〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:

 

久しぶりのブログ更新となります。

みなさま、ご無沙汰してしまって申し訳ありません。

 

 

今日からまた、少しずつ発信を増やしてまいりますので、

ぜひブログやメルマガをチェックしていただけると嬉しいです。

 

 

 

さて、2017年から全く新しい時代だ!という趣旨のことは去年の末ごろからこのブログでも散々書いてきているのですが、

実際に今年を生きてみると、なかなかどうして、本当に変化の多い一年です。

 

 

ワンステップ、ワンステップ、毎月毎月の星々と月と、太陽のテーマが、

人生の様々な局面をあきらかにしていくようです。

 

 

 

それは、想像を超えた新しい可能性が拓けていくようでもあり、

しかし反面、ずっと昔から心のどこかで知っていたことと、改めて出会っているようでもあります。

 

 

 

アナムネーシス(想起すること)。

 

 

 

どこから生まれてきたのかも、

どこへ向かって生きているのかも知らない、

記憶喪失者としての「私」。

 

 

さまよい果てて、何を探していたのかすら忘れて、

自分が記憶喪失であることも忘れ去って生きてきた「私」が、

いつも求めてきたその「記憶」は、

 

 

 

多分当たり前の風景の中に、

いつも通りの心持ちの中に、

「私」という存在の総体を成す、目の前に拓けた「世界」の中に、

 

無言で佇んでいる。

 

今、このときにも。

 

 

 

自分の中のいちばん大嫌いな自分を、いちばん大好きになるとき。

 

 

正しいことをできない、

理想に適わない、

美しくあれない、

そんな自分が語ろうとしていることをようやく聞こうとするとき。

 

 

ロジックではなく、心臓から巡る血液の中に、ほんとうにささやかな自己愛が混じる。

 

 

だからあきらめて、受け入れる。

 

 

 

あきらめるとは、「明らめる」。

 

己の真実をはっきりと見て、あきらかにするということだから。

 

 

 

記憶は水だ。

そしてその深みから、泡のように立ち上る言葉は、炎をまとった風だ。

 

 

沈み込んでいく記憶と感情から、ゆらゆらと浮かび上がるその言霊は、

過去から生まれ、未来を創るための、創造の種子だ。

 

 

 

だから、愛してるというとき、

その言葉の中には全ての時間の全ての記憶から来た言霊が宿っている。

 

 

だけど同時に、今この瞬間に口に出されたその言葉は、

フレッシュな輝きを持って、逆に言えばその音に含まれた全ての想いを記憶喪失して、

まっさらの言葉として発音される。

 

 

 

だから、言葉は私たちそのものだ。

 

 

 

 

海のように深い愛のために

 

空のように自由な可能性のために

 

全ての思い出を眠らせて生まれて来たもの。

 

 

 

 

 

創造するとき、心のどこかでその遠い記憶が微かに鳴る。

 

言葉を口にするとき、心臓がキュッと痛む。

 

 

 

創造の種として生まれて来た私たちは、この切ない痛みから逃れようとして、未来へ向かう。

 

土の中で芽吹いた種が、暗闇を逃れて光に向かうように。

 

 

命は巡る。

 

言霊は巡る。

 

 

 

 

 

岡崎直子

 

 

 

 

 

 

 

 

________________

INFORMATION

 

 

 

●ライティング講座「言の葉の魔法」前編:スピリチュアル編 動画レクチャー

https://vimeo.com/ondemand/kotonohanomahou1

 

2017年2月と5月に二度開催された大人気のクラスが
動画レクチャーとしてリニューアル発売。

自分の思いと言葉を一致させるとは?


森羅万象を創るロゴスのエネルギーとは?


あまりに美しく、奥深い、

特異な日本語という言語について。

言葉を知り、言霊を知ることは、自分の人生を自由自在に創造すること。

この動画では、言霊の概念の基礎から日本語に宿る魔法まで、
たっぷり90分間のレクチャーでお届けします。


 

 

2017年の2月と5月に開催された本クラスにご参加いただいた皆様は

無料で視聴していただけるように準備しております。

詳しくはクラスご参加の皆様にメールでお知らせいたします。

 

 

 

関連記事:言の葉の魔法

 

関連記事2:萌ゆる緑の炎

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「♦︎フィロソフィー」 の記事

テーマ:

 

 

五月の緑の萌えるエネルギーは、まさに「豊かさ」という言葉そのもの。

 

 

 

金色の太陽の光を受けて、

暖かい風にさわさわと揺れる木々の緑は、

ああ本当に、5月ってなんてリッチな季節なんだろう、

という気分にさせてくれます。

 

 

 

 

十分に満ちていて、しかし真夏ほど過剰ではない「日・陽・火」のエネルギーと、

葉っぱの隅々まで、花びらの一枚一枚まで行き渡り、内側からパンっと生き物を潤わせる

「月・陰・水」のエネルギーとが、

最高のバランスで、最大に満ちている。

誕生月ということもありますが、個人的に今が一年で一番大好きなシーズンです。

この時期に大型連休が設定されているって、素敵ですよね





さて、「言葉」という単語は「言の葉」と書くわけですが

この「葉」という一音には、まさに五月の燃ゆる緑の豊かなエネルギーが

ぎゅっと凝縮されているわけです。

植物はこの葉を通して光を吸収し、

呼吸して、生きているわけです。





葉っぱの緑は、赤の反対色。

太陽と炎の色である赤の反対にある、緑の葉とは、

反転した太陽、反転した炎でもあります。




枝の表皮を破って、萌え出づる緑は、よく炎になぞらえられました。

(「萌える」と「燃える」は同じ音ですよね。)




タロットカードをやっている方は、

火の元素にあたる「ワンド」のカードの象徴が、

緑の葉っぱが萌え出る木の枝だったことを思い出すかもしれません。

葉っぱの形も、炎の形によく似ていますよね。





葉は火の眷属でありながら、しかしその内側に水を湛えている、

「反転した炎」であるところが、実はミソだったりします





内側に水を持ち、

さわさわと風を孕み、

大地に根ざす、炎。

精神である太陽が反転し、水と大地と風と結びついたもの





私たちが緑を目にしたときにたまらない心地よさや快感、

「豊かな」エネルギーを感じるのは、

地球の豊かな生命力を感じているという以上に、

「全て」がそこに含まれているということを

自然に感じ取っているからなのかもしれません。





「葉」は、

何かを破って新しい世界に飛び出す「破」でもあり、

無知を混乱を切り裂いて真実の光を通す「刃」でもあり、

その一言の元に自分が表現したいエネルギーや感覚を

全て掴み、把握し、確かなものとして創造する「把」でもあります。





こうした文脈において「言葉」とは、

つまり私たちの意識の中に芽吹く緑です。




言葉は、私たちの精神という大地を、実り豊かな緑の地にします。




見渡す限りの草原。

深く豊かな熱帯雨林。

叡智たたえた森林。





どんな焼け野原からでも、

不毛の砂漠からでも、

また芽吹いて、生命の復活を祝福するのはいつだって「緑」だ。





私たちの心は、今どんなだろう?

痛む場所がある?

潤いが足りない場所が、不毛の場所がある?

 

 

大丈夫。

言葉の緑はあらゆる場所に芽吹き、そこを豊かな命の世界にまた戻してくれる。




そしてその緑豊かに潤った心は、そのまま一挙反転して私たちの外側の人生を鮮やかに彩ってくれる。




言葉とは命であり、

まさに、創造の種子なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

__________________

 

無料メールマガジン登録受付中
スピリチュアルエレガンス~魂の魅力を引き出すメルマガ~


 

いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:

 

 

制限の中に生きているときは、まだ簡単だったんだ。

 

反抗が原動力になったし、次々やってくる困難を乗り越えることが物語になった。

 

 

 

 

だけど支配と統治の時代が崩れはじめ、

 

既存の価値観も、成功のモデルも、あれだけ必死になって抵抗してきた「良き人生」のレールとルールすら、戦うまでもなく死んでいく中、

 

 

 

 

私たちは、全く新しい物語の創造を迫られている。

 

 

 

 

 

 

空恐ろしいほど広大な白紙のキャンバスを前にして、

想像を絶する壮大な未来像が無窮の空から降りてきて、

 

 

 

 

 

その片鱗すら、まだつかみとることができないでいる。

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことはなんだったのか。

私は誰だったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

古い物語が終わり、

新しい物語が生まれる前の、

この時と場所で。

 

 

 

 

 

 

期待と迷いの中、

私たちはひとつの魔法を思い出そうとしている。

 

 

 

 

 

 

 

「はじめに言葉ありき」

 

 

 

 

 

 

*******************************

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年・創造時代。

 

 

 

この時代に生きている私たちひとりひとりが、心の内側にあるものを表現することで、

新しい時代を、新しい宇宙を創造していく時代。

 

 

 

 

「人の心の中にあるもの」は、

本来決して私からは見ることのできない、

絶対的な別世界です。

 

 

 

 

”創造”とは、

”表現”とは、

 

 

 

 

私の心という宇宙から、

あなたの心という宇宙へ、

 

 

そしてあなたの心という宇宙から、

私の心という宇宙へ、

 

 

 

 

そっと差し出された一通の手紙。

 

 

 

 

 

全ての創造、全ての表現は、この「伝えたい」という手紙から始まります。

 

 

 

 

神の創造に、人間という受け取り手があるように。

 

無窮の空を不動の大地が受け止めるように。

 

世界のどこにいても、

いつの時代を生きていても、

距離も時間も、死すら超えて、あなたの言葉が私の心を震わせるように。

 

 

 

 

 

 

創造者と受動者。

 

あなたと私。

 

 

 

 

 

その無限の距離を貫いて響き渡る魔法こそ、「言葉」なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

あなたが何に笑い、

何に願い、

何に傷つき、

何を意志したのか。

 

 

 

 

あなたの目に世界はどう映って、

あなたの空が今日は何色なのか。

 

 

 

 

 

 

それを知りたい誰かがいて、

それを知るだけで救われる思いがあって、

 

かきむしりたくなるくらいの魂の郷愁に、

涙をこぼすかもしれないけれど

 

それでまた、「生きる」という今日の現実に

立ち向かえるようにもなる。

 

 

 

 

 

 

だから、創作は、表現は、物語は、

この世にある救いなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会ったことすらない、

もしかしたら地球の反対側に住んでいる、

もうずっと昔にこの世のものではないかもしれない、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの残した「手紙」が。

 

 

 

 

 

その心の軌跡が。

 

 

 

 

 

 

 

私の心をどうしようもなくかき鳴らすとき。

 

 

 

 

 

 

 

私は確かに、「今日生きる」意味に触れているのだから。

 

 

 

 

 

 

出会うために、別れたのだということ。

 

 

思い出すために、忘れたのだということ。

 

 

また繋がるために、解いたのだということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼我の距離を渡り、

救済の鐘を鳴らす。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのはじまりは、「言葉」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***********************************************

 

 

 

不定期配信の無料メールマガジンにて

ブログ内容の掘り下げ記事など配信中です。

 

ご登録は以下からどうぞ。

 

 スピリチュアルエレガンス〜魂の魅力を引き出すメルマガ〜の購読申し込みはこちら

 

 

 

 

***********************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

INFORMATION

 

 

 

新規開講! 2月25日(土)13:30-19:00

エネルギー&実戦で文章力を磨く1DAY特別プログラム

【ライティング講座】言の葉の魔法の参加申し込みはこちら

☆1月31日までの早割アリ!

 

 

 

 

 

新規開講!トゥルータロットスクール初級全4回

初回 2017年2月18日(土)&19日(日)

 トゥルータロットスクール初級(全4回)の参加申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

大人気!リクエストにお応えして再度開催!

 

 至福の人生を創造する「シナリオ書き換え」アルケミープログラムの参加申し込みはこちら

 

 

 

注意:すでに「シナリオ書き換え」アルケミープログラムにご参加中の皆さまへ

 

12月29日から1月12日までのステップは、新しいプログラムでも内容は変わりません。

水瓶座の新月からの2週間、すでにお手元にあるプログラムを再度利用していただくことができますので、

新たにこちらにお申し込みいただく必要はありません。

 

 

 

 


 

 

いいね!した人  |  リブログ(4)