〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:





みなさまこんばんは。


今年の2月に公開し、ご好評をいただいていた連載記事、
「女神イシスの女王レッスン」を
無料ステップメールにまとめさせていただきました。




ステップメールとは、
ご登録いただいたメールアドレスに、
毎晩決まった時間に連載形式でメールを配信するサービスです。




無料メニューですので、ご興味のある方はぜひ登録してみてください。





連載当時リアルタイムでメルマガ読者限定公開していた
補足記事もまとめて配信しますので


女神イシス様にビシッと怒られたい方。
まとめてレッスンを読みたい方にオススメです。






また、シークレットムーンのこの時期は、
自分の仮面・エゴが浮かび上がりやすくなっています。







女神イシスの女王レッスンは
こうしたテーマにもぴったりな内容になっていますので、
自己解放をよりスピードアップして進めたい方
ぜひ読んでいただきたい内容になっています。


全12回の長丁場ですが、
本気で自分らしく生きたいと思う方には
きっと面白く読んでいただけるんじゃないかな。




女神イシスの女王レッスン・基礎編の購読申し込みはこちら





また、「女王レッスン」と銘打ってはいますが、
男性の方にも当てはまる内容になっていますので、
遠慮なさらずに気になる方はお申し込みいただけたらと思います。






基礎編の内容がある程度の方に見ていただけたら、
女神イシスの女王レッスン、
応用編を公開したいと思っております








ついでに、その他の無料メニューもご案内。





◉アバンダンスの法則について解説した、全10回のステップメール

夢見る力の秘密〜ビリオネアの教え〜の購読申し込みはこちら





◉月と太陽の交点でみる、恋愛系無料占星術メニュー

ドラゴンヘッドで見るあなたの恋愛テーマをされるかたはこちら





NAOKOでした









******INFORMATION******

★トゥルータロットスクール初級新規開講決定しました(初回11月5日・6日)
トゥルータロットスクール初級(全4回)の参加申し込みはこちら
満員御礼、ありがとうございました。


★メールで届くチャネリングメッセージ!参加受付中です
月神イシスのシークレットムーンのお告げの参加申し込みはこちら
個別メッセージ付き、8名様売り切れましたが、少量増枠中です。
ご希望の方はお早めにお申し込みください。数日で締め切らせていただきます。


★土日開催!アデプトプログラム受付中です(10月22日・23日)
アデプトプログラムの参加申し込みはこちら



★0番・フールのエネルギーで自己解放と自由を得る!(11月7日19:00〜)
タロットカード瞑想会の参加申し込みはこちら














いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「♦女神レッスン」 の記事

テーマ:



おかげさまで大好評をいただいております、
連載企画「女神イシスの女王レッスン」。



「女王レッスン」というタイトルからも分かる通り、
この連載記事は女性リーダーや、女性リーダーを目指す方向けの
スピリチュアルレッスンです。



とはいえ、基礎編の6回にかんしては
男性にも十分当てはまる内容だと思いますし、
特にリーダーを目指してはいない、という女性にとっても必要な情報だったのではないでしょうか。



次の初級編からは、いよいよ本格的なリーダー論に話が及ぶ予定です。




実際、私も2年ほど前に突然、
会社のCEOというリーダー役を任されるにあたり、
リーダーという立場特有の悩みにぶつかりました。




そのとき私を支えてくれたのが、
現在公開しているこの「女神イシスの教え」だったわけです。





第一回から第六回は基礎編とでも言うべき内容でしたので、
ここで一区切り、内容を改めておさらい&まとめてみたいと思います。




連載記事一覧

前説  「女神イシスの女王レッスンはじまります

第一回 「吟味して選ぶこと

第二回 「心は目に見える

第三回 「王と獣と亡霊

第四回 「未熟の王

第五回 「生死と善悪

第六回 「幻想は獣を殺す








また女神イシスの教えに対して、
よりわかりやすく、現代的に解釈した補足を無料メールマガジンで配信中です。





メルマガバックナンバー

第一回 吟味するとはどういうことか?

第二回 実存する心の世界

第三回 心に棲む亡霊に対処する

第四回 大臣を黙らせよう!

第五回 よい、悪いを超える


第六回は明日、2/17配信予定です。




各回のブログ記事にたいする補足ですので、
あわせて読んでいただけると内容が頭に入って来やすいと思います。


補足記事をご希望の方は、下記からメルマガにご登録ください。



http://www.reservestock.jp/subscribe/40612




中級編に向けて、ぜひ記事をおさらいで読んでみてください。

2度目に読むと、また新しい発見があるかもしれません!



それではまた、連載記事でお会いしましょう




NAOKOでした



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



昼と夜の繋ぎ目は
二つの世界の交わりである


黄昏は昼を包み込み
暁は夜を満たす


不活性の獣はこの繋ぎ目を渡るとき
いつの間にか死に
いつの間にか蘇る


高貴な獣はこの繋ぎ目に王道を開き
昼と夜を婚姻させる


---女神イシスの言葉6




***************************************



連載記事でお届けしております、
女神イシスの女王レッスン」第六回です。




更新をお待たせしてしまっております。。。!




この「女王レッスン」というシリーズは
そもそも私がとある会社のCEOに就任した際に、
高次元の存在である女神イシスから
実際にもたらされた情報をベースにしています。




そのせいもあるのでしょうが。。。




記事をあげればあげるほど、
自分の人生に恐ろしい勢いで変化が訪れています。




言霊というものがあります。




発した言葉や、記した言葉は
力を持って人生に影響を与えるわけです。
それはもう、否応なしに。。。





つまり、私自身が意図を持って
「女王であること」
「リーダーシップをとること」
について語れば語るほど、
私自身の人生にもそのテーマに即した
様々な学びがやってくる、というわけです。





さて、シリーズ記事の6回目は、
さしずめ第1章・基礎編の終わり、というかんじでしょうか。




だんだんと難しい話になってきますが、
例によって補足記事を無料メルマガで配信しますので、
ご登録がまだの方はぜひ下記からお申し込みください。



http://www.reservestock.jp/subscribe/40612





過去記事の補足メルマガも「バックナンバー」として
読んでいただけますので、ぜひご活用ください。



それでは語り手を女神イシスに変わります。






*******************************************



どんなに美しい夢も、
それを現実だと思って生きなければ毒になります。




夢と現実を分断することは危険なのです。





分断すれば、幻想は一人歩きを始める。
そしてあなた自身の現実から完全に切り離された
「完璧な世界」としてあなたを誘惑するでしょう。




そこには現実の辛さを忘れさせてくれる癒しがあり、
誰にも邪魔されることのない、閉じた平和があります。



しかしこれは諸刃の剣なのです。





中毒になれば、あなたをとろかせる夢が
あなたの現実を蝕んでいきます。




あなたは現実をとてもつまらない、出来損ないのもののように感じるでしょう。
そして夢はますます幻想的に美しく、完璧に思えるでしょう。



この差異が激しければ激しいほど、
獣は力を失ってゆくのです。





そうならないために夢と現実に架け橋をかけてください。




獣とは、すなわちあなたの生命力であり、
生存本能です。





この生存本能が正しく機能していると、
夢と現実がちょうどよくバランスされます。




一日一日、
昼と夜を渡るときに、
あなたがたは死んだり蘇ったりを繰り返しています。




この事実にどうか気がついてください。





眠りにつくときに、あなたの心、
あなたの意識の世界は一度死に、
朝の目覚めとともに新しく生まれるのです。




朝目覚めたとき、
あなたは「今日も一日生きよう」と
決めているのです。



そのあなたの決定が、獣に力を与えています。





あなたの決断にしたがって、
獣は現実と夢をひとつにするために
あなたの心に欲を生み出します。




完璧なる幻想、
あの夢の世界を欲しいと願う獣の生命力が、
二つの世界を縫い合わせる最初の力になります。





欲する心は、あなたの獣。
あなたの生存本能そのものなのです。





これは生命の原理です。





さてしかし、
王は王たる故に、この原理を踏み越えていく者でもあるのです。






いいね!した人  |  リブログ(0)