神奈川県は1日、3月30日の低温で、県西部の小田原市や南足柄市、山北町などで栽培しているウメの実が凍結し、収穫が見込めない状態になったと発表した。

 被害総額の推計は約1億3800万円。近年、ウメの生産高が増えた事情もあり、凍結によるウメの被害では過去最大規模という。

 県によると、結実初期に寒さで果実の水分が凍っため、果実がしぼんでしまった。2市5町の栽培面積計217ヘクタールのうち182ヘクタールが被害を受け、南足柄市や大井町などでは被害率は95%に上った。

【関連記事】
蜜が入ってなくてもおいしい! じゃ、“蜜”って…
九州の収穫量は平年並み 21年産米、好天で
天候不順で野菜値上がり 農水省が対策指導
1俵18万 日本一高いコメを作る男の快適自給生活とは
ニンニク1000株盗まれる 青森

鳩山内閣は「学級崩壊」 自民党やTBSに笑われる(J-CASTニュース)
公明・神崎元代表が辞職表明(産経新聞)
16日に「平和構築」会合=国連安保理で主催-岡田外相発表(時事通信)
看護管理学会が都内で緊急フォーラム(下)(医療介護CBニュース)
【もらってうれしい贈り物】柿の葉ずし 総本家平宗(産経新聞)
AD