把握する方法として好ましい方法だと思う。

予選通過者は予選免除者2名を含め合計9名と、参加人数のわりには人数が多い。予選通過者の顔ぶれを見ると、私の予想とほぼ一致するもので、妥当な選考が行われたと感じた。

予選通過できなかった方の中で私が高評価していたのは、久保田真悟さん、岩松知宏さんの二人。来年の奮起に期待したい。



ぴかぴか(新しい)

9名で行われた本選会は、6分以上10分以内の自由曲のみで争われた。さすがに弾き込んで自信のある自由曲で臨んだと思われる聴きごたえのある演奏が続き、コンサートとしても楽しめました。審査の結果、過去最多の7名の入賞者となったとの事。

本選会は前半5名、後半4名で演奏され、全員の演奏を聴いた感じでは、鈴木幸男さん、長沼太一さん、大高佑介さんの3名が上位争いをするのではと思っていたが、果たして結果はこの3名が上位3名となり、私にとっては納得の結果であった。

惜しくも次席となった種谷信一さんは、終盤の乱れがなければ優勝争いの一角に食い込んでいたと思われる安定感のある演奏であった。来年に期待したい。



ぴかぴか(新しい)

【第14回GFPクラシックギターオーディション結果】※曲名は本選自由曲

・長沼太一( 首席入賞・千葉県) ソナタより第3、第4楽章(A.ホセ)

・大高佑介( 入賞・東京都) 前奏曲ホ長調(M.M.ポンセ)、無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番よりアレグロ(J.S.バッハ)

・鈴木幸男( 入賞・茨城県) オートゥイユの夜会(N.コスト)

・柏木丈夫( 入賞・東京都) 無伴奏チェロ組曲第3番よりクーラント、ジーグ(J.S.バッハ)

・上阪泰浩( 入賞・千葉県) ソナタ第3番より第2、第3楽章(M.M.ポンセ)

・山口直哉( 入賞・千葉県) ワルツ第3番、第4番(A.バリオス)

・高橋慶匡( 入賞・宮城県) マリーア(F.タレガ)、舞踏礼賛(L.ブローウェル)

・種谷信一(次席入選・埼玉県)  魔笛の主題による変奏曲(F.ソル)

・鎌田孝博( 入選・埼玉県) 椿姫の主題による幻想曲(F.タレガ編)



ぴかぴか(新しい)

首席(優勝)の長沼さんは千葉ソロギターサークル(千葉ソロ)のメンバーですので、自分のことのように嬉しかったです。長沼さんおめでとうございます!

ちなみに昨年の首席の北方雅之さんも千葉ソロメンバーですので、千葉ソロで2連覇を達成したことになります。嬉しいことです。

ちなみに点数は、首席の長沼さんが83.66点、その次の大高さんと鈴木さんは83.00で同点(今回は第2位が2名という事になります)、その次の柏木さんが82.50点、5~7位の3名は80点台で僅差の接戦であったとの事。




ぴかぴか(新しい)

来年の第15回GFPクラシックギターオーディションは2017年7月30日(日)、今回と同じけやきホール。予選課題曲はアンダンティーノOp.32-1(F.ソル)と3分以内の自由曲との事。

参加資格は小学生以上から一般大人まで ( プロ・アマは問いません)との事、参加料も1万円と安価なので、都合がつけば私も来年挑戦してみようかな。



ぴかぴか(新しい)






【8/3追記】




審査員の西本さまより、入賞者7名の点数が開示されましたので、本文を訂正いたしました。下記にも掲載します。



長沼太一さん(83.66点)

大高祐介さん(83.00点)

鈴木幸雄さん(83.00点)

柏木文夫さん(82.50点)

上阪泰造さん(80.83点)

山口直哉さん(80.50点)

高橋慶匡(80.33点)



尚、大高さんと鈴木さんは同点で第2位(相当)が2名との事です。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。