女性専門モラハラカウンセラー*中央区京橋の行政書士ちえぼぅ

心理士資格を持つカウンセラー行政書士が、法的サポートのみならずメンタルサポートも徹底的に行います。
夫からのモラハラ、デートモラハラ、離婚問題、カウンセリングなどは、東京よつ葉法務オフィス心理カウンセリングルームへ

東京よつ葉法務オフィスのブログへようこそ


東京都中央区京橋1-6-7 京橋高野ビル2階

電話:03-3564-8177

メール:info@yotsuba-houmu.com

当事務所のご相談は事前予約制です。

ご相談カウンセリングをご希望の方はご予約をお願いいたします。

*現在無料のメール相談は行っておりません

モラルハラスメント専門サイトはこちら

モラルハラスメント被害110番

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー

事務所の特質上、当ブログは夫からモラルハラスメントを受けている妻という設定で記述しております。予めご了承のうえ閲覧して下さい

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー


記事に対し温かなコメントを頂きましてありがとうございます


全てのコメントをありがたく拝見させて頂いております。

大変恐縮ですが、コメントに関しては事務所からの返信をお約束するものではございません。

また頂いたコメントはブログの記事にさせて頂く事もございますので、コメントされる際は予めご了承ください。

詳しくはコチラをご確認ください。

*記事及び写真の無断転載、コピー流用等は堅くお断り致します*


テーマ:

*   *   *   *   *
夫婦間親子間のモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やデートDVなど近しい関係に
起こる支配に関する相談

東京よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7
      京橋高野ビル2階
アクセス:京橋駅、宝町駅3分
 東京駅八重洲口、日本橋駅、
 銀座一丁目駅徒歩7分
電話:03‐3564‐8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
定休日:土日祝日

*ご相談は事前予約制です*
*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

みなさまおはようございます。

 

いつもブログを読んで下さって

どうもありがとうございます。

 

 

 

 

先週金曜日、

フリーアナウンサー小林麻央さんの

訃報が入りました。

 

 

 

私などがこの件に触れるのは

どうなのだろう、と迷いましたが、

 

一年前の6月、

 

麻央さんの闘病が報じられた際の

夫市川海老蔵さんの記者会見について

記事で触れさせていただいた事もあり、

 

思う所を書きとめておこうと思いました。

 

 

よって今日の記事は、

「読んでみよう」と言うお気持ちのある方にだけ

お読みいただけたらと思います。

 

(いつもの様にモラハラ関連の事には

あまり触れないと思います)

 

 

 

 

 

 

私は、歌舞伎は本当にごくたまに

観に行く程度で、

 

小林麻央さんのことも、

市川海老蔵さんのことも、

 

それまであまり関心を持ったことは

ありませんでした。

 

 

 

しかし、どういった経緯だったかは

もう覚えてもいないのですが、

 

昨年6月の海老蔵さんの記者会見を

見た時には感情が動き、

 

麻央さんの回復を祈りつつ、

 

海老蔵さんや麻央さんの

報道を聞く様になりました。

 

 

その後に麻央さんは自らでブログを

始められ、

 

同じアメブロという事もあり

しばしば拝見していました。

 

 

 

 

 

この世界の中に、

 

若くして亡くなる人、

がんで闘病されている人は、

 

たくさんいらっしゃいます。

 

 

 

けれど麻央さんの死は、

 

多くの方がブログを通じてその闘病を

見守っていたことから、

 

そういう方たちにとって特別な出来事に

なったのでしょうね。

 

 

 

私も、麻央さんとはお話ししたこともない

赤の他人ですが、

 

時折ブログを拝見することで

なんとなく「つながり」を感じていたのだと

思います。

 

 

だから、彼女の訃報を聞いた時は

悲しく思いました。

 

 

 

 

 

 

私自身もブログをもう7年ほど続けていて

思うのですが、

 

「つながり」って、

 

近くにいるかどうか、

毎日顔を合わせるかどうか、

頻繁に会話を交わすかどうか、

 

だけではないのですよね。

 

 

 

これは、多くの私のお客様や

ブログを通じて繋がってく下さった方々に

教わった事です。

 

 

 

私はブログや事務所を通じて、

顔を見たことも無い他人同士なのに、

 

「一日も早くモラハラから解放されます様に」

 

「私の経験が誰かの役に立つのなら

どうぞ活用してください」

 

と祈り、思い合う人々を、

これまでたくさん見てきました。

 

 

感謝されようがされまいが、

直接会えようが会えまいが、

 

とにかく同じ痛み苦しみを知る人間として、

 

助けてあげたい、

応援したい、

 

と言う思いなのだと感じます。

 

 

 

それは

離婚後に自分の子どもについて、

 

「自分の思い通りの面会ができないなら

子どもとはもう二度と会わなくて良い」

 

「(子どもと)一緒に暮らせないなら

もう子どもはいないものとして扱うから」

 

等の言動をするモラ夫たちとは

対極にあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

麻央さんが生前最後に記したブログの

結びには、

 

”皆様にも、今日笑顔になれることが

あります様に”

 

と記されていました。

 

 

麻央さんもまた、

 

直接会う事はなくとも

ブログを通じて「つながった」人たちの

笑顔を祈っておられました。

 

 

 

 

小林麻央さんのご冥福を

心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

*   *   *   *   *
夫婦間親子間のモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やデートDVなど近しい関係に
起こる支配に関する相談

東京よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7
      京橋高野ビル2階
アクセス:京橋駅、宝町駅3分
 東京駅八重洲口、日本橋駅、
 銀座一丁目駅徒歩7分
電話:03‐3564‐8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
定休日:土日祝日

*ご相談は事前予約制です*
*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

感じ方や考え方、捉え方などを総称して

「価値観」と言うのだとしたら、

 

それぞれの歩んできた人生、

育ってきた家庭、

生きて来た時代、

 

そう言ったもので価値観は作られると

思っています。

 

 

 

 

事務所でカウンセリングをする

子どもたちと私は、

 

例えば小学生であれば30歳位

年齢が離れています。

 

 

大学生相手の場合でも、

15歳位は年齢差があります。

 

 

そうすると、私の子ども時代とは

育ってきた時代が違う訳で、

 

当然に時代感覚や価値観は

違ってくるのです。

 

 

 

そしてこれは、例え親子であっても

同じだと思います。

 

 

 

 

子どもも子どもなりに、

 

生活への感覚、

家族への感覚を持っています。

 

 

 

できれば家族はその生活の感覚や

家族の感覚が同じだと良いのでしょうが、

 

上記の通り様々に違う人生を歩み

違う経験をした者同士ですから、

 

「全てが一致」する事はありません。

 

 

 

家族というものに対して、

 

親はこうであるべき、子はこうあるべき、

夫はこう、妻はこう、

 

と言った考え方や期待などは、

それぞれに違うでしょう。

 

 

 

そんな時、

 

モラ夫やモラ親の相談の場面では

モラハラ加害者が、

 

子どもを自分の感覚に合わせようと

躍起になって言う事を聞かせようとしたり、

 

子どもに怒鳴る、おもちゃや大切なものを

取り上げる、

時に暴力を振るうなどの方法で、

 

無理やり子どもを従えようとする場面に

遭遇します。

 

 

 

 

 

感覚は、全てが一致しなくとも

共有し合う事は出来るでしょうし、

 

少なくとも相手の感覚を尊重する事は

可能です。

 

 

 

自分の感覚だけが正しく

相手を従える事に躍起になって、

 

相手への尊重がおろそかになる。

 

 

とても残念な事です。

 

 

 

 

以前も書きましたが、

 

従える事は愛情では無いし、

 

言う事を聞かせる事が強い事でも

ありません。

 

 

家族を思い通りにすることが

リーダーシップではありません。

 

 

 

 

 

家族の文化は、まずは親がその

土台を作る事が多いでしょうが、

 

個々の生活感覚や家族感覚を大切に

してもらうという視点では、

 

親も子も同じだと思うのです。

 

 

 

子どもの持つ感覚から
学ばされることは沢山あります。


気付かされることも沢山あります。

 

 

 

 

子ども達の豊かで深い愛情、

健気で一生懸命な家族へのまなざし。

 

 

そんな子ども達の家族への視点、

家族へ向けている感覚が、

 

モラハラと言う尊重の無い態度によって

涙に変わる場面を見る事が、

 

 

本当に切ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さって

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

*   *   *   *   *
夫婦間親子間のモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やデートDVなど近しい関係に
起こる支配に関する相談

東京よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7
      京橋高野ビル2階
アクセス:京橋駅、宝町駅3分
 東京駅八重洲口、日本橋駅、
 銀座一丁目駅徒歩7分
電話:03‐3564‐8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
定休日:土日祝日

*ご相談は事前予約制です*
*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

今年になって、モラ夫と別居を決行した

Aさん。

 

 

長きに渡るモラハラ被害に苦しんで

来られました。

 

 

 

 

別居後に初めてお会いしましたが、

 

お話を伺いますと、

 

やはり別居前とは日常生活での

緊張感が全く違う、と仰られ、

 

モラハラの有無による緊張感の違いを

実感されている様子が伺えます。

 

 

 

「前は(夫が)帰って来る時間が

気になったり、

 

どんなに疲れていても夫が寝るまでは

起きていないといけないとか、

 

そんな緊張感がありました」

 

と振り返られました。

 

 

別居後の今の生活にはそれらが無い

自由の空気を感じ取っているそう。

 

 

 

別居自体についても、

 

恐らく長い時間を掛けて悩み、
勇気を出して別居を決意されたことと
思うのですが、

「案外、やればできるものだなと

思いました」

と仰います。

 

 

 

 

お子さんも以前より元気で、

家でリラックスしている事がわかる

と仰っていて、

 

それを聞いた私も嬉しくなりました。

 

 

お子さんがリラックスしているのはきっと、

 

母親であるAさんが心から安心し

リラックスしているからこそのもの

なのだろうと思います。

 

 

 

 

日常生活を送る家庭の中で

緊張し続けなくてはならない事が

如何に過酷な事か、

 

改めて感じます。

 

 

 

 

 

Aさん自身は離婚を覚悟して家を

出たのですが、

別居後にモラ夫が伝えて来たのは

 

「修復するならAが変わるんだ」

 

という内容のメッセージで、

Aさんと二人で

 

「出たー」

「モラ夫あるある」

 

と思わず笑ってしまいました。

 

 

 

これはモラ夫に多い行動なのですが、

 

冷静に考えれば

モラ夫との生活が嫌で出て行った妻に

 

「俺と修復したければお前が変われ」

 

だなんて、

 

とても言える状況では無い事くらい

分かりそうなものなのですがね。。

 

恐らくモラ夫は、

事実をちゃんと、ありのままに

見ていないのでしょうね。。

 

 

 

 

 

別居後初めて、そしてしばらくぶりに

Aさんにお会いして、

 

Aさんのさっぱりとした表情、

何かをそぎ落としたような、悪いものが

落ちた様な雰囲気が、

 

とても印象的でした。

 

 

また、表情も以前より生き生きと

感じました。

 

 

 

モラハラから離れて

安全な空間で過ごした時間が、

 

Aさんにこの様な良い変化を

もたらしたのでしょうね。

 

 

改めて、

 

家が安心安全である事の大切さを

感じます。

 

 

 

 

最後に、

ブログ掲載OKを下さったAさん、

どうもありがとうございました。

 

これからも応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さって

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。