27日の事業仕分けで、自動車事故対策機構(NASVA)の事業が対象となった。審査対象となったのは、運送会社に対する安全指導と、自動車アセスメントの二つ。仕分け人の判断は前者が「民間へシフトを進める」、後者は「他の法人で実施」だった。

写真6枚

「厳しい」とされるワーキンググループAで判断されることになった自動車事故対策機構。枝野幸男・行政刷新担当大臣が担当した。

注目は自動車の安全を向上させるための“自動車アセスメント”事業を仕分け人がどのように判断するに集まったが、非常にシビアな展開に。

結果としては「他の法人で実施」に落ち着いたが、12人の評価者のうち、実に5人までが「廃止」を掲げた。

自動車アセスメントの効果を仕分け人はまったく理解しなかった。

《レスポンス 石田真一》

【関連記事】
【JNCAP】NASVA金澤理事長「必要な事業と訴える」
【JNCAP】自動車アセスメントも事業仕分け対象に
【JNCAP】スバル、世界で認められた安全性…基本の積み重ねが評価に
【JNCAP】スバル レガシィ がグランプリ、最も衝突安全性が高い車に
自動車事故対策機構 NASVA 特別編集

両陛下、日本国際賞授賞式に(時事通信)
米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)
コブフウセンウオ稚魚、飼育施設で初の孵化 鳥取(産経新聞)
ドジョウが原告「当事者能力なく不適法」と判決(読売新聞)
架空保険商品で2.5億円詐取=損保ジャパンの元募集人(時事通信)
AD