千葉ソロギターサークル公式ブログ2

千葉市を中心に活動しているクラシックギターのソロ演奏を趣味とする愛好家団体千葉ソロギターサークルです。アマチュア主体ですがプロやプロを目指す若手も多数在籍。コンサートや各種イベントを開催しギター音楽を紹介。2008年11月19日設立。会員数は2016年5月現在113名。


テーマ:








ぴかぴか(新しい)
皆さんこんにちは。

ギタリストTV出演情報です。
5/30(月)斎藤明子さんがTV東京のBSジャパン『エンター・ザ・ミュージック』に出演し、関西フィルとアランフェス協奏曲などを弾くようです。
以下、BSジャパンのHPより番組情報を転載します。
hhttp://www.bs-j.co.jp/enterthemusic/

ぴかぴか(新しい)
【番組】TV東京・BSジャパン『エンター・ザ・ミュージック』
【放送日】2016年5月30日(月)夜11時00分~夜11時30分
【ゲスト】斎藤明子(クラシック・ギタリスト)
【出演】関西フィルハーモニー管弦楽団
【司会】藤岡幸夫(指揮者)、繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)

ぴかぴか(新しい)
クラシック・ギタリストの斎藤明子をゲストに迎え、10弦ギターで奏でる素敵な音色をお届けすると共に、楽器の仕組み、魅力に迫る。関西フィルとの共演で「アランフェス協奏曲」を披露!
ひとことで「音楽会」と耳にすると、オーケストラが奏でる壮大なシンフォニーだったりバイオリンソナタなど、ちょっと敷居が高くて堅苦しいと思われがちですが、その楽曲や作曲者のエピソードを知ると、その音楽がとても身近に感じられます。
番組では、毎回お招きするゲストと指揮者・藤岡幸夫が「音楽は世界を豊かにする!」をコンセプトに、音楽のジャンルを越えたトークや演奏に挑戦し、今までの常識を打ち破った「新しい世界」へ誘います。クラシック音楽の新たな魅力を発見し、ぐっと近くに感じることのできるライヴ・ミュージックショーです!

ぴかぴか(新しい)
明日開催の渋谷環ギターリサイタルin千葉、ご来場お待ちしています!詳細は下記。
http://ameblo.jp/csgc/entry-12155311884.html

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






【写真1】演奏後の建さん(右)と私







【写真2】会場の様子







【写真3】プログラム







【写真4】開場を待つ多数のお客さんの列







【写真5】休憩中のロビーの様子







【写真6】終演後のロビーで建さんと言葉を交わすために列を作る多数のお客さん







【写真7】プログラムの表紙







【写真8】会場前の広場では珍しいクラシックギターのストリートパフォーマンスがあった。カナダ人との事。(オマケ)




ぴかぴか(新しい)

皆さんこんばんは。

昨日5/21(土)建孝三ギターリサイタル鑑賞してきました。

会場はクラシック音楽のメッカ、東京文化会館の小ホール。ギター1本のリサイタルですが、多数のお客さんが来ていました。



前半がオペラのアリアを題材にしたギターオリジナル曲、後半が讃歌をテーマにした曲集でしたが、ブリテンのノクターナルや、ジュリアーニのロッシニアーナ第1番など大曲を並べた重厚なプログラムで聴きごたえがありました。

建さんのサントス・エルナンデスのギターはしっかりと会場いっぱいに響いていました。1曲目は少し音が硬いかなとも感じましたが、弾き進むにつれて次第に柔らかい音や重みのある音になり、伸びのある高音と迫力のある低音のバランスも良く、楽器の性能を出し切るタッチと確実なテクニックは素晴らしかったです。演奏家・音楽家としての素晴らしさを改めて感じました。アンコールのバーデン・ジャズ組曲まで聴衆を魅了していました。

以下、建さんのFacebookページより曲目などを引用します。



ぴかぴか(新しい)

KOZO TATE GUITAR RECITAL

21, 5, 2016 Tokyo Bunka-kaikan



Fantasy on Theme from Verdi's Rigoletto Op.63/J.K.Mertz

Fantasy on Theme from Verdi's Traviata/J.Arcas

Variations on Theme from Mozart's Magic Flute Op.9/F.Sor

Rossiniana No.1 Op.119/M.Giuliani

Nocturnal Op.70/B.Britten

Omenaje "Le Tombeau de Debussy"/M.de.Falla

Hommage a Tarrega/J.Turina

Capriccio Diabolico/M.Castelnuovo Tedesco



ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ぴかぴか(新しい)

本日5/21夜9時半より、友人のピアニスト高木洋子さんがNHKEテレ1、午後9時30分~午後10時00分、ららら♪クラシック「ミヨーの“スカラムーシュ”」に出演します。
ギター曲も作曲しているダリウス・ミヨーの2台のピアノのための組曲「スカラムーシュ」を演奏します。
ご興味のある方は是非ご覧ください。以下NHKのHPより転載。

ぴかぴか(新しい)
NHKEテレ1、午後9時30分~午後10時00分
ららら♪クラシック「ミヨーの“スカラムーシュ”」
リオの旋律に燃えた男 3つのキーワード (1)“ありもの”で大サービス!? (2)異国のメソッドに開眼 (3)ダンサブルに乗り乗り~

躍動感あふれる旋律が展開する2台のピアノのための組曲「スカラムーシュ」。フランスの作曲家ダリウス・ミヨーは、思いがけないことをきっかけにこの曲を作り上げた。いったい彼に何が起きたのか。楽曲解説コーナーでは、強力な助っ人が登場。「スカラムーシュ」の音楽的な特徴を解き明かす。思わず踊り出したくなるような陽気でリズミカルなクラシック音楽とは…【ゲスト】ダニエル・カール(タレント)

楽曲
「“スカラムーシュ”から 第1楽章 第3楽章」
ダリウス・ミヨー:作曲
(ピアノ)下山静香、(ピアノ)高木洋子
(5分20秒)
~NHK102スタジオ~

【NHK番組HP】
http://www4.nhk.or.jp/lalala/x/2016-05-21/31/5298/2133179/

ぴかぴか(新しい)
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】池田慎司さんと私



【写真2】池田さんミニコンサート



【写真3】レッスン会場全景



【写真4】YMさんレッスン風景



【写真5】池田さんとYMさん



【写真6】みたぽんさんレッスン風景



【写真7】池田さんとみたぽんさん



【写真8】KMさんレッスン風景



【写真9】池田さんとKMさん



【写真10】池田さんとKHさん



【写真11】NAさんレッスン風景



【写真12】池田さんとNAさん


ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
5/15(日)千葉ソロギターサークル主催で、北九州在住のプロギタリスト池田慎司氏のマスタークラスを開催しましたので報告します。
池田さんは、5/13(金)東京・銀座~14(土)神奈川、と2日間連続でスペインギターフェスタでソロや重奏のコンサートに出演した後に、今回のマスタークラスをやって頂きました。

日程は5月15日(日)9:00~17:00。会場は千葉市ハーモニープラザ内男女共同参画センター2FスタジオAです。
今回の受講者は6名、千葉ソロギターサークルメンバーが4名、それ以外が2名でした。アマチュア4名プロ2名です。遠く新潟からこの日の為に受講にきた方もいました。聴講生も数名参加して下さいました。
私は、ヴィラ=ロボスの前奏曲第2番と第4番で受講しました。

ぴかぴか(新しい)
池田さんのレッスン内容ですが、まず最初に各レッスン生の演奏を聴いた上で、何が問題なのかを的確に把握し、その人に必要な事をレッスンする形で進められました。
例えば、運指の問題だったり、表現の問題だったり、ミスの問題だったり、心の問題だったりととテーマは様々です。
曲の表現方法については、ありきたりの固定された表現だけにとらわれず、いろいろな可能性を追求し、よりふさわしい、より新しい、自分なりの表現を見つけ出すことの大切さを感じさせました。つまり、1つのフレーズに対し様々なアイデアを駆使し、表現の幅を広げる事です。表現の引き出しを数多く試行錯誤する事の大切さ、面白さを力説していました。

特に得意のブラジルや南米の曲では本領発揮と言う感じで、ショーロやサンバ、ボサノバ、などに関する豊富な経験と知識で、その曲の持つ魅力を新たな角度から構築してくれました。実際に弾いて示してくれるので説得力が有るレッスンを展開して下さいました。
メトロノームの有効な使い方、自分の弱点を知る方法、ミスを減らす練習方法など、時間いっぱい独自の有意義なレッスンが行われ、受講者、聴講者にとっては大変貴重な勉強となりました。

レッスン終了後には、池田さんのミニコンサートを開催。これを楽しみにしていた方も多いです。当初15~20分程度の予定でしたが30分近くの熱演をして下さいました。
曲は、今年発売された約10年ぶりのソロCD収録曲を中心に、ペルナンブーコの鐘の響き、ヴィラ=ロボスのショーロス第1番、ロドリーゴの祈りと踊り、ジョピンのフェリシダージ、等です。

ぴかぴか(新しい)
打上げは、予定していた会場近くの居酒屋さんが満席だったので、その隣のジョリーパスタで開催。
池田さんのCDにサインをしてもらったり、ギター談義に花が咲き、新しい出会いと親睦を深められる楽しい時間を過ごしてお開きとなりました。

私は、車で朝8時半に池田さんの宿泊先のホテルに迎えに行き、最後は千葉駅に送ってこの日のミッションは終了しました。
今後も折を見て、このようなマスタークラスを開催して行きたいと思います。ちなみに次回は8/21に渋谷環さんを千葉にお招きしてマスタークラスを開催します。おっと、その前に今月5/29は渋谷環ギターリサイタルin千葉ですよ!是非聴きにお越しくださいね。

講師の池田先生、受講者、聴講者の皆様、そして今回のマスタークラス開催を応援して下さった皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

ぴかぴか(新しい)
1.【池田慎司クラシックギター・マスタークラス開催概要】
---------------------------------------------------
1.日時:2016年5月15日(日)9:00~17:00(8時間)
2.会場:千葉市ハーモニープラザ内千葉市男女共同参画センター2F「スタジオA」(京成電鉄千葉寺駅から徒歩6分)
 【会場HP】http://www.chp.or.jp/danjo/info/info_01.html
 【会場アクセス】http://www.chp.or.jp/danjo/access/access.html
3.受講者:6人
4.受講時間:約55分/一人
5.主催:千葉ソロギターサークル(代表:上原淳)
---------------------------------------------------

ぴかぴか(新しい)
2.当日のスケジュール

1.YMさん 9:20~10:15
・ワルツ第3番(A.バリオス)
・ワルツ第4番(A.バリオス)

2.NAO 10:20~11:15
・前奏曲第2番(H.ヴィラ=ロボス)
・前奏曲第4番(H.ヴィラ=ロボス)

3.みたぽんさん 11:20~12:15
・プレリュード ホ長調(M.M.ポンセ)

【食事休憩】12:15~13:00

4.KMさん 13:00~13:55
・スケルツォワルツ(M.リョベート)

5.KAさん 14:00~14:55
・椿姫の主題による幻想曲(J.アルカス)

6.NMさん 15:00~15:55
・アナトリア民謡による主題と変奏曲(C.ドメニコーニ)

【休憩】15:55~16:10(15分間)
【池田慎司ミニコンサート】16:10~16:30(20分間)
【池田慎司さんを囲んで懇親会】16:30~16:55(30分間)
【撤収】16:55~17:00(5分間)
【池田慎司さんを囲んで打上げ】17:15~19:30

---------------------------------------------------

以上。

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】レッスン会場、千葉市男女共同参画センター・ハーモニープラザ2F「スタジオA」全景



【写真2】打上げの様子



【写真3】藤井敬吾先生ミニコンサート



【写真4】UKさんのレッスン風景



【写真5】UKさん記念撮影



【写真6】SMさんのレッスン風景



【写真7】SMさん記念撮影



【写真8】Donbukuさんのレッスン風景



【写真9】Donbukuさん記念撮影



【写真10】MOさんレッスン風景



【写真11】MOさん記念撮影



【写真12】上原淳レッスン風景



【写真13】上原淳記念撮影



【写真14】KEさんレッスン風景



【写真15】KEさん記念撮影


ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。

大変遅くなりましたが、3/6(日)に開催したプロギタリスト藤井敬吾氏を千葉にお招きしてマスタークラスの報告です。
会場は千葉市ハーモニープラザ内の男女共同参画センター2階のスタジオAです。

今回は6名のレッスンが行われましたが、5月に迫ったシニアギターコンクールの課題曲や自由曲で受講される方が3名いました。
その後、実際に5/4のシニアギターコンクールでは、レッスンの甲斐あって第2位入賞を果たした方もいました。
藤井先生はこのコンクールの審査員をされておりますので、審査ポイントやアドバイス等が詳細に聞けた事が好成績につながった事と思います。

ぴかぴか(新しい)
私もヴィラ=ロボスの前奏曲第4番、バッハのチェロ3番のクーラントを受講。タレガのマリーアも少し見てもらいました。
藤井先生のレッスンは、音楽的な知識に裏付けられた指導、ご自身の探究心や経験からくる豊富な理論や体験談などがふんだんにちりばめられたもので、聴く人を惹きつける巧みな話術と共に大変貴重で有意義なものでした。今後も年に一度程度定期的に千葉にお招きしたいと思いました。

レッスン終了後には藤井先生のミニコンサートがあり、あの名曲「羽衣伝説」の自作自演、ビバルディの四季より春のギターソロ自編版など魅力的な曲が演奏されました。
打ち上げでは、藤井先生の為になるお話、楽しいお話はたくさん聞けて、上がらないようにするにはどうしたら良いか等皆さんの質問にも丁寧に答えて頂き、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

ぴかぴか(新しい)
<イベント開催概要>
-------------------------------------------
【イベント名称】藤井敬吾クラシックギター・マスタークラス(ミニコンサート付)
【日時】2016/3/6/(日)9:00~17:00
【会場】千葉県・千葉市男女共同参画センター・ハーモニープラザ2F「スタジオA」
【受講生】6名
【主催】千葉ソロギターサークル(代表:上原淳)
-------------------------------------------

ぴかぴか(新しい)
【藤井敬吾マスタークラス・タイムスケジュール】
09:00 会場前ロビーに集合
09:00~09:15 会場設営、受講者・聴講者受付

09:15~10:15 UKさん:①マジョルカ (I.アルベニス)、②練習曲No.35-17(F.ソル)
10:15~10:18 休憩(3分間)
10:18~11:18 SMさん:①アルハンブラの思い出(F.タレガ)
11:18~11:21 休憩(3分間)
11:21~12:21 Donbukuさん:①ファンダンゴ(J.ロドリーゴ)、②プレリュードBWV998(J.S.バッハ)

12:21~13:06 昼食(45分間)

13:06~14:06 OMさん:①練習曲No.35-17(F.ソル)、②アンダンテ・ラルゴ(F.ソル)
14:06~14:09 休憩(3分間)
14:09~15:09 NA0:①前奏曲第4番(H.ヴィラ=ロボス)、②クーラント~チェロ組曲第3番より(J.S.バッハ)
15:09~15:12 休憩(3分間)
15:12~16:12 KEさん:①練習曲No.35-17(F.ソル)、②魔笛の主題による変奏曲(F.ソル)

16:12~16:22 休憩(10分間)
16:22~16:37 藤井敬吾ミニコンサート(15分間)
16:37~16:55 藤井敬吾さんを囲んで懇親会(18分間)
16:55~17:00 片づけ・撤収(5分間)
17:00~17:15 打上げ会場へ移動
17:15~19:15 藤井敬吾さんを囲んで打上げ・夕食会(自由参加)
19:15 解散

以上。

ぴかぴか(新しい)

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】出演者・審査員集合記念写真



【写真2】ミドル部門の入賞者(左から1位~4位)



【写真3】シニア部門の入賞者(左から1位~6位)



【写真4】豪華審査員陣



【写真5】熱気あふれる会場内の様子



【写真6】予選突破者の発表



【写真7】本選進出者演奏順、曲目



【写真8】ミドル第2位の吉岡さん(千葉ソロギターサークル会員)



【写真9】シニア第2位の上原さん(千葉ソロギターサークル会員)



【写真10】シニア第3位の黒田さん(千葉ソロギターサークル会員)



【写真11】シニア第5位の小林さん(千葉ソロギターサークル会員)



【写真12】前年度シニア部門優勝者堀田京子さんの記念演奏(千葉ソロギターサークル員)



【写真13】吉岡さんの表層式(授与は濱田滋郎氏)



【写真14】上原さんの表層式(授与は濱田滋郎氏)



【写真15】黒田さんの表層式(授与は濱田滋郎氏)



【写真16】小林さんの表層式(授与は濱田滋郎氏)



【写真17】審査講評をする藤井敬吾氏



【写真18】ステージ全景(特徴的なドーム型の高い天井)



【写真19】会場全景(客席も円形状のワインヤード形式)



【写真20】会場内でお会いした名ギタリスト田部井辰雄氏と



【写真21】会場のギター文化館

ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんにちは。
5/3のクラシカルに続いて、5/4はシニアギターコンクール観戦に行ってきました。

会場は茨城県石岡市のギター文化館。午前10時から午後6時ごろまで、大人の本気の熱気あふれるイベントでした。
当日会場から予選結果を報告しましたが、その後に行われた本選の結果をお知らせします。

ぴかぴか(新しい)
【第11回シニアギターコンクール本選結果】

<ミドル部門~10名参加>35~54歳
第1位 廣岡甲太郎(群馬)
第2位 吉岡信夫(埼玉)
第3位 松田利枝(滋賀)
第4位 桧山政広(青森)


<シニア部門~32名参加>55歳以上
第1位 鈴木幸男(茨城)
第2位 上原和男(千葉)
第3位 黒田公子(埼玉)
第4位 柏木丈夫(東京)
第5位 小林丈記(千葉)
第6位 山本英雄(茨城)


ぴかぴか(新しい)
優勝した鈴木さん、廣岡さん、おめでとうございます。
特に鈴木さんは、シニア部門で毎年のように優勝候補と言われていましたが、挑戦5回目でついに栄冠を勝ちとりました。
これで、ミドル部門とシニア部門の両部門を制覇した二人目の快挙達成者となりました。おめでとうございます!ちなみに一人目は北海道の川田さんです。私も両部門制覇を狙っていたのですが、来年から年齢区分が変わる事になり夢と消えました。新たなシステムでゼロからの再スタートとなるとの事です。詳細は後述。

ミドル部門優勝の廣岡さんは昨年の5位から一気にジャンプアップしての優勝でした。38歳とシニアコンクールに挑戦する人の中では最年少に近い方です。2位以下を大きく引き離しての圧倒的な優勝だと感じました。その余裕のある弾き振りからもしやプロ?と思われたが、群馬でインド料理店を経営している社長さんとの事。

ぴかぴか(新しい)
千葉ソロギターサークルメンバーも8名が参加し、4名が本選進出と大健闘しました。
惜しくも優勝は逃しましたが、ミドル部門で2位、シニア部門で2位、3位、5位に入賞しました。
ちなみに昨年のシニア部門の優勝者、堀田京子さんも千葉ソロメンバーで、約30分の前年度優勝記念演奏を行い、完成度の高い安定した演奏でイベントに華を添えていました。

毎回感じる事ですが、今回も普段の実力を出し切れずに予選落ちして行く姿を多数目のあたりにし、改めて一発勝負のコンクールの難しさを感じました。実力がある事が分かっているのに、突然止まったり、手が震えてまともに弦が捉えられなくなったり、弾き直したりと、まるでステージの魔物に飲み込まれたかのような感じでした。緊張感がひしひしと伝わり、見ていて胸が締めつかられる思いでした。これにめげずに、対策を立て来年もまた果敢に挑戦して欲しいものです。

このシニアギターコンクール、今回で11回目となりますが、まだ知らない方もいるようです。下記のようなギター界の著名人が審査員として参加する、シニアギター愛好家には大きなイベントに成長しています。
今年の審査員は濱田滋郎氏、藤井敬吾氏、本木盛夫氏、中村俊三氏、北口功氏、宮下祥子氏、角圭司氏。過去には小原聖子氏もいました。毎回審査講評を行うのは藤井敬吾氏です。内容が濃く愛情たっぷりで辛口の講評は毎回参考になります。

ぴかぴか(新しい)
そう言えば、来年からこのコンクールのルールが大きく変更となり、年齢区分が変更されました。現状の2区分から下記4区分に増えます。
Future部門 24歳以下
Middle部門 25~59歳
Senior部門 60~69歳
Respect部門 70歳以上

つまり、35歳以上の年齢制限が無くなり、何歳でも参加できるようになったのです。
となるとシニアでない若手の方も参加出来るようになるという事になり、コンクールの名称も実体に即していなくなってしまいます。名称変更も検討する必要性が考えられます。例えば、ギター文化館音楽コンクール、やさとギターコンクールなど。年齢を連想させるシニア等の言葉を入れない方が実体に合っていると思います。ただ、個人的には親しまれた”シニア”ギターコンクールと言う名称は維持して欲しい気がします。多少実態と離れたとしてもこれまで11年間築いてきたイメージの継続性もありますので。

また、この年齢区分変更に伴い、過去にこのコンクールで優勝した方々ももう一度新しい年齢区分に従って挑戦しても良いとのアナウンスもありました。という事は私にも挑戦権が復活した事になりますが、来年挑戦するかどうかは未定です。クラシカル挑戦を優先に考えていますので、2日連続でのコンクール挑戦はさすがに厳しいです。

毎年感じる事ですが、ギター文化館がある茨城県石岡市は千葉市から遠いです~(笑)。もう少し都心に近いと気軽に行けるのだが、、、。その代り、大自然の懐に飛び込んで行くかのような山奥の自然環境の豊かさを堪能する事が出来るので、痛し痒しと言う感じです。


ぴかぴか(新しい)
最後に告知ですが、5/29(日)千葉市生涯学習センター・メディアエッグ(小ホール)にて渋谷環ギターリサイタルin千葉を開催します。渋谷さんは千葉ではほとんど演奏した事が無いとの事でし。この機会に是非聴きにお越しください。詳細は下記「千葉ソロギターサークル公式ブログ2」で。
http://ameblo.jp/csgc/entry-12155311884.html

ぴかぴか(新しい)

いいね!(9)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:






【写真1】表彰式の入賞者6名の様子







【写真2】表彰式全体の様子







【写真3】会場内全景









写真4】優勝したノエルさん(左)と私。







【写真5】2位入賞の斎藤優貴さん(左)と私。







【写真6】2次予選参加者名簿(数字は演奏順、A~Cは課題曲)







【写真7】本選の演奏順







【写真8】会場入り口







【写真9】会場の日本橋公会堂全景




ぴかぴか(新しい)

皆さんこんばんは。

先ほど、Facebookで会場から速報をお届けしましたが、写真を交えて簡単にレポします。

明日は茨城県のギター文化館でシニアギターコンクール観戦の為、朝5時半に出発なので今日は早々に寝ます。

まずは改めて本選結果から。(以下、全て敬称略)



【第47回クラシカルギターコンクール本選結果】



第1位 ノエル・ビリングスリー

第2位 斎藤優貴

第4位 渡邊華

第5位 藤原盛企

第6位 田中春彦

第6位 頼本小次郎



*3位空席、6位が同点で2名



ぴかぴか(新しい)

会場はいつもの東京・武蔵野文化会館小ホールが改築工事のため、今回は東京・中央区の日本橋公会堂で開催された。開演は12時、終演は19:30頃。

1次テープ審査を通過した33名が参加。4名の棄権者を含めると37名が名簿に記載されていた。



本選をかけた2次予選の課題曲はポンセのワルツ、スケルツィーノ・メヒカーノ、プレリュードの3曲の中から任意の1曲を演奏して競われた。

2次予選で課題曲が複数あったのは珍しいと思う。初の試みかも知れません。ただ、審査する方は審査基準の設定に苦労したようです。



ぴかぴか(新しい)

本選には上記6名が進出したが、他に私が個人的に評価が高いと思った方は下記の方々。

石丸陸、長佑樹、荒井一穂、飯田敏史、大沢美月、北代岳、西田武史、堀内裕行、箭田昌美。

予想外だったのは、石丸さんの落選。私は予選1位か2位だと思っていたので。長さんも含め上位陣との点差はほとんどなかったと思う。



本選結果は極めて順当な順位づけだったように思います。本選の課題曲はバリオスの大聖堂全3楽章という聴きごたえのある曲であった。

特に上位の2名は他の方に比べ、実力がずば抜けており、3位以下を大きく引き離していたと思う。と言う私の予想通り、審査講評では上位2名と3位以下がかなり差があり、結果として珍しく3位空席となり、同点だったという事で6位が2名となったとの事。



ぴかぴか(新しい)

優勝したノエルさんは、音楽性豊かにブリテンの名曲ノクターナルを詩的なセンスで弾き切ったのが印象に残った。存在感のある演奏家だと思う。楽器も良く鳴っており、特に低音の迫力は参加者中最高でした。イギリス人と日本人のハーフで、現在奥様の地元沖縄に滞在中とのことで、今回もわざわざ沖縄から上京しての参加であったとの事で、優勝賞金35万円は嬉しかったと思います。

2位の斎藤さんは、昨年、一昨年に続く3年連続の2位。これは史上初の珍事。最近は音色にも成長のあとが感じられ、柔らかく太い音が出せるようになってきたのを感じた。指は元々回っていたので将来の成長が楽しみです。今回は師匠の坪川先生の愛器、マリンを使用しての出場であった。



来年の1次テープ審査の課題曲はソルの月光、2次予選はヴィラーロボスの前奏曲第4番、本選はタンスマンのカバティーナ組曲からプレリュード、バルカローレ、ダンサ・ポンポーザの3曲、との事。

ソルとヴィラ=ロボスは弾いた事があるので、来年は久しぶりに私も挑戦しようかと思案中。



ぴかぴか(新しい)

いいね!(2)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



【写真1】演奏後の全体集合写真



【写真2】打上げ会場で坪川さん、ブラーボさんと記念写真



【写真3】伊藤亘希さんの演奏



【写真4】石丸陸さんの演奏



【写真5】斎藤優貴さんの演奏



【写真6】私の演奏



【写真7】SEIさんの演奏



【写真8】みたぽんさんの演奏



【写真9】HSさんの演奏



【写真10】会場内の様子



【写真11】会場のCafe y Libros外観



【写真12】会場前で指慣らし中



【写真13】打上げの様子1



【写真14】打上げの様子2



【写真15】打上げの様子3(中央の美人さんは彼氏募集中!希望者は私まで(笑)。)



【写真16】発表会のプログラム


ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんにちは。
昨日5月1日(日)13時~坪川真理子ギター教室&レオナルド・ブラーボギター教室の門下生合同発表会が開催されました。
毎年2回の発表会がありますが、毎回坪川さんとブラーボさんの教室との合同発表会となっており、多数の方の演奏が聴けて交流できるのでとても楽しいイベントとなっております。

今回の会場は、これまでの池袋のGGサロンから変わって、初めて目黒のCafe y Libros(カフェ・イ・リブロス)でした。定員40人程度のこじんまりした会場でしたが、ギターの音は良く聴こえました。時折目の前を通る電車の音が少し気になりましたが。
http://www.cafeylibros.com/access/

ぴかぴか(新しい)
私は今回は、先日のバッハコンクールの為に練習した曲を弾きました。バッハのクーラント、タレガのマリーア、ヴィラ=ロボスの前奏曲第4番の3曲です。
コンクールの2次予選で弾いたクーラントはとてもふがいないもので自己採点20点ほどでしたが、今回はその反省及び経験を生かし60点程。まずまずの演奏でホッとしました。バッハコンクールは来年も同じ課題曲なのでまた1年間弾き込んで、来年は多少は納得の行く演奏が出来るよう精進します。
マリーアと前奏曲第4番はミスはありましたが、まずまずの演奏は出来たと思います。

ぴかぴか(新しい)
今回の出演者の中ではやはり、伊藤亘希、石丸陸、斎藤優貴の若手3人の演奏がずば抜けていました。彼らの演奏を聴けただけでもイベントに参加した甲斐があったと言えるほどの素晴らしい演奏でした。

石丸さんと斎藤さんは明日5/3のクラシカルギターコンクールにも出場するとの事で、課題曲を中心に演奏していました。本選進出はもちろん、優勝を狙える演奏だったと思います。
石丸さんの演奏はとにかく端正で流れの心地よい音楽、そして何よりも音色の美しさが魅力的です。あまり表面には出しませんが、音楽に秘めた情熱は熱いものを感じます。最近ギターをフランスのユーゴ・キュビリエに替え、音色の美しさはそのままにラティス構造の特性を生かし全体的な迫力が増していました。
斎藤さんはの演奏は久しぶりに聴きましたが、第一印象は音色が変わったと感じました。これまではどちらかと言うと線の細い堅めの音でしたが、柔らかさや太さのある音になりつつあるのを感じました。昨年まで2年連続の第2位入賞者ですから、今年は念願の優勝を期待したいです。ちなみに斎藤さんはこの春に音大付属高校を卒業し、秋からヨーロッパの音大に留学予定との事です。
伊藤さんは、最近初めてスペインやドイツを訪れ研鑚を積んだとの事で、演奏もプロとして活動を始めた安定感と貫録が感じられる演奏でした。明日のクラシカルにはエントリーしていませんが、秋のスペインギター音楽コンクールには出場するようです。

発表会終了後は、会場近くの本格中華屋さんで打上げ。打上げでは若手名手3人によるギターの生演奏もあり、大いに盛り上がりました。
両先生、参加者の皆さん、お疲れさまでした。

ぴかぴか(新しい)
【坪川教室&ブラーボ教室合同発表会・曲目】

<第1部>
禁じられた遊び(作者不詳)
水神の踊り(J.フェレール)
プレリュード(J.セナモン)
Melodia Breve (R.シューマン)
ソルの主題による変奏曲(M.リョベート)
神秘の障壁(F.クープラン~パークニング編)
エリーゼのために(L.V. ベートーベン)、アルハンブラの想い出(F.タレガ)
プレリュードNo.7(F.ショパン~タレガ編)、エチュードOp.31-10 (F.ソル)

<第2部>
マズルカ・ショーロ(H.ヴィラ=ロボス)
真珠採り(G.ビゼー~小胎編~冨田改編)※G&Vn二重奏
2つのキューバのテーマ<キューバの子守歌、魅惑の瞳> L.ブローウェル
エチュードOp.35-17、アンダンテ・ラルゴOp.5-5(F.ソル)
想い出、滝(J.セナモン)
グラン・ワルツ(F.タレガ)、ロマンツァ(E.プジョール)
黒い花(F. デ・カロ)
マズルカ・ショーロ(H.ヴィラ=ロボス)

<第3部>
エチュードNo.9(F.ソル)
トレモロ(R.バルトリ)
古い菩提樹(S.ルドネフ)
エチュードNo.1、ソロ・タンゲアード(Q.シネーシ)
クーラント~無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より(J.S.バッハ)
マリーア(F.タレガ)
プレリュードNo.4(H.ヴィラ=ロボス)
アラビア風奇想曲(F.タレガ)
スケルツォ・ワルツ(M.リョベート)
ブエノスアイレスの春(A.ピアソラ~アサド編)

<第4部>
朧月夜 (岡 野貞一)
マドローニョス (F.M.トロ―バ)
スケールのエチュード(J.クレルチ)
アクアレル(S.アサド)
プレリュードホ短調(M.ポンセ)
大聖堂(A. バリオス)
わが宿(シューベルト~メルツ編)
ファンダンギーリョ(J.トゥリーナ)

以上。

ぴかぴか(新しい)
そう言えば、昨日の午前中に参加した年末の千葉ソロギターサークル第8回定期演奏会の会場「千葉市生涯学習センター」の抽選会ですが、残念ながら外れました。また来月挑戦したいと思います。

ぴかぴか(新しい)

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


【画像】目黒のCafe y Libros(カフェ・イ・リブロス)へのアクセス

ぴかぴか(新しい)
明日5月1日(日)13時~坪川教室&ブラーボ教室合同発表会が開催されます。
私の現在のギターの師匠は坪川真理子さんですが、毎年2回の発表会があります。
毎回ブラーボさんの教室との合同発表会となっており、多数の方の演奏が聴けて交流できるのが楽しみです。

私は今回は、先日のバッハコンクールの為に練習した曲を弾く予定です。バッハのクーラント、タレガのマリーア、ヴィラ=ロボスの前奏曲第4番の3曲です。
コンクールの2次予選で弾いたクーラントを、少しはまともに弾くのが目標です。

会場は、これまでは池袋のGGサロンでしたが、今回は初めて目黒のCafe y Libros(カフェ・イ・リブロス)での開催です。
http://www.cafeylibros.com/access/

お時間のある方は聴きにお越しください。坪川さんとブラーボさんの演奏が聴ける可能性大です。入場無料です。
プログラムが坪川さんのFacebookに掲載されていましたので転載します。

ぴかぴか(新しい)
【坪川教室&ブラーボ教室合同発表会・曲目】

<第1部>
禁じられた遊び(作者不詳)
水神の踊り(J.フェレール)
プレリュード(J.セナモン)
Melodia Breve (R.シューマン)
ソルの主題による変奏曲(M.リョベート)
神秘の障壁(F.クープラン~パークニング編)
エリーゼのために(L.V. ベートーベン)、アルハンブラの想い出(F.タレガ)
プレリュードNo.7(F.ショパン~タレガ編)、エチュードOp.31-10 (F.ソル)

<第2部>
マズルカ・ショーロ(H.ヴィラ=ロボス)
G&Vn
真珠採り(G.ビゼー~小胎編~冨田改編)
2つのキューバのテーマ<キューバの子守歌、魅惑の瞳> L.ブローウェル
エチュードOp.35-17、アンダンテ・ラルゴOp.5-5(F.ソル)
想い出、滝(J.セナモン)
グラン・ワルツ(F.タレガ)、ロマンツァ(E.プジョール)
黒い花(F. デ・カロ)
マズルカ・ショーロ(H.ヴィラ=ロボス)

<第3部>
エチュードNo.9(F.ソル)
トレモロ(R.バルトリ)
古い菩提樹(S.ルドネフ)
エチュードNo.1、ソロ・タンゲアード(Q.シネーシ)
クーラント~無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より(J.S.バッハ)
マリーア(F.タレガ)
プレリュードNo.4(H.ヴィラ=ロボス)
アラビア風奇想曲(F.タレガ)
スケルツォ・ワルツ(M.リョベート)
ブエノスアイレスの春(A.ピアソラ~アサド編)

<第4部>
朧月夜 (岡 野貞一)
マドローニョス (F.M.トロ―バ)
スケールのエチュード(J.クレルチ)
アクアレル(S.アサド)
プレリュードホ短調(M.ポンセ)
大聖堂(A. バリオス)
わが宿(シューベルト~メルツ編)
ファンダンギーリョ(J.トゥリーナ)

以上。

ぴかぴか(新しい)
そう言えば、午前中は年末の千葉ソロギターサークル第8回定期演奏会の会場確保の為に、千葉市生涯学習センターに行って抽選会に参加してから、発表会に向かいます。

ぴかぴか(新しい)
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


【写真】プロギタリスト池田慎司氏

ぴかぴか(新しい)
皆さんこんにちは。
千葉ソロギターサークル主催で、北九州在住のプロギタリスト池田慎司氏のマスタークラスを開催します。
日程は5月15日(日)9:00~17:00。会場は千葉市ハーモニープラザ内男女共同参画センター2FスタジオAです。
受講者6名は既に決定していますので、聴講生を募集しています。聴講料は1,000円です。私(上原淳)までメッセージでお申し込みください。

受講者の中には若手プロの方もいらっしゃいます。私も受講予定です。
レッスン後には池田先生のミニコンサートも開催されます。池田先生の演奏は関東ではなかなか聴くことが出来ませんので、貴重な機会になります。曲目は当日のお楽しみです。
イベントの最後には池田先生を囲んで懇親会も開催します。また打上げも開催しますので、親睦を深める事が出来ると思います。この機会に是非お越しください。

ぴかぴか(新しい)
<池田慎司マスタークラス開催概要>
-----------------------------------------
【イベント名称】池田慎司クラシックギター・マスタークラス(ミニコンサート付)
【日時】2016/5/15/(日)9:00~17:00
【会場】千葉県・千葉市男女共同参画センター・ハーモニープラザ2F「スタジオA」
【会場アクセス】京成電鉄千原線「千葉寺駅」下車、徒歩6分
 http://www.chp.or.jp/danjo/access/access.html
【聴講料】1,000円
【問合せ】080-3470-3663、okochan_2002@hotmail.com (千葉ソロギターサークル事務局・上原淳)
-----------------------------------------

ぴかぴか(新しい)
【池田慎司プロフィール】
1976年、北九州生まれ。9才より堀幸悦に師事。
1995年よりスペインに留学しアポロ音楽院に学ぶ。
アルコイにて巨匠、ホセ・ルイスゴンザレスに師事。
1996年、スペインギターコンクール第2位。(東京)
1997年、ベーレス・マラガ国際コンクール第2位。
1998年、第44回九州ギター音楽コンクール第1位。
1998年、帰国。
以後、福岡、東京、名古屋、北海道、韓国などでリサイタルを行う。
2002年8月、静岡にて行われた「国際ギターセミナーin AOL(講師:オスカー・ギリア、
福田進一)」において、特に優秀と認められた生徒第3位に選ばれる。
2004年、九州交響楽団とアランフェス協奏曲を共演し好評を博す。
2008年、Hakujuギターフェスタにて、エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一、荘村清志トカルテットにて共演。
ミュージックカルチャー「プレリュード」ギター科講師。 池田ギター教室主宰。福岡県北九州市在住。

【池田慎司ホームページ】
http://www1.bbiq.jp/guitarra/

以上、宜しくお願い致します。

ぴかぴか(新しい)
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。