子育て応援ブログ~ほのぼの~

カウンセリングサービスのカウンセラーがお届けする子育てブログです。
カウンセラーの実体験などを事例に心理学のエッセンスを毎週金曜日にお届けします。
穏やかママになりたいあなたにお届けします。


テーマ:

皆様、こんにちは~♪


カウンセリングサービス  の、小川のりこです。




暑いですー。溶けますー。
この時期息子が学校から帰ると、頭から汗びっしょりの身体で、

「ただいまー♪」

としがみついてくる・・・。
冬は良い。嬉しい。可愛い。。。

だが、夏は勘弁して(-_-メ)
そして嫌がると、余計にしがみつく。嫌がるわたくしの顔見て余計に楽しむ・・・。
これもどこの家でも案外見られる光景ではないでしょうか。

そんな夏真っ盛りでございますわね。



それでは今回の記事です。



*********************


子供を産んでから、子育て中の方からのご相談も多くなりました。とても嬉しいことです。
そのご相談の中でも多いお話しが、


ママ友達(ママ友)との関係や距離間、付き合い方


なんですね。

ママ友の楽しそうな会話に入りたいのに、入れなかったり。
入りたくないけど、入らなきゃいけない気がしたり。

そういうご相談をして下さるお客様は、とてもとても心根の優しい人が多いんです。
柔らかな優しい話し方されますし、
綺麗な言葉づかいの方も多いですし、
人から話しかけられやすい雰囲気もとても持っていますね。

そういう方だからこそ、何かを言われたとしても、言い返すことで相手を傷つけてはいけないと、感じたり、我慢してしまうことも多いようです。でも同時に言い返すことで、相手にどう言われるか、どう思われるかとすごく気になってしまう場合も少なくないようですね。

でもそういう気持ちって、実は、ママ友に限らず、今までの人間関係でも多かれ少なかれ、起こってしまうことがあるんですね。ただ、ママ友はそれまでの友達関係とは少し違うんですよね。

どこが違うのでしょう??


子供が関係する。


というところです。


一般的に、友達関係というのは、自分が一緒にいたい人を自分が選ぶことが出来ます。どれだけ人に気を遣う方であっても、関わっていてあまりにもしんどいと思う人がいるのなら、自分から相手と距離を空けることは可能ですね。

でもね。
ママさん友達はそこが違うと思うんです。


子供同士が仲が良ければ、そのお母さんが苦手であっても、話す機会はあるでしょう。
子供と同じクラスのお母さんだったり、役員で一緒になったお母さんだったり、そういう関係性であれば、その相手と完全に離れることはなかなか出来ません。プライベートでなくとも、付き合い続ける必要が少なからず出てきますね。


全て、子供のために頑張ることです♪
子供を大切に思うがゆえに、どれだけ苦手な相手がいたとしても、頑張ろうとするんです。



お母さんって皆さんすごく頑張り屋さんですよね。
お母さんって、とても立派だと思います。


皆さんそんなお母さんです。
他のお母さんから見れば、私たちがそのママ友の一人ですね。
だから本当は、ママ友って皆さん考えることは、だいたい同じなんですよ。子供のことが悩みの中心にもなりますから余計にね。


でも多くの方が、始めはママ友との関わりをちょっと不安に思っちゃうの。
それは、なぜでしょう。

自分がちゃんと出来てないような感じがするからなんですね。出来てないと感じるので、自分に自信を持てなくて、同じように子育てをしているお母さんたちと関わるのに不安が出て来ちゃうの。
何をちゃんと出来てない?


子育てに関することです。



いろいろ言われるのではないかとか。
どう思われるのだろうかとか。
変に思われないだろうかとか。


初めての育児なら、尚更ですね。


育児自体が不安なことだらけで、自分のやり方は間違っていないかと思うことが多いのに、実際に思うように行かないことが多いのに、他の人の子育てを見ると自分の不安感を強めてしまうことも多いと思います。

でも一方で、ママ友というのは、そこのしんどさを経験して知っているからこそ、共感し合ったり、理解してもらえたり、助けてくれることも多いんです。助けたいがためにアドバイスもいっぱいしたくなるし、叱りたくなってしまう人もいますけどね。

ただ、子育ては人それぞれです。


厳しく子供に接している方(厳しいと本人が気づかない方も)
あまり怒らない叱らない接し方をしている方
子供のやりたいようにしている方。
子供の動作一つ一つを気にしている方。



その違いは本当に十人十色かもしれません。
だから、自分の子育てに周りが口を出してくることもあるかもしれません。もしくは、自分の子育てと周りの子育てとを自分が比較してしまうこともあるかもしれません。


それでもあなたはあなた。
あなたの育児を大切にして欲しいと思います。



子供に良かれと思って頑張っていることです。でも周りもあなたに良かれと思って、口を出してしまうのでしょう。ただあなたがそれをしんどいと思うなら、聞き流してもいいと思います。


私は私の育児がある。
そこにベストを尽くしている。



そんな気持ちで、ママ友とは接していればいいと思います。
その気持ちのまま、


あなたが関わりたいと思う人に、関わりたいと思う時だけ関わればいい


と私は思います。周り全てに気を遣う必要はありません。



ところで。
小川の一番仲がいいママ友は2人です。

1人は年に2回。家族ぐるみでBBQと、クリスマス会をやります。
付き合いは主にこの2つです。(時に遊びには行きます)

もう1人は息子の習うスイミングでいつも会うママ友です。会えばなんやかんやと話をしますが、プライベートで行動することは、あまりありません。

2人とも私は大好きですが、自分の家族や自分の時間を大事にしたいので、あまりママ友との交流を積極的にはしていません。

学校の人や児童ホームのママさんとは役員してると会いますが、それだけです。ただ、学校で会えば挨拶はしますし、話しかけられれば話します。


それだけで私は充分だと思っています。必要最低限のことをしていれば、誰にも何も言われません。もし何かを言われたのだとしても、それは私と、私の子供のためにいいと思って言うことだと思うので、聞く耳は一応持ちます(^^;) 関心を持ってくれてることにもなりますから、そこはとても有難いとも思います。
でもそれをするかしないかは私次第で、無理やり相手に合わせることはしません。


自分の子育てを大事にしながら、関わりたい人と関わりたい時だけ関わって行く。
私はそれでいいと思っています。


たくさんの方が、自分以外のお母さんのことをとても気を遣っているようです。子供が関わっていくからゆえに、


自分よりも子供とママ友



となってしまうようですね。
でも忘れないで。


ご自身も大事にして下さい



あなたはあなたがこれでいいと思う、子育てをしているんです。あなたが考えた、子供のためにいいと思うことを一生懸命やっているんです。

誰にもそれを否定することは出来ません。


堂々とご自身の子育てして下さいね。
そして、その気持ちを持って、無理することなく、しんどいほど気を遣うことなく、ママ友とも付き合って下さい。


自分の子育てを大事にしながら、関わりたい人と関わりたい時だけ関わって行く。


です。
この記事が、多くの子育てに関わる皆さんへ、少しでもお役に立てれば幸いです♪






●来週8月7日は、渡辺晴美  が担当いたします。
 よろしくお願いいたします(*^▽^*)




♪♪♪ お知らせ ♪♪♪

小川のりこは、


恋愛テクニック


でも記事を担当しています。

隔週土曜日で 「魅力UP術」担当です
その中で、公開カウンセリングもしております。

こちらもよろしくお願いいたしますね\(^▽^\)(/^▽^)/。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。