メンタルタフネスの魔法 ~自分の強みに気づく~ 

既に持っている自分自身の強みに気づいていますか?
強みに気づき、発揮することをサポートする 
森田由美子のブログです☆

「強みを引出し、実力に変える

C's PORTの森田由美子です。いつもありがとうございます。


通信講座メンタルタフネス~強実力獲得講座~開講!!

私は、みなさんといろいろ会話ができるのを楽しみにしています。

詳細はhttp://www.cs-port.net/mt/130927-2/


タフネス気になっていたけど、日にちが合わなくってとか

遠いので、通信講座は嬉しい、とコメントいただいています。感謝 



$メンタルタフネスの魔法 $メンタルタフネスの魔法











テーマ:

メンタルタフネス講座の上級を、広島で開催しました。


 

今回も笑いに溢れた講座でした(笑)

上級講座は、初級・中級を修了した方のみが、
ご参加される講座です。

なので、みなさんご自身の強みを言語化する力が高く、
自分とも、他者とも向き合う力も高いように感じました。

「生まれ変わった」
「新生」

こんな言葉につながる気づきが生まれたことは、
本当に嬉しいことでした。

初級・中級での気付きを踏まえ、
上級ならではの、ご自身の根底に関わることへの気付きです。

思ってもみなかった言葉の捉え方から、
新しい視点を何度も何度も経験することができたことは、
認識を良い方向に変えるきっかけになったと思います。

また上級講座では、32の強みをすべて伝えます。

このときは、まるで通知表を受け取る子供のように、
ドキドキした顔でみなさん受け取りに来ます。

かわいい瞬間です(笑)

32の強みの順位を見て、
自分が欲しい強みが上位にあったりすると、
「おーーー!あるじゃん!」と大きな声を出して喜んでいます。

たしかに、自分が欲しい強みが上位にあると、大きな自信になるのです。

自分を信じる力になるからです。

「これ、私の強みなのよね!信じていいのよね!」

という感覚を得ることができるのです。

ただ、32の強みの順位を知るプロセスが極めて重要です。

初級講座では、まずはご自身の強みを知る。
強みの意味や価値を知り、どう使うことで効果があるかを捉えていく。

中級講座では、
日常の中で現れる「できない理由」と向き合うために、
下位の強みについて深めていく。

「使いにくい強みなんだ、できないわけじゃないんだ」と
理解を進めていきます。

そして上級講座で32の順位を知る。

このプロセスがあるからこそ、
徐々に自分の強みと向き合うことに慣れていき、
同時に、自分の強みからの気付きを増やしていくことができます。

こういったプロセスにより、
32の強みを知ることの価値が出てきます。

「これでいいんだ」

と、ご自身のことを捉えることができるようになってきます。

あなたもご自身の強みを知り、
受け入れ、向き合うプロセスを経験してみてくださいね。

自分を信じる力が高まっていきますよ!

http://mental-toughness.or.jp/blog/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、森田由美子です。

「本物に触れる」、というのは今の私の課題の

ようでもあります。
最近、と見に本物に触れたい!とい思いが強く
なっているようです。
特に、伝統的なものにこの思いが強いように思います。
 
歌舞伎にもよく行きますし、ミュージカルにも、
美術館には、先日も少ない時間で行って、
友人を驚かせてしまいましたが。
今度は落語を狙っています。
もちろん、自然もそうです。
 

もっと成長したいというのもありますが、

自分がどう感じるのか、何を学べるのか
試しているような感があります。
研ぎ澄まされた、磨き抜かれた、あるがまま、
という言葉は私に刺激を与えます。
 
わずかでも近づきたいものです。
まずは、本物に触れることから始めます。
 
~出会えたことに感謝をこめて~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、森田由美子です。

先日の羽田行の飛行機の中でのこと。

広島を発ってしばらくして、
私の前の席の外国の年配の女性は
そわそわし始めました。
そう、富士山が見えるかどうかが
気になり始めた様子。
席は飛行機の中央なので、いても
たってもいられないのか
席を立ってウロウロ、キョロキョロ
されていました。
  
そうしたことを察した窓側の男性が、
「富士山ですか?」と声をかけて(英語でした)
とっても嬉しそうな顔をされましたが、
残念なことに富士山は見当たらず、
今度は悲しそうな顔に・・・
 
諦めたのか、自席に戻られていましたが、
先の男性が、「見えましたよ」と彼女に
声をかけたとたん、
「Woo!! Whoa!! 」だったか(笑)、
感嘆の声をあげられました。
涙があふれ出るぐらいの勢いでした。
当分の間、興奮されていました。
  
その男性に話されていたのを聞くに、
「本物の富士を見たくて!」、と言われて
いたようでした。



そう聞いて、私も誇らしくなりましたし、
自分の目や耳や心が何を見て何を聞き、
何を感じるのか、
仮想で経験することは可能な現代ですが、
彼女のように本物を求める気持ちと
強く感じる心を持ち続けたい!と
改めて思いました。
 
帰り際に、「あなたたちの富士山は素晴らしい!!」と
何度も言って飛行機を降りていかれました。
今度はどこで何を感じられるのかしら?
 
~出会えたことに感謝をこめて~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)