にほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
にほんブログ村
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-09-08 22:47:07

生き残るのはどっち ナビスコ杯 ベガルタ仙台対ジュビロ磐田

テーマ:J1観戦記
ナビスコ4試合見れる体制だったのですが
悩んだ末に選んだカードが仙台対磐田

理由はただ一つ
TGさん(手倉森監督)の戦略が気になったから

準々決勝初戦を1-2で落とした仙台
アウエーゴールが救いですが
ホームでの目標はわかりやすい
点を取って勝つこと
それしか勝ち抜ける方法はない

両監督がどういう戦略をとるか
試合前にいろいろ考えていたんですが
この前ネットを見ている時に
こういうデーターを見て腰を抜かした

ジュビロ磐田 
ホーム  5勝 1分 4敗 得点19 失点19
アウェー 1勝 5分 5敗   3   11
 
11試合で得点3 もちろんリーグワースト
失点はリーグ3位 (1位はセレッソ8 名古屋9)

まあ人間力もヤマスタは雰囲気がいいとか
ホーム力は絶対的とか言ってましたけど
強いとは思っていたんですがここまで差があるとは

磐田はアウェーでは守備的 カウンターで点を狙う
引き分けでもOK的な采配をしていると考えざるを得ない

磐田は0-0でも勝ち抜けできるのだから今回は
スコアレスドローで来るはず 
天皇杯はメンバー落としてたし

仙台は天皇杯は負けたけどナビスコが本番です(キリッ)
という雰囲気なので楽しみだったわけですよ

でスタメンをみると
林 菅井 渡辺 鎌田 朴柱成 斉藤 富田 太田 梁 朴成鎬 中原
川口 山本康 古賀 イ 山本脩 那須 上田 西 船谷 前田 ジウシーニョ

初戦とは出場停止の関口に代わって太田が入った以外は変更なし
天皇杯出場組は 渡辺 朴柱成 太田 

磐田は駒野パクが代表で不在 天皇杯出場組は山本脩 船谷
延長がない+負けてない+人数的に有利だがSBは本職ではないので
さらに守備的に来ると考えられる

ツインタワーで堅守な磐田を崩せるのかしら
システムは4-4-2 同じシステム同士なら
打ち合いがまったく点入らんかの両極端なはず

仙台ボールでキックオフ

お互いミス多くてスコアレスドロー
これだけの感想で追われる試合です

でも一応書いてみる

両チームかなり慎重な入り
先取点が全てだもん

お互いにロングボール多用

立ち上がり左サイドからクロス
中原戻し太田ドフリーヘッド外す
これが決まっていれば....

10分ごろから仙台がボール持てるようになるが
フィニッシュのところがとにかく合わない
苦し紛れのミドルはシュートで終わってるから
悪くないんだけど

磐田は前田へのロングボールばかり
個でしかサッカーしてないのがキツイ
ゴール前にボールが届かない

サイドが全く機能してない
本職じゃないから仕方ないけど
だからロングボールになる
このリピートアフターミー

仙台はワイドに攻めてるけど
中原じゃないFWが完全に消えてる
今日28歳という年齢を知ってかなり驚く
ツインタワー不発なう

じょじょに正義な主審がファンタジーな
テーストを醸し出し始める

見所なく前半終了
決定機は太田のヘッドと那須のミドルかな

明らかに磐田は0-0狙い
仙台はどうやってこじ開けるのか

仙台動くと思いきや
そのまま後半開始

いきなりパクソンホが倒れる
詳しいプレーは覚えてないが他人自爆

ここでベンチに残っている唯一のFW平瀬の投入
予定より早い投入だろうな
フェルの故障は痛すぎる

でもこれが塞翁が馬
平瀬の投入以降 仙台のボールが回りはじめ
ゴール前でいい攻撃を見せるように

リャンのバー直撃ミドルなど
セットプレーのチャンスが
続くも決めきれない

唇噛み締めるTGさん

お互いに研究しあっていい対応をみせてますね
という実況を聞いてずっこける

パスミストラップミスだらけやん
連戦での疲労度が画面からも溢れまくる

お互いのクリアボールが中途半端
セカンドボールの処理がひどいし
芝もひどいし 審判もひどい
サッカーの内容も....
磐田シュートで終われない
仙台は最後が合わない

まさに疲労で人が動けないサッカー
ルーズボール合戦へ

TGさんジャケット脱いだけど...

得点の香りがしない

75分にサイドの攻防で太田が負傷
あれでイカンジンカードなしか....

高橋の投入準備をしてたけど
後味の悪い交替へ
担架から降りてないのが気がかり

仙台は攻めてるんだけどダメ
ベンチにFWがいないのも痛い

ロスタイム5分の最後のチャンスも決まらず
試合終了

磐田はプランどうりの0-0で勝ち抜け
仙台の自滅だよな

ソニー仙台のスコアレス 関口の退場
あの試合が今日の予兆だったのかもしれない

磐田のサイドの守備がかなりアレだったので
フレッシュな太田(120分出場のはず)がいれば
関口がいれば中島がサブ的につかえていれば
ギャンブル的な朴成鎬(かなり小松っぽい)
のツインタワーもなかったはず 
アクシデントとはいえ交替も後手後手だった

太田のあれが決まっていればね...


今一番楽しみなのはTGさんの会見
(まだアップされてない)
なんていうのか楽しみです

リスクを賭けて点取りに行くサッカーしないと
サッカーは勝てないということですね
改めてよくわかりました

何事もNO PAIN NO GAINということですわ






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。