大阪府寝屋川市で岸本瑠奈ちゃん(1)が両親に虐待され死亡したとして大阪府警が両親を傷害致死容疑で逮捕した事件で、市と府子ども家庭センターは9日、市立保健福祉センターで合同で会見。それぞれの責任者が「対応は適切だった」と繰り返した。

 昨年10月に瑠奈ちゃんにあざが見つかったことについて、寝屋川市の奥殿眞一保健福祉部長は「あざが小さくて薄いため、姉がたたいたという母親の説明を信じ、センターに報告する必要がないと判断した」と釈明。さらに「最善の努力をした。両親の虐待を疑ったことはなく、対応に問題はなかった」と強調した。

 府中央子ども家庭センターの神田眞知子所長も「市などと連携して適切に対応した」と説明した。

 同センターの担当者は産経新聞のこれまでの取材に「あざが虐待によるものだと判断できるのはまれで、瑠奈ちゃんは重篤と判断できなかった」と話していた。

【関連記事】
大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく
大阪の2歳虐待死 子供の愛想笑いに怒りか
米夫婦が虐待 子供に抗鬱剤…死亡
「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か
「中国内陸部の資源事情とは…?」

日本人38人乗りバスが衝突=オーストリア、全員が搬送-近ツー(時事通信)
陸上 高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)
郵政法案、20日までに国会提出=亀井担当相(時事通信)
子宮頸がん予防に助成を=女優の仁科さんが小沢氏に要望(時事通信)
中国で日本人に死刑執行、国交正常化後初めて(読売新聞)
AD