ようこそ、といず・くろすおーばー!へ。
・特撮レビューと玩具レビューのブログです。文章量多めで一つの玩具を一回でレビューしきれないことも頻繁にありますのでご注意ください。
・リンクフリーです。相互リンク希望の際はコメント欄にてよろしくお願いします。
・画像の無断転載はダメ、ゼッタイ。

大したこと呟いてませんがツイッターも始めました。







劇場版
8/16 SHT劇場版 レビュー!


キャノン 6/27 ガルバトロン レビュー!


愛を育んでくださいな 6/18 キュアロゼッタ レビュー!

頭を冷やしてあげる 6/11 キュアダイヤモンド レビュー!


玩具レビュー一覧


$といず・くろすおーばー!-TF トランスフォーマー


$といず・くろすおーばー!-ライダー 仮面ライダー

$といず・くろすおーばー!-戦隊 スーパー戦隊

$といず・くろすおーばー!-タカラトミー スーパーロボット&ビークル

$といず・くろすおーばー!-特撮 ウルトラマン&スーパーヒーロー

$といず・くろすおーばー!-リアルロボ リアルロボット

$といず・くろすおーばー!-その他枠 その他フィギュア

特撮・アニメ感想レビューはこちら
リンクページはこちら
から!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-27

MEGATRON(TRANSFORMERS ENERGON)

テーマ:TFスーパーリンク

 今日のといず・くろすおーばーは!

 TRANSFORMERS ENERGONより復活の破壊大帝MEGATRONをご紹介!

ガルバトロン

 つまるところ海外版スーパーリンクガルバトロン様なので説明はそちらに準拠します。

 

 

○キャラクター解説

楽しいデストロン一家

 ユニクロンの口内に消え、消息を絶ったデストロン破壊大帝メガトロンは、しかしユニクロンの内部に埋まった休眠状態で生きていた。

 ユニクロン復活を目論むメガザラックらにスパークを利用されデストロン兵士たちを仲間に引き入れる神輿にされながらも、彼はテラーコンたちが集めユニクロンに供給されるエネルゴンを吸収することで力を蓄えていた。

 それを知ったアルファQとメガザラックは犯人と見込んだショックウェーブとサンドストームに刃を向ける。しかしその時、メガトロンのスパークが脈動する。

 メガザラックにメガトロンソードを突き立てられたメガトロンは一瞬動きを止めるが、ソードを吸収して覚醒。新たなる姿を得て復活し、メガザラックを制裁する。

「フン……痛いぞ。この痛み、ワシが生きている証だァッ!」

 テラーコンの群れを一掃し、メガザラックを圧倒的なパワーで制裁したメガトロンは「ガルバトロン」と名乗り、メガザラックにデストロンマークを刻み付け、テラーコンすらも支配下に置いてアルファQのもとへ殴り込みをかける。

 アルファQはユニクロンの頭部を切り離すことで逃走。ガルバトロンはユニクロンの新たなる主として、再びサイバトロンに戦いを挑んだ。

 

決断を迫る

 前作「マイクロン伝説」の破壊大帝メガトロンが、ユニクロン内部でエネルゴンを吸収し強化再生された姿。戦闘爆撃機にトランスフォームし、戦車型ドローン”メガランチャー”を装備する。

 性格は一言でいえば苛烈な闘争主義者。自らの身を危険にさらしてでも真っ向勝負で己の我を通すことを尊び、自らがそれを率先して実行するタイプでもある。

 老獪な武人肌であったメガトロンに比べると良くも悪くも若々しく直情的(とはいえメガトロン時代から感情豊かではあったが)で、地球人に多少芽生えていた情もどこかへ行ってしまっている。また部下の人使いも荒いが同時に部下思いな面も垣間見せる。

 ユニクロンの内部に囚われていたことでユニクロンの因子の影響を受けており、意思を乗っ取られて暴走することもあった。

 後半はセイバートロン星に眠るスーパーエネルゴンの泉に飛び込むことでガルバトロンG(ジェネラル/劇中呼称なし)へとパワーアップしている。

 CVは映画「テッド(PG-12劇場公開版)」のテッドの吹き替えを担当した遠藤純一氏。

 

 

○玩具解説

対比

 2004年度作品「トランスフォーマースーパーリンク」の米国展開である「TRANSFORMERS ENERGON」で発売されたリーダークラス品。

 日本ではサイズを縮小したコマンドクラス(のちのウルトラクラス相当)で発売されたが、リーダークラス版もトイザらス限定販売されている。どちらも後期には紫ベースのガルバトロンG/GALVATRONが発売された他、日本版は頭部をリデコされシャッタードグラス版メガトロン(BOTCON2008会場限定アイテム)にもなっている。

 ユニクロントリロジー(マイクロン三部作)における破壊大帝はいずれも後半になるとリカラーされたパワーアップバージョンが販売されるのだが、日本ではメガトロンメガトロンS(スーパーモード)、ガルバトロンガルバトロンG(ジェネラル)、マスターメガトロンマスターガルバトロン、と名称が変遷しているのに対し、米国ではいずれも前半がMEGATRON、後半がGALVATRON名義となっている上に、ENERGON(スーパーリンク)とCYBERTRON(ギャラクシーフォース)が同一世界観となっているため、名称変更があわただしいことになっていたりする……

 

 

ビークルモード

前

後ろ

 ビークルモードは威容を誇る戦闘爆撃機。三基のランディングギアでコロ走行可能。

 

エネルゴンポケット

 左キャノン基部のエネルゴンポケットにエネルゴンスター(別売りのテラーコン等に付属)を装着可能。写真はビルドロンに付属していたスーパーエネルゴン。

 

5mmジョイント

 反対側のキャノン基部には5mm凹ジョイントがあるため、こちらにも武器を装着可能。

 

機首ジョイント

 さらに機首両脇にも5mm穴があるのだが、キャノンと干渉しやすいので工夫が必要となる。

 

 

親亀

 両翼端に各一ヶ所、機体上面に四ヶ所のマイクロンジョイントを備え、適当に引っ張ってきたマイクロンをエボリューション! 本商品にはマイクロンは付属しない。

 また、翼の裏面には5mm凹ジョイントがあるため武器を懸架できる(後述)。

 

武装

 もちろんエネルゴンウェポンも付けられる。

 

 

メガランチャー

タンク

後ろ

 メガトロン時代のビークルモードを思わせる戦車型ドローン。基本的にはガルバトロンの主砲としてのみ用いられ、特に独立行動などはとらない。

 

スコープオープン

 底面の車輪でコロ走行が可能。スコープを起こすことができる……あんまり意味なさそうな位置だけど。

 

発光&発射

 単四電池二本をセットした上で主砲のボタンを押すと、ミサイルをスプリングギミックで発射すると同時にエンブレム部分の赤LEDが点滅。また「キー↑ゴゴゴゴキー↑ゴゴゴゴゴゴキー↑ゴゴゴゴゴゴゴゴキー↑」としか形容できない電子音が鳴り響く。

 

 

マイクロンジョイント

5mm

 マイクロンジョイントと5mm穴でそれぞれ武装可能。

 

 

比較

比較1

比較2

 メガランチャーだけでちょっとしたデラックスクラスくらいのサイズがある……

 

 

サイドビューから

サイドビュー

スライド

 翼端のサイドワインダーを引き下げると主翼上面と前後のパーツがギアで連動展開。

 さらに機体上面四ヶ所のマイクロンジョイントにメガランチャーをセットすると……

 

 

ビークルハイパーモード

ビークルハイパー前

ビークルハイパー後ろ

 様々な合体をメインギミックとするSLサイバトロンに対し、SLデストロンはパーツの展開によるハイパーモードへの変形を共通ギミックとしている。

 メガトロンの場合は主翼を展開しメガランチャーと合体した状態。圧倒的なスピードと火力でサイバトロン基地を攻め落とせ!

 

 

トランスフォーム!

裏

 ランディングギアをたたんで。

 

主翼持ち上げ

回転

 主翼をたたんで180度回転。

 

エンジンブロック

展開

 両サイドのエンジン部を後部に展開。この時点でスプリングに抑えられていたノズルが膝アーマーになり、腕部から拳が飛び出す。

 

足首オープン

 ランディングギア~エンジンノズル部をスライドすることで、爪先とカカトがスプリング自動展開!

 

機首折り曲げ

肩広げ

 機首を後方にたたみ、肩フレームを展開。

 

頭部!

 頭部を起こして角を立てて変形完了!

 

 

ロボットモード

前

後ろ

 顔がいかついことを除けばヒーローロボットと言っても通用するデザイン。そりゃSG版メガトロン(正義の人)にもなろうというもの。

 

 

アクション

アクション

・腰が回らない。

・ロール軸が上腕ではなく前腕。

・大腿ロールなし。

 と、巨体を支えるためか関節自由度はやや低め。肘膝は80度ほど曲がる。首以外の関節はいずれもクリックが強めで保持力は十二分。

 

 

そういえば翼の裏に

 主翼の裏に5mm穴。あまりに目立たないよ! 説明書にも書いてないし!

 

 

ロボットハイパーモード

ハイパーモード

 主翼を展開し、底面カバーを開いたメガランチャーを腕に装着してハイパーモードへ。

 肩のキャノンは随時前に向けよう。

 メガランチャーは両腕に装着できるが、後述のブレードギミックは右腕の装着を前提にしている。

 

 

ブレードギミック

機首に接続して引き抜いて

 背面の機首にメガランチャーの砲塔尾部を突っ込んで、丸で囲ったスイッチを押しながら引き抜いて……

 

 

メガスパークブレード

メガスパークブレード

 大本はメガトロンのスパークをメガザラックが利用して作り上げたメガトロンソード(のちにサイバトロン側も複製品を使用)でガルバトロン自身の武器としても使われていたが、「奴らと同じ(複製された)剣など使えるかァ!」とユニクロン内部で強化を施し、メガランチャーを追加したもの。

 

 

発光

 右腕で振り下ろす方向に力をかけることで根元のスイングスイッチが入りLEDが発光。目がスパークブレードのデストロンマークを照らし出す。

 特に砲身側のスイッチとは連動していないため、この状態でもミサイル発射と「ピー↑ガガガガピー↑ガガガガガガピー↑ガガガガガガガガピー↑」音は(後ろに飛んでいくけど)有効。

 

 

エネルゴンウェポン装備

重装備

 リーダークラスTFにはどうしても小振りになってしまうのが悩みどころ。

 

付属カード

カード

カード

 カードやパッケージのイラストではメガトロンソードを手持ちしているのだが、玩具では再現不可能。

 劇中では量産されたしOPでは毎回グランドコンボイとガルバトロンが鍔迫り合いしていたのでどこかで出してほしかった……

 

 

いろいろバトル

キャノン

 メガランチャーをぶっ放せ!

 

 

行くぞクォンボイャアアアアアアアア!

クォンボイヤァァァッ!

 グランドコンボイは実は未所持(食玩版はあるけれど奥にしまい込んでしまって)なので前身のアルマダコンボイとバトル!

 

スタスクのツッコミ

 スタスクが生きてたら絶対「何やってるんだアンタは!」って方向で怒られてたと思う。そして親子喧嘩へ。

 

 

コンボイVSガルバトロン

「貴様もコンボイか。面白い、叩き潰してやろう!」

「別世界にもガルバトロンがいるのか……」

 

 

というわけでガルバトロン様でした!

まとめ

 後年にはリーダークラスの破壊大帝も出てきますしスプリームクラスのキャラなんかもあったりするので今の視点では「でっかい破壊大帝トイ」というインパクトはだいぶ薄れているのは否めません。あえて可動部を減らしたマイクロン伝説の翌年ということもあって、やっぱり動きが硬い部分もあります。

 ただその分質実剛健な出来になっており、5mm穴やマイクロンジョイントのおかげで武装拡張も容易なので、総合的なプレイバリューは高いですね。

 いまだに色あせることのない逸品と言っても過言ではないでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-26

SHT6/26 素肌の君

テーマ:アニメ・特撮感想
動物戦隊ジュウオウジャー第19話「信じるのは誰」

ザワールド
ジュウオウジャーはザワールドを孤立させることでデスガリアンのゲームを止めるが、ザワールドを止める役目を担った大和がピンチに。そのときザワールドの変身が解けた。
正体の人をナリアが当身入れて回収。

ザワールド再調整
ジニスがどんどんメダルを投入し、囁きかける。私は君の味方だ、君を理解しているのは私だけだ、と。

大和の提案
ザワールドを助けられないかという大和に、セラたちは反発する。
大和は、ザワールドが人間に戻り辛そうな顔をしていたことを訴えるが、ザワールドは特大の脅威であることは事実。

ボウリンゲン
チームアザルドのプレイヤー。人間をピンにして自らが突っ込みボウリング!
そこへ早速ジュウオウジャーが現れた。メーバと戦闘開始!
一方でジニスはザワールドの再調整を終えた。アザルドの意向も半ば無視して、もうザワールドに不具合はないと見せつけるため直々に出撃命令。

ザワールド乱入
ボウリンゲンとの闘いに横入り。さらに抗議するボウリンゲンを投げ飛ばし、ウルフにチェンジ。超スピードでジュウオウジャーを圧倒する。
トドメを刺そうとするザワールドに、大和は変身を解いて戦いたくないと訴えるが、ナリアが現れて「期待するだけ無駄」と告げる。
ザワールドに蹴られて気を失った大和を連携で助けて一時撤退。

一同のため息
真理夫おじさんに治療してもらいました。
四人は凶暴な野生動物を保護しようとして怪我したと説明。真理夫おじさんいわく以前も馬に蹴られたことがあるらしい。
アムがラリーさんの件を、セラがタスクの件を。そしてタスクはみんなのことを。大和の一途な思いが心を動かしてきた事実を改めて感じる。

大和が目覚めて
お話があります、と切り出すセラ。謝る大和だが、一同は大和の賭けに乗ることに同意した。

ボウリンゲン第二ゲーム
工場の作業員たちがボウリングされた! 6人しか倒せなかったのでスペアを狙ったところにジュウオウジャー登場。本能覚醒!
ナリアはザワールドを投入しようとするが、アザルドは自分のチームのゲームだとジニスに告げ、投入を止める。

強制ボウリング
ボウリンゲンの能力でメーバごとピンにされて飛ばされる。だが飛んだところで大和が野生開放してボウリンゲンを逆にお手玉、落下した四人がさらに切り付ける。
トドメのジュウオウシュートが炸裂し、ボウリンゲンはメーバもろとも爆発四散!

通常のコンティニュー
ジュウオウジャーも初手から動物大合体。
ボウリンゲンのピンチにアザルドも悔しげです。ザワールド出撃。

ライノス乱入
そしてトウサイジュウオーに動物合体。調子のいいボウリンゲンをあしらいつつワイルドジュウオウキングに襲い掛かる。
そしてボウリンゲンは逃走?

キューブクマがキューブパンダに
そして金色になってトウサイジュウオーを翻弄。黄金の斧となってワイルドジュウオウキングの手に収まり、トウサイジュウオーと互角に戦う。
その間に大和がトウサイジュウオーに乗り込み、ザワールドを外に連れ出す!

野生大解放
ザワールドを押さえつけようとする大和だが、ジニスの望みだからと聞き入れないザワールド。
だが、ジニスの望みなど関係ないだろうという大和の叫びに心が揺れる。
ザワールドはジニスこそが自分の理解者だと依存全開です。

やっぱりジニスは分かってないよ
ザワールドにひどいことをさせている。ザワールドの心に疑念が生まれる。
念押しに現れたナリア。大和を守ろうとするセラたち。ザワールドはセラたちにも襲い掛かる。

でもこれだけは分かる
ザワールドの正体はわからないけれど、本当は戦いたくないと大和は信じる。
ザワールドの脳内にジニスの声が呪縛となってこだまする。大和はザワールドを信じる。
脳内にこだまする二つの声。ザワールドはジニスのメダルを排出し、ナリアを跳ね除けた。
ザワールドはもうデスガリアンに従わない!

ザワールド
その本名は門藤操。

次回
操は自分が仲間になる資格がないと悩む。だよね、三人のジューマン犠牲にして新生物にされたしね……


仮面ライダーゴースト第37話「修得! それぞれの道!」

あと24日
マコトはドッペルゲンガーを追う。
俺はお前だ、と言いドッペルゲンガーはスペクターへと変身する。マコトもディープスペクターとなって対抗する。

もうだめだ
アランは力尽き、ホナミもアイドルの夢を諦めかけていた。

合格しちゃった!
アカリと御成が帰宅。だがホナミはアイドルは遊び半分で勤まる世界じゃないと飛び出す。
なんかアカリと御成は別ドラマが展開していませんか。
一方タケルは、アカリの態度にホナミが怒ったのは信念が消えていない証拠だと見抜く。

スペクターVSスペクター
通常スペクターでもディープスペクターと互角のドッペルゲンガー。マコトのすべてを奪うと宣言するドッペルゲンガーはオメガドライブの打ち合いに負けて撤退するが、マコトに謎の痛みを与えて消える……と見せかけて再出現!?

アデルの不安と焦り
ガンマイザーは新たな力の根源を手に入れるよう示唆する。

アランの聞いた物音
見るとそこには、猿豚河童の修行風景があった。
アカリもまた本気でアイドルに挑むためにレッスンを続ける。

君を本気で助けたいから
そのためにそれぞれができることをする。それが仲間。
タケルと御成に諭されてホナミは気付く。

お前が本物だとどうして言い切れる?
再び競り勝つマコトだが、ドッペルゲンガーは意味深な言葉と痛みを残して消えた。

私にその技を教えてくれないか?
アランは猿豚河童に頭を下げて頼み込んだ。

タケルの頼み込み
タケルはホナミの仲間たちに彼女の前進を訴える。
アランは修行。そしてホナミはアカリにステップを伝授する。

子供のころから同じ夢を見て頑張ってきた仲間
タケルはホナミの仲間たちに、彼女の頑張りを見せる。四人で見た夢は消えていないはずと信じて。仲間たちは去っていったが……

カノン、マコトを発見
一方アデルは、ガンマイザーが力の根源とはイコールではなく守護者であることを告げた。
ガンマイザーはアデルと一つになることを告げる。

ライブ会場
御成もそのバンド付けちゃうのか。ホナミ抜きのステージ。やはり心の声を聴いてしまうことをまだ怖がっているのか。

さあ恥をさらせ
イゴールの期待をよそにアカリはステージをこなす……が途中で足をくじいてしまった。
ホナミは最高に輝いていたと言うが、このままではステージがダメになってしまう。
そこで仲間たちやアカリが、ホナミの復帰を促す。
御成の音頭もあって観客からもホナミコール!

これだったんだ
アランも技を身に着け、猿豚河童に迎え入れられたこ焼きを食す。修行完了で元の世界に帰ってきました。

ジャベル登場
そしていきなりアランに襲い掛かる。最後の決着を求め組み合いながら変身。

今までみんなががんばってこれた
そんな四人がまとまったのはホナミの力。四人の心がつながって新しい道ができた。
タケルの気づきに、三蔵が眼魂に招く。
対話成功。そしてステージも大成功! アカリが足をくじいたというのは演技だった。

まるで計画と違う!
思わず姿を現しちゃったイゴールにアカリのビンタが炸裂。
タケルはガンマイザーの接近を察知し、会場の外へ飛び出す。

風のガンマイザー
ホナミもアランも道を見つけた。今度は自分が信念を貫く。タケルはムゲン魂となって戦闘開始。

アランVSジャベル
しかしジャベルさん、眼魔スペリオルは今だとスペック的に無理ないですかね。
三蔵魂にチェンジしたアランは新武器ガンガンキャッチャーを手に戦う。さらに猿豚河童を召喚。修行で身に着けた連続攻撃でジャベルを撃破!
戦いのみを目的とするジャベルに勝てたのは、アランが信念と仲間を持ったためだ。

中心核、台風の目
シンネンインパクトで風のガンマイザーの台風の目を射抜き、タケルも勝利!

戦い終わって
人の声が聞こえるのはリングの副作用だとアカリは言い、ビルズが改良したから大丈夫と片付ける。
しかしマコトは昏倒中。

アデルの決意
力の根源を手に入れるためガンマイザーとの一体化を決めてしまった。

次回
ムゲン魂一極化の流れにあえて英雄やグレイトフル魂のアピール編か!


魔法つかいプリキュア!第21話「STOP! 闇の魔法! プリキュアVSドクロクシー!」

前回のあらすじ
力を使い果たした校長が老け、ドクロクシーがリンクルスマホンを取り込み戦闘形態に!
あとバッティさんがエメラルドを手に入れようとして消えてしまいましたが前回のあらすじシーンでばっさり消えてたぞ!?

巨大ドクロクシー
そしてエメラルドが出現する過程でみらいとリコは変身解除状態だった。周囲の植物が闇に触れて枯れていく。
闇の力でエメラルドの力を取り込み魔法を完成させる。闇の中で世界が一つになる。
災いに対抗するための力を求めていたはずが、自ら災いそのものになってしまった。
ところでモフルン師匠、校長の杖歩行をサポートして本当に生活補助力高いですね。

そんなことよりはーちゃんを返して
みらいはいつも、直感的でシンプル。だからこそ、状況に惑わされない。
吹き飛ばされそうなリコの手を取る。

われらには伝説の魔法つかいプリキュアがついておる!
魔法界のみんながプリキュアを信じた。っていうか商店街のおっさんこういう時妙に頼もしいな。

大丈夫だよ
出会いの日のように、みらいはリコの手を取った。二人で手をつなげば、できないことは何一つない。
積み重ねてきた友情に、不可能はない。
この状況で笑うふたりに、リンクルストーンたちが答えた。変身!

かつてなき変動の世界に降り立つ二人の魔法つかい
ヤモーは世界そのものとなったドクロクシーには勝てないと勝ち誇るが、ふたりはただはーちゃんを返してほしいだけだった。
三次元的なアクションに、リンクルステッキの銀魔法も駆使してドクロクシーの攻撃をしのぎ、翻弄し、肉弾戦!
だがドクロクシーの目ビームを受けて動きを止めたマジカルが投げ飛ばされ、ミラクルも殴り飛ばされビームの追い打ちを受ける。

我に力を
魔法界もナシマホウ界も。周囲の植物たちから力を吸い上げる。
その力に自ら飲まれていこうとするヤモーを止めようとする校長とモフルンだったが、ヤモーは尻尾を切って逃れドクロクシーに飛び込んでいった。

もっと力を
さらに膨れ上がったドクロクシーは再び立ち上がったプリキュアと闘いながら校長を捕まえ取り込もうとする。

そんなの「力を一つにする」なんて言わない!
ミラクルとマジカルの空中大車輪キックで校長を救出。力を合わせることの意味を教えてあげる、と力強く宣言する二人の声に、ドクロクシーの内部ではーちゃんが反応した?

きっとはーちゃんが呼んでるモフ
ダイヤモンドエターナルで闇の波動を受け止め、吠える。
大切なものを守るため、助けるための力は奪わせない!
ドクロクシーの分離ハンドに捕らわれながらも手をつないだ二人に反応してはーちゃんがドクロクシーから分離。
改めてダイヤモンドエターナルでドクロクシーを宇宙に投棄!

しかし
変身解除したみらいとリコに欲望の怨念が手を伸ばす。
だが、リンクルスマホンから現れたはーちゃんが少女体に成長し、光の波動で怨念を浄化していった。
クシィの魂は解き放たれ、校長に後を託すように天に昇っていった……

闇が晴れて
枯れた木々も元通り。魔法界もナシマホウ界も救われた。そしてバッティさんだった蝙蝠もどこかへ飛んでいく。
しかしはーちゃんはいない……

遠くで甘いにおいがするモフ
クシィとともに飛んで行っちゃったはーちゃん。きっとまた会えるとモフルンは告げる、が……?

次回
新たな敵、そして新たなプリキュア!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-19

ニチアサ6/19 ジュウオウジャーはお休みです

テーマ:アニメ・特撮感想
仮面ライダーゴースト第36話「猛烈! アイドル宣言!」

残り25日
新たな風のガンマイザーを前に三大ライダートリプル変身! 出し惜しみなく現時点で最強のフォーメーションです。
ゲキコウスペクターが羽を飛ばし、ムゲン魂がヨロコビストリームを放つ。ああ、アラン様インフレに置いてかれてる!
グリム魂でアシストするが三蔵眼魂がいうことを聞いてくれない。

もうしばらく観察を続けろ
アデルの意に反してガンマイザーは驚異の消去を急ぎたそう。

アイドルライブ
それはビルズ社長がアカリに見せるパフォーマンス。人の気持ちをリングで一つにするという。アカリも新メンバーオーディションに誘われる?
アイドル達は今までにない一体感に高揚するが、リーダーのホナミはもっと気持ちを引き締めようと注意を促す。だがホナミの脳内には、周囲の人間の心の声が聞こえていた。
イゴールは飛行機眼魔に監視を命ずる。

フーミン
フミ婆のお孫さんが屋台を継いで、カノンもお手伝い。
アランは脅威対象外とされたこと、自分が足を引っ張っていることを気に病んでいた。
この世界の宝物を守れない。アランの心の叫びを、ホナミが聞き取っていた。

読心×読心
タケルはホナミの心と接触し、事情を聴こうとする。

ホナミが聞いたもの
計画は実に順調だ、というつぶやきだけで特定されるイゴールだった。
自分がどうしたらいいかわからないアランの懐から三蔵眼魂が飛び出し、ホナミに憑依。アランが信念を見失ったと指摘する。
転んで立ち止まっただけと擁護するタケルの言葉を受けて三蔵はアランを修練の場に飛ばし、タケルにはホナミを救うよう命じる。

修練の場
荒野に飛ばされたアランに襲い掛かるサル・ブタ・カッパ!

ホナミたちが見ていた夢
小さいころからアコ・ユウ・マリの三人と一緒に同じ夢を見ていた。
いつかはビッグドリームスタジアムでライブをするのだと。しかし今となっては彼女たちの非難の声が聞こえてしまう……

アカリ、オーディションに立候補
ビルズの会社がまた利用されているかもしれないから、という名目。実力で受かって見せると意気込む。
ここでは「私にそんな権限は……」って言ってるビルズさん、完全にアカリを追い出したい気持ち満点だしオーディションへの誘いも単なる冗談だったっぽいけど、最終的には監視下に置いたほうが得策と見たか。

ガンマイザーへの疑念
アデルが働いてもらうと命じたのは、もう一人のマコト……?

カノンが見たもの
それは眼魔軍服を着たマコトの姿だったが、すぐに姿を消してしまう。

オーディション会場
御成はアフロカツラでマネージャー役なのか。

素直に話せばきっと大丈夫
練習場にタケルとともに現れたホナミだが、男とデートしてサボっていたと誤解した三人の心の非難を聞いて飛び出してしまう。さらにはイゴールの魔の手も迫る。
ただ三人が三人ともホナミをウザがっているので、リングの力で同調しやすくなっている可能性も(ホナミは効きすぎて読心能力を得てしまい逆に同調できなくなった?)

大天空寺待機組
マコトはずっとここにいた。ナリタとシブヤはドッペルゲンガーの可能性を疑う。

空腹で動けないアラン様
そこに漂うたこ焼きの匂い。しかしサル・ブタ・カッパにインターセプトされてしまう。ジャッキーか!

オーディション開始
アカリの歌唱力とセンスはなかなかに壊滅的だった。

マコトが見たもの
飛行機眼魔を発見。眼魔はホナミとタケルを襲う。マコトがスペクターに変身し横合いからキックで撃墜。そしてタケルも変身!
眼魔コマンドに対してはノブナガ魂となって掃討。タケルは闘魂ブーストとなって飛行機眼魔に立ち向かう。

闘魂リョウマ・ツタンカーメンスペクター
久々に竜馬見た気がする。狙われたホナミを守るためにムゲン魂へ!
タノシーストライクで撃墜!
一方マコトもオメガファングで眼魔コマンドを一掃!

マコトが見たドッペルゲンガー
マコトはそちらを追ってしまう。一方ホナミは仲間に嫌われ命を狙われ限界に達していた。
そしてアランも空腹で限界に……

オーディション結果
ビルズ社長の肝煎りで、アカリが合格。権限がないとか言ってなかったかビルズ社長。

次回
同じ目標があれば頑張れる!



魔法つかいプリキュア!第20話「ドタバタでヤバスギ! 魔法界に生まれたエメラルド!」

光って眠るはーちゃん
そしてリンクルスマホンが開かずの扉を開いた。
一方で闇の魔法つかいの拠点に足を踏み入れるのは……校長!

モフルンもグレープ食べたかったモフ
モフルンが空腹だけどそれはともかくとして突入……したら市場につながった?

平和を乱すものは見逃せない
校長に対し、帰ってきたバッティが忠誠心を持って立ちはだかる!

戻ってきました
モフルンの望みに反応して今度は人間界のイチゴメロンパン屋台へ。
リコは扉の正体に気づく。みんなで校長先生のことを思い浮かべて改めて扉を開く。そこは決戦の場だった!
なんだこの気まずい温度差!

入り直し
いったん帰って戻ってきても、やっぱり校長VSバッティだった。しかも扉が消えてしまう。
さらにドクロクシーまでもが立ち上がる。ヤモーはリコがリンクルスマホンを持っていることを悟る。ドクロクシーの闇の力を遮ったのは、校長の杖!
そして校長はドクロクシーの正体を感じ取る。

闇の魔法
あまりに危険だから禁じられて葬られた。それをよみがえらせることができるのは、校長の旧友クシィしかいない!
いずれ訪れる大きな災いについてともに調べていた過去。だが禁断の魔法に手を出して死んだはず。
これは「大いなる災い」が第二部のボスになるのかな。

もはや人としての魂はあらず
この世にとどまる強い欲望がかりそめの体に残された。エメラルドがあれば完璧となる、とヤモーが語る。
そしてドクロクシーが闇の波動を放つ。変わり果てた友を止めるため、校長が戦闘モードへ!
だが、ドクロクシーを守るためにバッティが力を振り絞る。バッティの杖が砕けた!
校長は災いの日に備えて魔法を蓄えていたのか。

闇VS光
余波がバッティやヤモーを吹き飛ばす。だが闇の魔法が校長の光を押し戻した。

土煙が晴れて
校長と水晶は力を使い果たして老けた。
そしてドクロクシーはそれでもリンクルスマホンとはーちゃんを奪い取る。
はーちゃんを助けるためにみらいとリコ、ルビースタイルへ変身!

ドクロクシーの力
魔法陣がキックを跳ね返すだけで強烈な突風が吹き荒れる。杖が砕けたバッティさん出る幕無し!
そしてドクロクシーの体は弱っていた。再びのダブルキックが魔法陣に食い込むが、闇の魔法はなおもプリキュアを吹き飛ばす。

スマホンに伸びる手
校長が力を振り絞るが、闇にかなわず吹き飛ばされる。命に代えてもリンクルスマホンを奪還しようとする校長に、みらいとリコはみんなが帰りを待っていると告げる。

まずは行動
そして負けない心。魔法学校で、ナシマホウ界で学んだことを胸に。
学ぶことはもっとある。だからみんなで一緒に戻る!
プリキュアの決意に、エメラルドの光が目覚めた!?

ルビーパッショナーレ
エメラルドの気配に立ち上がったドクロクシーに対して、突撃!
しかしドクロクシーが闇の魔法陣を展開し、一同は転移。まさかの浄化技不発。世界樹が輝く。リンクルストーンが勝手に飛び立ちプリキュアは強制変身解除。
そして集うリンクルストーンの中心で生命のリンクルストーン、エメラルドが現れた!
ドクロクシーのためにそれを手に入れようと飛び出したバッティさんが消滅した!?

魔法よ、入れ!
リンクルスマホンがなければエメラルドの力は得られない。ドクロクシーがリンクルスマホンを媒介に魔法を入れることでエメラルドの輝きを飲み込み、手に入れてしまった!?
魔法界を闇が覆い、ドクロクシーが巨大などくろの怪物へと変貌した!

次回
ものすごい最終回ムード漂ってる……第一部・完かな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。