佐々木克矢主将と中村亜門くんのゴールも素晴らしかったが、いちばん驚かされたのは後半に猪股直希くんが相手DFの股を抜いて亜門くんに出したスルーパス。今までに自分が見た猪股くんのパスの中の最高の1本だったと思う。亜門くんのゴールにつながったシュートも見事だった。今季大活躍の予感がした。

 

 

 

 いちばん嬉しかったのは新1年の原川昂大くんのT1初出場。後半亜門くんに代わり2トップの一角に入り、トップ下の中川海くんの前にポジショニングを取った。実はその海くんも2年前、高校入試よりも前にT1デビューを果たしている。原川くんはもう入試は済んだのだろうか? とにかく髙木涼介くん以来の本格派ストライカーで体を張ったポストプレーもできる貴重な存在だ。ベンチに控えた他のFWの選手より先に投入されたところからも監督の期待の大きさがわかる。このままAチームに定着できるように頑張れ。

 

 

 

 中川海くんがT1デビューを果たした2年前、横河ユースには太田翔くんや見木友哉くんたちがチームの中心として活躍していた。海くんはT1初ゴールも中学卒業前に記録しているが、それも周囲の上級生に支えられてのもの。それが今や海くんが(海くんだけではないが)チームを引っ張る立場になったんだなあ(しみじみ)。もちろん今季の10番に当時の10番見木くんのプレーをなぞってほしいとは思わない。海くんならではのプレーにさらなる磨きをかけて他のメンバーとともにチームを牽引してほしいと思う。

 

 

 

 

 

 

AD