私の生きる道、生きてきた道。

自分の特性を、どうすれば「自分の持ち味として活かせるのか?」を考えながら日々を過ごしています。
読み応えのある記事を不定期に更新しています。


テーマ:

サザエさんと言えば、49年も放送が続いているお化けアニメだということは皆さんもご存じの通りだと思う。

 

ここのところ、サザエさんに対して「違和感」を持つ人がネットを巡回していると意外と少なくないという事を感じる。

 

ただし…その違和感の多くは、出演している声優の死亡や降板により「登場人物の”声”が変わった」とか「主要スポンサーが大手家電メーカーであるにも関わらずテレビなどの家電が古い」とか「人物・ストーリーが現代に合っていない」と言った誰が見ても理解できるものである。

 

私もサザエさんに対してこのような違和感を持つひとりである…でも、自問自答しているうちにそれは上記にあげたいわゆる「わかりやすい違和感」ではないという事に気が付いたのだ。

 

一部の人達がサザエさん一家を「理想的な家族のあり方」と掲げる一方…「理想ではないと思う人は8割近く」存在するのも事実。

 

もちろん(?)私は8割近くの方に部類されると思う、実際サザエさんを観ていると多くの人が感じる違和感以上に「息苦しさ」を強く感じる…なのでここ数年は観ていないですけどね。

 

サザエさん一家(厳密に言うと磯野家とフグ田家)はいわゆる「3世代同居」で、親世帯と子世帯が物理的に分離している二世帯住宅ではない「完全同居」の形態を取っている。

 

私の持つ「息苦しさ」の正体は「3世代同居」にあるのではないかと思うところがある…私は子供の頃、この一家のような3世代同居で過ごしたのだ。

 

3世代同居を経験した立場から言わせてもらうと「同居にメリットなど一つも無い」ということだろうか?

 

まぁ、これは同居する「相手」にもよるのだろうけど…うちの場合は最悪だった。

 

サザエさん一家の場合は「妻(サザエ)との親の同居」だけど、うちの場合は母親から見たら「夫の親」との同居だ…一般的な同居の形態ではあるが、そこに至るまでが最悪だった。

 

この”夫”(あえて父親とは呼ばない)はとにかく最悪な男だと思っていたし、今でもそう思う…東京生まれ東京育ちだが、東京の「ド田舎」と呼ばれるような場所で生まれ育ち、ドケチで独裁者気質を持つDV男を父親に持ってしまい「長男教」をとことん刷り込まれた模様(そのためか?弟がいるらしいが絶縁状態)、勤務先はテレビCMも流れる有名上場企業であったが本人が低学歴であるためいわゆる「スペック(あまりこの表現好きじゃない)」は低い。

 

浮気やギャンブルに手を出すようなタイプではなかったが…「趣味に生きるタイプ」の人間で、色んな意味で家庭を省みるようなタイプの人間ではなかったと記憶してる。

 

結婚当初は別居していたが、今の私のように「持ち家」ではなく賃貸住まいだった。

 

同居のきっかけになったのは弟(例によって絶縁状態・消息不明)の誕生である、現在の住居が手狭になってきたからであると思われる。

 

そこに至るまでの経緯が最悪だったのである、この”夫”は父親の気質をそのまま受け継いでいた模様で「同居が嫌なら出ていけ」と言い放ったそうだ…ここまでくると「モラハラ」とかの域を越している、これ発言小町あたりに投稿したら「即、離婚すべき!!」というレスがつくだろう。

 

しかし、母親はここでその”夫”の「言いなり」になった…この時点で母親は”夫”と対等な「パートナー」ではなく、”夫”家の「嫁」として何十年も”夫”やその親の言いなりになって生きていく道を自ら選んだのである。

 

この母親の「選択」が私を苦しめる原因となったのは言うまでもない。

 

ドケチな”夫”の父親が完全分離の「二世帯住宅」に建て替えるわけもなく、度重なる増築を重ねた家に更に「2階を増築した」家での完全同居は物理的にも精神的にも「息苦しい」以外の何物でもなかった。

 

母親はこの家で自分を完全に犠牲にして「嫁」の役目を務め続けた。

 

この母親も厄介で、典型的な「機能不全家庭」で育ち…おまけに彼女の母親(私から見たら祖母)は母親が生まれる前からとある新宗教に傾倒しており、母親もその宗教に傾倒していた(”そういうもの”だと刷り込まれていたそうだ)。

 

母親の実家は、むしろ貧困に近い状態にあると言ってもおかしい状態ではない…そんなボロ屋に不相応な「立派過ぎる仏壇」が置いてあったのも子供ながらに「違和感」を持っていたが、今思うと彼女達はそのようなものにでもすがっていないと心のバランスが取れなかったのかもしれない。

 

当時、同居を強いられていた家は家族6人が住むには狭すぎた…「独裁者」の存在する家で私たちの居住スペースはあまりにも狭く、プライバシーも無いに等しい状態だったのだ(実際10代後半まで自分の”個室”が無かった)。

 

ここでサザエさんに話を戻したい…サザエさんの「家」は私が強いられた同居家と比較して、家族7人が住むには狭いというわけではないが「プライバシーが無い」というところに共通点を感じる。

 

サザエさんの家にはトイレとお風呂以外「ひとりになれる個室」が無い、それは私の場合でも同じだったがうちには独裁者がいたのでもっと悲惨だった。

 

家の中に独裁者がいると、生活すべてがその独裁者中心になってしまう。

 

例えば…うちの場合、食事やお風呂に入るのはまず独裁者からだった…”夫”もDV被害者だったのか?独裁者に反抗する事なく、なんでも言いなり。

 

しかも”夫”は家庭を省みることなく趣味に生き続け、自分の親の面倒の全てを母親に押し付けたのだ。

 

また母親もそのなかで「妻の権利や立場」を主張することなく「嫁としての役目」に徹していたらどこかで、ストレスが溜まるのは言うまでもない…そして、そのしわ寄せは「子供」である自分に全て降りかかってくるのだ。

 

母親はヒステリーな気質で、少しでも気に入らない事があるとすぐに言語的、身体的な暴力を振るって来るようなタイプの人間だった。

 

過去記事にも書いたが私は子供の頃からこの”夫”がとても嫌いだったし、今でも嫌いだ。

 

父親に嫌悪感を持つのは程度こそあれど、少女から女性に成長する段階において必ず起こる、ごく自然な現象だと私は思っている。

 

しかし、母親は”夫”の事を一言でも悪く言うとなだめるどころか激高し、二言目には「誰のおかげで○○できると思ってるんだ」という典型的モラハラワードを発してきたのだ。

 

それだけではない、私と”夫”が対立するたびに彼女は”夫”側に加勢し時には一緒に攻撃してくるのである。

 

これは子供の頃から変わらない…つまり当時の私の周りには「味方」がいなかったんですよね。

 

同居のストレスを宗教への傾倒と子供への「八つ当たり」で発散するのは本人にとっては楽だったのかもしれないけど、私には単なる「ストレス」でしかない…それが原因で私は「成人型アトピー性皮膚炎」というストレスが原因で発症し、一生治らない病気を背負う事になってしまった(ストレスで発症するというのは皮膚科の医者から言われた)。

 

このようなストレスフルな同居生活は私が19歳くらいになるまで続いた…本当はもっとひどいエピソードが沢山あるのだけど、あまり一気に書くと私の精神衛生上良くないのと、取りまとめの無い記事になってしまうのでまた、別の形で書いていこうと思う。

 

私が言いたいことは「3世代同居には何のメリットも無い」という事だ、プライバシー皆無の相互監視や誰かが「犠牲」にならないと破たんしてしまうような関係のどこが健全で、理想的な家族なのだろうか?

 

サザエさんの物語を構成している「3世代同居」を観ていると、自分の経験した「3世代同居」を思い出してしまう…3世代同居は必ずしも「理想的ではない」のだ。

 

私がサザエさんに息苦しさを感じるのは「家族の理想を押し付けられている」ところにあるのかもしれない…スポンサー降板が正式に決定したとの事で個人的には「番組打ち切り」でもいいような気がする。

 

…ちなみに、当時の社会風刺やブラックユーモアの詰まっている「原作のサザエさん」はあながち嫌いではないです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

超が付くほどの敏感肌で、10代後半でとある本で「布ナプキン」の存在を知り、20代前半からのピル服用をきっかけに「完全布ナプユーザー」になった私ですが…最近の布ナプキンが「トンデモ(科学的根拠の無い効果・効能を謳う)」アイテムになってきている事にかなりの違和感。

 

私が初めてその存在を知った書籍には「肌に優しく刺激が少ない」「繰り返し洗って使えるので環境負荷が少ない」くらいにしか紹介されていなかったのですが…いつの間にやら”販売元”が「経血コントロール(☆1)が可能になる(生理日そのもの調整する”月経コントロール”ではない)」とか「子宮を冷やさないとか(☆2)」色々とトンデモ要素を追加している~。

 

☆1・尿を膀胱に溜めておくのと同じように経血を膣内に溜めておき、トイレでまとめて排泄するというスゴ技…一部の人達が主張するには「昔の女性はこれをマスターしていた」と言う。

 

☆2・そもそも子宮はそう簡単に冷えるような場所にはありません。(by宋美玄

 

確かに私が布ナプを使い始めた頃、某掲示板でも「生理痛が軽くなった」とか「使用後の付け置き水を植物にあげるとよく育つ」なんて書き込みは確かによく目にしていたけど…ちなみにつけ置きの際に使用する「セスキ炭酸ソーダ」や「アルカリウォッシュ」は植物にダメージを与えるのでよろしくないそうです。

 

そもそも…経血は「血液」を含んでいるため、感染症などの原因にもなりうることがあるので付け置き水はさっさとトイレに流しましょう。

 

当時はあまりメジャーではなかった布ナプキン…国内だと「白うさぎ」と「月のやさしさ(現在製造販売終了)」や「すぃーと・こっとん」とか、輸入物だと「ウィムーン」や「プレジャープス」くらいしかなかったような。

 

メジャーになってきたのはとある通販会社が販売を始めたのがきっかけだと思う…でも、その頃はトンデモ効果を謳っていなかった気がする。

 

「経血コントロール」に関しては数年前にmixiの布ナプキンコミュニティで見たことがあったけど…。
 

ちなみに、冒頭に書いた「経血コントロール」とか「子宮が冷えない」などの話題は長年布ナプキンを販売している暮らしを耕す会のホームページにそのような記述はない。

 

では、なぜ布ナプキンが「トンデモアイテム」と化してしまったのか…元々、生理や妊娠出産関連には過激派自然志向とかトンデモ説を謳う人は結構居たし、今でもいる。

 

しかも、素人だけでなく医療関係者(現職の医者・元ナース・開業助産師など)も結構な確率で潜んでいる。

 

それが顕著になってきたのはタイトルにも書いた「子宮系女子」の存在が大きいのではないのだろうかと推測する。

 

ちなみに子宮系女子とは…子宮を異常なまでに神聖化したり「子宮の声」に素直になる事で人生のあらゆることが上手く行くようになったり、さらにはお金持ちになれる(!?)と豪語する人達のことらしい、いつごろから登場してきたのかは不明。

 

有名な子宮系女子は数名存在するが、一部の子宮系女子は実際に布ナプキンの製造販売もしている…「環境や肌にもやさしい」をコンセプトに登場した布ナプキンは、(自称・子宮を大切にしている)子宮系女子の格好のエサになってしまったようだ。

 

彼女たちが言うには「布ナプキンを使わないのは子宮に優しくない」との事だが、実際この子宮系女子を自称する人は定期的に婦人科検診などを受けているのか疑問である。

 

子宮系女子を語る上で欠かせないアイテムと言えば「ジェムリンガ」である。

 

詳しい事はリンク先を参照していただきたいが、とてもわかりにくい表現をしている為簡単に説明します。

 

ジェムリンガとは「天然石と純銀で出来た棒状のアクセサリーを膣内に突っ込む事」で様々なパワーを感じることが出来る(らしい)、わかりやすい詳しい説明はこちらからどうぞ。

 

もうね、ここまで来ると理解出来ません…こんなの突っ込んで取れなくなったらどうするの?そもそも銀って皮膚の表面に触れるだけでも結構な確率でアレルギー起こすし、使われている石も体内に入ると害になるものも含まれている。

 

ジェムリンガ 危険」で検索すると、まとめサイトなども作成されているという事は…結構認知されていたのか?私が知らなかっただけなのか?

 

しかもこのジェムリンガ、あろうことか一部の開業助産師までが推奨してる…ものすごい偏見ですが、助産師って(色々な意味で)”イッちゃってる”人が多い気がします。

 

もう、布ナプキンって傍からみたら完全に「スピアイテム」扱いなんですかね?

 

長年のユーザーからすると本当に迷惑な話です…私自身、ピル飲んでるし可能なら「子宮取りたい」と思ってるくらいなので子宮系女子では無いんですけどね…そもそもスピチュアル嫌いだし。

 

子宮系女子の方々…本当の意味で子宮を大事にするなら、定期的に婦人科検診を受けた方がいいですよ。

 

最後に…個人的には膣に何か突っ込むとしたらジェムリンガではなく「月経カップ」をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3年くらい飲み続けていたエビリファイを10月から思い切って止めてみました。

 

理由は体重増加(3年で4kg位増加)とか、アカシジア…これを止める為にアキネトン3mg飲んでました。

 

実際止めてみて感じた事は、思っていたより離脱症状が出なかったこと。

 

そして、感覚過敏(特に聴覚)が薬を止めたらもとに戻るかな?と少し不安だったのですが、これも大丈夫でした。

 

おばぁちゃん先生が言うには「もともと飲んでる量が少ないから、いつ飲むのを止めても大丈夫」と言っていたけど…「今の安定している状態を下支えしてくれているのも事実」と言われたけど。

 

運動して食事もほとんど変えていない、むしろ甘いものを食べる機会は減ったのに体重が増え続けるのが本当に嫌だったのでね。

 

断薬して実感できたことは

・体のだるさが解消された

・空腹感が「我慢できる」ようになった

・夜、寝つきが良くなった

・体の動きが軽くなった

 

などでしょうか?

 

あと、エビりファイの影響か?寝つきや眠りがあまり良くなっかった時期がありました。

 

熟睡アラームを使って自分の眠りを可視化してみたところ、睡眠時間は取れているものの眠りが浅かったりすることが多々あり…そこでしばらくサイレースを増量してみようという事になり、サイレース1㎎を2錠出してもらっていた時期もありました。

 

 

しかし、さすがに2㎎飲むのはちょっと抵抗があったので1.5錠飲んでいました、毎日錠剤をハサミで半分に切っていました…でも、エビリファイを止めてから眠りの質とやらが良くなって来たんです。

 

と、いうわけでサイレースも1㎎に減らしました。

 

量を減らしても眠れないとか、眠りが浅くなるという事はありませんでした…朝起きられないのは変わらないですがねw

 

ちなみに今処方されている薬は

アモバン10㎎×1

サイレース1㎎×1

レスリン25mg×1

の3種類です。

 

おばぁちゃん先生曰く「将来的には睡眠薬もいらなくなるかもね~」と言っていました。

 

でも、かれこれ10年以上飲んでるからな…もはや「薬が無いと眠気が来ない」状態になりつつあるような。

 

しかし、レスリンに関しては最低処方量の3分の1くらいなので、あまり飲んでる意味を感じないとのでこの薬は近いうちに切りたいようです。

 

私も止めるなら次はレスリンかな?とも思っています。

 

ちなみにエビリファイですが…アメリカでは”センサー入り”の「エビリファイマイサイト」なる全く新しいタイプの薬が発売されるようですよ。

 

ソースはこちら

http://www.otsuka.co.jp/company/release/detail.php?id=3319

 

…この内臓された「センサー」は体の中から出てくるものなのでしょうか?

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。