女性専門モラハラカウンセラー*中央区京橋の行政書士ちえぼぅ

心理士資格を持つカウンセラー行政書士が、法的サポートのみならずメンタルサポートも徹底的に行います。
夫からのモラハラ、デートモラハラ、離婚問題、カウンセリングなどは、東京よつ葉法務オフィス心理カウンセリングルームへ

東京よつ葉法務オフィスのブログへようこそ


東京都中央区京橋1-6-7 京橋高野ビル2階

電話:03-3564-8177

メール:info@yotsuba-houmu.com

当事務所のご相談は事前予約制です。

ご相談カウンセリングをご希望の方はご予約をお願いいたします。

*現在無料のメール相談は行っておりません

モラルハラスメント専門サイトはこちら

モラルハラスメント被害110番

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー

事務所の特質上、当ブログは夫からモラルハラスメントを受けている妻という設定で記述しております。予めご了承のうえ閲覧して下さい

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー


記事に対し温かなコメントを頂きましてありがとうございます


全てのコメントをありがたく拝見させて頂いております。

大変恐縮ですが、コメントに関しては事務所からの返信をお約束するものではございません。

また頂いたコメントはブログの記事にさせて頂く事もございますので、コメントされる際は予めご了承ください。

詳しくはコチラをご確認ください。

*記事及び写真の無断転載、コピー流用等は堅くお断り致します*

NEW !
テーマ:

*   *   *   *   *
夫婦間親子間のモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やデートDVなど近しい関係に
起こる支配に関する相談

東京よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7
      京橋高野ビル2階
アクセス:京橋駅、宝町駅3分
 東京駅八重洲口、日本橋駅、
 銀座一丁目駅徒歩7分
電話:03‐3564‐8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
定休日:土日祝日

*ご相談は事前予約制です*
*   *   *   *   *

 

 

 

 

苦労の無い人生はありえず、

 

誰しもが人知れずそれぞれ苦労して

いるのでしょうけれど、

 

けれど家庭内でモラハラ被害に

遭っている人やその子ども達の苦労は、

 

相当に大きなものだと感じています。

 

 

 

私の事務所に相談やカウンセリングに

来て下さる方は女性ばかりですが、

 

このままモラハラ被害を受けながら

モラ夫やモラ親と同居をする事は

とても大きな苦労です。

 

 

毒親を持つ方がACである自分を

抱えて自立することも、

 

まだ未成年の子どもを抱えて

モラ夫と離婚することも、

 

とても大きな苦労があるだろうと

率直に思います。

 

 

 

 

モラハラ被害からの回復には

まずモラハラ加害者から離れる事が

第一歩ですが、

 

単純に

 

「モラハラから離れればそれで

万事解決」

 

とはならないのが、

身近な存在からのモラハラ被害の

正直な所です。

 

 

 

 

もう一度人生や生活を立て直す苦労、

 

シングルマザーとして

子どもを育て上げるプレッシャー、

 

相当なものでしょう。

 

 

 

 

けれど、私はあえて言いたい。

 

 

苦労が多い事は、

不幸せとイコールでは無いことを。

 

 

もっと踏み込めば、

 

苦労した分幸せを掴める、と言う事も

あり得るのだと言うことを。

 

 

 

 

 

事務所を通して見守らせて頂いた

多くの女性達は、

 

自分で納得して出した決断に

伴う苦労であれば、

 

喜んで、

 

清々しくその苦労を背負って

力強く生きておられます。

 

 

 

苦労した分だけ、

 

幸せに対するアンテナが

研ぎ澄まされている方もおられます。

 

 

 

 

苦労ばかりでは時に嫌になって

しまう事もあるけれど、

 

「自分で決めた道だから」

 

と、

弱音を吐かずに自分がするべき事を

コツコツ努力し続けている方には、

 

尊敬の念を抱きますし、

心から応援したいと思っています。

 

 

 

 

 

モラハラの渦中に居続けても

苦労する。

 

一方で別離を選んでも苦労する。

 

 

 

だったら、「自分らしい苦労」がしたい。

 

 

押し付けられた苦労では無く、

本当はしなくて良い苦労でも無く、

 

自分で選んだ結果の苦労なら、

 

喜んでその責任を背負う。

 

 

自分の人生を主体的に生きている

女性の姿がそこにはあります。

 

 

 

 

 

人生、必ず苦労するのなら、

 

みなさんにも自分で喜んで

背負える苦労、

 

押し付けられてするのではなく

自身で選んだ苦労をして頂きたい。

 

 

最後には

 

「大変だったね」

「疲れたね」

 

と笑い合いながら振り返られる、

自分らしい爽やかな苦労を選んで欲しい。

 

 

 

そう願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

*   *   *   *   *
夫婦間親子間のモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やデートDVなど近しい関係に
起こる支配に関する相談

東京よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7
      京橋高野ビル2階
アクセス:京橋駅、宝町駅3分
 東京駅八重洲口、日本橋駅、
 銀座一丁目駅徒歩7分
電話:03‐3564‐8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
定休日:土日祝日

*ご相談は事前予約制です*
*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

「とにかく、

何をしたでも無いのに毎日疲労困憊

でした」

 

 

「毎日毎日辛くて、心も体もクタクタでした」

 

 

「寝ようと思うと頭がさえて眠れないん

ですけど、

でも身体は疲弊しきっていました」

 

 

「どうしてか分からないけれど

とにかく毎日疲れていたのですよね。。」

 

 

「こんなに毎日疲れ果てるなんて

なんか変だ、って思っていました」

 

 

これらは

弊事務所でカウンセリングを行い

夫からのモラハラに気付いた方々が、

 

まだモラハラに気付く前の渦中に

いた頃を振り返った時に、

語って下さった言葉の一部です。

 

 

 

 

夫がモラハラだと気付く前、

 

毎日モラ夫の様々な要求、

 

矛盾するモラ夫の発言への対応、

 

様々なルールの押し付け、

 

少しずつ勝手に上げられるハードルを

こなす日々に、

 

「モラハラ」と言う言葉は知らなくとも

身体は疲れ果てSOSを出している事が

多いです。

 

 

 

特に体力を使う事もしていないし、

 

ママ友や同僚と同じような日常を

送っているはずなのに、

 

どうして私はこんなに普通の日々に

疲れ果てているのだろうか?

 

 

自分がどこかおかしいのではないか?

 

と、不安を抱えた方も少なく無いでしょう。

 

 

 

 

 

モラハラは肉体的DVと違い、

 

目に見える傷やアザ、出血は

ありません。

 

 

痛みや傷つきは全て心に

蓄積されて行きます。

 

 

 

心はボロボロに傷付き

疲れ果てているのに、

 

身体は日常生活や

日々のモラ夫の要求に対応しなくては

ならなくて、

 

自分自身が心の痛みに気付くのが

遅れてしまう事があります。

 

 

 

そんな時、

 

あえて本人に知らせる為に体調を

崩したり、

 

強い疲労感を表したりと、

 

身体が心に代わってSOSを

出してくれることがあるのです。

 

 

 

特段の病気をや

体力を使った覚えは無いのに、

 

何だかいつも疲れている。

 

 

夫に対応すると身体は疲れ果て

心はモヤモヤする。

 

 

気持ちが塞ぐ。

 

 

 

そう言う自分に気付いた時は、

少し立ち止まり振り返る時かも知れません。

 

 

自分自身が発するシグナル、

しっかり受け止めて欲しいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(2)

テーマ:

*   *   *   *   *
夫婦間親子間のモラハラに関する
ご相談/カウンセリング
毒親やデートDVなど近しい関係に
起こる支配に関する相談

東京よつ葉法務オフィス 
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7
      京橋高野ビル2階
アクセス:京橋駅、宝町駅3分
 東京駅八重洲口、日本橋駅、
 銀座一丁目駅徒歩7分
電話:03‐3564‐8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
定休日:土日祝日

*ご相談は事前予約制です*
*   *   *   *   *

 

 

 

 

 

 

 

先日カウンセリングに来て下さった

Aさん。

 

 

結婚していらい10年以上夫からの

モラハラに苦しみ、

 

勇気を出して今年別居されて

数か月経過したところです。

 

 

 

別居直後はAさん自身の気持ちの

揺れが大きく、

 

さらにそんな中で子ども達のフォローも

しなくてはならない上に、

別居直後のモラ夫からのアプローチも

頻繁で、

 

とにかく緊急避難的なカウンセリングが

続き、

 

なかなかゆっくりとAさんのペースで

振り返りが出来ずにいました。

 

 

 

しかし数か月前からやっと少しずつ

Aさんの中で納得のできる離婚への

進め方や、

 

それを尊重してくれる弁護士も決まり、

 

ここ数か月のカウンセリングでは

ようやくAさん自身の振り返りを

ゆっくりと出来るようになってきました。

 

 

 

 

 

 

Aさんのペースを尊重しながら

Aさんの結婚生活、

結婚後の人生を振り返ったとき、

 

 

Aさんがポツリとこう仰いました。

 

 

 

「私はずっと、モラハラする夫が

おかしいと思っていたし、

 

怒り狂うモラ夫を見た時は

この人本当に狂ってるなー、って

思っていたけれど、

 

でも今思えば私も相当おかしく

なっていたし、

狂いかけていたと思います」

 

 

 

 

長く続いた過酷な夫からの

モラハラによって、

 

Aさんは夫の機嫌の為なら

何でもするような感じになって

いたのだそうです。

 

 

 

自分の気持ちや考えを二の次に

するのなんて当たり前で、

 

モラ夫が矛盾することをAさんに

要求しても抗議もせず、

 

とうてい人間らしさの無い生活なのに

渦中にいる時は疑問を持たずに、

 

と言うか、

 

あえてそういう生活に疑問を持たない様に

考えない様にしていた感じでした。

 

 

 

 

もっと言うと、

 

 

例えば子どもがモラ夫に理不尽に

怒られたり、

 

どう考えてもしつけではなくモラ夫が

子どもに八つ当たりしている、と

感じられる様な場面でも、

 

 

モラ夫の怒りが怖くて子どもを

かばう事も、

子どもへの理不尽をモラ夫に抗議

する事も、

 

出来ずにいたのです。

 

 

 

モラ夫と別居し、とりあえずの

モラハラ禍から離れ少しずつ自己回復を

した今、

 

「子どもへの理不尽を抗議しない

だなんて、

今の私からは考えられない」

 

とAさんも仰います。

 

 

 

 

 

 

人間らしい生活を奪われ、

 

母親として子どもを守る権利も

奪われた生活を送っていたAさん。

 

 

「私の方がおかしくなっていた」

 

と振り返るお気持ちは、

とても共感できるし理解できます。

 

 

 

「今、ちえぼぅ先生や弁護士さんの

力を借りて、

 

少しずつだけど

人間らしさを取り戻している感覚や

充実感が確かにあるんです」

 

とも仰ってくださいました。

 

 

その言葉に私は力強さを

感じましたし、

 

Aさんの回復は、

必ず子ども達の回復にも繋がる

ことでしょう。

 

 

 

 

 

今回、ご自身でも辛い経験や

振り返りですが、

 

Aさんは、

 

「きっと私と同じように、

モラハラの渦中にいた頃おかしくなっていた

自分を恥ずかしいと思っていたり、

 

子どもを守り切れなかったことを悔やんでいる

女性が他にもいると思う。

 

そういう人たちに、

”あなただけじゃないよ”

って伝えられるならむしろ記事にして下さい」

 

と、

記事にすることを許可して下さいました。

 

 

Aさん、

どうもありがとうございました。

 

 

Aさんとお子さんのこれからを、

心から応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました

 

モラハラカウンセラー

行政書士/心理士

 

佐藤千恵

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。