子育て応援ブログ~ほのぼの~

カウンセリングサービスのカウンセラーがお届けする子育てブログです。
カウンセラーの実体験などを事例に心理学のエッセンスを毎週金曜日にお届けします。
穏やかママになりたいあなたにお届けします。


テーマ:

 

こんにちは。

カウンセリングサービス吉村ひろえです。
いつもご愛読ありがとうございます。

 

めっきり秋が深まってきました秋

食欲・読書・スポーツ。

色々と楽しみたいところですが、体調の崩れやすい時期でもあるのでご自愛くださいねハート

 

 

クローバー

 

あなたには兄弟姉妹はいらっしゃるでしょうか?

そして、お子さんは何人いらっしゃるでしょう?

 

『きょうだいはライバル』

 

心理学的に言うと、きょうだいはライバルになります。

 

心理学者のユングは、兄弟間の心の葛藤、兄弟・姉妹間で抱く競争心や嫉妬心のことを

”カイン・コンプレックス” と名付けました。

カインは旧約聖書の神話に出てくる、カインとアベルという兄弟のお兄さんの名前です。

 

 

「きょうだいなのに、なんで仲良く出来ないの?!」

 

きょうだいゲンカなんかが始まると、親はそんな風に叱ったりしますよね?

 

でも、そもそも、きょうだいはライバルなのです。

なんのライバルかというと

 

【どちらが親の愛情を勝ち取るか】

 

というところで競争するのです。

 

たとえば、長男はサッカーが得意で親はそれを褒めるとします。

すると、次男は少々サッカーが出来たとしても、あまり目立たないのでお兄ちゃんとは違う方法で認められようと勉強をがんばります

すると、三男はスポーツでも勉強でもお兄ちゃんたちには勝てないから、とばかりに病気がちになったり不登校やヤンチャな行動を取って親の関心を引こうとすることがあるのです。

 

もちろん、これはひとつのものの見方で無意識に取っている行動でもあるので、ピンと来ないかもしれませんが

 

「兄弟なのにタイプが全然違うねぇ」

 

なんて言われるのは、深いところでそんな心の葛藤や競争があるが故と見ることが出来ます。

 

 

「お兄ちゃんの方が唐揚げが多い!」

「お嬢(娘)のほうが大きいイチゴだ!」

 

などと、ウチの兄妹も小さい頃はそんな小競り合いをしていましたが、唐揚げやイチゴはそんなに問題ではなくて、実は親の愛を奪い合っていたのですね。

唐揚げが多かったり大きなイチゴをもらった方が「親に愛されている」と子供は感じるのです。

あんなに、多い少ない、大きい小さいでケンカした割には 「もうお腹いっぱい~」 と残したことも数知れず・・・。

親の私としては

「あんなに騒いでいたのに残すとはどういうことさ?」

と思いますが、子供は唐揚げやイチゴよりも親の愛情をより多く欲しているのです。

 

そんな子供たちの ”親の愛の争奪戦” に当の私たち親はどんなことに気をつければよいのでしょう?

 

それは、それぞれの良さを認めたりそれぞれの気持ちに寄り添うことです。

たとえば、みんなでレストランに食事に行くときに三男が

「僕は家でラーメンを食べるから行かない」

と言い出したら

「あなたが行かないなら楽しくないなぁ。

 じゃぁ、今日はみんなで家であり合わせのもの食べよう」

と家の冷蔵庫の在庫を一掃する。

お母さんはレストランの方がラクちんなんですけれど苦笑

 

ここで

「じゃぁ、あなたは留守番お願いね」

と言ってしまうと

「僕はスポーツも勉強も出来ないから、親に愛されていないんだ」

と三男は誤解してしまうのです。

 

きょうだいがそれぞれ

 

「お家にはぼく(私)の居場所がある」

「ぼく(私)は親に愛されている」

「親にとってぼく(私)は大切な存在」

 

と感じられると、きょうだいは仲良く育ちやすいんですね。

 

要は 

            

【分け隔てなく愛する】【依怙贔屓しない】

 

ということ。

 

 

でも、これってけっこう難しかったりします。

親としては依怙贔屓したつもりはなくても、子供にしたら

 

「お兄ちゃんばっかり特別扱いされてる」

「妹ばかり可愛がられてる」

 

と受け取ることもたくさんありますから。

 

「お兄ちゃんは家事を手伝わなくても怒られなかったけど、僕がサボると怒られた」

「弟の合格祝いは高級すし店で祝ったけど、僕の時は夕食時に「おめでとう」で終わった」

「お姉ちゃんは帰宅時間が遅いとお父さんにこっぴどく怒られたけど、私の時はみんな寝静まっていた」

「妹はいつも抱っこされてたけど、私は話しすら聞いてもらえなかった」

 

子供がそう感じることはあるし、実際それが事実だったりもします。

でも、だからといって親に愛がないわけではないですよね。

その時その時の、私たち親の都合や事情があるわけですから。

 

・同居の姑との折り合いが悪かった

・経済的に苦しい時期だった

・仕事が大変だった

・手の掛からない子なのでつい、ほったらかしていた

 

そんなこと、ありますものね。

なるべく、平等に愛してそれを伝えてゆきたいものです。

 

けれど、子供は

 

「平等に愛されたい」←ココ重要!

 

とは思っていません。

 

「ぼく(わたし)を一番愛して欲しい」

 

と願っています。

 

子供はそれぞれ色んな理由で

 

「自分は愛されていないのではないか?」

 

と不安を抱えたり悩んだりするものです。

いえ、大人でもそうやって悩み続けてきた人はいらっしゃいます。

なので、なるべく子供ひとりひとりに

 

「あなたは私の宝もの。あなたのことが一番好き」

 

と折に触れ、伝えましょう。

 

 

『きょうだいはライバル』

 

と聞くと寂しいような残念なような感じがする方もいらっしゃるかもしれません。

が、それが原動力になって子供たちが自分の人生をユニークに自分らしく生きようという励みになったりもします。

また、ケンカしたり仲直りしたりしながら、揉まれたり人との距離を学んだりしているのですね。

 

子供たちには逞しく元気に育ってほしいものですね。

 

芽

 

来週11月24日(金)はキラキラ*はたのえりカウンセラー がお送りします。
どうぞお楽しみに 音符


 電球お知らせ電球

 

パートナーシップについての講座をいたします。

子供は仲の良いお父さんとお母さんからの愛情が大好きらぶ2

あなたが子供のころ、ご両親にどんな感情を抱いていたでしょう?

パートナーシップを極めると、それ以外の人間関係・社会・仕事・お金との関係も円滑に回りだすといわれます。

もちろん、子供への影響もです。

 

まだお子さまが小さなママさんは、ひとりで出かけるのは大変かと思いますが、ご都合がつくようでしたら是非いらしてくださいきらハート

そして、もう子供の手が離れたママさんも奮ってご参加下さいきらハート

 

今年のクリスマスイブはパートナーシップを楽しく学んで、人生をさらに豊かにしましょうきらきら

 

あなたのお越しをお待ちしております。

 

プレゼント2017/12/24(日)大阪スペシャルワークショッププレゼント 

 

 

『至福のパートナーシップへの道 

     ~そのままのあなたで愛される~』

 

 

講師:吉村ひろえ

日時:2017/12/24(日) 18:30~20:30

会場:江坂・パークサイドホテル2F

交通:地下鉄御堂筋線・江坂駅1番出口すぐ

  料金:¥3,240.-    

お申し込みは

  

to_register

 

wine-2891894__340
 

 

また、まとめて受講いただくと大変お得です

 

 13:30-15:30(1)那賀まき真鍋純子『本気で最高のパートナーが欲しいあなたのための恋愛レッスン』
 16:00-18:00(2)三好成子森實ゆた『わたしこのままでいいのかな・・・脱出作戦 ~不安と迷いの越え方教えます!!~スペシャルワークショップのお知らせ』
 18:30-20:30(3)吉村ひろえ『至福のパートナーシップへの道 ~そのままのあなたで愛される~』 

2講座\5,940.- \540.-お得 

3講座\8,640.- \1,080.-お得

 

20171224OsakaSPWS

 

あなたのお越しをお待ちしております

 

 

 

つながる花1 吉村ひろえのカウンセリングを受けるには

つながる花1 吉村ひろえのカウンセリングルーム


つながる花1 吉村ひろえのプロフィール&ブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。