子育て応援ブログ~ほのぼの~

カウンセリングサービスのカウンセラーがお届けする子育てブログです。
カウンセラーの実体験などを事例に心理学のエッセンスを毎週金曜日にお届けします。
穏やかママになりたいあなたにお届けします。


テーマ:

皆様、こんにちは~♪

 

カウンセリングサービス  の、小川のりこです。

あけましておめでとうございます!

 

昨年は、網膜剥離の手術入院のため、昨年12月の小川の回を一度お休みさせて頂きました。今回の手術もそうですが、小川は持病も多いため、入院することが結構多いのですが、今年はなるべく病気やケガが少ない年にしたいと思っています(━_━)ゝ

 

本年もよろしくお願いいたします♪

 

 

 

 

この記事を書かせて頂いている今は、まだ10歳の我が愛息子、たっちゃん(龍月:たつき)は、正月休み中でございます。

正月は名古屋のおばあちゃん家に居たのですが、CMで、木村拓哉くんのドラマの予告が流れていた時、

 

たっちゃん:「あ! 木村君の”がっく”やん!」

 

と、元日朝からぼけかましてくれました。

周りのいとこたちに、”げつくやろ!” と多重突っ込みをされていたのですが、まー、いつでもどこでもちびっこが揃うとやかまし・・・・。

もとい。

元気で賑やかになります(^^;)。

 

そしてそのちびっこたちに、お年玉を配り、親の財布はすっからかんですわね(-_-;) 

でもその時の嬉しそうな顔♪ 年に一度なので、渡すこちらもやはり嬉しくもあります。

 

 

 

ところで。

子を持つお母さん、お父さんにお話をお聴きすると、多くの方が、

 

子どもに教えられることはとても多い♪

 

と言われます。

子どもに言われて気づくということよりも、子どもを見ていて、気付いて、知って学ぶということの方が多いでしょうね。

自然と教えられる・・・感じです。

 

それが親の成長になったり、時に癒しになったりしますね。

 

親も子供に対して自分の言葉や行動で教えていくことは多いと思います。

でも子供は親のように、頭で考え学ぶということよりも、この時期はまだ 感覚 や 感情 で記憶していく、覚えていくという方が多いんですね。

 

言われて気づくということよりも、親を見ていて、気付いて、知って学ぶということの方が多い

 

んです。例えば、

 

挨拶しなさい、謝りなさい。

 

ということも、言葉で言うよりも、親がいつも自分から子供や周りに挨拶をしていたり、悪いなと思ったら、子どもやお父さんにすぐに謝るという姿勢を見せる方が、子どもは覚えるものなんですね。

 

生まれた時から学生時代までは、子どもというのはほぼ感覚が優先します。

 

私たち大人はついつい頭に浮かんだ言葉を優先してしまいがちなんですが、ほとんどの場合、その時のセリフは子どもの耳に届いていなかったりするんです。

私たち大人がよく言ってしまうのですが、

 

大人になったら・・・

将来は・・・

 

と言う言葉や話も、子どもには当然ピンと来ないでしょうね。

なぜなら、子どもにとっては、

 

 

今の感情 ヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ ♪!!!

 

 

が大事で、その後のことなんて考えられないものですから(;^_^A

 

ということで、子育てに置いては、大人にとっては子どもの将来、未来を考えて行くことはや、そこに不安を感じることは当然なのですが、子どもには、

 

 

やはり、 今(`0´)ノ !!

 

 

に注目して行く方が、大人も子供も楽になるような気がします。

でもそのためには、まず私たちが見本になりましょう。

子どもたちが、言われずとも率先して出来るように。

 

おはようございます。

いただきます。

いってらっしゃい。

お帰りなさい。

おやすみなさい。

 

まずはここからね。

 

実は、大人になるにつれ、小学校で習うはずの挨拶を、大人になった私たちは案外出来ていないと思います。

私は長くOLをしていたのですが、会社で挨拶をしても、こちらを向くことなくぼそぼそっと返す人の方が多かったように思います。

近所づきあいでもそうですね。こちらが元気に挨拶をしても、顔を向けて挨拶してくれる人って案外少ないように思います。

 

もちろん、小川も気づけばやっていなかったりします。

特にねむねむな朝は、子どもや夫に挨拶を忘れがちでございます(-_-;)

 

皆さん当然悪意はありません。ただ、大人になると、挨拶をしたり、元気に関わっていくことが恥ずかしかったり、いろんな経験から出来なくなってしまった人が多いと思うんですね。

 

でも親がやるとね、子供は大抵やるものなんです。

こちらが元気に挨拶すると、子どもはだいたい応えてくれます。

小学生くらいのうちに習慣にしましょ~♪ 

 

多感な時期になるとなかなか子供も出来なくなっちゃうんですよね。

大人がうざくっなっちゃって(◎_◎;)

 

[ 衝撃な事実、お正月に甥っ子が言いました。中学ん時、何でか分からんけど、かーちゃんがおはようって言ってきただけで、”うざっ” って思ってた。・・・(T_T)だってさ。まあ、これが一般的な成長過程なんでしょうね。 ]

 

で。

今に注目とは、

 

今日も学校で一生懸命お勉強して来たんだね。

今日も休まず元気に学校行けたね。

今日も宿題頑張りました!

今日もいっぱい頑張った身体を洗いましょー!

 

今起きていること、今していることを褒めてあげること、認めてあげることです。

これは、成長過程において、

 

自分は認められているんだ。

自分は愛されているんだ。

自分は親にちゃんと見てもらえてるんだ。

 

と感じられるので、自己評価や自己承認がしっかり根付いていきます。

多少大きくなってからでも構いません。小さい頃よりは少し時間がかかりますが、自己評価や自己承認は、いつからでも育つものです。

 

でもそのためには・・・。

 

 

お母さんお父さんが、もっと自分の直感や感覚を大事にして欲しいと思います。

 

 

 

なんとなーく・・・というのは人それぞれで、なかなか説明のつかない曖昧なものですが、子どもはこの世界にいるんですもの。

だとしたら、その世界に乗っかって関わる方が上手く行きますよ(*^^*)

 

嬉しい! 楽しい!

嫌だ。悲しい。辛い。

 

大人も子供も、こういう感覚を大事にして下さい。

私たちが思うなら、「あー、嫌だなぁ・・・。」とちゃんと自分の感情を否定して誤魔化さず、その感情を大事にしてあげて下さい。

子どもが言うなら、「そりゃ嫌だよねぇ・・・。」とまずは認めてあげて下さい。

 

人の直感や感覚は、決して誤魔化すことは出来ません。

とても大事な大事なものです。特に子供にとってはね。

 

 

この文章が、子育てに奮闘するお母さんお父さんの、何かお役に立てれば幸いです。

 

 

 

◎次回は、

 

2月  10日          渡辺 晴美

 

カウンセラーが担当いたします。

よろしくお願いいたします♪




音譜 お知らせでございます 音譜



カウンセリングサービスの わたくしとほぼ同じ歳ですが、孫もいるΣ(゚Д゚)というお母さん的存在である、


大門大門昌代カウンセラー


が、このたび子育て本を出版いたしました♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪


出版日は 11月5日


「子どもの自立を遅らせるひと言・助けるひと言」



です。
こちらの方も、よろしくお願いいたします♪




♪♪♪ お知らせ ♪♪♪

小川のりこは、


恋愛テクニック


でも記事を担当しています。

隔週土曜日で 「魅力UP術」担当です
その中で、公開カウンセリングもしております。

こちらもよろしくお願いいたしますね\(^▽^\)(/^▽^)/。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。