〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:


さて、昨日は水瓶座満月でしたね!

革命の星座でもあるこの水瓶座フルムーン、

強烈な顔ぶれの多い今年の満月の中でも、かなりパワフルな満月だったのではないでしょうか。

 

 

私も個人的に、とても水瓶座らしいテーマの出来事が勃発いたしました^^;

 

 

仕事関係の目上の方と、男と女についてというテーマで、ちょっとした議論になってしまいました(汗)。

 

 

とても水瓶座らしい、いいテーマなので少し取り上げますと、

 

「男と女」という次元と、

「男性性と女性性」という次元は、

全くエネルギーの領域が違う、別次元です。

 

 

 

男と女というのは、肉体的な性別を持ってこの世界を生きている、物質的な次元の男女のお話。

 

よく言われる話ですが、男として生まれても、女として生まれても、

100%全部男、あるいは女、という人は存在しません。

 

 

男性の中にも「女性性」があるし、

女性の中にも「男性性」が存在します。

 

 

 

一方で、男性性・女性性、といったときには、

純粋なエネルギーのことを指します。

 

 

 

男性性のエネルギーは、目的に向かって一直線に進んで行くパワー、

挑戦し、目標を達成する力、戦って勝ち抜いていくパワーなどを表します。

 

女性性のエネルギーは、今この瞬間を感じて味わう力、

受容し育むパワー、あるがままそのままを肯定する力などを表します。

 

 

 

 

さて、現代が男性社会と呼ばれて久しいですが、

こうした状況を「男が支配的で高圧出来なのが悪い!」などど、

肉体的な性別である「男性」に責任として投げてしまうのは、

実は的外れなことなのです。

 

 

あるいは、結婚したくてもできない女性が多くいる現状に対して、

「女が強くなりすぎて、男の仕事を奪っている」などと、

「女性」一般に責任を投げてしまうのも、

的外れなことです。

 

 

 

 

「男の責任だ」

「女の責任だ」

という次元で話をしても、こうした社会問題は解決しません。

 

 

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

答えは、次元を上げてみること。

 

 

 

今回の話で言えば、

「男」「女」という物質レベルの話から、

「男性性」「女性性」というエネルギーレベルの話に次元上昇するということです。

 

 

 

社会問題として物質世界に現象化している出来事というのは、

実は、すべて私たち一人一人の人間の内面で起きていることの反映です。

 

 

 

 

男と女のバランスに歪みが出ているということは、

私たちの内なる「男性性」「女性性」のバランスが崩れているという証なのです。

 

 

 

 

さて、このお話は深めていくとなかなか難しいテーマなので、

詳しい解説はまた次回に譲るとして、

 

 

なぜこうした出来事が水瓶座に関係しているのかということを少し、説明しますね。

 

 

 

水瓶座は革命の星座と呼ばれますが、

それは既存の枠組みや、当たり前に認識されている前提条件から飛び出して、

大胆な高みから物事の全体像を俯瞰するという性質から来ています。

 

 

男と女の問題は、私たち人間が男か女かという性別に分類される、

いわば「問題の当事者」であるために、

客観視するのがとても難しい問題なのです。

 

 

このテーマについて語ろうとすると、

自分の人生の経験や、感情的な傷にどうしても触れるため、

どうしても感情的な男VS女の構図になってしまいます。

 

 

 

水瓶座のエネルギーは、こうした当たり前の対立構造から

大胆に次元上昇をしてみせます。

 

 

つまり、すべての男女は、男性性と女性性の混合であるという次元に。

 

 

そうすると、

男の問題と思っていたことは自分の中の男性性の問題であり、

女の問題と思っていたことは、自分の中の女性性の問題ということになり、

男対女という対立構造は消滅してしまいます。

 

 

 

そうすると、自分の内なる男性性と女性性の問題を、

現象の次元の男と女で客観視していたにすぎないという、新たな事実が浮かび上がってくるわけです。

 

 

 

こうした性質から、水瓶座には「中性」「中性的」という意味合いもあるんです^^

 

 

 

 

私も一連の出来事を通して、

世間の問題だと思っていたことが実は自分自身の問題だったということに

改めて気づかされました。

 

 

(なんどもなんども、改めて気付かされるんですけどね〜)

 

 

 

 

さて、皆様は水瓶座の満月、いかが過ごされましたか?

 

 

 

社会的な上下関係、

男女のバランス、

自分の人生にとって当たり前の前提になっていたこと、

どうしてもNOを言えなかった人間関係、

 

 

などなど、、、

 

一人一人の人生にとっての「あたりまえ」から鮮やかに飛び出る水瓶座フルムーンのパワーは、

満月を過ぎても数日はしばらくは作用します。

 

 

解決困難に思える問題も、このパワーの中ならひっくり返しやすくなっています。

水瓶座パワーを利用して、是非是非、生きざまにパラダイムシフトを起こしてみてください^^

 

 

 

 


 

お知らせです。

占星術と姉妹とも言える、西洋魔術の基礎・タロット教室が2クラス、新規開講します。

 

タロットは目に見えないエネルギーの世界を、目に見える形で取り扱える素晴らしいツール。

人生という航海の指針に、なりたい自分に到達するナビゲーターとして、

78枚のタロットカードは素晴らしい導き手であり、生涯の友人となるでしょう!

 



★8月26日新規開講!

トゥルータロットスクール初級(全4回)の詳細はこちら
http://www.reservestock.jp/events/133969/YzI0ZTU1ZmVmYmM5NjViMmZkM/N2Y2MGZlNWEwZmNmNWEyNGEzY



 

★9月1日新規開講!

トゥルータロットスクール初級(全4回)の詳細はこちら
http://www.reservestock.jp/events/138635/YzI0ZTU1ZmVmYmM5NjViMmZkM/N2Y2MGZlNWEwZmNmNWEyNGEzY


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


5月から梅雨入り前までのこのシーズンが大好きです。





緑は生き生きと繁って、
薔薇の花が咲いて、
風は暖かく、
太陽は明るく、
毎夜の月も美しく豊かに見えます。





今日は月のお話。





満ちてはかけ、
地球にいちばん近く寄り添って、
私たちの意識をアセンション(次元上昇)させる
最初の星のゲートウェイとなる月。







5月22日の満月に向かって、
今、月はますます輝きを増して満ちていくところ。






西洋神秘学の中で、
月は私たちの意識の基盤だと言われています。




わかりやすく言い直すなら、
月は写真のネガのようなもの。




あるいは型抜きの「型」のようなもの。






月という「ネガ」に、太陽の光が満々と注がれることによって、
地上の私たちの人生に、
「ネガ」が反転した「ポジ」として
現象が立ち現れてきます。







私たちの人生の現実は、まず「月」において
その「原型」が作られているということです。







月は潜在意識です。
そして月は私たちの魂です。







もっと別の表現をするならば、
月は目に見えない世界の象徴。
まだ現実化していない意識。
未来の現実の可能性。







そこには語られる前の言葉があり、
実行に移す前の想いがあり、
溢れ出す前の感情が眠っています。








そして月は、新月から満月、また新月へと
時とともに姿を変えて、
28日間のサイクルを繰り返しています。






月が満ちれば満ちるほど、
月に蓄えられた思いや言葉や感情は
どんどん現実化していきます。





そして月が細ってゆくほど、
あなたは内省的になり、言葉数も減って、
内側を育むことに意識が向くようになります。









あなたはあなたの魂である月に、
どんな思いや言葉を蓄えていますか?






新月の時期。
それは扉が閉ざされる時。
秘密の心のドアの内側で、
これからどんな思いを現実化したいかを考えてみましょう。






そして満月の時期。
それは扉が開かれる時。
あなたが魂に蓄えた様々な思いが
目に見える形になって香り豊かに花開いていくのを
思う存分体験しましょう。










さて、5月7日、牡牛座の新月で始まったサイクルは、
今週末22日の満月でピークを迎え、
収束していきます。







次のムーンサイクルは6月5日、
双子座の新月から始まります。





双子座の新月から始まるサイクル、
月の魂のパワーを最大限に活かすために


参加者お一人お一人の魂たる月と繋がる
スペシャルなチャネリングメッセージを
月の女神であるナイルの女王イシスから降ろしたいと思います。




6月5日の新月から始まる28日間のムーンサイクルは、
1年で最も太陽が力を増す、夏至を含んだマジカルなサイクル。





新月の日に届く、月の女神からの神託とともに
ムーンサイクルの幕開けをすることで、
あなたは魔法に満ちた28日間を過ごすでしょう。





恋愛・人間関係・コミュニケーションと自己表現・創作など、
双子座の新月が司る分野に関して
「思い」を「現象化」させたいと思う方には特にオススメです。





あなたが魂にそっとしまったその「想い」を、
女神イシスの魔法の言葉で優しく揺り起こします。






女神イシスの新月のチャネリングメッセージの参加申し込みはこちら

※後日感想メールをお約束で20%オフの割引価格あります。









*****************************************


【メール鑑定】6月5日・双子座の新月の神託
女神イシスの新月のチャネリングメッセージの参加申し込みはこちら




【メール鑑定】占星術で導き出すお金に好かれるキーポイント
 【5名様限定】アバンダンス・キー ホロスコープリーディングのご購入はこちら



【タロット教室】6/20開始!
初心者歓迎! タロットカードを読めるようになります
トゥルータロットスクール初級(全4回)の参加申し込みはこちら




【無料占い】月と太陽の軌道からあなたの恋を占う
ドラゴンヘッドで見るあなた の恋愛テーマをされるかたはこちら



【無料メール講座】夢をかなえて成功するスピリチュアル法則
夢見る力の秘密~ビリオネアの教え~の購読申し込みはこちら












いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




前回のブログから引き続き、星のお話。


地球から見た天球上の太陽の軌道を黄道、
月の軌道を白道、と言います。






この太陽の通り道にぐるりと並ぶ12の星座が、
いわゆる「黄道十二宮」。ゾディアックサイン。
星占いの星座たちなわけです。





対して月の軌道である白道を27宮ないしは28宮に分けて星を読む、
「月宿」と呼ばれる占星術もあります。
または「星宿」とも呼ばれますね。



こちらは中国占星術やインド占星術で使われる手法です。








さて、そんな黄道と白道の軌道が交わる点を
「ドラゴンヘッド」
「ドラゴンテイル」
と呼ぶわけですが(ノースノード・サウスノードとも呼ばれます)、






父なる太陽と母なる月のクロスポイントである
ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルは
恋愛傾向や恋愛を通して人生で学ぶべきテーマを表すポイントでもあります。






通常占星術では恋愛傾向は金星や火星で読むことが多いのですが、
ドラゴンヘッドは惑星ではなくて「女と男の軌道の交点」。
つまり、他者と関わりを持つことによって初めて浮き彫りになる、
その人の深い人生テーマを象徴しています。




他者と関わることによって初めて浮き彫りになるアレコレ・・・





それが人生で最もわかりやすく表れているのが「恋愛」
ということでもあります。







あるいは前回のブログでも書いた通り、
ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルとは、
「社会的な自分」と「プライベートな自分」がぶつかり合うポイントでもあるのです。






「公私」「男女」「内外」「潜在意識と顕在意識」・・・



対立する二つのものをバランスさせるための鍵が、
ドラゴンヘッドには宿っているのです。









・・・と、いうわけで。





小難しくいろいろ書いてしまいましたが、
ドラゴンヘッドから恋愛傾向、ひいては人生のテーマを探り出す占いを
無料公開させていただきます



ドラゴンヘッドで見るあなたの恋愛テーマをされるかたはこちら










恋をすると今の自分がよーーーく見えてきます。







同じパターンにはまりやすいという方も、
本当の恋に出会いたいという方も、
もっと今の恋を幸せなものにしたいという方も、
孤独から抜け出したいという方も、







至福の恋愛(&人生!)を求めるのならば
ドラゴンヘッドが語るメッセージを聞くべし!







そのテーマを乗り越えることでより自分を愛し、
人生を愛することができる。




だからこそ、本当の相手にも巡り会える。







太陽と月が教えてくれるあなたの恋愛テーマに耳を傾けてみてください








お申し込みは以下からどうぞ
ドラゴンヘッドで見るあなたの恋愛テーマをされるかたはこちら









6月5日、双子座の新月にお届けする
スペシャルなチャネリングメッセージも参加受付中です
女神イシスの新月のチャネリングメッセージの参加申し込みはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)