おいしい毎日

旅・美味・モニター・・・一味違った美味しい毎日を楽しみに


テーマ:



上越やすだ。新潟の味と銀座の夜景が望める割烹です。
場所はJR新橋駅銀座口を出て徒歩2~3分ほどのビルの8階にあります。現在地がわかっていれば2分で到着できる近さです。


お通し 上越安塚地域の棚田米、水タコの煮こごり、越路乃紅梅(新潟・頚城酒造)
胃に優しく守るた為ご飯を先に少し頂きます。


山間(やんま) 中採り直詰め (新潟第一酒造)

白味噌ベースの酒粕汁
鮭、 花型人参2個、花型大根、ごぼう、里芋が入っています。
蓋を開けた時出汁の香りが、続いてお椀を側に寄せると芽ネギの香り、そして酒粕の香りと香りだけでも変化が楽しめます。酒粕は心待ち抑えめにし苦手な同行者も頂きやすい風味に仕上がっていました。

お造り
かつお、めだい、富士山サーモン


鮎政宗酒造
甘口うまくちのお酒を作っている酒造メーカーだそうです。
樽の香りがして、やや甘。あまり甘いお酒は得意ではありませんがこちらはいけます。


佐渡産紅ずわい蟹の甲羅焼き
紅ズワイ蟹と蟹味噌を甲羅焼きに。


のどくろの煮付け
甘辛に煮付けられています。4人で一匹を頂きました。


赤ナマコの酢の物
コリコリとした食感が面白いです。

名物 佐渡の汐するめの天ぷら
上越のソウルフード。佐渡で加工した一夜干しのするめは味のあるてんぷらになっています。ゆかり塩で梅の酸味をプラスしさっぱりと。


白エビの唐揚げ
白エビの旨味と香ばしさがいいです。


学校蔵 (佐渡 尾畑酒造)
佐渡一夕日がきれいな廃校から名づけたと言っていたような。杉の香りがする日本酒です。


紅ズワイガニの土鍋飯
紅ズワイガニと細いタケノコ(名前はなんて言いましたっけ?)が入った贅沢な土鍋ごはん。月替わりでかわるお米はこの日は安塚棚田米とのこと。


なめこの赤出汁、お新香、村上産富士美園の番茶と共に頂きます。


南京汁粉
とろみのしっかりしたかぼちゃのお汁粉に白玉の弾力。締めのデザートにぴったりでした。


途中和らぎ水として1本佐渡海洋深層水をお試ししました。まろやかで甘みがあって美味しい水です。


席は、夜景が見える窓側、それから個室、カウンターからできています。日本酒に合う味がしっかりたお料理は新潟に特化した割烹でした。





上越やすだ 新橋銀座口店
東京都港区新橋1-4-5 G10ビル8F



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。