子育て応援ブログ~ほのぼの~

カウンセリングサービスのカウンセラーがお届けする子育てブログです。
カウンセラーの実体験などを事例に心理学のエッセンスを毎週金曜日にお届けします。
穏やかママになりたいあなたにお届けします。


テーマ:

皆様、こんにちは~♪

 

カウンセリングサービス  の、小川のりこです。

 

 

 

10歳の愛息子、たっちゃん(龍月:たつき)が、わたくしの心配をしてくれます。

ママは病気持ちだからとか(-_-;)

ママはもう40後半だからとか(~_~;)

骨がバキバキいうし、膝や腰がどんどんおばあちゃん化していくしとか(ーー;)

 

無理して欲しくないけど、僕はまだまだ一緒にあそこへ行きたい、ここで遊びたいという気持ちがあるのだと・・・。

 

そうなんですよねぇ。

老いてゆく50近い夫婦なのに、息子はどんどん体力がつく(;゚Д゚)!

彼がまだまだ元気いっぱいなのに、動けなくなるのはすごく嫌なわたくし。

 

なので。

多分、人生初だと思います。

小川、本気で体力筋力づくり開始でございます。まだ初めて1か月程ですが・・・(;^_^A

家でやるものなので、大したことはございません。

それでもしっかり考えて調べて、今の自分に合うトレーニングを続けています。

 

足腰今以上悪くならないように。

持病(~_~;)が酷くならないように。

息子と対等ではなくとも、ある程度同じように関われるように。

 

でも遅くに結婚し遅くに出産したからこそ、息子に助けられているのかもしれません。この年で体力強化に力を入れるなんて、きっと息子がいなければやろうとしなかったと思います。

 

まだまだ元気なかーちゃんでいたいと思います♪

 

 

 

 

では今回の記事です。

 

 

『完璧主義なお母さん』

 

というタイトルを付けていますが、実は私もその一人のようです。今は多少自覚していますが、それでも旦那様に言われるんですよね。

 

「そんなにしっかりやらんでもええやん。」

 

って(笑)

 

 

カウンセリングの現場でも、完璧主義な人ほどその自覚はなく、他人からは言われることがやはり多いようなんですよね。

 

独身時代や子供がいない場合はそれほどでもなくとも、多くの女性がお母さんになると、やはり自然と完璧主義になってしまうのかもしれません。

 

守っていきたい大切な セキセイインコ青子どもセキセイインコ黄 という宝物が出来て、その子供を立派な大人にしなければという責任感ゆえにね。

 

でもなぜこんなに責任感を強く持ってしまうのか。

それはきっと、日本の社会の問題でもあるかもしれません。

 

日本の男性はとにかくよく働く方が多いです。

結婚直後は、世帯主になった責任感で。子どもが出来ると、その分もっと経済的に大変になるという部分で頑張るんですね。そうすると当然仕事の帰りは遅くなるし、土日もままらない人は大勢おられます。(我が家の旦那様もそうですぅ(T_T))

 

そういう状況になると、手伝って欲しくとも、分かって欲しくとも、お父さんも頑張っているのだらと我慢して、やはりお母さんは頑張らざるを得ませんね。

それと同時に、子育ては私がやらなきゃって感じにもなってしまうのだと思います。そうすると、お母さんと子どもとの距離ってお父さんよりもずっとずっと近いものになります。当然、子どもにあらゆることを教えていくのはお母さんになるだろうし、子どもも生きていく見本とすることをお母さんから学ぶことが多いですから、自然とお母さんの責任感も強くなるんでしょう。

 

しっかりした母親でいなければ。

子どものいい見本にならなければ。

私がこの子を守らなければ。

子どものために頑張らなければ。

 

いいお母さんであろう。きちんとしたお母さんでいよう。

まるで一人で大きな荷物でもしょい込んでるような感じですね。

 

その分愛情も強くなりますから、子どもの事は自分の事以上に気になるし頑張ってしまいます。それゆえ他人との差に悩んだり、自然と比較してしまったりすることもあると思います。

 

そうやって日々頑張っているお母さんが多いにも関わらず、自分ではあまり頑張っている自覚がない方が多いのは、

 

完璧にしなければ。

100%でなくとも、そうあらねば。

 

と一生懸命過ぎるところもあるのかもしれません。

一生懸命過ぎるとね、いろいろと子供のことが気になりすぎてしまうんですよね。冷静に考えてみると、些細なことだと気づいたりするものですが、

 

忘れ物がいつまで経っても直らない(←我が子でございます。)

いつまでも落ち着かない(←我が子でございます。)

姿勢が悪い(←我が子でございます。)

宿題をやらない、ゲームばかりする、服は裏表逆、脱いだらいつも裏返し、食べる時によくこぼす、一つやっても一つ忘れる、朝の歯磨き顔洗いをめんどくさいとやらない(←ええ、ええ、全部我が子でございます(-"-))

 

あれも、これも、それも、何で出来へんねん!

あれやってるけど、これやってない!

何で毎日毎日同じ事言わせんねん!

 

あまりにそういうことが気になって、優しくしたい、今日は怒らずにいようと思っても、やっぱり怒らずにはいられない。(はい、全て小川本人の実話がもとでございます(ーー;))

 

でもそれは、お母さん自身が自分に厳しくして生きていたというのがあります。

もちろん、その理由は様々です。

 

子どもの頃から親を助けようと必死だったから。

あまり褒められることがなく、なかなか自信が持てなかったから。

男性社会で頑張って来たから。

etc・・・・

 

ずーっと頑張って頑張って、そして今も頑張ってるのに今も自分に厳しいのかもしれませんね。そして、こんなことを言われるお母さんもいます。

 

「それほど頑張ってないんです。何もしたくない時あるし。主人はずっと働いてるのに。」

「でも私は掃除や洗濯を毎日するわけじゃありませんから。」

「面倒な時は惣菜で済ませたり、外食で誤魔化したりすることも多いです。」

 

行動ってね。ある程度手を抜けるものです。

でもこころ(感情)は、手を抜けないものなの。

 

だらだらしてる。

掃除洗濯をしない。

惣菜・外食で誤魔化す。

 

これらのことを、

 

「あーー、今日は手を抜いた♪ 手を抜いた♪ 楽やったわ~ヽ(*^^*)ノ」

 

・・・・ってほとんどのお母さんは思えてません。

 

手を抜いてしまった・・・。

今日もいい加減だった。

こんなことではダメなのに。

 

そう自分を叱りつけ、ダメ出しされるお母さんも大勢おられます。

 

自分に厳しくなってしまうというのは、自分が頑張ったことに目が行かず、出来なかったところばかりを見てしまうからなの。そうやって自分に厳しくすればするほど、自分にダメ出しが多くなってしまうので、自分は頑張っているように思えなくなってしまうのね。

心理学的には、そんな自分に育てられる子ども・・・・と言う目で自分の子を見てしまうものだから、どうしても子供のいいところより、悪いところや出来てないところに目が行ってしまうものなんです。

自分の時と同じようにね。

 

子どもを愛しているからゆえ、大事にしたいからゆえなのですが、見本となる私が頑張っていないとどこかで過小評価していると、子どもに意識が行った時、

 

あなたも頑張らなきゃ!

 

ってなっちゃうかもしれません。

 

頑張ってないお母さんなんていません。

子育ても人それぞれですが、皆さん一生懸命です。

だから、全てのお母さんには、

 

 

自分はベスト尽くしてる。

頑張ってるんだよな~♪

 

 

という自覚をしっかり持って欲しいと思います。

頑張っているのだから、手を抜くことも大切です。サボることだって大事です。

 

あれはやった。すごく頑張った。(緊張)

だから今日は、ここからはテキトーでいいや~( ̄∇+ ̄)v (緩和)

 

そうやって緊張と緩和をバランスよく自分に与え、今以上に楽になって欲しいと思います。そうすることで、子どもに対する悩みや焦りって随分減るものですよ。

 

私がね。

泣いてばかりの幼少時代、学生時代だったから、自分を過小評価して、昔はそんな私に育てられる子どもって災難とまで思っていたことがありました。

自分がカウンセリングを受け続け、今は随分手抜きを覚えましたが、それでも我が子は↑に書きましたように、いろいろやってくれます。

 

叱ったり怒鳴ったり、自分が情けなくなったり、優しく出来なかった自分にダメ出ししまくったりと、時として今でもそうなることもあります。

でも私が誰よりも緩んで行かなきゃ、家族は温かくならないよなぁと何度も思います。

そういう時は、贅沢に昼食を取ったり、映画に行ったり♪

 

完璧でありたいと思うことは悪いことではありませんが、

 

全力疾走しているのにダメな自分を見つけるよりも、今自分がベストを尽くしたことを見てあげて欲しいと思います。

 

ついつい完璧であろうと頑張っちゃうお母さんとのカウンセリングが、ここのところ多かったので、記事にさせて頂きました。

この文章が、そんなお母さんのこころを緩ませるヒントになれば幸いです。

 

 

 

 

 

◎次回は、

 

11月  4日          渡辺 晴美

 

カウンセラーが担当いたします。

よろしくお願いいたします♪






音譜 お知らせでございます 音譜



カウンセリングサービスの わたくしとほぼ同じ歳ですが、孫もいるΣ(゚Д゚)というお母さん的存在である、


大門大門昌代カウンセラー


が、このたび子育て本を出版いたしました♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪


出版日は 11月5日


「子どもの自立を遅らせるひと言・助けるひと言」



です。
こちらの方も、よろしくお願いいたします♪




♪♪♪ お知らせ ♪♪♪

小川のりこは、


恋愛テクニック


でも記事を担当しています。

隔週土曜日で 「魅力UP術」担当です
その中で、公開カウンセリングもしております。

こちらもよろしくお願いいたしますね\(^▽^\)(/^▽^)/。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。