女性専門モラハラカウンセラー*中央区京橋の行政書士ちえぼぅ

心理士資格を持つカウンセラー行政書士が、法的サポートのみならずメンタルサポートも徹底的に行います。
夫からのモラハラ、デートモラハラ、離婚問題、カウンセリングなどは、東京よつ葉法務オフィス心理カウンセリングルームへ

東京よつ葉法務オフィスのブログへようこそ


東京都中央区京橋1-6-7 京橋高野ビル2階

電話:03-3564-8177

メール:info@yotsuba-houmu.com

当事務所のご相談は事前予約制です。

ご相談カウンセリングをご希望の方はご予約をお願いいたします。

*現在無料のメール相談及び無料電話相談は行っておりません

モラルハラスメント専門サイトはこちら

モラルハラスメント被害110番

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー

事務所の特質上、当ブログは夫からモラルハラスメントを受けている妻という設定で記述しております。予めご了承のうえ閲覧して下さい

クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー   クローバー


記事に対し温かなコメントを頂きましてありがとうございます


全てのコメントをありがたく拝見させて頂いております。

大変恐縮ですが、コメントに関しては事務所からの返信をお約束するものではございません。

また頂いたコメントはブログの記事にさせて頂く事もございますので、コメントされる際は予めご了承ください。

詳しくはコチラをご確認ください。

*記事及び写真の無断転載、コピー流用等は堅くお断り致します*

NEW !
テーマ:
*   *   *   *   *   *
モラハラ被害/心理カウンセリング
東京中央区の女性行政書士/心理士 
東京よつ葉法務オフィス
モラルハラスメント専門サイトはこちら
*   *   *   *   *   *




「私、最後に心の底から笑ったのって
いつだろう?って考えても。。。

もう思いだせないんですよね。」


「結婚してから、
夫の前で心からの笑顔は出ません」


これは、モラ夫をお持ちの妻の方が
ご相談の中で語って下さった言葉です。



モラ夫をお持ちの多くの方が、

恐らく共通した気持ちを抱えて
らっしゃるのではないかと思います。





子どもとだけ過ごす時間や
夫抜きで友人達と会っている時は、

普通にリラックスして笑顔で過ごす事が
出来るのに、


夫と一緒にいる空間では
楽しさやくつろぎより、緊張感が勝ってしまい

心から笑顔になる事ができない。



友人と会っている時なども、
夫からメールや電話によって

「夫の気配」

が少しでも感じられた瞬間、

一瞬で被害者妻は高い緊張感に包まれます。



どうしてこんなに夫に対し恐怖や緊張を
感じる様になってしまったか。


日々の生活の中で、

「家庭」と言う本来なら安らぎの場であるはずの
場所で、

最も近しい夫という存在からモラルハラスメントを
受け続けた事により、

笑顔を失ってしまったのでしょう。




妻の好きなものはことごとく否定され、

妻の言動、妻に関する物事は全て

「取るに足らないもの」
「相手をする必要のないもの」
「下らないもの」

と決めつけ粗末な扱いをする。


気に入らなければ平気で怒鳴りつけ
妻の発言する機会を奪い、

生活費を止める、暴力的言動を取るなどで
夫の意に沿う行動を間接的に強要される。


無視や無関心、侮蔑や見下しで
妻の尊厳を傷つける。


この状況で笑顔でいられる人など
いないですよね。





夫婦って、
多くの場合は人生の中で最も長い時間を
共に過ごす相手だと思います。


それなのに、その相手があなたの笑顔を
奪う。

夫婦なのに、夫といる時に心から笑顔で
過ごせない。



それはとても悲しいし、

何より「そんなのおかしい」と感じずに
いられない状況です。




最後にあなたが夫の前で心から笑ったのは、
いつですか?








今日も最後までお読み下さりありがとうございました

モラハラカウンセラー
行政書士/心理士
佐藤千恵

*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成
モラルハラスメントのご相談を受付けています。
東京よつ葉法務オフィス
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7 
    京橋高野ビル2階
電話:03-3564-8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
◆営業時間◆
平日 9:30~19:00
土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です
時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *
  
AD
いいね!(24)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
*   *   *   *   *   *
モラハラ被害/心理カウンセリング
東京中央区の女性行政書士/心理士 
クローバー東京よつ葉法務オフィスクローバー
モラルハラスメント専門サイトはこちら

*   *   *   *   *   *




モラ夫は外では基本的に普通の人、
良い人、
常識的な人でいますが、


一歩家に入った途端に、

絶対に外部の人間には見せない顔を見せ、
豹変します。


妻が自分の意見を表明したり
夫と異なる意見を言った時、

イライラしている時、

気に食わない何かがあった時、


突然火が付いた様に怒り出し、
怒鳴りまくり、

暴力的な言動をしたり妻に対し人格否定を
繰り返したりします。


被害者妻や子どもがただただ怯えて
その場をやり過ごしている間に、

そのまま生活費の不払いや長期間の無視に
突入する事も、

ご相談でお聞きするモラ夫の行動としては
珍しくありません。





半年にも渡る夫からの無視により
心身ともに参っていたあるご相談者さまが、

本当に疲れ果てた様子で一言

「もう、一体何度こんな事を繰り返せば
夫は気が済むのでしょうか」

とつぶやいた事がありました。


半年間も同じ家に住みながら配偶者に
無視をされるって、

相当精神的にはキツかっただろうことは
想像に難くありません。




モラ夫からされる数々の心無い言動、
暴力的な言動。


「一体何度こんな事を繰り返せば
良いのだろうか」


多くの被害者妻の方が、
共通に感じた事のある思いだろうと察します。




そう長くない結婚生活の中でモラ夫から
無視を繰り返されていたある方は、

「こんな事もう何度目だろうって
思ったんですよね。。」

と寂しそうに語られました。


どちらかと言えばまだ「新婚」と呼べる時期に
あったこの方は、

その本来なら幸せな時期の殆どを、
夫からの無視と共に過ごしていました。




こう言った経験者の方の語りから
分る事、

それは、

「モラ夫の問題行動は繰り返す」

と言うことです。


多くの女性が、繰り返されるモラ夫からの
心無い言動に

「もう何度目だろうか」
「一体何度こんな事を繰り返せば良いの?」

と感じてらっしゃるのです。



過去に辛い思いをしながらこの経験を私たちに
残して下さった方々の思いを、

何とか次に必要とする方に繋げていきたい。


今日この記事を読んで、同じ様に

「こんな事何度繰り返しているんだろう。。」

と言う思いを抱かれた方、

その気付きを、
ご自分の幸せな未来に繋げて行って頂きたいと
願っています。









今日も最後までお読み下さりありがとうございました

モラハラカウンセラー
行政書士/心理士
佐藤千恵

*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成
モラルハラスメントのご相談を受付けています。
東京よつ葉法務オフィス
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7 
    京橋高野ビル2階
電話:03-3564-8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
◆営業時間◆
平日 9:30~19:00
土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です
時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *
AD
いいね!(41)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
*   *   *   *   *   *
モラハラ被害/心理カウンセリング
東京中央区の女性行政書士/心理士 
クローバー東京よつ葉法務オフィスクローバー
モラルハラスメント専門サイトはこちら

*   *   *   *   *   *




モラ夫と毎日を共にしている妻の方は、

心身ともに非常に疲弊した状態に
追い込まれてしまいます。



私は日々のカウンセリング業務の中で
この様な女性たちの語りをお聞きする訳
ですが、

みなさんが抱える疲労感がとても複雑で
ある事が垣間見えるのです。


私自身もモラによる疲労感、疲弊を
経験していますが、

本当に言葉で形容しがたい疲れ
なのですよね。。




例えば、

「休日一緒にいなくてはならなくて、
一日が終わった時の疲労感」

「連休でモラ夫にビクビクしながら何日か
過ごさなくてはならなくて、
その後のドッと疲れた感じ」

と言った風に、
休日や連休で長くモラ夫と過ごさざるを
得なかった時の、

一日が終わった後の疲労感。



例え妻を無視している時でも、

それでも妻が夫を置いて外出すると、
更に怒りを
増幅させるモラ夫も少なくありません。


そうなると妻は、

会話も無い重苦しい空気の中で
自由にテレビを見たり寝転がったりする事も
できず、

ただただモラ夫の放つどす黒い恐怖のオーラと
共に過ごさなくてはなりません。



中には
小学生や中学生の子ども達までも、

休日に友人と遊んで帰って来た後の
モラ夫(モラ父)の機嫌の悪さを感じ取り、

「自分達が出掛けるとパパが不機嫌になる」
イコール、
「休日は友達と遊んだり外出したりしちゃダメなんだ」

と考えて、

せっかくの休みなのに自分の部屋にこもる様に
なってしまった、と言うケースもありました。






モラ夫によって与えられる疲労感って、
本当に複雑ですよね。


単純な肉体疲労とは何かが違うと
感じています。


身体が全体的に疲れているのだけれど、

けれど神経だけは常に研ぎ澄まされている様な
リラックスできない感じ。


確かにとても疲れているのに、
頭だけは妙に冴えていて眠っても疲れが
取れない。


疲れているから寝ようと思っているのに、
身体は疲れているのにどうしても眠れない。




疲れきっている身体に反し、
頭や神経は非常に過敏に、緊張状態に
なっている、

そう言うアンバランスさが感じられます。



複雑な疲労感って、

通常の疲労の様に簡単には取れないの
ですよね。



モラ父を持ち不登校になったある子が、

母親と共に別居をした後、
新たに出来た安全な場で何日も
ほぼほぼ眠り続けて、

その状況が続いた後に
その子がキッチンにいた母親の所に来て、

「やっと疲れが取れた気がするわ」

と一言言った。

こういうケースがありました。


その子が身体全体に、心全体に、
取れ程の「疲れ」を抱えていたのかを思うと
同時に、

昼となく夜となく眠り続ける我が子を、

心配で不安で仕方が無かったでしょうに
それでも信じて見守り続けたお母様も、

立派だし強かったと思います。





みなさんの身体にも、
複雑な疲労感、溜っていませんか?








今日も最後までお読み下さりありがとうございました

モラハラカウンセラー
行政書士/心理士
佐藤千恵

*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成
モラルハラスメントのご相談を受付けています。
東京よつ葉法務オフィス
心理カウンセリングルーム

住所:東京都中央区京橋1-6-7 
    京橋高野ビル2階
電話:03-3564-8177
メール:info@yotsuba-houmu.com
◆営業時間◆
平日 9:30~19:00
土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です
時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *
AD
いいね!(29)  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。