子育て応援ブログ~ほのぼの~

カウンセリングサービスのカウンセラーがお届けする子育てブログです。
カウンセラーの実体験などを事例に心理学のエッセンスを毎週金曜日にお届けします。
穏やかママになりたいあなたにお届けします。


テーマ:

こんにちは。

カウンセリングサービス吉村ひろえです。

このページでも何回か書かせていただいておりましたが、娘の大学受験。
残念な結果に終わりました苦笑
ですが、娘自身はショックを受けながらも来年を見据えているようです。
そう。
浪人生です。
娘がその気ならば、親の私は応援するのみむん!!

受験に限らず、子供を長期にわたりサポートする私たち親は、自分にゆとりがなければそれも叶いません。
がんばったり休んだりしながらボチボチ参りましょうねしゃぼん


クローバー



さて、今回は前回の続き ”子育て中の夫婦喧嘩の回避法 ~後編~” です。

子供のことで考え方の違いや価値観の違いから夫婦がぶつかってしまうこともあるかと思います。
そんなとき、両親のことが大好きな子供はどうしていいかわからなくなってしまうことも。
けれど、父も母も深く探ってゆけば子供のことを思っていることに違いはないんですよね。

お父さんとお母さん、お互いに思いやる姿を子供が自然と目にすることで子供は安心感を覚えます。
子供は ”お父さんからの愛情・お母さんからの愛情・仲の良いお父さんとお母さんからの愛情” を求めています。
ちょっとした気遣いや労わりで、親からの愛情を子供にたっぷり注いであげてくださいね。

後編では 『お母さんからの言い分とお父さんへのお願い』 をお届けします。

ぜひご主人にも読んでもらってくださいね。


「子育てを妻任せにしていませんか?」

男性は子供が生まれてもすぐに父親という自覚を持ちにくい、とはよく言われることです。
悪気はなくてもつい子供を妻任せにしてしまってはいないでしょうか?

仕事から帰って来てからも休日も

「子供は君に任せた」
「子供は母親が見るもの」

そんな考え方をする男性は多いようです。

結婚してからも子供が産まれてからも、独身の頃や子供が生まれる前のようなペースで生活をしていると、妻との間に溝が深まってしまいやすいです。

『家に居る時くらいゆっくり過ごしたい』

そう思う気持ちはわかりますが、妻は24時間ずーっと子供と一緒で気の休まる暇はないんですよね。

「子供は見てるからゆっくり食事して」

「たまにはゆっくりお風呂に入っておいで」
そんな声を掛けてもらうだけでも妻は
「気にかけてくれているんだな
嬉しい
と嬉しいものです。
お父さんもお疲れとは思いますが、ちょっとした声掛けをしてみてくださいね。



「”母親だから” は厳禁です!」

「母親だからなんで泣いてるかわかるでしょ?」
「母親だから子供の面倒くらい見れるでしょ?」
「母親だから子供の気持ち、わかるでしょ?」

は厳禁です。

母親でも解らないことや戸惑うことは山ほどあります。
それは父親であるご主人と同じですよね。

「母親だから解って当たり前」
「母親だから出来て当たり前」

は妻を追い詰めることにしかならないんですよね。
それでなくても

「私は母親なのに子供のことを解ってあげられていないのでは?」
「私は母親としてちゃんと出来ているだろうか?」

と妻は常に自問自答していたりします。

子供はお父さんお母さん、ふたりの子供です赤ちゃん
家庭も子育ても共同作業で育んでいってほしいな、と思います。


「口は出すけど手伝わない」

「子供が夜泣きをしてゆっくり眠れない」

ほとんどのお母さんが経験しているのではないでしょうか?
お母さんは寝不足でクタクタ。
でも、赤ちゃんは待ってくれません。
お腹がすいたら泣くし、おむつが濡れても泣くし、暑くても寒くても、何もなくても泣く時があって

「今、手が離せないから」
「今、ちょっと体調が悪いから」

と言っても待ってはくれないんですよね。

お母さんは常に自分よりも子供を優先させてがんばっています。

そんなとき

「なんで泣かすの?」

とまるでお母さんが赤ちゃんを泣かしているかのような言い方をしたり

「散歩でもしてきたら?」
「早くミルクあげないと可哀想だよ」
「おむつ濡れてるんじゃん」
「もう一枚着させてあげないと寒いんじゃない?」

など、口は出すけど手は出さない。
そんなお父さんも多いようです。

子供のことを思って言っているのはわかるし、確かにそうかもしれないんだけど

「そう思うならあなたが動いてよ」

というのがホントのところ。

子供が小さく解らないことだらけで余裕が無く自信満々でお母さんをしているわけではないので、こういう言い方をされると出来ていないことを責められていたりダメ出しをされているように感じてしまうこともあるんですよね。
こういうときって言われなくてもお母さんは気づいていたリ、事情があってしていなかったり出来ていなかったりします。

また、妻が手が離せない、などの事情で夫に手伝うようにお願いしても

「だって俺は明日仕事があるから」
「ミルクの温度がよくわからないから」
「ウンチのオムツを変えるのは無理」
「君の方が上手く着替えさせれるでしょ」

なんて返ってくると妻はガッカリです。

”口は出すけど手伝わない” 
”お願いしても手伝わない”

そんな夫だとしたら

「この人は私を助けてくれないのだな」

と感じてしまいます。

そんなことが重なって妻の愛が冷めてしまったとしても不思議ではありません。

 

「子供、泣いてるけどなにか僕に出来ることある?」

「手伝おうか?」

疲れ切っていて、でも忙しく大変なときにそんな言葉を掛けてもらったら、ちょっと感動ものです。

妻はそんな風に思い遣ってくれる夫に惚れ直すかもしれません嬉しいキラキラ

 

 

クローバー

 

 

家庭とはひとつのチームのようなもの

 

家庭とはひとつのチームのようなもの。

その中でお父さんとお母さんの存在は大きいですよね。

ふたりの連携が潤滑に取れていると、チームがまとまりやすくなります。

 

ちょっとした声掛けや思いやりでお互いの気持ちが、ほっこりほぐれることも多くあります。

お父さんもお母さんも毎日、仕事や家事・育児をがんばっていますよね。

 

ちょっとしたことでも、労いや感謝の気持ちを伝えながらふたりで子供の成長を見守ってあげてくださいね。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

芽

 

来週3月31日(金)は 池尾千里カウンセラー がお送りします。
どうぞお楽しみにハート  


 芽

 


つながる花1 吉村ひろえのカウンセリングを受けるには

つながる花1 吉村ひろえのカウンセリングルーム


つながる花1 吉村ひろえのプロフィール&ブログ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。