化学物質過敏症 runのブログ

化学物質過敏症 電磁波過敏症 シックスクール問題を中心としたブログです

このブログは化学物質過敏症、電磁波過敏症、シックスクール、シックハウス症候群、薬物過敏症、騒音過敏症、がメインのブログです


カテゴリー別に分けてあるのでPCがツライ方にも必要な情報だけ見てもらえればいいと思ってます。

似たような記事もありますが少しでも違えば採用してます

「Theme」にあるのがカテゴリーです.。

一覧から探すともっと楽だと思います。


初めての方は最初から読む方が実践的な方法が多いです。

検索を活用するともっと便利に欲しい情報が探しやすいです。


賛同、拡散、リツイート希望。

スマートメーターは要らない。署名をお願いします。
リツイート、拡散にご協力お願い致します。
https://www.change.org/p/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93-%E7%84%A1%E7%B7%9A%E9%80%9A%E4%BF%A1%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%81%A7%E5%81%A5%E5%BA%B7%E8%A2%AB%E5%AE%B3?recruiter=false&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=share_page&utm_term=des-lg-notification-custom_msg  

NEW !
テーマ:

2)神経眼科的検査
 化学物質過敏症の診療の本邦におけるパイオニアである北里研究所病院の石川ら3)力注に診療に使用している検査法である.以下の三つの検査法において化学物質過敏症の患者において異常が認められると報告されている.
 (1)電子瞳孔計検査
 光に対する瞳孔の縮瞳運動をみる検査で,瞳孔の対光反応の結果から自律神経の状態を判定することが可能とされている.
 (2)眼球運動検査
 問様に目標物を水平方向と垂直方向に動かし患者に視認してもらったとき,眼球の追従運動は健常人では滑らかな曲線を描くが,化学物質過敏症の患者では滑らかな曲線にはならず階段状の追従曲線を描くと言われている.
 (3)コントラスト感度検査
 白黒の濃淡が正弦波形になっており,その濃淡の差を識別可能かどうかで判定する.
 これらの神経眼科的検査には,それぞれの測定用機材が必要でありそれぞれ数百万円の機材費を捻出することが通常の医療機関では困難であるという難点があり,一般クリニックにおいて普及するには無理がある。

当院においても装置を設置できておらず,神経眼科的検査は施行できていないためこれらのデータにつき当院の負荷テストの結果との解析ができておらず論評できない。
 3)血液中ガス分圧
 化学物質過敏症あるいはシックハウス症候群の患者では,静脈血中の酸素分圧が健常人に比較して高値を呈する可能性を指摘している.

一般に健常人では静脈面酸素分圧は20~30mmHgで30mmHgを超えるものは少ないと考えられている.

しかし,国立病院機構相模原病院の長谷川ら2)のデータでも化学物質過敏症の患者の静脈血酸素分圧は40~60mmHgのものも散見され,診断の参考所見になるのではないかと期待されている.

甑液ガス分析であれば,対応できる医療機関も多数あり,化学物質過敏症の診療に多くの医療機関が参加できるようになり患者にとって朗報となろう.

しかし,現時点では有用であるかどうかの評価を下すことは函難で,これも多施設で症例を蓄積し有用性につき解析を行っていく必要があると考えられる。
 4)カプサイシン負荷テスト
 国立病院機構福岡病院の庄司ら2)は化学物質過敏症の患者においては健常人に比しカプサイシン吸入負荷テストで咳閾値の低下がみられると報告している.

メカニズムとしては化学物質が低濃度で知覚神経(C-fiber)末端を刺激して神経原性炎症を引き起こすことにより咳閾値が低下するのではと推測している.

今後の研究で症例数が増えることにより他の検査法同様に診断に有用かどうかが判明してこよう.
 5)パッチテスト
 被疑化学物質をパッチテスト用のディスクにしみこませ患者の前腕,あるいは背中に貼付して皮膚の反応を見る検査.吸入負荷テストに比して簡便でどこでも行える利点がある。.

しかし,ホルムアルデヒドの反応を見るためパッチテストを行った際に被験者のいる室内のホルムアルデヒドの気中濃度を測定したところ,パッチテスト用のディスクより揮発したホルムアルデヒドの濃度が厚生労働省の環境指針値の80ppb以上になっていることが判明し,皮膚のテストなのか吸入負荷テストなのか鑑別できないような事態も考えられ,まだ再考を要すると思われる.
 6)血中特異的lgE抗体
 ホルムアルデヒド特異的IgE抗体を測定することが可能である.

しかし,著者らが測定した症例,複数の班会議等での報告をみても有意に上昇した症例は少なく,診断に有用とは現段階では言えない.
4.治療および対策
 治療としては,原因物質からの避難,体内からの有毒物質の排出が中心となる.原因物質の特定は,時に困難を伴うが詳細な問診の上,本人の健康障害が引き起こされる環境・物質からの退避を指導する.

場合によっては環境を変えて転地療法が必要になることがある.

薬物療法としては,一般的にはラジカルのスカヴェンジャーとしてビタミンE,CさらにA, Bなどが投与される.有機リン殺虫剤が疑われる場合は解毒剤の投与が必要となる。

化学物質過敏症の症状は多彩であるが,頭痛,頭重感,易疲労感などの症状には選択的セロトニン再取り込み阻害薬の投与が効果があったとする報告もある.

また,咳嗽や気道粘膜の炎症などの症状には麦門冬湯が効果があるとの報告もある.
5.まとめ一診療における問題点・留意点 まず,診療における一番の問題は,症状が不定愁訴であり明らかな客観的指標がないため化学物質過敏症と診断することが困難である点である.

特に特殊検査のできない,一般クリニックにおいては症状および病歴だけが判断の基になるため詳細な問診が必要となる.

また,保険診療では化学物質過敏症は対象として認められていないため,合併症のある症例で保険診療の枠内で診療するか,全くの自由診療をするかしかない点も問題である.

保険診療の枠内で診療する場合,必然的に化学物質過敏症に特異的な検査(負荷テストなど)は無料で行うことになり医療機関にかかる負担は大きい.

また,治療でもビタミンの大量投与も保険上は困難であり,市販のサプルメントの購入を勧めることにもなる.

逆に,自由診療で行う場合は,混合診療は禁止されているので自忠診療のみで行うことになるが,必要な専従スタッフ,設備などの維持が可能な診療価格設定では高額となる。

この場合患者に提供する診療内容がその価格で適切かどうかが問題となる.
 化学物質過敏症は,現在でも一般臨床の現場において完全に受け入れられた疾患とは言い難い.

しかし,我々の施設でのクリーンルーム開設後3年間の診療でも化学物質に対する過敏性が何らかの健康障害をもたらしていると考えられる症例も認め,まったく否定されるべき疾患ではないと考えられる.

それゆえ,病態の解明,診断基準の確立,治療法の開発などさらなる努力が必要であろう.
文献
1)Cullen MR:The worker with multiple chemical sensitivities:an overview. Occup Med State Art Rev 2:655-662,  1987.
2)鈴木直仁,他:特集シックハウス症候群.アレルギー・  免疫 10:9-82,2003.
3)石川 哲:化学物質過敏症.アレルギー 50:361-364,  2001.
4)Miller CS:The environmental exposure and sensitivity  inventory(EESI):astandardized approach for measuring chemical intoleranees for research and clinical applications. Toxicology and Industrial Health 15:370-385,
  1999.
日本内科学会雑誌 第93巻 第10号・平成16年10月10日      (1±4)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

3.検査法
 広く認知されたエビデンスをもとにした確立した検査法はまだない.診断の参考として現在本邦で行われている検査法および今後利用できる可能性のある検査法について以下に示す.
 1)化学物質負荷テスト
 (1)環境クリーンルームにおける負荷テスト
 環境中の微量化学物質に対する健康障害が化学物質過敏症の本体とすると,微量化学物質の吸入負荷テストが検査法として必要となる.

しかし,一般環境中には多種多様の化学物質が存在し,通常の環境では正確な負荷テストを行うことは困難である。

また,被疑物質の関与を検討するためには,他の物質の影響を解除(マスキング)しておく必要がある.

このため,我々は環境中に化学物質がほとんどない環境クリーンルームを用いて,化学物質過敏症が疑われる患者の微量負荷テストを行っている.

図1に示すクリーンルームに24時間以上滞在の後,ホルムアルデヒド,トルエン,キシレンの三物質に対して厚生労働省指針値の1/10,1/2量の気中濃度で15分間の吸入負荷を行っている.また,同じ条件でクリーンエアをbHndで負荷してplaceboの影響を除去する.

並行して自覚症状,酸素飽和度,脈拍数を系時的に記録し評価する.
また,負荷前後において抹消血を採取して一般

検査,および洗浄赤血球中のSuperoxide Desmutase(SOD)活性を測定している.
 我々の施設では,現在までに化学物質過敏症あるいはシックハウス症候群が疑われる36例の負荷テストを行った(図2).

対象症例は,当院の地理的条件より西日本を中心に来院されている.負荷テストの結果は,表に示すように被疑化学物質吸入時に何らかの症状が出現し陽性者と判定された症例が21例(589%)認められた.
3種類のテスト物質のうちホルムアルデヒドに16例,トルエンに11例が陽性反応を示した.性状がトルエンと近いキシレンはトルエンと同じ傾向を示し10例に陽性反応が認められた.

また,1物質だけに陽性反応を示す症例だけでなく2物質に陽性反応を示したものが9例あり,3物質に陽性反応を示す症例も玉例認めている.

 しかし,症状より負荷テスト陽性と判定した
症例でも酸素飽和度,脈拍数,一般採血検査値の異常は認められていない.

この様な状況より,自覚症状を基にした評価方法だけでは確診性に乏しく,当然何らかの客観的指標が求められている.

そこで,化学物質過敏症の病態に体内のラジカルの関与が疑われていることに注屋し,我々の施設では電子スピン法を用いたSOD活性を測定し,客観的指標となり得るかどうかを検討している.

結果は,表に示すように負荷テスト施行症例全体では3.66±190unit/mg proteinと健常人よりやや低値を示す傾向がある.しかし,負荷テスト陽性症例では逆に健常人と同じレベルのSOD活性を示す.

そこで,負荷テスト前後でSOD活性を比較してみたところ図3に示すように負荷テスト陰性症例では負荷にてSOD活性が上昇するのに対して,陽性症例ではSOD活性が逆に有意に低下することが示唆されている.

まだ研究段階であるが,以上の結果より負荷テストにて症状が出現し陽性と判定されるような症例では,体内に産生されたラジカルの消去のためにSODが消費されるが, SODの再生能力が低いため産生が追いつかないか,あるいはラジカルの量が多く消去に多量のSODを要し結果としてSOD低値を来すとする仮説が成り立つのではないかと考えている.
 (2)負荷テスト時における脳血流検査
 クリーンルームは使用していないが,角田2)らは近赤外線を利用した脳内酸素モニター(nearinfrared spectroscopy)で化学物質負荷テスト時の脳内酸素状態の変化を測定し,客観的指標として診断・治療効果判定に用いる試みを報告している.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

図1.環境クリーンルーム(Environmental Medical Unit:EMU)における負荷テスト

● 環境中の化学物質の影響を除去するため,負荷テストは環境クリーンルームに入院して行うことを原則とする.
● クリーンルーム内のアレルゲンチャレンジブースを使用して,厚生労働省指針値の1/10量, 1/2量を用いたホルムアルデヒド,トルエン,キシレンの3物質の微量負荷テストを行う,
● 負荷時間は15分であり,placeboとしてクリーンエアを含めてランダムにセットアップし,
被験者にはそれぞれの物質につきブラインド試験(盲験)で行った.
●負荷テスト中は血圧,脈拍,酸素飽和度,自覚症状を経時的に記録した.
●負荷テスト前後でCBC,一般検査とともに末梢血を2mlずつ採取し,検体血液中の赤血球中の SOD活性を電子スピン法を用いて測定する,
1.病態および発症メカニズム
 化学物質を吸入,摂食,あるいは皮膚より透過吸収することにより,化学物質が体内に取り込まれ有害な障害を引き起こしてくると考えられるが,多くの医療関係者を納得させる発症メカニズムは分かっていない.

微量の原因物質で引き起こされる点,反復暴露(sensitization:感作)によって病状が進行するとされる点よりアレルギーを基とした反応の関与が疑われるが,アレルギーの関与は不明である.

例えば,ホルムアルデヒド特異的IgE抗体は測定できるが,ホルムアルデヒドに対して過敏性を持ち健康障害を呈すると考えられる症例でも特異的IgE抗体は陰性であることが多い.

また,アレルギー疾患の合併率が高いとの報告もあるが,医療機関によって比率はまちまちで60%以上の合併率を報告している施設もある反面,20~30%の合併率の施設もある.

さらに,国立病院機構相模原病院の長谷川ら2)の報告によれば,化学物質負荷試験の前後で好酸球数の変化,IL4, IL-5, IFNヴなどのサイトカインの変化も認められない.

また,北里研究所病院の坂部ら2)のレビューでは,低濃度化学物質の反復暴露が大脳辺縁系へ影響を及ぼし,抑制性ニューロンのGABA(:ガンマアミノ酪酸)受容体を阻害することにより局所ニューロンの興奮性を誘導することが,化学物質過敏症のメカニズムの手がかりとして紹介されている.
2.化学物質過敏症の診断
 化学物質過敏症の診断基準は確立していない.いろいろな診断基準が提案されているが,古典的にはアメリカで発表された合意事項(Consensus l999)の

① 慢性疾患であること,

② 再現性を持って現れる症状を有する,

③ 微量な物質暴露に反応を示す,

④ 関連性のない多種類の化学物質に反応を示す,

⑤ 原因物質の除去で改善または治癒する,

⑥ 症状が多くの器官,臓器にわたる,6条件を満たし他の疾患の否定されるものを図2.負荷テスト施行患者対象症例 36例(男性17/女性19)44.3±178歳化学物質過敏症と定義されている.次に記載する検査法も普遍的でないため,症状の内容,発症時期,発症要因など詳しい問診が化学物質過敏の判定には大切である.問診のためには多くの場合Mmerら4}のQEESI問診票(Quick Envi ronmental Exposure and Sensitivity InventoryV-1)が使用されることが多い.化学物質暴露による反応,症状,マスキング(症状の偽装・化学物質暴露に対する1つの適応)指数,日常生活への障害の項目に分かれた質問票で合計点数を診断の参考指標にしようとするものである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika1913/93/10/93_10_2153/_pdf

・アレルギー疾患:診断への新たなアプローチ 化学物質過敏症トピックス<br />
IV.診断上留意すべき病態 3.化学物質過敏症
 岡田 千春  宗田  良
要  旨<br /> 化学物質過敏症は微量な化学物質に反応して多彩な症状を呈する疾患群と考えられているが,病態も不明な部分が多く診断基準が確立されたとは書い難い.そこで,診断目的で環境クリーンルームにおいて微量の化学物質の負荷テストを行い61.1%の陽性症例を認めた.また,客観的指標として負荷テスト前後のSuperoxide desmutase(SOD)活性の変化や脳内酸素状態の変化が有用である可能性がある.
〔日内会誌 93:2153~2158,2004〕
Key words:化学物質,負荷テスト,環境クリーンルーム
はじめに
化学物質過敏症は,健常人なら問題にならないような微量の化学物質に反癒して多臓器にわたる多彩な症状を呈する症例が存在することを;Cullen1)らが1980年代後半に報告しMdtipleChemical Sensitivity(MCS)あるいはChemical Sensidvity(CS)として知られるようになった.また,日本においては1990年代後半より石川2)らが化学物質過敏症として診療を開始し認知されるようになった。

しかし,現在でも病態は不明の部分が多く,診断基準が曖昧で疾患としての存在にも疑問がなげかけられたままである.海外でも状況はさほど変わりがない.環境中の化学物質がこのような健康障害を引き起こし,慢性暴露がさらに個体の病態を悪化させるとしてMCSとの呼称を提唱しているグループと,個体側の環境中の化学物質などに対する耐性低下に問題があるとしldiopathic Environmental Intolerance(IEI)との呼称を提唱するグループもありまだ統一した見解に至っていない.しかし,この章では混乱を避ける都合上メディア等でも使用され一般に普及している化学物質過敏症(MCS)の呼称を使用する.また,化学物質過敏症に非常に類似した概念としてシックハウス症候群がありさらなる混乱の原因となっている.シックハウス症候群は日本において作り出された造語で海外では1980年代後半より報告されているsick building syndromeと概念が共通するものであるが,広義には環境中の種々の要園に反応して健康障害を呈する状態と定義され,原因が化学物質に限定されない点,新築の住居・ビルディングなど環境中に原因物質が高濃度に存在し,その環境を脱すると症状が消失する点などが化学物質過敏症と異なる.しかし,シックハウス症候群のなかにも微量の化学物質に過敏性を示し化学物質過敏症とオーバーラップするグループも存在すると考えられる.

おかだ ちはる:(独)国立病院機構南岡山医療センター

 /内科そうだ りよう:(独)国立病院機構南岡田医療センター;(99)      

日本内科学会雑誌 第93巻 第10号・平成16年10月10日

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メタノールを白酒として客に提供、3人死亡―中国
2016年12月08日 | 化学物質
Record China 2016年12月05日 18時40分
黒竜江省牡丹江市のホテル、メタノールを白酒として客に提供、3人死亡―中国

2016年12月3日、中国黒竜江省牡丹江市林口県にあるホテルで行われた結婚披露宴で、ホテルが燃料などに使われるメタノールを白酒と間違って客に提供し、3人が死亡した。

中国新聞網が伝えた。

披露宴には数十人が参加していた。3人は食事後に体調不良を訴え病院に運ばれたが亡くなった。公安当局はホテルの支配人ら関係者の身柄を拘束し、取り調べを進めている。

(翻訳・編集/柳川)
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。