〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:

 

枕草子では「春はあけぼの」ですが、個人的には桜の咲く頃合いは夜が格別だと思っています。

 

 

人肌めいた温度と、闇に白く浮かぶ桜。

空では光る帆船のような月が雲間を渡り、

地上でははしゃぐ子供たちが、一心不乱に家路を急ぐ女の子が、自転車を漕ぐサラリーマンが、

交わることのない人生のひとときをすれ違って行く。

 

 

それだけの普通の光景が、いやに奇妙に思えて、

デパートの灯りすらおもちゃのように幻想的で、

呼吸するたび酔っていくような心地にさせられます。

 

 


よく言われることですが、桜には何か魔的な魅惑があります。

 

日本列島を席巻して行く薄桃色の花嵐は、

「はじまり」のシーズンに不可解な懐かしさと、

もう何度も巡り巡っている人生の迷宮への畏怖と、

そして浮世の全てを内から壊して生まれ出ようとする「新しい何か」への

ときめくような期待をない交ぜにして、人の心を酔わせて行く。

 


「はじまり」は毎年そんな風。

 

タイムスリップを繰り返して、その度に記憶を消されているような、そんな奇妙な感覚。
知っているシナリオを何度もやり直して、今度こそ新しい出口を探っているような。

 


「もしも」をシラミつぶしにしているつもりで。
あの時とは違う、もっとも大胆な選択肢を選んでいるつもりで。

 

混沌。記憶の混濁。

それで結局、私はどこへ向かっていたんだっけ? 
酔っ払っている。

 



魚座の胎動のシーズンを超え、春分という「誕生」を通過し、

再び……あるいは何百万回目かの赤ん坊のシーズン。

 

牡羊座のシーズン。

 

 

語る言葉を持たず、視界もあやふやで、薄れて行く羊水の海の記憶

……前世とでも呼ぶべき記憶……を不安に思いながら、

生まれてしまった諦めを涙と共に流し去りながら、何かをまた始めようとする精神。

 


それは、とっくに生まれて大人になった「今の私」よりもよほど老獪で、

誕生の喜びと言うにはあまりにも苦い覚悟を決めている精神。

 

いくばくもなくこの賢さが人生という日常の中で失われていくことを痛感している賢者の精神。


牡羊座のシーズン、12星座のサイクルのはじまりのシーズンとは、

この消え去りゆく内なる賢者の声に接続するためのシーズン。


何かを始めたその瞬間こそが、

どこへ向かっていたのかをもっともハッキリと記憶しているのであり、

私たちはその声を何度も聞き直さなければ忘れてしまう。


つまり、なぜ、生まれてくることを選んだのか。


牡羊座の精神は、その理由を、酔うような春の奥底で確かに思い出している。
明快な言葉にならなくても、何か衝動のような形として。
あるいは苦い諦めのような形として。

少なくとも、ランダムにここに生まれているわけではないと、

「理由」は「在る」のだと言うことを、牡羊座はしっている。


かつていた美しい世界のこと。
見えなくなってしまった人のこと。
ずっと遠くにある星の故郷のこと。

ああ、痛いな。帰りたくなってしまう。

 


でもだからこそ、「わざわざ生まれてきたことには理由がある」こともまた、確かだと思える。

 

あの至福を、何の理由もなく放り出すことなどあるはずがないから。

 

 


私はこの痛みと、苦さを、もう最初から知っていたんだろう。
何も完璧にはならないことも知っている。

 


だけどこの世界には何かがあって、私には「心」があって、

それが何なのかを確かめなければならないとも、思う。


だからやっぱり、思い出した美しい故郷のことはまた忘れておくことにする。


地上を行き交う人々の、ひとりひとりがその心の奥に美しい故郷を持っていて、

春は少しだけ、その光が浮上してゆらめいている。

 


それは生きることを選んでいるものの、呼吸する光。

 


だから街灯すら、空気すら、スカートの裾すら、

人の意志が介在し、そこに在ろうとするものはすべて、

膨らんだりしぼんだりして発光しているように見える。

 


その光を、ある人は「喜び」や「幸福」と呼ぶだろうし、

またある人は「情熱」や「憧れ」と呼ぶ。

 


私にとってはやはり「苦い痛み」。
でもこの切なさが、私にとっての生きる情熱だし、書く理由だし、

幸福への道しるべであり、幸福そのものだ。

 


人々や「もの」たちのこの光に呼応して、私は生きる活力をもらっている。
1年12星座を一周する原動力をもらっている。

 


やりたいことをやったり、なりたい自分になったり、

至高の自分を思い出して満たしたり、誰かと愛し合ったりするよりも、

もっともっと前のプリミティブなところ。

生まれている、生きている、何かをはじめている、その最初の最初の最初の理由。


薄れゆく記憶の中に。
花に酔った目に映る景色の中に。
それが何なのかを思い出せないまま、恋しく思う心の中に。

 

隠されている「理由」。

そこに何かがあるという「直観」。


それに触れているから、確かに言うことができる。


私がここにいる。
だから何があっても私は生きるし、すべては大丈夫なのだと。


どんな痛みも、わかっていてそれでも生まれたのだから。
だからやっぱり、生まれてきてよかったのだと。


私がここに来た。

だから痛みも喜びも、等しく自分を生きる糧となるのだと。

 

 

 

 

 

Crossing

岡崎直子

 

 

 

 

 

 

______________________

INFORMATION

 

 

4月19日(木)までの早期お申し込み割引アリ!

♦︎5月12日(土)13:00-16:00

都内会場&オンラインにてクラス開催!

 

 

言葉(コトバ)、9・10・8。

日本の精神にとって、

言語と数字そして幾何学は同じ一つのものの別の表現であり、

それらは日本神話の神々の姿を借りて概念化されています。

 

命(ミコト)、3・9・10。

水(ミ)を、小さく(コ)凝縮化し、統合(ト)するもの。

神話の中で、何々のミコトと称される神々とは、一体何なのか。

 

私たち日本人が知っているようで自覚し切ってはいない、

日本精神の特異性と、その高度な幾何学概念について。

 

戦後ほとんど読まれることもなくなった古事記に描かれる日本神話の世界が、

私たちひとりひとりの精神世界にとってどんな意味を持っているのか。

 

創造時代を切り開くキーであり、

人生を花開かせる知恵である「日本精神」はっきりと目覚めさせるために。

 

大切なところをぎゅっと凝縮してクラスをお届けします。

 

https://www.reservestock.jp/events/254330

 

 

 

 

 

________________________

 

 

NEW! 3月31日更新しました!

 

満月の日と新月の日に無料更新中

岡崎直子の12星座占い

 

 

 

 

ブログの補足記事を配信中!

岡崎直子の公式メールマガジン

https://www.reservestock.jp/subscribe/40612

 

3月31日・天秤座満月のワークを配信予定です。

 

 

 

 


 

NAOKOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります