〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。



昇るべきところまで昇るために、
降りるべきところまで降りなければならない。




一度死んだ者だけが
真の生命を生きることができるのだから。




だからあなたは、
誰かのために語るのではなく
自分自身を弁護しなければならない。





報われないという想いは
すべての失恋に通じている。





つまりあなたは誰かのために生きてしまったのだ。





その偽りの命は一度死なねばならない。





月と地球の密約の回廊を通して、
偽りのあなた、偽りの影は滅びる。







影を破って、炎よ吹上げよ!




自分自身のために怒れ!




自分自身のために慟哭せよ!







あなたという存在の深淵から放たれる、
すべての才能は、叡智は、想いは、その美々しい獣は、
永遠の宇宙の中でたった一人、
あなた自身のためだけに存在しているのだ!





その輝きを、襤褸のように安値で他者に振りまいてはならない。




そのような陵辱を、決して許してはならない。





自信がないなどとうそぶいて見せる、
狡猾だが脆弱な、仮面を被った己の影に鼻面を引き回されてはならない。








高貴なる獣よ。
汝の名を、「原初的欲求」という。






汝、顔を上げよ。
正面を見据え、汝の敵から目を逸らすな。





汝を見くびる者は、
たとえ汝自身の影であっても決して許すな。






汝は報われるためにそこにいるのではない。






汝は汝自身の存在を証明するために、
始まりも終わりもなく、一切の定義を拒む、
威風堂々たる絢爛華麗な命としていつでもそこにいるのだ。






だから顔を上げよ。
その純粋なる怒りでもって怒れ。
不朽の一歩を踏み出せ。
汝のためだけの言葉を発せよ!





たとえその言葉が言葉の体をなしていなくとも構わぬ。






誰かに報われるために発した言葉など
いかな麗句であってもくだらぬ!






それよりも汝が汝のために発した音ならば
言葉にならぬその唸り声の方が
幾億倍も美しく、星々を揺らす不滅の響きとなると知りなさい。






偽りの影は、死ぬがいい。






咆哮せよ。
死んだのち、汝は初めて、生きるということを知るのだから。







女神イシスの言葉
2016.10.4. チャネリングby Naoko



**********************************************







さて、今夜もブログはタロット語りの予定だったのですが、
女神イシス様の非常に強烈なチャネリングメッセージが
降りてきてしまったので、急遽、内容を変更してお届けします。




私がチャネリング契約を持っている存在、
古代エジプトで最も崇拝された女神、イシスですが、
最近非常に強く、ほとんど怒りながら伝えてくるメッセージがあります。




それは、
「他人の王国の中で生きるな!」ということ。





つまり、自分自身のやりたいことや、自分自身のためのことではなく、


「誰かのやりたいこと」
「誰かの夢」
のために生きるということ。





あるいは
「誰かをかばうため」や
「誰かを弁護するため」に
自分の力を使ってしまうこと。





「誰かのため」に生きてはいけないと、イシスはきっぱりと言います。





それは、世のため人のため、
世界平和のために生きるな、と言っているのではなく、





「自分自身のために生きる」という絶対的な生き様の延長線上に
他者のため、世界のためは、
当たり前に出てくる。
ということを言っているのです。






そして、イシスは厳しく、
「自分のため」に生きていない証拠として、


◎自分に自信がない
◎いいと思っていない人を褒める(茶番に付き合う)
◎自分一人では何もできないと思う
◎誰かに褒められることを期待する
◎誰かに手伝ってもらえることを期待する
◎人と比べて自分には才能がないなどと思う


などといった症状をズバズバとあげつらってきます。





わかっている人が、
才能ある人が、
行動すれば絶対に成功できる人が、


その能力を発揮して生きようとしないことが、
女神イシスは大っ嫌いなのです。





私もイシスからこのメッセージを頂いて、
背筋が伸びる思いがしました。



胸に燃えている炎があるのならば、
それに従わないのはバカです。





その情熱こそが自分を導いているものだと
どこかで感じながら、
見ないふりをして、自分には才能がないなどと傷ついて見せるのは愚かです。





そして、やると決めたからには最後まで顎を上げていること。






女王イシスにチョップをかまされ、
女性リーダーとして最後まで堂々と振舞おうと決意を新たにしたのでした。





いわゆるインナーチャイルドとか、
トラウマによって傷ついている自分の心や感情といったものは
確かに人生を前進していく上で癒していかなければ
ならない課題ですが、




イシスはばっさりと、
「そこに本質はない」
と言ってのけます。



傷つくもの、壊れるもの、盗まれるもの、汚されるものは、
本質ではないのです。



決して傷つくことのない、壊れることのない、
盗まれることのない、汚されることのない、

本物の自分自身の輝き
=高貴なる獣に目を向けろ、とイシスは言います。



そして、自分自身の心や価値を
傷つけたり汚したり「できる」と思わせているもの
・・・イシスの言葉では「自分自身の影」と呼ばれるものに対して、
イシスはきっぱりと、「死ぬべき」と言い放ちます。





自分自身の本質に立脚すること。




その最初の一歩なしに、
どんなに着飾ったり、どんなに賢くなったり、
どんなに友達や恋人に愛されても、


全く、意味はないのです。


それは、影を喜ばせているだけ。








さて、2016年10月は1日と31日が新月という珍しい月です。


月に二度目の新月を「ブラックムーン」や
「シークレットムーン」と呼びますが、
実はこの二つの新月に挟まれた10月は、
自分自身の「影」がクローズアップされる時期でもあります。





自分自身に「お前は価値がない」と囁くこの影をとっ捕まえて、
聖なる獣の純粋な怒りで破壊する、

・・・という強烈なワークを、この10月を通して
イシス様が私にしてくださっています。





人生を前に進むのを止めていた、
あなたが成功することを止めていた、
この影をはっきりを認識して退散させるための魔法の言葉を、
チャネリングメッセージという形で参加者の皆さんにお届けしたいと思います。




ご希望の方は下記からお申し込みください。


月神イシスのシークレットムーンのお告げの参加申し込みはこちら








また、「シークレットムーン」の特殊なエネルギーについては
メールマガジンで補足解説をしたいと思います。

明後日の朝配信予定ですので、ご希望の方は
無料ですので、メルマガ登録してみてくださいね。


スピリチュアルエレガンス〜魂の魅力を引き出すメルマガ〜の購読申し込みはこちら








NAOKOでした








******INFORMATION******

★トゥルータロットスクール初級新規開講決定しました(初回11月5日・6日)
トゥルータロットスクール初級(全4回)の参加申し込みはこちら


★メールで届くチャネリングメッセージ!参加受付中です
月神イシスのシークレットムーンのお告げの参加申し込みはこちら



★土日開催!アデプトプログラム受付中です(10月22日・23日)
アデプトプログラムの参加申し込みはこちら









いいね!した人  |  リブログ(2)