千葉ソロギターサークル公式ブログ2

千葉市を中心に活動しているクラシックギターのソロ演奏を趣味とする愛好家団体千葉ソロギターサークルです。アマチュア主体ですがプロやプロを目指す若手も多数在籍。コンサートや各種イベントを開催しギター音楽を紹介。2008年11月19日設立。会員数は2016年5月現在113名。


テーマ:

【藤井敬吾先生】

 

ぴかぴか(新しい)

下記日程で藤井敬吾先生のクラシックギター・マスタークラスを開催いたします。主催は千葉ソロギターサークル(代表・上原淳)です。
ぴかぴか(新しい)
藤井先生は京都在住の為、関東ではなかなかレッスンを受ける事が出来ませんが、ご厚意で千葉でマスタークラスを開催して頂けることになりました。昨年に続き2回目の開催です。
今回のレッスンでは、ギター文化館主催のシニアギターコンクールやクラシカルギターコンクールの課題曲で受講する方が数名いますので、ご興味のある方は聴講すると参考になるかと思います。
ぴかぴか(新しい)
受講者は7名ですが既に定員に達しているため募集は締め切っております。聴講生は募集しておりますので、ご希望の方は私までメッセージでお知らせ下さい。
レッスン終了後には藤井先生のミニコンサートが開催されます。藤井先生を囲んで懇親会や夕食会もあります。どなたでも参加できます。
皆様の多数のご参加をお待ちしております。

ぴかぴか(新しい)
1.【藤井敬吾クラシックギター・マスタークラス開催概要】
------------------------------------
1.日時:2017年3月12日(日)9:00~18:00(9時間)
2.会場:千葉市生涯学習センター・多目的室
 JR千葉駅東口または北口から徒歩8分、又は千葉モノレール「千葉公園駅」から徒歩5分。
 【会場HP】http://chiba-gakushu.jp/
 【交通アクセス】http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html
 【会場問合せ先】Tel:043(207)5811(生涯学習センター)
3.聴講料:1,000円
※レッスン終了後に藤井先生のミニコンサートと藤井先生を囲んでの懇親会があります。
※その後会場を移して千葉駅前の居酒屋さんで藤井先生を囲んで夕食会を開催します。(自由参加)

------------------------------------
2.【藤井敬吾氏プロフィール】
イギリスのギルド・ホール音楽院とスペインのオスカル・エスプラ音楽院に学ぶ。二度の国際コンクール優勝。
作曲をC.ブライトン氏に師事。海外でも多く演奏している他、ピアニストである夫人の藤井由美との二重奏を中心に活躍している。ギター独奏曲「羽衣伝説」は多くのギタリストによってCDが録音されている。2001年と2002年にはスペインのタレガ国際ギターコンクールの審査員として招待された。大阪音楽大学と京都市立京都堀川音楽高校で講師を務めている。
------------------------------------

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真1】千葉ソロギターサークル会員紹介第9弾「加藤宏幸」さん

 

【写真2】会場の千葉市幕張ベイタウンコア・音楽ホール

 

【写真3】演奏後の反省会の様子

 

【写真4】私の演奏

 

【写真5】私の演奏

 

【写真6】私の演奏

 

【写真7】今回はステージ台を60㎝の高さに設定


ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
本日2/19(日)第137回ステージ練習会を開催しましたので報告です。
ステージ練習会とは千葉ソロギターサークルの主要イベントの一つで、人前で弾く機会を作ってステージ度胸をつける事を目的とした演奏会形式のイベントです。毎月2回(第1土曜日と第3日曜日)開催するのは大変ですが、主催者として頑張って開催しています。

ぴかぴか(新しい)
今回の会場はメイン会場として利用している、千葉市美浜区の幕張ベイタウンコア・音楽ホール。時間はいつものように13~17時の4時間。参加者は13名から1名の欠席が出て12名で開催。

今回は約5~6年ぶりに参加した方がいました。しばらくギターを弾いていなかったとの事ですが、また再開したとの事。今後またご一緒できるのは嬉しいですね。
4月のバッハ国際や5月のクラシカル及びシニアの各ギターコンクールに出場する人が数名いましたので、いつにも増して真剣度の高い白熱の演奏が続きました。
ぴかぴか(新しい)
私は、上記コンクールで弾く予定の曲を中心に演奏。演奏内容は小さなミスは多々あるものの、大きな破綻は無く本番に向けて少しづつ完成度が高まってきた感じ。このまま本番まで継続して制度を上げていきたい。

ぴかぴか(新しい)
今回のステージ練習会でも前回同様ホールに設置されているステージ台をせり上げて、本番のステージと同じ高さにして演奏しました。但し、今回のステージ台の高さは前回の80㎝ではなく60㎝に設定した。色々な高さに慣れる練習です。ステージ台をせり上げる事により、本番のステージにより近い感じで演奏できるので、参加者の評判も上々です。今後毎回ステージをせり上げてまさに「ステージ」練習会を開催したいと思います。
ステージ台は、グランドピアノがゆとりをもって演奏できるほどの広さで、高さを40㎝、60㎝、80㎝の3段階に調節する事が出来ます。せり上げないと床と同じ高さになりフラットな床のままです。

ぴかぴか(新しい)
演奏終了後はいつものように反省会(座談会)を設け意見交換の場を作り、その後は会場を移動しいつものように会場近くの本格中華屋さん「Tin Tan Tanチンタンタン」で打ち上げして散会となりました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。
散会後は、会場近くにある美浜文化ホールに立ち寄って8月のコンサートのホール確保の手続きを実施。8/12(土)夜「ギターコンクール優勝者の競演Vol.13」を開催します。出演者は後日発表させて頂きますが、千葉と神奈川の若手美人ギタリスト2名の競演の予定です。お楽しみに!

ぴかぴか(新しい)
次回のステージ練習会は3/5(日)13:00~17:00(4時間)、会場は今回とは違う千葉市中央区の末広公民館2F講堂です。サークル員以外の方も演奏参加出来ますので、参加したい方は私までメッセージ下さい。見学もいつでもお越しください。

ぴかぴか(新しい)
【千葉ソロ会員紹介第9弾】加藤宏幸さん
加藤さんは、島村楽器店でギター講師をしている方です。当サークルにはギターのプロの方も何名か在籍しており、サークル員にとても良い刺激をを与えて下さっています。本日はバッハコンクールで弾く曲を中心に演奏していました。

ぴかぴか(新しい)
♯♪第137回クラシックギター・ステージ練習会♪♭
《2017/2/19/日/13:00~17:00/幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル/主催:千葉ソロギターサークル》

♪ プ ロ グ ラ ム ♪
《第1部》13:20~14:20(演奏55分+予備5分=60分)

①KTさん~10分
(1)つむぎ歌 (A.バリオス)4分
(2)アルハンブラ宮殿の思い出(F.タレガ)6分

②KMさん~10分
(1)プレリュード第2番 Fタレガ 3分
(2)エチュード コスト 3分
(3)ビダリータ変奏曲 バリオス 4分

③AKさん~10分
(1)イマジン(ジョンレノン)
(2)チェロ3番のジーグ(バッハ)

④OMさん~12分
(1)カバティーナ組曲よりバルカローレとダンサポンポーサ (タンスマン作曲)
(2)フリアフロリダ (バリオス作曲)

⑤SMさん~13分
(1)エチュード4番 M.カルカッシ 3分
(2)カンツォネッタ F.メンデルスゾーン 5分
(3)暁の鐘 E.S.デラマーサ 5分


★★★休憩(10分間)★★★【14:20~14:30
《第2部》14:30~15:25(演奏50分+予備5分=55分)

⑥UKさん~15分
(1)エチュードニ短調 (N.コスト作曲)  2分
(2)チェロ組曲3番よりクーラント (J.S.バッハ作曲) 4分
(3)プレリュード第4番 (ヴィラ・ロボス作曲) 4分
(4)タレガ讃歌~ガロティンとソレアレス (J.トゥリーナ作曲) 5分

⑦MMさん~10分
(1)ミファボリータ(アノン)3分
(2)アラビア風奇想曲(F.タレガ)6分

⑧UKさん~10分
(1)ショーロ (J.ペルナンプーコ)4分
(2)ラりアネ祭り(L.モッツアーニ)5分

⑨上原淳~15分
(1)クーラント~無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より(J.S.バッハ) 4分00秒
(2)マリーア(F.タレガ) 1分40秒
(3)練習曲Op.35-13~セゴビアNo.2(F.ソル) 1分10秒
(4)サラバンドとドゥーブル~無伴奏ヴァイオリンパルティータ第1番BWV1002より(J.S.バッハ) 6分0秒

★★★休憩(10分間)★★★【15:25~15:35】
《第3部》15:35~16:30(演奏50分+予備5分=55分)

⑩加藤宏幸さん~15分
(1)クーラントBWV1009(J.S.バッハ)
(2)マリア (F.タレガ)
(3)序奏とロンドOp.2-2(D.アグアド)

⑪YFさん~10分 ※欠席
(1)夢(マズルカ) (F.タレガ)
(2)ヘネラリーフェのほとり(J.ロドリーゴ)

⑫OTさん~12分
(1)エレノア・プランケット、カロランズ・コンチェルト
(2)ファニー・パワー、モーガン・メイガン(以上オカロラン作曲)

⑬SHさん~13分
(1)マズルカショーロ  ヴィラロボス(清水改編)3分30秒
(2)魔笛の主題による変奏曲(F.ソル)9分30秒

<反省会・片付け>16:30~17:00

以上

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真1】鈴木大介&渡辺香津美

 

【写真2】荘村清志&小林沙羅(ソプラノ)


ぴかぴか(新しい)
ギタリストTV出演情報です。
今週はNHKのBSプレミアム「クラシック倶楽部」で2つの放送があります。
明日2/20(月)鈴木大介氏と渡辺香津美氏、明後日2/22(水)は荘村清志氏の登場です。鈴木大介氏と渡辺香津美氏の放送は初放送です。皆さんお見逃しなく。

ぴかぴか(新しい)
【情報1】
--------------------------------------
クラシック倶楽部「武満徹の映画音楽」~鈴木大介&渡辺香津美
2017年2月20日(月)午前5時00分~ 午前5時55分NHKBSプレミアム

武満徹の映画音楽▽武満を慕うアーティストが自由なアレンジで映画音楽をセッション
【出演】渡辺香津美(ギター)、coba(アコーディオン)、鈴木大介(ギター)、ヤヒロ・トモヒロ(パーカッション)
【楽曲】不良少年、伊豆の踊子、どですかでん、日本の青春、太平洋ひとりぼっち、他人の顔、写楽 ほか
【収録】2016年12月21日 オーチャードホール(没後20年 武満徹の映画音楽)

「フォリオス から 第1曲」武満徹:作曲(2分27秒)
(ギター)鈴木大介

「不良少年」武満徹:作曲、鈴木大介:編曲(5分51秒)
(ギター)渡辺香津美、(アコーディオン)coba、(ギター)鈴木大介、(パーカッション)ヤヒロトモヒロ

「伊豆の踊子」武満徹:作曲、渡辺香津美:編曲(3分50秒)
(ギター)渡辺香津美、(アコーディオン)coba、(ギター)鈴木大介

「どですかでん」武満徹:作曲、coba:編曲(3分53秒)
(ギター)渡辺香津美、(アコーディオン)coba、(ギター)鈴木大介、(パーカッション)ヤヒロトモヒロ

「日本の青春」武満徹:作曲、coba:編曲(2分42秒)
(ギター)渡辺香津美、(アコーディオン)coba、(ギター)鈴木大介、(パーカッション)ヤヒロトモヒロ

「太平洋ひとりぼっち」武満徹:作曲、鈴木大介:編曲(7分45秒)
(ギター)渡辺香津美、(アコーディオン)coba、(ギター)鈴木大介、(パーカッション)ヤヒロトモヒロ

「他人の顔」武満徹:作曲、coba:編曲(9分18秒)
(ギター)渡辺香津美、(アコーディオン)coba、(ギター)鈴木大介、(パーカッション)ヤヒロトモヒロ

「写楽」武満徹:作曲、渡辺香津美:編曲(7分32秒)
(ギター)渡辺香津美、(アコーディオン)coba、(ギター)鈴木大介、(パーカッション)ヤヒロトモヒロ

ぴかぴか(新しい)
【情報2】
--------------------------------------
クラシック倶楽部 荘村清志 ギター・リサイタル
2017年2月22日(水)午前5時00分~ 午前5時55分、NHKBSプレミアム

荘村清志 ギター・リサイタル~20年目の命日に贈るタケミツの愛のうた~
【出演】荘村清志(ギター)、小林沙羅(ソプラノ)
【曲目】「フォリオス」「島へ」「○と△の歌」「小さな空」「エキノクス」「森の中で」「翼」「死んだ男の残したものは」
【収録】2016年2月20日(土)東京文化会館小ホール


「フォリオス」武満徹:作曲(8分43秒)
(ギター)荘村清志

「島へ」伊沢満:作詞、武満徹:作曲、荘村清志:編曲(2分45秒)
(ギター)荘村清志、(ソプラノ)小林沙羅

「○と△の歌」武満徹:作詞、武満徹:作曲、佐久間順平:編曲(5分47秒)
(ギター)荘村清志、(ソプラノ)小林沙羅

「小さな空」武満徹:作詞、武満徹:作曲、荘村清志:編曲(4分46秒)
(ギター)荘村清志、(ソプラノ)小林沙羅

「エキノクス」武満徹:作曲(4分40秒)
(ギター)荘村清志

「森の中で~ギターのための3つの小品」武満徹:作曲(12分50秒)
(ギター)荘村清志

「翼」武満徹:作詞、武満徹:作曲、佐久間順平:編曲(2分41秒)
(ギター)荘村清志、(ソプラノ)小林沙羅

「死んだ男の残したものは」谷川俊太郎:作詞、武満徹:作曲、荘村清志:編曲(5分20秒)
(ギター)荘村清志、(ソプラノ)小林沙羅

ぴかぴか(新しい)

【NHKクラシック倶楽部HP】
http://www4.nhk.or.jp/c-club/

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真】左がバッハ国際、右がクラシカルの合格通知書

ぴかぴか(新しい)
皆さんこんばんは。
1月に応募していた4月のバッハ国際ギターコンクールと、5月のクラシカルギターコンクールの2つのコンクールですが、先日1次予選のテープ審査の結果が届きました。

おかげさまで両方とも合格しました!

ぴかぴか(新しい)
両コンクールとも高額賞金が出る難関のコンクールですので合格出来て嬉しいです。
課題曲はバッハ国際がバッハ作曲のリュート組曲第1番のブーレ又はサグレラス作曲のマリアルイサ、クラシカルはソル作曲の月光でした。
ちなみにバッハ国際の応募者総数は43名で、国内28名海外3名の合計31名が合格と記載されていました。クラシカルは何名応募したのか明記されていませんでした。

ぴかぴか(新しい)
クラシカルは今年で48回目の歴史のあるコンクールで、国内最高峰の東京国際ギターコンクールに次ぐ国内2番目に位置づけられるハイレベルなコンクールです。スペインギター音楽コンクールを含め3大ギターコンクールとも言われています。
プロギタリストへの登竜門的なコンクールでもあり、実際に参加者も若手プロやプロを目指す学生たちが大挙して出場しますので、2次予選突破(=本選進出)は至難の業です。どちらも年齢制限がないので、学生からおじいちゃん?まで老若男女誰でも挑戦できます。
ぴかぴか(新しい)
しかし、今年のクラシカルの2次予選の課題曲は、たまたま私が最も得意にしているレパートリーの一つであるヴィラ=ロボスの前奏曲第4番ですので、少しは若者と勝負できるかも!?
もし何かの間違いで本選に行った場合、課題曲でタンスマンのカバティーナ組曲を弾かなくてはいけませんので、今必死でさらっています(笑)。

ぴかぴか(新しい)
バッハ国際は今年で8回目と歴史は浅いですが、近年賞金額が大幅に増えてきており、参加者のレベルもクラシカルやスペインと同等になってきています。
バッハは2回目の挑戦、クラシカルは確か3回目の挑戦ですが、まだ2次予選を突破して本選に進出したことはありません。
まあ、実際には本選進出はかなり難しいと思いますが、せめいて「もう少しで本選に行けた人」の中に入れたら満足です(笑)。

ぴかぴか(新しい)
2次予選と本選の日程は。バッハが4/30(日)東京・江戸川区東部フレンドパーク、クラシカルが5/3(火・祝)東京・中央区日本橋公会堂(通称:日本橋劇場)です。
記念受験(笑)ではありますが、皆さん是非応援に来てください。

ぴかぴか(新しい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真1】師匠の坪川真理子さんと

 

【写真2】会場の銀座ヤマハホールの様子(ほぼ満員!)

 

【写真3】終演後のロビーで出演者とお客さんが交流している様子

 

【写真4】終演後のロビーにて

 

【写真5】終演後のロビーにて

 

【写真6】終演後のロビーにて

 

【写真7】終演後のロビーにて

 

【写真8】プログラム表紙面

 

【写真9】プログラム曲目面

 

【写真10】銀座ヤマハビル

 

【写真11】夜の銀座の様子

 

【写真12】銀座にはさりげなくランボルギーニが停車していたりします

 

【写真13】コンサートチラシ


ぴかぴか(新しい)
皆さんこんばんは。
一昨日2/15(水)東京・銀座ヤマハホールで開催された「一日遅れのバレンタインコンサート」を聴いてきました。
主催は日本ギター連盟の若手(45歳以下?)で構成されるプロギリスト集団「ユベントス」。ユベントスとはラテン語で青春の意味。

ぴかぴか(新しい)
総勢16名の若手プロギタリストが出演し、独奏、二重奏、三重奏、四重奏、六重奏、全員合奏と盛りだくさんで豪華なイベントでした。250席の1階席がほぼ満席の盛況でした(今回は83席の2階席は未使用)。これだけのプロ奏者を一度に聴けるのは貴重です。
出演メンバーは登場順に、多治川純一、林祥太郎、前田司、坪川真理子、藤澤和志、酒井良祥、坂場圭介、富川勝智、吉住和倫、斉藤泰士、松本務、濱田圭、大島直、山﨑由規、萩野谷英成、荒木善彦の16名(敬称略)。今回は女性が坪川さんお一人でしたが、来年はフレッシュな若手女流奏者4~5人は出演して欲しいですね。女子が増えればきっと集客も増えますよ~(笑)。
司会は坂場圭介さんと尾野桂子さんの2名でした。このお二人名司会コンビです。尾野さんについては何度もお見掛けしていますが、毎回司会や受付スタッフなどです(笑)。いつか演奏を聴きたいです。

ぴかぴか(新しい)
曲目はノイマンの愛のワルツ、モリコーネのニューシネマパラダイス、モーツアルトのフィガロの結婚、交響曲第40番など、バレンタインに相応しい曲目がセレクトされていました。アンコールは佐藤弘和さんの「光の街」。この曲は途中で2回ほど手拍子が入る曲ですが、客席からも手拍子が起こり、会場全体に一体感が生まれていました。
演奏は重奏が中心でしたが大いに楽しめました。私は学生時代にギタークラブで重奏や合奏をやっていましたので、この分野のギター同士の曲は結構演奏しているんです。その反動で?現在はソロに特化しているかも(笑)。でもピアノやヴァイオリン、フルートなど他楽器とのデュオやトリオ、いわゆる室内楽はとても好きで現在も積極的に取り組んでいます。
私は8年前にピアノやライアー、クラヴィシンバルム等多彩な楽器を演奏するあまね伶さんとの音楽ユニット「ウール・ウルーズ」を結成しており、折に触れて演奏しております。

ぴかぴか(新しい)
ギターは一応独奏楽器ではありますが、ピアノのように複数の声部を完全に出すことは出来ません。ギターの構造上の制限があり非常に難しいのです。やはりパートを分担して2台や3台で演奏すると、各声部が気持ちよく歌えますし自然なフレージングで弾けます。一音一音を美しく磨かれた音で響かせることもできます。これらはソロではなかなか難しい事です。「1台のギターは美しいが、2台のギターはもっと美しい」確かこんな言葉もあるほどです。
ユベントスの皆さんの演奏は、この言葉を明確に証明するかのような美しい響きをたくさん聴くことができ、ギターのもつ魅力がたっぷりと会場いっぱいに響いていました。個別の演奏については省略しますが、特にきれいな響きを出していたのは坂場さんと酒井さんの二重奏で弾かれたニューシネマパラダイスでした。こぼれるような美しい音にしびれました。また、斉藤泰士さんの音は合奏でも埋もれること無く存在感のある音を出していました。16人の全体合奏では、指揮者がいなくても良く揃っており、迫力もありました。さすが全員プロの集団です。
演奏を聴いていると仕事の疲れや色々なストレスも忘れ、癒され、リフレッシュできました。コンサートホールで聴く生演奏のギター音楽でリフレッシュ出来るとは、とても贅沢な時間でした。

ぴかぴか(新しい)
今回の出演をもって富川勝智さんと坪川真理子さんがユベントスから引退するとの事です。ちなみに坪川さんは私の師匠です。
次回は来年2018年2月28日(水)に今回と同じ銀座ヤマハホールで開催との事。次第にバレンタインから離れて行きますが?来年は「2週間遅れの」の冠が付くのでしょうか(笑)。

ぴかぴか(新しい)
平日の夜の開催でしたので、私は職場がある埼玉県草加市から定時で切り上げ、速攻で銀座に向かいました。普通ならどんなに急いでも間に合わないのですが、乗り継ぎがうまくいって開演時間の19時の2分前に何とか会場に到着。銀座駅から会場までは駆け足でしたが、何とか1曲目から聴くことが出来ました。いやぁ~日頃の行いの良さが出ましたかね~(笑)。

ぴかぴか(新しい)
以下は坪川さんのFacebook記事からの引用です。(一部私が追加)

★プログラム★

<前半>
○二重奏○
多治川、林 「アトムハーツクラブデュオより1,2,4楽章」(吉松隆)
○三重奏○
前田、坪川、藤澤 「Dear friends」 (佐藤弘和) 、「エル・ビート」(スペイン民謡/ 大塚房喜編)
○二重奏○
酒井、坂場 「ニューシネマパラダイス」(E.モリコーネ/鈴木大介編)
○四重奏○
富川、吉住、斉藤、松本 「アルフォンシーナと海」(A.ラミレス/R.ディアンス編)
濱田、大島、酒井、山﨑「恋人と呼ばせて」(L.フリードマン/R.ディアンス編)「ブラジルより ⒌O Spirito do Joao 、⒍Xaxare」(R.ディアンス)

<後半>
○ソロ○
富川 「深い愛」(J.L.ゴンサレス)
坪川 「愛のワルツ」(U.ノイマン)
○三重奏○
萩野谷、荒木、坂場 「恋とはどんなものかしら」(W.A.モーツァルト/角圭司編)「 カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲 」(P.マスカーニ)
○六重奏○
松本、大島、藤澤、山﨑、萩野谷、前田「モッキングバード(パッサカリア)」 (藤井眞吾)
林、吉住、斉藤、多治川、荒木、濱田「交響曲第40番 ト短調 K.550 より第一楽章」 (W.A.モーツァルト/濱田 圭編)
○全員合奏○
「泥棒かささぎ」序曲(G.ロッシーニ/藤井眞吾編)

<アンコール>
○全員合奏○
光の街(佐藤弘和)

以上。

ぴかぴか(新しい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真1】入賞者と審査員記念写真

 

【写真2】入賞者(右より山田唯雄、原田斗生、河内健晟、大沢美月、飯田敏史、仲山涼太、種谷信一)

 

【写真3】審査員の先生方(左より伊藤福雄(審査委員長、ギタリスト)、竹内永和(ギタリスト)、リカルド・ガジェン(ギタリスト)、奥村浩一(指揮者・作曲家・音楽学者)、下山静香(ピアニスト)、新井伴典(ギタリスト))

 

【写真4】第1位の山田唯雄さん

 

【写真5】第3位の河内健晟さん

 

【写真6】第4位の大沢美月さん

 

【写真7】表彰式を待つ会場の様子

 

【写真8】表彰式の様子

 

【写真9】主催者の樋浦靖晃さんと奥様の伴子さん

 

【写真10】ヤマンドゥ・コスタと仲間たち

 

【写真11】ヤマンドゥ・コスタと仲間たち

 

【写真12】リカルド・ガジェンとヤマンドゥ・コスタの夢の共演

 

【写真13】ファンと交流するリカルド・ガジェンとヤマンドゥ・コスタ

 

【写真14】ファンのサインに応えるヤマンドゥ・コスタ

 

【写真15】ヤマンドゥ・コスタと私

 

【写真16】リカルド・ガジェンと私

ぴかぴか(新しい)
皆さんこんばんは。
2/12(日)東京・豊洲シビックセンターホールで開催された第7回イーストエンド国際ギターコンクール本選結果について、昨日会場から結果速報しましたが、改めて内容を追加・編集してまとめの報告として再掲載します。長文になってしまいましたが、宜しければ最後までお付き合いください。
まずは改めて、今回のコンクールの結果は下記の通り。

ぴかぴか(新しい)
【第7回イーストエンド国際ギターコンクール本選結果】

第1位 山田唯雄(東京)
序奏とロンド(アグアド)、Oberon(ヘンツェ)

第2位 原田斗生(神奈川)
序奏とロンド(アグアド)、ワルツ第4番(バリオス)、練習曲第1番(ヴイラ=ロボス)

第3位 河内健晟(福岡)
「展覧会の絵」よりプロムナード、こびと、古城、チュイルイリ-の庭、キエフの大門(ムソルグスキー)

第4位 大沢美月(神奈川)
スペイン風セレナーデ(マラッツ)、ソルの主題による変奏曲(リョベート)

第5位 飯田敏史(東京)
ソナタ第3番(ポンセ)

第6位 仲山涼太(大阪)
クーラントBWV1009(バッハ)、マリーア(タレガ)、序奏とロンド(アグアド)

ぴかぴか(新しい)
15才以下の最高得点者に贈られる未来賞は本選第2位に入賞した原田斗生さんが、45歳以上の最高得点者に贈られる特別賞は種谷信一さんがそれぞれ受賞した。
本選の審査員は、伊藤福雄(審査委員長、ギタリスト)、竹内永和(ギタリスト)、リカルド・ガジェン(ギタリスト)、奥村浩一(指揮者・作曲家・音楽学者)、下山静香(ピアニスト)、新井伴典(ギタリスト)の6名。

ぴかぴか(新しい)
本選の審査結果の点数が発表されていないので分かり次第追記しますが、私の印象では今回は1位の山田さんと2位の原田さんの上位2名が他の4名を引き離していたのではないかと感じた。少し離れて3位の河内さん、さらに離れて残り3名がやや混戦模様。そんな感じだったように思いました。3位の河内さんは展覧会の絵と言う曲を選曲したという点で、他の方々とは評価が難しかったと思います。それでもこの曲を弾いて3位に食い込んだのは大健闘と言えると思います。次回は通常のレパートリーで勝負して欲しいです。

ぴかぴか(新しい)
今回のコンクールでは河内さんが山下和仁編「展覧会の絵」弾いたという事で、本選の内容を書く前に山下和仁さんと展覧会の絵について少し書きたいと思う。
山下和仁さんの演奏、とりわけ展覧会の絵の演奏に関しては、山下さんのデビュー当時からの山下ファンを自認している私ですから(笑)、今回河内さんがこの曲を演奏する事を知った時には、正直驚きと嬉しさで一杯でした。ついに山下さん以外の日本人がこの曲を演奏する時が来た、と。
ぴかぴか(新しい)
実際には私の知っている範囲では、この展覧会の絵を山下さん以外の日本人の方が全曲演奏した事があることを現代ギター誌の記事で読んだ記憶があります。はるか30数年前の事ですので名前は失念しましたが、確か男性のプロギタリストでした。記憶によると山下さんがこの曲のCDを発売した当時、CDを聴いた人がこれはギター1本では弾いていないのでは?と言う疑問や噂が出たとの事。そこでその方が実際にギター1本で弾けることを証明するために自ら全曲弾いて見せた、という事が書かれていたと記憶しています。今回の河内さんの演奏は、その方以来約35年ぶりの日本人による演奏だったと思います。
外国人でこの曲を弾いてる人は何人かいます。ホルヘ・カバレロやマルコ・トプチなど。抜粋なら男勝りな女流ギタリストのガリナ・バーレが弾いています。トプチは昨年の東京国際ギターコンクールの前年度優勝者記念コンサートで生演奏を聴きましたが、ギターコンサートではめったに見られないスタンディングオベーションが沸き起こる程の熱演でした。ちなみにカバレロは「新世界より」も全曲演奏している。

ぴかぴか(新しい)
【山下和仁伝説のトロントコンサートの展覧会の絵、1984年】
https://www.youtube.com/watch?v=y5T_nVi0mbQ

【ホルヘ・カバレロの展覧会の絵、2010年頃か?】
https://www.youtube.com/watch?v=HVIFQmlccC4&t=1648s

【マルコ・トプチの展覧会の絵、2010年キエフ】
https://www.youtube.com/watch?v=UenDUsgSloc&t=34s

ぴかぴか(新しい)
前置きが長くなってしましましたが(笑)、さて今回の河内さんの展覧会の絵について書きます。
今回のようなハイレベルのコンクールで、展覧会の絵を弾いたのは恐らく河内さんが初めてだと思う。少なくとも私は他に聴いたことが無いし、情報として聞いたことも無い。
この難曲に挑戦するだけでなく、コンクールと言う舞台で評価を問うた事に対し敬意を表すとともに、その心意気に対しては感謝の気持ちで一杯です。よくぞ弾いてくれた、よくぞ挑戦してくれた。この曲を弾くことを許可し、指導をした師匠の池田慎司さんにも敬意を表します。

ぴかぴか(新しい)
果たして河内さんの演奏は、この難曲を弾くだけのテクニックと情熱が十分に備わっていると感じた。超絶的なパッセージなどもかなり正確に弾かれていた。私はこの曲を山下さん本人の演奏をコンサートで聴いた事があるが、時には山下さん本人よりも速く正確に弾けている部分もあったと思う。惜しむらくは気持ちが入り過ぎた為か先走ってしまい、雄大なスケール感が少し足りなくなっていたと言う感じを受けた。具体的には、キエフの大門のフォルテッシモの和音を鳴らす時に、テンポが速くなってしまい、和音の音価を保つ前に次の和音に行ってしまったところなど。テヌート気味にたっぷりと和音を鳴らし切った後で次の和音を鳴らすと、もっと雄大な感じが出ると思う。後は可能な限り音割れの少ない美しい音で正確に弾いて欲しい。迫力を出す表現手段の一つとして必要に応じて割れた音も使うべきだが。9月には地元のリサイタルで全曲演奏を行う予定との事だが、是非今後もこの曲に挑戦し続けて、最終的には山下さんとは違う個性の展覧会の絵を完成させて欲しい、と期待しています。
山下さんがこの曲を編曲して弾いて世界を驚かせたのは確か19歳頃の時だったと思うが、奇しくも河内さんも現在19歳との事。しかも山下さんと同じ九州出身で、楽器も山下さんと同じラミレス。何か深い因縁を感じます。九州には何か他の地とは異なる土壌があるのだろうか?彼がなぜこの難曲に挑戦しようと思ったのか、そのきっかけや過程に興味が湧いている。いずれにしても頼もしい若者がギター界に現れたことを祝福したい。

ぴかぴか(新しい)
今回の演奏は、コンサートとして聴いたとした場合には感激の演奏と言えますが、コンクールと言うシビアな舞台での曲として、他の普通のクラシック曲と同じ土俵で評価した場合、どうしても不利になると思われる。何といっても編曲自体が難しく、弾くだけで大変な曲なので。私が個人的にコンクールとして審査したとしても、やはり山田さんの音楽的なセンスや完成度の高さ、原田さんの高度なテクニックと表現力の方さは1位と2位にふさわしい演奏だったと思います。他の方もコンクールにふさわしい選曲で丁寧に演奏している中で、河内さんの展覧会の絵が3位に評価された事は、審査が冷静に行われた事の証明のようでとてもうれしく思いました。私が個人的につけた順位でも河内さんは3位でしたから、審査結果は我が意を得たり、と言う感じでした。
ともすると色物的な曲として否定されかねないこの展覧会の絵の選曲や演奏に対し、正当に審査して頂き第3位と評価した審査員の先生方に対しては敬意を表したいと思います。個人的には審査の過程で審査員からどのような評価や意見が出たのか非常に興味があります。

ぴかぴか(新しい)
今回の河内さんの演奏は、事前に期待していた以上のもがありました。一部山下さんの演奏を彷彿させる雰囲気もあり、河内さんなりの工夫や表現も感じられる熱演でしたので、河内さんがこの曲を弾き終えた時はブラボーの掛け声とスタンディングオベーションを送りたいぐらいでした。実際には心の中にしたためておきましたが(笑)。
河内さんの展覧会の絵だけで、こんなに多くの文字数を費やしてしまいましたが(笑)、今回の本選出場者の方々についても感じたことを書いておきたいと思います。あくまで私の個人的な感想で、おこがましくも改善点なども少し指摘させて頂きましたが、批判と受け取らずに更なる成長に向けての愛情と受け取って頂ければ幸いです。

ぴかぴか(新しい)
第1位 山田唯雄(東京)
高度で安定感のあるテクニックと、聴く人を惹きつける洗練された音楽的で表現力があると感じさせる演奏家。名器ハウザーを駆使し、音量と表現のダイナミックレンジが広く、細かな音形も全てクリアーに確実に演奏する高い技巧の持ち主。ミスタッチも少なく安定感も抜群。ステージ度胸もあり落ち着き払ったかのような実に堂々とした立ち居振る舞い、演奏であった。音楽に対するセンスの良さやギター本来の美しい音が出せるのも大きな魅力。ギターはこのように弾いて欲しい、と言うお手本のような演奏家。第1位の評価にふさわしい見事な演奏であった。今回の優勝の副賞としてCD録音があるが、安定感の高い彼なら録音エンジニアも楽に仕事が出来そう。きっと良いCDができる事でしょう。

ぴかぴか(新しい)
第2位 原田斗生(神奈川)
ご本人に聞いたところ、まだ15歳の中学3年生との事。この年齢にして既に他の誰とも似ていない独創的な弾き方と表現力、音楽性を感じさせる素晴らしい演奏であった。時折頭を持ち上げぐるぐると回しながら瞑想に耽るように弾く姿は、ピアノの伝説的な巨匠グレン・グールドを彷彿とさせる。この弾き方をグールドを知らずに無意識にやっていたのだろうか。彼がどのような過程でこの演奏スタイルになったのか興味があります。演奏技術と言うか技巧のみなら1位の山田さん以上と思われるほど高度なテクニックが見られた。これらは天性のものと思われる彼の素晴らしい点である。今回は音楽的な表現力や完成度の高さ等でわずかに及ばなかったと思われ惜しくも2位となったが、今後クラシカルやスペインなどのプロの登竜門的なハイレベルなコンク―ルでも必ず優勝出来る逸材と感じた。将来的には国内最高峰の東京国際ギターコンクールでの優勝も期待できます。このまま伸び伸びと成長して欲しい方です。

ぴかぴか(新しい)
第3位 河内健晟(福岡)
河内さんの演奏に対しては上にたくさん書きましたのでここでは詳しく書きませんが、とにかくこのような高いレベルのコンクールで展覧会の絵を選曲し実際に見事に弾いた事に対し敬意を表します。山下和仁さんご本人がこの曲を演奏しなくなって久しいので、今後この曲の魅力とギター演奏の可能性を広げてくれる魅力的な演奏家になって頂きたい。いつか千葉にお呼びして演奏して頂きたいですね。楽器はラミレス。

ぴかぴか(新しい)
第4位 大沢美月(神奈川)
この1年程で飛躍的に表現力が高まっていることを感じさせる素晴らしい演奏でした。与えられた音楽ではなく、自らの心で感じたものを自分なりに表現する意識や意欲が湧き出てくる演奏になってきました。技術的にも高度なものを持っており、ちょっと線は細いが音も美しい。ただ、全体的に音量がやや小さく、特に低音の出し方が不足気味で音楽の土台が少し弱い感じを受けたのが惜しかった。写真の通り容姿端麗と言う(特に男性のギター愛好家にとっては)重要な?要素も兼ね備えたスター性のある演奏家である。今年で昭和音大の短大部を卒業し、ヨーロッパの音大に進学するとの事。まだ20歳と若いので、将来の日本を背負って立つ女流ギタリストに成長して欲しい。今後の更なる成長、活躍に大いに期待しています。楽器はいつものアグアドではなく今井。

ぴかぴか(新しい)
第5位 飯田敏史(東京)
堅実で奇をてらったところが一切ない正攻法の演奏をする方。音楽に対し真正面から向き合って、時代様式感や表現をストイックに追及している事が感じられる演奏。学究的な演奏と言う言葉が合いそうな演奏である。大向こうを唸らせる派手さは無いが技術的にも安定している。全体的に上位入賞者との差は少し感じたが、今後の努力で縮められると思われる。楽器はユーゴ・キュビリエか?

ぴかぴか(新しい)
第6位 仲山涼太(大阪)
とにかく明るく大きなきれいな音で楽器を良く鳴らしており、一心不乱に勢いよく突き進む演奏が印象に残る演奏家。技術的には細かいところで詰めの甘いところや、マリーアの最後の和音の扱いなどで音楽的にも少し粗削りな表現も散見された部分などで、上位陣との差が出たと思われる。現在の勢いの良さを生かしつつ、細部を詰めて完成度を上げていけば上位を狙えると思うので、今後の精進に期待したい。

ぴかぴか(新しい)
その他、本選進出を逃した方の中で印象に残っているのは、山本大河さん、横村福音さん、野口順平さん、閑喜弦介さん、田中春彦さん、柴田諒さんなど。特に横村さんは技術的にも音楽的にも素晴らしく、しっかりしたタッチでほとんどミスのない演奏で音色も美しかったので、私は個人的に予選5位に評価していた方。実際に得点が発表された時本選まであと1点と知った時はとても残念であった。本選での演奏も聴いてみたかった。

ぴかぴか(新しい)
コンクールについては以上ですが、コンクール終了後に開催された無料のガラコンサートではヤマンドゥ・コスタとその仲間たち?による総勢11名での演奏があった。曲はペルナンブーコの鐘の響きともう一曲。南米ショーロの楽し気な雰囲気の中でヤマンドゥの強烈な個性が光るアドリブは見事でした。
その後は、なんとリカルド・ガジェンとヤマンドゥ・コスタによる夢の共演が実現!曲はバリオスの大聖堂とラウロのベネズエラワルツの2曲。ガジェンの非の打ち所無い完璧ともいえる演奏にヤマンドゥが即興的に絡んでくるセッションは、驚異的で奇跡的な演奏です。当然聴衆は拍手喝采です。感激のあまり立ち上がって拍手している人もいたと思います。
何とこの時の演奏が早速ガジェンのYoutubeにアップされていたので紹介します。昨日の感動が蘇ります。是非聴いて頂きたい。
https://www.youtube.com/watch?v=ZLtxPRXNELM

ぴかぴか(新しい)
主催者の樋浦さんの粋な計らいで最後は出場者、審査員、ゲスト、お客さんまで希望者は全員ステージに上がって記念写真を撮りました。しかし自分もステージに上がりましたので写真はありません。どなたか送って下さい!
翌日は仕事もあるので、その後の打ち上げには参加しませんでしたが、大いに楽しんで盛り上がったようです。後ろ髪をひかれる思いで帰宅しました。
イーストエンドギターフェスは、マスタークラス、コンサート、コンクールと内容盛りだくさんで、毎年世界的な演奏家を招待するなど、3日間にわたり大変有意義で大きなイベントに成長しています。この素晴らしいイベントを主催し切り盛りしている樋浦靖晃さんと奥様の伴子さんご夫婦には心より敬意を表します。是非今後も10回、20回と継続して頂きたいです。関係者の皆さんお疲れさまでした。

以上、大変長くなりましたが最後までご愛読?ありがとうございました。

ぴかぴか(新しい) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


第7回イーストエンド国際ギターコンクール本選結果 

第1位 山田唯雄 
第2位 原田斗生 
第3位 河内健晟 
第4位 大沢美月 
第5位 飯田敏史 
第6位 仲山涼太 

皆さん素晴らしい演奏でした。 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真1】本選に進出した方々(飯田さんは不在)

 

【写真2】審査講評を行う審査委員長の竹内永和氏(中央)

 

【写真3】審査員の先生方(左より竹内永和氏、伊藤福雄氏、下山静香氏、河野智美氏)

 

【写真4】会場の豊洲シビックセンターホールの様子

 

【写真5】予選会審査結果表

 

【写真6】予選6位通過の河内さん(中央)と師匠の池田慎司さん(右)と私

 

【写真7】予選6位通過の河内さん(左)と檀遥さん(右)と私(何故か中央)

 

【写真8】予選5位通過の大沢美月さんと私


ぴかぴか(新しい)
本日2/11(土)10:00~17:00、東京・豊洲シビックセンターホールにて、第7回イーストエンド国際ギターコンクール予選会が開催されたので観戦してきた。
このコンクールは予選・本選共に課題曲が無く自由曲のみで競われる。年齢制限もなくプロアマも関係無し、プロを目指していると思われる中学生から60歳超のベテランアマチュアまで31名がエントリー。老若男女が一つのステージで競い合いますので、個性の違いが大きく聴きごたえがあり楽しめます。
ぴかぴか(新しい)
千葉ソロギターサークルメンバーや知り合いが多数出場するので、休日なのに早起きして朝一から全員の演奏をすべて聴きました。全員の演奏を聴いて、私が個人的に本選に行けそうだと思ったのは評価順に下記11名。
1.山田唯雄、2.河内健晟、3.原田斗生、4.山本大河、5.横村福音、6.大沢美月、7.飯田敏史、8.野口順平、9.閑喜弦介、10.田中春彦、11.仲山涼太。
ぴかぴか(新しい)
で、実際に発表された審査結果は下記の通りの6名でした。全員事前に私が行けると思った方の中から選ばれていたので、個人的には納得できる審査結果でした。
審査員は、竹内永和(審査委員長、ギタリスト)、伊藤福雄(ギタリスト)、下山静香(ピアニスト)、河野智美(ギタリスト)の4名。

ぴかぴか(新しい)
【第7回イーストエンド国際ギターコンクール予選結果】
第1位 山田唯雄(東京)  Le Drpart(N.コスト) 110点
第2位 原田斗生(神奈川) 大序曲(M.ジュリアーニ) 109点
第3位 仲山涼太(大阪)  椿姫の主題による幻想曲(F.タレガ) 104点
第4位 飯田敏史(東京)  別れ(N.コスト) 102点
第5位 大沢美月(神奈川) 椿姫の主題による幻想曲(F.タレガ) 99点
第6位 河内健晟 (福岡) ソルの主題による変奏曲(M.リョベート) 99点

ぴかぴか(新しい)
明日の予選が大いに楽しみですが、中でも注目ははるばる福岡から参加した河内健晟さん。師匠の池田慎司さんと、先輩弟子の檀遥さんもわざわざ九州から同伴してきていました。
まだ19歳の学生さんとの事だが明日の本選会では、あの山下和仁編の「展覧会の絵」からプロムナード、こびと、古城、チュイルイリ-の庭、キエフの大門を演奏するとの事!
山下さんがこの曲をギター1本で弾いて世界の音楽界に衝撃を与えた1981年から36年。ついに山下さん以外の日本人が演奏します。しかもコンクールの自由曲として!これは凄い。
ご本人に伺ったところ、昨年の夏ごろから取り組み始めており、近いうちに全曲演奏する予定との事。これは大注目の本選会です。ただくじ運が悪く明日の本選会はトップバッターでの演奏になったとの事。ギターも山下さんと同じラミレスです。表面板は山下さん張りに爪跡で塗装がはがれ、白くなっていました。激しい演奏をうかがわせます。健闘を期待したい。
山下さんがこの曲を世界初演したのは、私の地元千葉県文化会館。私の自宅から徒歩10分です。これば河内さんを千葉にお呼びして展覧会の絵を全曲演奏して頂こうかな。

ぴかぴか(新しい)
明日は自宅で新曲の譜読みをする予定でしたが、展覧会の絵が演奏されることを知り、急遽明日も観戦に行くことにしました(笑)。うわっ~これでまた新曲が遠のく~。

ぴかぴか(新しい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真】千葉市幕張ベイタウンコア・音楽ホール

 

皆さんこんにちは。
千葉ソロギターサークル主催「クラシックギター・ステージ練習会」の今後の開催スケジュールをお知らせします。
見学無料ですのでいつでも聴きにお越しください。演奏したい方も募集しています。私までメッセージでお知らせください。

 

【第137回ステージ練習会】
-------------------------------------------
【イベント名称】千葉ソロギターサークル第137回クラシックギター・ステージ練習会
【日時】2017年2月19日(日)13:00~17:00
【会場】千葉・千葉市美浜区・幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル
【入場料】無料(見学自由)
【問合せ】この画面右上のメッセージ機能で私までお知らせください。(千葉ソロギターサークル代表・上原淳)
-------------------------------------------

【第138回ステージ練習会】
-------------------------------------------
【イベント名称】千葉ソロギターサークル第138回クラシックギター・ステージ練習会
【日時】2017年3月5日(日)13:00~17:00
【会場】千葉・千葉市中央区・末広公民館2F講堂
【入場料】無料(見学自由)
【問合せ】この画面右上のメッセージ機能で私までお知らせください。(千葉ソロギターサークル代表・上原淳)
-------------------------------------------

【第139回ステージ練習会】
-------------------------------------------
【イベント名称】千葉ソロギターサークル第139回クラシックギター・ステージ練習会
【日時】2017年3月19日(日)13:00~17:00
【会場】千葉・千葉市美浜区・幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル
【入場料】無料(見学自由)
【問合せ】この画面右上のメッセージ機能で私までお知らせください。(千葉ソロギターサークル代表・上原淳)
-------------------------------------------

【第140回ステージ練習会】
-------------------------------------------
【イベント名称】千葉ソロギターサークル第140回クラシックギター・ステージ練習会
【日時】2017年4月1日(土)13:00~17:00
【会場】千葉・千葉市美浜区・幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル
【入場料】無料(見学自由)
【問合せ】この画面右上のメッセージ機能で私までお知らせください。(千葉ソロギターサークル代表・上原淳)
-------------------------------------------

【第141回ステージ練習会】
-------------------------------------------
【イベント名称】千葉ソロギターサークル第141回クラシックギター・ステージ練習会
【日時】2017年4月16日(日)13:00~17:00
【会場】千葉・千葉市美浜区・幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル
【入場料】無料(見学自由)
【問合せ】この画面右上のメッセージ機能で私までお知らせください。(千葉ソロギターサークル代表・上原淳)
-------------------------------------------

【第142回ステージ練習会】
-------------------------------------------
【イベント名称】千葉ソロギターサークル第142回クラシックギター・ステージ練習会
【日時】2017年5月6日(土)13:00~17:00
【会場】千葉・千葉市美浜区・幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル
【入場料】無料(見学自由)
【問合せ】この画面右上のメッセージ機能で私までお知らせください。(千葉ソロギターサークル代表・上原淳)
-------------------------------------------

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【写真1】千葉ソロギターサークル会員紹介第8弾「直井正敏」さん

 

【写真2】演奏中の私

 

【写真3】演奏中の私

 

【写真4】会場の千葉市幕張ベイタウンコア・音楽ホール

 

【写真5】今回もステージ台をせり上げて演奏

 

【写真6】ホールは天井も高く響きが良い

 

ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
本日2/4(土)第136回ステージ練習会を開催しましたので報告です。
ステージ練習会とは千葉ソロギターサークルの主要イベントの一つで、人前で弾く機会を作ってステージ度胸をつける事を目的とした演奏会形式のイベントです。毎月2回開催するのは大変ですが、主催者として頑張って開催しています。

ぴかぴか(新しい)
今回の会場はメイン会場として利用している、千葉市美浜区の幕張ベイタウンコア・音楽ホール。時間はいつものように13~17時の4時間。演奏参加者8名に見学者が1名加わって合計9名で開催。
見学者の方はサークルメンバーの友人で、ギター合奏団でアンサンブルを楽しむ傍らソロギターも意欲的に楽しんでいらっしゃる方。本日はピアソラのリベルタンゴを演奏して下さった。
今回私たちの演奏を聴いて、是非サークルに入会させて頂きたいとの嬉しいお言葉!今後一緒に切磋琢磨する仲間がまた一人増えて嬉しい限りです。

ぴかぴか(新しい)
今回私は、予定されたバッハ、ソル、タレガの4曲を弾いた後、全員の演奏終了後に余った時間に開催したアンコールタイムでもヴィラ=ロボスの前奏曲2番と4番の2曲を演奏。合計6曲演奏しました。
出来はまずまずというところでしょうか。各曲の完成度が少しづつ高まってきたように感じます。この調子で3月から5月に掛けて多数あるコンサートやコンクールに向けて取り組んで行きたいと思います。Donbukuさんはアンコールタイムでバッハのシャコンヌを演奏!

ぴかぴか(新しい)
今回のステージ練習会でも前回同様ホールに設置されているステージ台を80㎝せり上げて、本番のステージと同じ高さにして演奏しました。ステージ台をせり上げる事により、本番のステージにより近い感じで演奏できるので、参加者の評判も上々です。今後毎回ステージをせり上げてまさに「ステージ」練習会を開催したいと思います。
ステージ台は、グランドピアノがゆとりをもって演奏できるほどの広さで、高さを40㎝、60㎝、80㎝の3段階に調節する事が出来ます。せり上げないと床と同じ高さになりフラットな床のままです。

ぴかぴか(新しい)
演奏終了後はいつものように反省会(座談会)を設け意見交換の場を作り、その後は会場を移動しいつものように会場近くの本格中華屋さん「Tin Tan Tanチンタンタン」で打ち上げして散会となりました。私は今日は諸事情でマイカーが使えず電車で会場入りしたので、打ち上げでは久しぶりに美味しい生ビールを頂きました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。

ぴかぴか(新しい)
次回のステージ練習会は2/19(日)13:00~17:00(4時間)、会場は今回と同じ幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ルです。サークル員以外の方も演奏参加出来ますので、参加したい方は私までメッセージ下さい。見学もいつでもお越しください。

ぴかぴか(新しい)
【千葉ソロ会員紹介第8弾】直井正敏さん
直井さんは、皆さんご存知の通りFacebookの「クラシックギター演奏愛好会」の管理者です。いろいろな企画でギター界を盛り上げている方です。演奏の腕前も素晴らしく、いつも心からギターを楽しんでいる様子が伺え、私も大いに刺激を受けています。誠実な人柄も魅力的な方です。色々な形で今後も一緒にギター界を盛り上げて行ければと思います。よろしくお願いします。

ぴかぴか(新しい)
♯♪第136回クラシックギター・ステージ練習会♪♭
《2017/2/4/日/13:00~17:00/幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル/主催:千葉ソロギターサークル》

♪ プ ロ グ ラ ム ♪
《第1部》13:20~14:11(演奏47分+予備4分=51分)

①UKさん~10分
(1)ショーロ (J.ペルナンプーコ)4分
(2)ラりアネ祭り(L.モッツアーニ)5分

②SYさん~12分
(1)月光(ソル)3分
(2)ラリアーネ祭(モッツアーニ)4分30秒
(3)アルハンブラの思い出(タレガ)4分30秒

③OYさん~10分
(1)カヴァティーナ(S.Myers)
(2)スケルツィーノ メヒカーノ(M,Ponce)

④NKさん~15分
(1)ワルツ アンダンティーノ(Aカーノ)
(2)夢 (タレガ)
(3)アラビア風奇想曲(タレガ)

★★★休憩(10分間)★★★【14:11~14:21】
《第2部》14:21~15:20(演奏55分+予備4分=59分)

⑤上原淳~15分
(1)練習曲Op.35-13~セゴビアNo.2(F.ソル) 1分10秒
(2)クーラント~無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より(J.S.バッハ) 4分
(3)マリーア(F.タレガ) 1分30秒
(4)サラバンドとドゥーブル~無伴奏ヴァイオリンパルティータ第1番BWV1002より(J.S.バッハ)6分

⑥KMさん~10分
(1)エチュード アジターテ(N.コスト)3分
(2)プレリュード第2番(F.タレガ)3分
(3)つむぎ歌(F.バリオス)

⑦直井正敏さん~15分
(1)バーデンジャズ組曲よりシンプリシタス(イルマル)4分
(2)セビリア(アルベニス)5分
(3)大聖堂(バリオス)6分

⑧Donbukuさん~15分
(1)プレリュード998(J.S.バッハ)
(2)アラビア風奇想曲(F.タレガ)
(3)ファンダンゴ(J.ロドリーゴ)

※アンコールタイム開催。

<反省会・片付け>~17:00

以上

ぴかぴか(新しい)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。