ようこそ、といず・くろすおーばー!へ。
・特撮レビューと玩具レビューのブログです。文章量多めで一つの玩具を一回でレビューしきれないことも頻繁にありますのでご注意ください。
・リンクフリーです。相互リンク希望の際はコメント欄にてよろしくお願いします。
・画像の無断転載はダメ、ゼッタイ。

大したこと呟いてませんがツイッターも始めました。







劇場版
8/16 SHT劇場版 レビュー!




映像では 7/21 ハイパーブルドーザー/ハイパーチェーンソー レビュー!


戦いだ! 7/17 オプティマスプライム レビュー!

白き希望 7/5 ホワイトホープ/レスキューヘリコプター レビュー!


玩具レビュー一覧


$といず・くろすおーばー!-TF トランスフォーマー


$といず・くろすおーばー!-ライダー 仮面ライダー

$といず・くろすおーばー!-戦隊 スーパー戦隊

$といず・くろすおーばー!-タカラトミー スーパーロボット&ビークル

$といず・くろすおーばー!-特撮 ウルトラマン&スーパーヒーロー

$といず・くろすおーばー!-リアルロボ リアルロボット

$といず・くろすおーばー!-その他枠 その他フィギュア

特撮・アニメ感想レビューはこちら
リンクページはこちら
から!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-27

SHT7/24 所用があって更新遅れました

テーマ:アニメ・特撮感想
動物戦隊ジュウオウジャー第22話「覚醒か? カン違いか?」

操のランニング
そして倒れた自転車を起こしたら妙な感覚が走る。そしてしばらくした後に、爆発!? レオとアム、セラが爆発音を聞きつけて駆けつけるが、操は自分が触れたせいで爆発したと思い込み勝手におびえてしまう。
「体質が変わったんだ……!」じゃないよさすがに! 試しに買い物してたトイレットペーパーを触らせてみようとするアムから操は全力で離れてしまう。
呪いとか天罰とか仲間になる資格はないとか毎度のめんどくさい体育座りです。そこにデスガリアンの気配! 操は動かない!
そしてOPは劇場版宣伝仕様。前回操が参加したばっかりなのにいなくなったぞ!?

イルジオン
今回のプレイヤーは杖でいろんなものに触れる……だけ? ショーの下準備中ということでメーバをけしかけてきます。レオ、セラ、アムは戦いながら本能覚醒! やっぱりチームクバルだったか。
大和とタスクが駆けつける前にイルジオンは消えてしまう。

あいつ今使い物になんねぇぞ
操は自転車を起こした瞬間のゾワッとした感触を根拠に、思い込みを強めている。
言い知れぬ悪寒。検証の余地があると、大和とタスクはまじめに受け止める。操は感激してそんな二人に触れてしまって慌てて……直後、離れたところで爆発が。
大和とタスクが爆発したわけではないぞ!

ポストとベンチが爆発
操もそれに触った覚えがあったのか……と思ったらそうでもなかった。街中の物体がどんどん爆発していくという……大丈夫なのかこの回!?
すべては無機物を爆弾に変えるイルジオンの仕業だった。操くん、ようやく自分のせいじゃないと悟る。

動くカート、飛んでくるパラソル
そして降ってくる車、そのすべてが爆発物! 身の周りの何がいつ爆発するかわからないという恐怖と火力に翻弄される!
しかし自慢げにプレゼンするクバルに対し、ジニス様の反応が鈍い?

はい当選!
投げ渡された植木鉢が爆発。しかし悪寒を覚えた操は直前で手放し難を逃れる。そしてイルジオンは30分以内に処理しなければ街全体が吹き飛ぶ爆弾が仕掛けてあることを明かして姿を消す。

火薬のにおいはしない
一方大和は、操が植木鉢に悪寒を覚えたことを見抜く。爆弾を触ったからゾワッとした。大和が超視力に覚醒したのと同じように、操は皮膚感覚に目覚めたのか。
この感覚は元から聴覚や嗅覚が優れているジューマンより、ある日突然目覚めた大和の方がわかるんだろうなぁ。
おそらくはサイの力。
頼れるのは操だけ!

この手にそんな力があったなんて!
セラとアムに手を握られ、操くんドキドキテンパりです。
脳内妄想劇団も心なしかハイテンションだ! 女子に頼られて操くんフルブースト!

手当たり次第に
抽選会のあれやこれやを触ってみるが手ごたえはなし。イルジオンは余裕の表情で見下ろしている。
やはり自分は役立たずなのかと思った操だが、触れた駐車場の壁面に反応する。おなじみの立体駐車場丸ごと一棟が爆弾にされていた!
ワイルドジュウオウキングで建物ごと処理しようとする一同の前にイルジオンが現れ、妨害を仕掛けてきた!

本能覚醒
イリュージョン攻撃がジュウオウジャーを翻弄する。
そこでアムは操をおだてまくり、セラも巻き込んでやる気を出させようとした。

二人が、俺のことを……?
やる気を出した操が走り出す!
橋の上からジュウオウザロッドを立体駐車場に引っ掛け、持ち上げる! そして空高く投げ飛ばし、爆発!
勘違いして調子に乗りやすい操の特性を見抜いたアムが小悪魔すぎる……

操突撃
ハイテンションのザワールドは止められない! 単独でイルジオンを圧倒して追い詰める。
五人も加わり、ザロッドとイーグライザーでイルジオンを拘束し、四人で痛めつけ、トドメはダブルスピニングスラッシュ!

巨大戦
巨大イルジオンがトライアングラーと合体して強化イルジオンに! この強化体、今後も出てくるんだろうか。

もっとすごいものを見せてやる!
今考えるんだよ、俺たちならできる!

自信があふれているのはいいけれど結局めんどくさいぞ操くん!
ジュウオウキューブを持ち出して、いろんな積み方を試してみよう! なんというアナログな合体模索……元気爆発ガンバルガー……
そして操くんのジャグリングで形ができた!

動物大合体!
3!4!9!5!2!7!8!6!1!

ワイルドトウサイキング誕生! 左腕のワイルドビッグキャノンでトライアングラーを撃墜!
とどめは右腕のビッグキングソードで貫くジュウオウダイレクトストレート。やはりパイルバンカーはロマン。

アトリエにて
まだ自信満々の操くん。しかし、真理夫叔父さんに事前の連絡がなかったので夕食が六人分しかなく、凹んだ操くんでした。
「でも操くんとの付き合い方はわかったでしょ?」ってアムちゃん怖っ(笑)

エンディング
応募VTRが送られてきたぞ! これキョウリュウEDみたいにあちこちから刺客が送られてくるのでは……

次回
巨獣ハンター現る。デスガリアンとは異なる勢力なのか。


仮面ライダーゴースト第41話「激動! 長官の決断!」

残り19日
事件は解決したものの、タケルを取り巻く状況は変わらず。
アカリはモノリスやデータの解析を続け、御成は座禅を組む。
月を見上げるタケルは、アカリに「自分がどうなっちゃうのか」と不安を漏らす。
不思議な声が聞こえ、人の心が時折読め、光になって移動する能力まで身についてしまった。実際19日のタイムリミットが今も残っているかさえ不確かだしなぁ……
どんどん人間離れしていく自分を、そのおかげでみんなを守れて戦えると前向きに受け止めようとするけれど、やはり無理をしているのも確か。
アカリは「ちゃんとふつうの人間として蘇って」と願い、そのために頑張ることを改めて誓う。

イーディス長官
アデルを止めなくては理想の世界が実現しない、と考える長官。アドニスが考えていたのと同じ理想世界なんだろうか。

行き詰まるアカリ
調べれば調べるほど壁にぶつかる。結局徹夜してしまったアカリは仙人とユルセンに詰め寄る。

今日のマコト兄ちゃん
またしてもドッペルゲンガーとバトル。朝飯も食べずに……
一方カノンはとうとうタケルにドッペルゲンガーのことを打ち明ける。

仙人が大ピンチだ~
ユルセンに呼ばれて来てみれば、アカリが仙人を追い詰めていた。そこにマコトも帰ってくる。
タケルの状況に悩んでいて答えを求めたら「奇跡の子じゃ~」で片づけられたらそりゃキレる。

ベートーベン憑依
ベートーベン眼魂がアカリに乗り移る。って、仙人締め上げたり理不尽な運命に怒らないタケルに詰め寄ったり、かなりアカリと同調してるなベートーベン。
そして仙人は騒動の隙に乗じて逃げたのだった。15英雄自体はほぼ一枚岩だけど、仙人と情報や思想は共有していないって距離感を強調する意味もあったのかな。
タケルは割と受け身な性格で、特に一度消滅して闘魂復活して以降はカノンちゃんを救えたことで満足しちゃっているのか自分への執着が薄くなっていたわけで、「状況を受け入れて流されるばかりでなく自分で立ち向かい切り開く”怒り”」のパワーを持ってほしいとベートーベンは考えたのかも知れない。

眼魂戻る
アカリは再び一人で集中する。一方アランはマコトを追っていた。
マコトはアカリの責任感の強さを知っている。そして、タケルを救うのが先決だからと、自分の事情は明かさないつもりでいる。
善意に基づいためんどくささだ……

イーディス長官なら何か分かるかもしれない
ってコブラケータイで直電できるの!? 長官は天空寺タケルが眼魔にとっても人間界にとっても全ての鍵だと語り、自分の計画のためにマコトに動いてもらおうとする。
アデルを止める。それがタケルを救うことにもなる。マコトとアランが来たら一気にガンマイザーを倒すつもりの長官だけど、それこそムゲン魂がないと無理では。

タケルが謝ることじゃない
アカリは自分のふがいなさに腹を立てていた。だが、データの中にアカリは光明を見出す。
眼魔世界では肉体を保存し魂を眼魂に移すことで半永久的な生命維持を可能にしていた。眼魔世界の住民も不死身ではない。

渡航失敗
ゲートを封鎖されたため、マコトとアランは眼魔世界に渡れない!? アランはアリアとの連絡が途絶えていることをマコトに明かす。

この世界への侵入行為を確認、阻止しました
ガンマイザーから報告を受けるアデル。アリアの声ももはや届かない。
背中から触手を伸ばすアデルに、イーディスが警告を飛ばす。ガンマイザーが自我に目覚めるかもしれない。そうなれば、アデルの制御を離れるかもしれない。

あなたが望む理想の世界とは何です
アデルに問い返されて口ごもる長官。アデルが力の根源に触れようとしたとき、イーディスは黒ウルティマとなってアデルにタックル。そのままゲートを抜けて人間世界にダイブ!
その感覚をタケルも察知した。

このままでは我々の世界から人がいなくなってしまう!
眼魔世界に迫る崩壊の足音。こんな世界にしてしまったことを悔いていた、とイーディスは語る。
アデルに吹き飛ばされてイーディス変身解除。駆け付けたタケルたち三人が変身して割って入る。アデルはイーディスを不要として姿を消す。
イゴールは労せずイーディスが排除されたのでご満悦でした。

この方はイーディス長官
アランが改めて長官(治療中)をみんなに紹介。とりあえずアリアは無事、アデルはまだグレートアイとつながっていないことを教える。

グレートアイとは
眼魔世界に初めから存在した全知全能の英知そのもの。正体はイーディスにもわからない、がアドニスとイーディスはその力に手を出した。
グレートアイに選ばれ、力の根源とつながった。それがアドニスたちの力の根源だった。
病で妻と長男、多くの同胞をなくしたアドニスは、悲劇のない世界を望んだ。

誰も死なない世界
その理想を叶えるため、イーディスはシステムを構築し、グレートアイの力で実現した。

アデル帰還
自分だけは正しく完全だと信じるアデルだが、触手は力の根源と繋がれなかった。
ガンマイザーは足りないカギが天空寺タケルだと告げる。戻ってきたばかりのアデル様、またしても人間界へお出かけ。

完璧な世界なんて嘘だ!
カプセルの中で人が消える。人が死ぬとわかっていながら何もできなかったと、イーディスは認める。
イーディスこそがガンマイザーの生みの親であり、そしてガンマイザーがシステムを妨害した。

アデルとイゴールの侵攻
世界維持に必要な生命エネルギーの確保が、人間世界への侵攻の目的だった。最後の希望はグレートアイの力による世界の再生だが、アドニスはアデルに殺され、対抗手段として用意したアイコンドライバーGやディープ眼魂もガンマイザーの干渉を受けてしまう結果になった。

もはや私には何もなすすべはない
そう締めくくるイーディスに、アカリは「あなたの言葉はどこか他人事に聞こえる」と指摘する。
本当は自分のために完璧な世界を作ったのではないか。あなたは何をしたいのか。
アカリの問いがイーディスの心を揺らす。

アデルお出まし
アリアのためにもタケルのためにもアデルを止めると、マコトが真っ先に飛び出すが、ガンマイザーに阻まれる。タケルとアランも変身。

昔俺を軍人に取り立ててくれた頃のお前には強い信念を感じた!
多くの兵士を束ねる姿は輝いて見えた!

二人がガンマイザーを相手取っている間に、マコトはアデルに肉薄し、拳と言葉をぶつける。だが、今のアデルには届かない。

私には完璧な力がある。それで充分だ
周りから誰もいなくなっても意に介さず突き進むアデルは、ドッペルゲンガーにマコトの相手を任せ、タケルに迫る。
アカリや御成たちも駆けつけてドッペルゲンガーを見た。

教えろ、いったいお前には何があるというのだ?
アデルはタケルと攻防を繰り広げる。一方ドッペルゲンガーを倒したマコトだが、今回もダメージを受けて倒れた。

グリム魂
ガンマイザー二体の相手をする羽目になっていたアランはグリム魂にチェンジ。さらにタケルの懐(?)から卑弥呼眼魂を召喚してガンガンキャッチャーにセット。
オメガフィニッシュを放つが、押し切られてしまう! 具体的にはヒミコパワーで何やりたかったんだアラン様!
マコトを介抱するアカリたちとアランのもとに、アデルとガンマイザーのビームが迫る。タケルは光となって射線に飛び込み、一同をかばうが……

ショートストーリー
アルゴスの名を受けて三色ネクロムが出撃する。タケルがダークゴーストに敗れると人間界そのものがなくなる……?

次回
仙人の正体がとうとう明かされる?


魔法つかいプリキュア!第25話「夏だ!海だ!大はしゃぎ!かき氷が食べた~いっ!」

お出かけ
はーちゃんも入れてみんなで海です。かの子さんもだけど、キャンプじゃ呼ばれなかった勝木さんも今回は同乗。まゆみちゃんもいるけれど男子二人は来てないのか。
はーちゃんのことは、夏休みの間遊びに来ているリコの故郷の友達として紹介。二学期からどうするんだろう。
はーちゃんまだまだ無邪気なので、勝木さんたちの追及を逃れるためみらいもリコも心労が絶えない!

海の家のかき氷はとってもおいしい
イチゴメロン味に目を輝かせるみらいとはーちゃん。うん、親子ですね!

かき氷店お休み
製氷機が壊れてしまったようですが、大吉さんが具合を見ようと言い出した。お昼までには直せそうって家電メーカー勤務すごいな。業務用なんて直すの初めてってワクワクしてるけど大丈夫か。
はーちゃんは小さいころを思い出しますが、やっぱり勝木さんに怪しまれる。

帽子忘れてきちゃった
早速帽子を創造しちゃうはーちゃんだった。モフルンには水着もプレゼントだ。
だけど魔法を使うところを他の人に見られてはいけないとリコが釘を刺す。
しかしはーちゃんは「誰にも見られずに魔法で海を楽しくしちゃお♪」という方向にやる気を出してしまう……こう「できることがあると楽しい」っていう幼児のメンタルだなぁと。まあ生後半年だし。

今日のヤモーさん
とうとう海にまでドクロクシー人形持ってきてるよ病モーさん。
ラブーが迫っても「ドクロクシー様の御前ですよ」って本当にこのヒトはもう……
遺骨から勝手に啓示を受け取っちゃってラブーに怪訝な顔されてるんですが。

夏だ! 水着だ!
リコは浮き輪装備。はーちゃんの魔法で浮輪を膨張させられ海に引きずり込まれる。勝木さんばかりじゃなくて海水浴客に思い切り見られてるんだけど大丈夫か……それはそれとしてみらいに魔法で止めてもらって難を逃れたリコでした。

スイカ割り
そこでもはーちゃんが魔法でスイカを割れやすく大型化。目隠ししていたので状況を把握していないまゆみがうまく割り、リコがスイカを再縮小。

ビーチバレー
元気いっぱいのボール。立派すぎる砂の城。魚が空を飛ぶ! そのたびにみらいとリコで火消しに追われる羽目に……

フォロー疲れ
ぶっ倒れてしまうみらいとリコでした。はーちゃんがかき氷を取りにモフルンを連れて走り去る。
「元気だね~」と、もうツッコミ入れる気力すら残ってないぞみらいもリコも。
そんなはーちゃんの背中をヤモーがロックオン。

製氷機はまだ直らない
はーちゃんの期待の眼差しにまだ応えられなくて焦る大吉さんと、かき氷を持っていけないことで悩むはーちゃん。
そこへ「氷でしたら手に入るところを知っていますよ」と謎のお兄さん現る。洞窟の奥には甘くておいしい天然の氷がある、と唆す。
だがそのお兄さんはヤモーさんでした!

はーちゃんが戻ってこない
かの子さんが行った方角を見ていた。みらいとリコは駆け出す。

洞窟の奥へ
みらいとリコのためにはーちゃんとモフルンが走る。だが、行き止まりには氷はなかった。すべてはヤモーさんの罠だった。
麦わら帽子と石筍を素体にヨクバール生成。その攻撃で洞窟の一部が崩れてモフルンがはーちゃんと離れ離れに。

付き合わされた二人はへとへとでしたね
はーちゃんの魔法がみらいとリコに迷惑をかけていたことを指摘するのがヤモーさんだとは。
というかやはりエメラルドと一蓮托生なはーちゃんの魔力とそれを運用する体力は、みらいとリコの総和を上回るんだろうか。

だったら余計に負けてなんていられない!
みらいとリコの分も頑張ると、はーちゃん変身!
石筍ミサイルを余裕でそらし、ヨクバールも投げ飛ばす。洞窟の岩場の腕による拘束すら力ずくで突破しかける。さすがに動きは止まったのでヨクバールがトドメを刺そうとするが、間一髪で救ったのはサファイアスタイルのミラクル・マジカルだった。

水上空中戦
疲弊しているはずなのに懸命に戦う二人を見て、フェリーチェに翼が生まれた。
助けに来るのは当たり前。改めて三人は信頼関係を強める。
石筍ミサイルをサファイアスマーティッシュで撃墜し、ヨクバールはエメラルドリンカネーションで浄化。
残る遺骨はあと一本か……

帰還
はーちゃんは今回ふたりに迷惑をかけちゃったことを謝罪。でも、はーちゃんの気持ちはみらいもリコもわかって受け入れていた。
製氷機は直ったけれど氷はまだ……と思いきや、叱られる前にしっかり氷は作っていたはーちゃんでした。

次回
はーちゃんのクッキーづくり。そしてヤモーが……?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-21

ハイパーブルドーザー/ハイパーチェーンソー

テーマ:玩具その他

 今日のといず・くろすおーばーは!

 トミカハイパーシリーズNEXT STAGEの新たな力、ハイパーブルドーザーハイパーチェーンソーをご紹介!

ヘヴィー

 救助するのさ、勇気のNEXT STAGE!

 

 

○玩具解説

解説

 2016年7月16日、同時発売。ハイパーブルドーザーにはビルダーイエローバイパーが付属する。

 それぞれが作業モードへの簡易変形機構を備え、さらに連結して大型作業車両となり、先行するホワイトホープとシンクロ合体が可能となる。

 ハイパービルダーはハイパーチームにおける建築スペシャリストセクションと位置付けられているが、2016年7月現在ではNEXT STAGE組より前の商品は絶版になっていたりする……

 

 

ビルダーイエローバイパー

前

後ろ

 基本的な仕様はホープバイパーと同様のコクピット車両。「トミカサイズのミニカー」と位置付けられており、やはりダイキャストは非使用。

 

サイド

アンテナ

 合体変形ギミック以外では、後部のアンテナパーツの角度を変えることが可能。

 

バイパーズ

 ホープバイパーと比較。車種自体が違うのね。

 

 

というわけで早速合体

合体準備

 

 

ハイパーブルドーザー

ブル前

ブル後ろ

所属:ハイパービルダー

全高:3.312m 全長:9.900m 全幅:6.195m 全備重量:14.200t 装備:ビルダークロー

 強力な二基のクローを備えたハイパービルダーの新型車両。ビルダークローはアタッチメント式となっており、作業モードではアーム先端に再コネクトする。巨岩をも握りつぶしてしまうハイパワーが特徴。

 

 

比較

 単体でのシンクロ合体では頭部・腕部の交換にとどまるため、ホワイトホープに比べるとコンパクトとなっている。

 

交換

 バイパー部分も同一規格なので交換可能。

 

ギミック

 このモードでのギミックは転がし装甲とクローの開閉。

 

 

スタンドアップ作業モード!

分離

スタンドアップ

アームオン

 後部クローラーを支えに機体を直立させ、展開した腕部にクローを装着!

 

 

ハイパーブルドーザー作業モード

前

後ろ

 すごく簡素な作業ロボ形態。ビルダーイエローバイパーからの遠隔操作で障害物を取り除け!

 

 

腕部ぐりぐり

遠隔操作

 腕の付け根(?)が前方に90度上がり、さらに肘のボールジョイントで前腕を90度上げ、ロール可動させることも可能。

 後述するヘヴィーブレードに比べると横方向の可動範囲が狭い。

 

 

ハイパーチェーンソー

チェーンソー前

チェーンソー後ろ

所属:ハイパービルダー

全高:5.353m 全長:17.306m(本体7.678m) 全幅:6.581m 全備重量:18.400t 装備:ビルダーチェーンソー

 高速回転する特殊切削チェーンにより岩をも易々と切り裂く工作車両。おそらくはビルダーイエローバイパーからの遠隔操作で動くものと思われる。

 

 

可動ポイント

 ビルダーチェーンソーは三ヶ所の可動ポイントでスイングする。左右方向に動かないのが残念。

 

変形!

外してくっつけて

 バンパーを後方に逃がして。

 

スタンドアップ

展開

 スタンドアップ。クローラーアームとアウトリガーを展開して。

 

装着

 アーム先端を引き出し頭部にチェーンソーを装着!

 

 

ハイパーチェーンソー作業モード

前

後ろ

 ビルダーチェーンソーで高所切削が可能となり、さらにクローラーアームを用いればその場で簡単な加工もこなしてしまうモード。

 

レッツゴー三匹

比較

 トミカタウンの平和と山林地帯の開発は俺たちに任せろ!

 

 

急行せよ

 緊急事態発生。ハイパービルダー出動せよ!

 

連結合体

 チェーンソーのバンパーを作業モード同様に後部に逃がして。

 

連結モード

前

後ろ

 特に固有名は設定されていない直列作業車モード。二台の出力を六基のクローラーでアウトプットすることにより迅速に現場へと駆けつけることができる。

 

スタンドアップさせてみる

 ちょちょいといじれば作業モードにもなる?

 

 

それではいざ、シンクロ合体!

シンクロ合体だ!

分解!

 まずはブルドーザーからクロー前方クローラー、ビルダーイエローバイパーを分離。

 

交換

右腕

左腕

 両腕パーツをホワイトホープと換装。レバーをスライドさせると拳が出てくる。

 

バイパー交換

頭部展開

 ホープバイパーの代わりにビルダーイエローバイパーをセットして頭部展開。どことなくブレンダル似。

 

ひっこめて

 一旦出した拳を涙を呑んで再収納して。

 

装着

 クロー装着!

 

 

ホワイトホープ へヴィーブレード

ヘヴィーブレード後ろ

 ホワイトホープとハイパーブルドーザーがシンクロ合体した姿。

 より強力になったビルダークローが武器だ。

 

チェーンソーとも

 今度はハイパーチェーンソーとシンクロ合体!

 

分解

 後部ユニット、ビルダーチェーンソー周りを車体から分離。

 

換装展開

 脚部合体、アウトリガー展開!

 

装着

下ろして

 背部にビルダーチェーンソーを装着して合体完了!

 

 

ホワイトホープ ヘヴィーストロンガー

ストロンガー後ろ

 ホワイトホープとの合体により、さらなる高所作業が可能となった合体モード。

 そして……

 

 

ハイパーブルドーザー・ハイパーチェーンソーとシンクロ合体!

シンクロ

そしてさらなる合体肩と右腕を交換

 右腕クローとビルダーチェーンソーを交換して。

 

ヘッドポップ

 

ギュンッぐわっ

ドーン!

 ホワイトホープ ヘヴィーブレードストロンガー合体完了!!

 

 

ホワイトホープ へヴィーブレードストロンガー

前後ろ

 ハイパービルダー屈指のパワー型のパーツを装着したホワイトホープ。

 通常のウォーカービークルフォームに比べると格段にパワーが増しており、ホワイトホープでは持ち上げられない巨木を軽々と除去することができる。

 ただしチェーンソーの威力が高すぎるため精密破壊にはやや不向き。

 

基本アクション

 上半身の可動性能は先行するホワイトホープやスラスターエンペラーと同様。

 

横から

 背面のアームは後ろに向けてもスイング可能。

 

映像では

 第2話では両腕をビルダークロー、背部アームにビルダーチェーンソーを装着した状態で倒木に巻き込まれた車両を救出した。

 

フリーハンド

 ビルダーチェーンソーを右腕に装着し、左の拳を出せば両手持ちもできる。

 

 

あし

 これまでの2形態と比較してダイナミックな造形が魅力のおみ足。

 

接地

 足裏中央のスラスターらしき部位は内側にスイング可能で股関節を1クリックずつ開脚させたあたりまで追従する。

 

アウトリガー

 さらにアウトリガーを展開することで作業の安定性は格段に向上するぞ!

 

膝下

 ただしこの機構のために足が若干長くなっており、混成合体させるとバランスが崩れるので注意が必要。

 

奥の手

 クローラーアーム展開。これが文字通りの奥の手だ!

 

カーフォーム

変形

 ビルダークローは残念ながら余剰となる。

 

余剰

 一方ビルダー側の筐体にホワイトホープのパーツを組み込むことも従来通り可能だ。

 

 

組み合わせ

 シンクロ合体で状況を打開。トミカタウンの平和を守れ!

 

パワー不足かも

 スラスター足だと機動性は高くなるけれど踏ん張りがきかないとかあるんだろうか。

 

 

乱闘

「何だと? もういっぺん言ってみろ」

「何だ、耳が悪いのか? いや、知力2だから頭が悪いんだな。何度でも言ってやるよ、お前たちの違法建築は俺たちがひとつ残らずぶっ潰す!」

「やれるもんならやってみろってんだ!」

 UWボーンクラッシャーが手近なところにあったので。

 

 

というわけでハイパーブルドーザー、ハイパーチェーンソーでした!

走れ!

 比較的コンパクトで合体してもシルエット的に代わり映えのしなかったレスキューヘリコプターとは異なり、こちらは二体別売りとはいえボリュームたっぷりで単体でも簡易変形し、合体すると大きく様変わりするなどプレイバリューが高められています。

 ホワイトホープがあるなら是非とも揃えておきたい機体ですね。

 なお、へヴィーブレードストロンガーの構成を基に一部リデコしたトイザらスオリジナルのパーフェクトビルダーなる商品も用意されているようですが、カーフォームでビルダークローが余るという欠点も引き継いでいるようなのでちょっと悩みどころです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-17

TS-01 オプティマスプライム

テーマ:TF実写映画
 今日のといず・くろすおーばーは!
 実写劇場版「トランスフォーマー」第一作より、トランススキャニング・オプティマスプライムをご紹介!
オプティマス 


○解説
解説
 キャラクターとしての解説はこちらを参照。
 2008年3月発売。実写劇場版第一作の商品展開としては最後期のものとなり、第一作に限って言えば最後のオプティマス商品となる。
 可動素体のコアボディにプロトフォームかアースモードの外装を装着させることでトランスフォーマーの「スキャニング」能力を体現するというもので、どちらの姿でも差し替えなしの完全変形を可能とする。
 翌4月には素体とプロトフォーム外装を流用したTS-02バンブルビーが発売された。しかし構造が細かすぎるためかいずれも日本限定発売となり、対象年齢も15歳以上とされている。


コアボディ
前 後ろ 
 というわけでまずはコアボディから。胸のスパークらしきものはメタリックブルー塗装。


アクション
バストアップ 
がくん 
腰 
 首や腰は後ろに90度倒すことが可能。首は頭部側、胴体は二ヶ所がボールジョイント接続。

肩 
肩 
手首 
肩 
 肩は水平まで上げられる他、胴体側の関節で前後、および上方に90度ずつ可動。
 上腕はロール軸。肘は二重関節で180度曲がる。手首もボールジョイントで90度倒せる他、持ち手と平手を交換可能。

正座 
開脚 
足首 
 180度開脚が可能。大腿にロール、膝は二重関節。
 足首は前後に90度ずつ曲げられる関節があり、その下にボールジョイントを有する。爪先とカカトも動くなど、可動性能の塊となっている。
 ただし足首の左右スイング幅はあまり広くない。

折り畳み 
 変なオブジェにもなる!


腕組
腕組み 
 細かいディテールが金属生命体っぽさを強調する。


アーマー装着
1 
2 
3 
4 
 プロトフォーム用の外装は透明感のあるメタリックブルーに紫ラインのもの。

スタイリング
前後ろ 
 実写劇場版におけるトランスフォーマーたちの「真の姿」。サイズこそ違えどみんな基本的にはこの姿で、あとは自分の質量に合った物をスキャン、擬態する。


肩 
 アクション性能はコアボディとほぼ同等なのだが、肩アーマーが上腕に接続される方式なので上腕ロール可動に干渉しやすい。
 それでも必要充分以上に動いてくれるのだが。

アクション 
 コアボディだけだと貧弱だったが、程よくボリュームアップした感。


トランスフォーム
肩 
脚 
折りたたんで 
 手足と首を後ろにたたんで。


スタンド 
 大腿部の接続穴にスタンドを差し込めば……


エントリーモード
隕石前 
隕石後ろ 
 大気圏突入の隕石状態。隕石に変形するプロトフォームはデラックスクラスでも出ているが、ギミックの都合もあって輪をかけて強引なプロポーションになっている。

メテオストライク 
 落着。


比較 
 アースモードの外装を組み上げたビークルと。
 玩具としてのコンセプトの都合とはいえ、同じ質量とは思えないよなぁ……

比較 
 サイバーバースのバンブルビーと。
 

ふむ…… 
 それでは通りすがりのトレーラーヘッドをスキャン!


つま先
 爪先にパーツ追加。

脛 
腿 
 脛、膝、大腿部にも装甲追加。

腰胸 
 腰と胸にも装着。胸のウィンドウは変形には用いないダミーパーツ。

肩 
頭 
 肩アーマーを左右から。ヘッドギアも前後挟み込みで装着。

一休み
休憩 
 アースモード外装のうち、ビークルモードの外観に関わらない部分だけでここまでオプティマスになってしまうという……さすが壮絶ガワ変形。

ぶーん 
 ではトレーラーを分解!

脹脛 
 フロントパーツは脛アーマー後部と接続してふくらはぎに。

腰 
 屋根はアームを折りたたんで腰後ろに。

両腕 
 ドアは両腕。

背中 
 そして残りのパーツを豪快に背負わせれば……


アースモード
前 後ろ 
 劇中のCGモデルの特徴を捉えつつも、ビークルの面影を残しまくりなロボットモードへ!


アクション
アクション 
 さすがに主に背面のカバーが干渉する上に後ろに倒れやすいのが難点。膝もふくらはぎのボンネットが干渉するが、それでも90度は曲がってくれる。


サイズ
比較 
 ビークルモードは大体デラックスクラス相当なのだが、ガワにボリュームを持っていかれているので本体はやや小柄。


副産物
3mm 
スタンド 
 変形ギミックの都合でルーフ接続アームを固定する3mm穴が背中にあるため、適当なスタンドで空中展示も可能だったりする。


ツインブラスター
後ろから 
ずるずるっと 
 後輪のタイヤハウスに収納されていた砲身を引き出す。

ずるずるずるっと 
 思いのほか長いものが詰まっていることに驚きつつグリップを起こして前方に持っていき、手に持たせると……


ツインブラスターモード
ツインブラスター
 本商品オリジナル武装。 これ以前にヴォイジャークラスで「ツインブラスター オプティマスプライム」が発売されているが、そちらとも趣が違う武装となっている。

担ぎ方いろいろ 
 バックパックのカバーが背部とボールジョイント接続されていたり砲身自体が可動軸も多いのでいろいろな持たせ方を試すこともできる。


トランスフォーム!
1 
 首を真後ろにガクンと倒す。

2 
 背面カバーを前方に持ってきて閉じ合わせる。

3 
 前後ひっくり返して。

4 
5 
6 
 ルーフを倒した頭部に被せて背面カバーを固定しつつ、両腕のドアを下から差し込んで位置を整える。

7 
 脹脛カバーをがばっと開いて。

8 
 足首を回転させて内部に畳み込む。

9 
10 
11 
 そして閉じていき、フロントガラスをルーフの下から差し込んだり、ドアの突起をボンネットに合わせて固定。

12 
13 
14 
 後輪のタイヤハウスを車体後方で合わせて、最後に丸で囲んだ接続アームを縮めて……


15 
 パイプとドアを接続し、排気筒を閉じて変形完了!


ビークルモード
前 
後ろ 
 劇中車両はピータービルト379だが、この時期の玩具ではケンワースW900がモチーフ。
 ガワ変形なので真下から見ない限りは隙のないビジュアルだが、やや横幅が大きめ?

ドア開く 
 六輪の転がし走行が可能な他、左右のドアを開閉可能……なのだが外からドアを開くのはかなり困難で、いったん変形させてドアを内側から指で押し出してまた変形させる必要があったりする。


ビークルモード比較
比較 
比較 
ヒトと
  ビークルモードのサイズは大まかにデラックスクラス相当。クリアウィンドウとメッキ処理のおかげで密度感が高い。


Autobot, Roll out!
オートボット集合せよ 
第一作キャラたち 
 あの頃のメンバーがもうオプティマスとバンブルビーしか残ってないんだな……


ベルトと 
 ダイアクロンは未所持なんだけどダイアバトルスV2付属の隊員とも相性は良さそう。


戦えオプティマス!
戦いだ! 
戦え! 
 程よく小さいのでエフェクト類との相性もいいぞ!


というわけでトランススキャニングオプティマスでした!
私はオプティマスプライム 
 かなり構造の細かい部類で対象年齢15歳以上は伊達ではなく、特にアースモードはお世辞にも扱いやすい代物ではありません。ロック機構はちゃんとしているので慎重に動かして慣れればしっかりビークルモードにできますが、かなり神経を使う点は否めず、ロボットモードでもガワの過剰な干渉に頭を悩ませることになります。
 予備知識なしでいじると確実に脛アーマーから膝に伸びる突起に負荷をかけて白化させてしまうという点も注意が必要です。
 またこの時期は品質管理に問題があったようで、メッキの厚みを考慮していないのか合いが悪いフロントグリルといった難点から、素体の組み間違い・ファイアパターンの未プリント・説明書封入忘れといったトラブルが多く報告されています。
 そして細かいパーツを高いテンションのボールジョイントで接続している部分が多いので、この時期に手に入れた個体は未開封品であっても経年劣化もあってコアボディの各部にクラックが入ったりすることも少なくないようで……

フロントグリル
 と、かなり扱いづらい面ばかり列挙してしまいましたが、本商品の持つポテンシャルは高く、情報量の高い実写劇場版TFのコンセプトをこの時点では何より体現していた一品であることも事実です。
 このコンセプトが二作で終わったのが惜しい一方でうなずける部分もあり、なかなかに複雑な気持ちにさせられますが、補修と調整を繰り返しただけあり思い入れの強いアイテムだったりします。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。