今日4月4日は、
株式会社クルーザーの設立記念日で
今日で丸8年となりまして
9期目に突入しました!

さて、「ラブクリスクール」で幕を開けた
2016年ですが
いまからは、ブログでも一方的にご紹介している
このプロジェクトに力を注ぎたいと思います!

「マグマイザー」です。




謎多き、この企画「マグマイザー」については
古屋雄作監督のHPにて随時紹介されています。


ちなみに、最新情報としましては
「マグマイザーと神雄(カミオス)の関係性」について
図表込みで紹介していますので
いま一度、ご確認ください。






というわけで、みなさん、
「マグマイザー」のfacebookにまず「いいね!」してみる、
という、ささやかなところから
ご協力いただければ嬉しいです。


■マグマイザーFacebook



マグマイザー、そして、クルーザーも
引き続きよろしくお願いします!!


AD
2015年11月28日から全15回でスタートしました
女性向け映像クリエイタースクール
「ラブクリスクール」(=ラブストーリー・クリエイター・スクール)が
先週3月26日に無事最終回を迎えました!

最終回には、講師の徳武英章さん、




そして、スペシャルゲスト講師として
テリー伊藤さんも来て下さいました!






第2部では、
私が聞き手にならせていただいて、
演出家・テリーさんという視点でお話を伺いました。





今回、スクールを立ち上げるにいたるには
色んな想い・経緯がありました。

●数年前、古屋雄作監督を「世界の古屋」にするため
まず、カンヌに行くために色々調べていたけど
作品エントリーの仕方が英語で結局よくわからなくて、
「もっと、なんで簡単にエントリーできないんだっ!」
「クールジャパンとか言ってるけど、これじゃ、
日本から気軽に世界に挑戦できないじゃん!」と思ったこと。

●自分が実際に妊娠・出産してみて、
「子持ち主婦ってこんな大変だったんだ!」と気づき
「ってことは、世の中の女性たちはもっともっと前から
働き方やライフスタイルについて悩んだりしている人が
多いんだろうなあ」と思ったこと。

●映画とか映像制作、企画考えたり、シナリオ作る作業自体、
「一部の人しか携われない」イメージがあって
なんとなくハードル高く見えているけど、実際、そんなことなくて
「やるかやらないか」がポイントなだけで
「もっと女性がガンガン色んな土壌に入って行ければ面白いのに」と
思ったこと。


などなど。

1つの思いというより、
前から思っていた色んなことがつながって、
「これはやっぱりやるべきだ!」と思いました。



とはいえ、わたし自身、矢面に立つようなことはこれまでなく、、
ちゃらんぽらんに、テキトーに生きて来たので、
これまでの人生でベスト3に入るくらい、
責任感あるプロジェクトで、昨年秋からずーっと
全力疾走してて終わった、という感じでした。


「この感じ、なにかに似てたな。。」と思い起こしたら
今から10年前の2006年、
「スカイフィッシュの捕まえ方~サイエンスジャーニー編~」という
DVD作品のとき、生まれてはじめてAD兼制作兼プロデューサーをやり
いっぱいいっぱいだった当時を思い出しました(笑)




なにごとも「1回目」に来る人が相当重要だと思っています。

というのも、1回目というのは、投資に近いからです。

なんの実績もない、というか、
わたし自身がスクール主宰をしてるわけでもなく
ただただ怪しげな印象しかなかったと思いますが、
そんな中、

受講生の皆さん、
講師の皆さん、
滝川さんはじめ、運営スタッフの皆さん、
スポンサー企業、協力企業の皆さん、
関係者の皆さんなどなど、
本当に、本当に、ありがとうございました!!



そして、、

卒業制作にあたる「カンヌ国際映画祭・短編部門」向けに
書いてもらった短編シナリオですが、、

最優秀作は、藤井亮子さんに決定しました!






藤井さん。
本当におめでとうございます!!


今後は、この藤井さんの作品を映像化して、
本気で、カンヌにエントリーしていきます。


また、制作模様などはこちらでも
随時報告していきます!


最後に記念撮影!





わたしに受講生の皆さんから
大きな花束まで・・
本当にありがとうございました!
(プレゼントくださった方も、御気遣いありがとうございました!)







・・さて、第2回目は現時点でまだ未定なのですが
「2回目やるんなら、うちも応援するよ!!」
「女性クリエイターを支援!いいねえ!」
「うちもカンヌに行くような
世界で活躍するクリエイター、応援したいねえ!」
「なんなら、カンヌ、一回行ってみたいよねえ!」
なんていう、粋な企業の皆さん、大人の皆さん、
偉い方々、などいらっしゃいましたら
ぜひ、ご連絡ください!


心よりお待ちしております!!!




AD