子育て応援ブログ~ほのぼの~

カウンセリングサービスのカウンセラーがお届けする子育てブログです。
カウンセラーの実体験などを事例に心理学のエッセンスを毎週金曜日にお届けします。
穏やかママになりたいあなたにお届けします。


テーマ:

カウンセリングサービス池尾千里と申します。
名古屋地区でカウンセラーをしております。

こどもが生まれ、
年中無休で奮闘する
子育て中のみなさんへ

日常に使える心理学を盛り込みつつ、
爆  笑『子育て応援ブログ~ほのぼの~』おねがい
書かせていただいております。

よろしくお願いします。

 

今年もはりきってまいりたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。鏡餅

 


チューリップ赤 チューリップ黄 チューリップ紫

 

 

夫が不在の子育ての悩み

 

カウンセリングで、子どもさんのご相談もあります。

私は、子育てはしていますが、子どもの専門ではありませんので、直接子どもさんのことを扱うことは、ありませんが、子育てしていて思うことなどは、お話させていただいたりしています。

 

子どもさんのことで、ご相談をされる方のお話を伺っていると、よく感じることがあります。毎回ではありませんが、でも、結構よく伺いたくなってしまうのは、これです。

 

「ご主人って、いらっしゃる??」

 

どうしてかといえば、夫の姿がお話の中で見えてこないことが、実はとても多いのですね。しかしながら、みなさん、口を揃えて、

 

「はい、おりますけど。えー

 

とおっしゃいます。

 

「いらっしゃらないみたいに聞こえましたよ。」

「はぁ?びっくり

 

でも、こんなふうにおっしゃる方もみえます。

 

「いないようなものです。プンプン

「忙しくて、なかなか帰って来ないもので。ショボーン

 

夫はいるけれど、あまり頼りにできないような状況になっていることが多いようです。

 

子育ては、母親の責任という思い込み

 

最初から、子どものことを、夫に何の相談もしないということはないと思います。

子どもが病気だったり、言うことを聞かない、お友達とトラブルがあった、成績が良くない、学校へ行かない、などなど、子どもについての悩みは尽きないものですが、それらの多くは、母親が先にみつけ、病気なら、病院へ連れて行き、言って聞かせることはやり、叱ったり、なだめたりもします。

それでも、良くならないという壁にぶち当たってやっと、夫にどうしようかと、相談することが多いのではないでしょうか。

 

そのくらい、母親は、子どものことについては、責任は自分にあると感じているのですね。

女性が自分で産むし、赤ちゃんの頃は、いつもいつも抱っこしてお世話をします。赤ちゃんでなくなっても、一緒にいる時間が長いですから、そのせいもあるかもしれませんね。

 

子どもに何か問題があった場合、それが大きくても、小さくても、母親は「私がいけなかった」と反射的に思ってしまいがちです。私が元気に産んであげられなかった、私の躾がよくなかった、言い聞かせが足りなかった、強く言うべきだった、などなど。

すると、夫は、そんな時、

 

「そんなことないよ。君は悪くないよ。」

 

と言うよりも、

 

「そうだね、君の育て方がよくない。」

 

なんて、夫は、子どもの母親であるあなたに言いやすくなってしまったりするのです。

 

しかし、ここで、

 

「そんなことを言っても、私ひとりでは、どうにもならないの。

 どうしたらいいと思う? 一緒に考えて。」

 

と助けを求めることができれば、子育てのエリアに、夫が入ってくれることになります。母親がひとりで、背負い、解決しなければいけないと思ってきたものを、ふたりで共有すればよくなるのです。

 

「自立」の前には「ハートブレイク」がある

 

しかしながら、ひとりで背負ったまま、悩み、苦しんでいるとしたら、どんなに苦しいことでしょう。夫の気配がない子育てになってしまうのは、こんな背景がある場合も多いのです。

 

また、夫が非常に忙しかったり、単身赴任のような場合、または、子どものことは、母親にまかせておく、というような考え方をする人だとなかなか当てにすることが難しいものです。一緒に、考え、悩んでくれるように感じられないのですね。

 

実際、頼ってみたけれど、拒絶されたことがあったり、期待したような反応が返ってこなかったりして、悲しい思いをした挙句、ひとりで頑張るしかなかったという方もみえるでしょう。

 

夫婦であるにもかかわらず、「自立」してしまう時、そこには必ず、「ハートブレイク」があります。傷ついてしまって、本当に辛かった経験がくっついていることが多いのです。

そんな悲しみを、もう二度と味わいたくないと思うからこそ、それが起こらないように、夫を遠くへ置いておくということをします。そうすれば、夫に対して、あまり何も感じないからです。

当てにして、拒絶されるなら、もう二度と当てにしない、そんなこともしてしまいます。

 

子どもの問題の本来の「目的」

 

子どもが問題を起こす、子どもに問題がある、という場合、その目的があるとしたら、何なのでしょう。

 

家族の中で、子どもに何かしらの問題が起こる時、母親である自分がまず、子どもと向き合わざるを得ない状況になるでしょう。さらに、父親である、夫も。夫と自分が一緒に手を組み、考え、こどもに向き合う、問題に直面する、サポートするといったことが求められるとしたら。

 

それが、子どもの問題の「目的」とするのならば、本当の問題は、子どもではなく、「夫婦」のあり方であるのかもしれません。

 

もし、お子さんのことで、ひとりで悩んでおられるのでしたら、まずは、ご主人を巻き込むことです。あなたの抱える思いを少しずつ、夫婦で共有する機会を持たれることが必要なようです。

 

夫に対する「ハートブレイク」がある場合は、なかなか難しいでしょう。

それでも、子育ては、母親のものではなく、夫婦が手を掛けていくふたりのものです。母親であるあなたひとりが悪いなんてことはないのです。夫婦ふたりが見直すことがあるということです。

 

少しずつ、手を取ることに意識を向けていただけたらと思います。

あなたがすっかり背負ってしまっているものを、ご主人にも手伝わせ、背負わせて、妻を、子どもを助けさせてあげるということです。

 

お役に立てればうれしいです。

 

 

池尾千里

 

 

次週1/27(金)は、三枝みきがお送りします。

どうぞ、お楽しみに。

 


義理チョコ池尾千里プロフィール&ブログはこちらからどうぞ。>>

義理チョコカウンセリングを受けていただくには?

義理チョコカウンセリングルームのご案内(名古屋)

義理チョコアメブロ恋愛テクニック・月曜日更新
義理チョコ「カップルカウンセリング」池尾昌紀(夫)と執筆中!

義理チョコ名古屋カウンセリングサービス・ブログ>>

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。