〜Crossing〜岡崎直子の新時代スピリチュアリズム&フィロソフィア

タロットや星、カバラ、アルケミーなどの伝統神秘学は、ただ吉凶を占うためのものではなく、意識的にあなたの現実を豊かに・幸せに・ロマンティックに創造するためのツール。
あなたの幸せが世界を輝かせる、新しい時代のためのスピリチュアリズムをお伝えします。


テーマ:

 

 

 

みなさまこんにちは。

伝統神秘学研究家の岡崎直子です。

 

 

「豊かさとお金」について神秘学的に解説する

【女神イシスの女王レッスン・豊かさ編】。

 

 

いよいよ連載も第4回目になりました。

折り返し地点です。

 

 

今日は少し趣向を変えて、女神イシスの語りではなく、

私、岡崎直子の解説で「貨幣」について掘り下げていきます。

 

 

 

 

 

【女神イシスの女王レッスン・豊かさ編】記事一覧

※まだ読んでいない方は過去記事から先にお読みください。

________________________

 

第一回「豊かさと器」

第二回「はじまりの物語」

第三回「世界を取り戻すために」

________________________

 

 

 

また、ブログ記事の補足を、

ブログアップから6時間〜24時間以内にメルマガで配信しています。

______________________

無料のメールマガジンですので、
さらに実践的な情報を知りたい方は
ぜひ以下からご登録ください。

https://www.reservestock.jp/subscribe/40612

 

______________________

 

 

 

 

 

 

さて、本日は改めて、この連載のテーマに原点回帰してみます。

 

 

すなわち、「豊かさとお金」です。

 

 

 

この記事を読んでくださっている皆さんは、

今現在、ご自身の経済状況や「お金」について、不安なく満足していますか?

 

 

 

 

「お金」というのは、現代社会において衣食住をまかない、

命を生きながらえさせるために、

 

つまり「生きるため」に不可欠なエネルギーになっています。

 

 

 

かつては狩りをすることや、作物を育てることや、モノを作ることや、戦いに勝てることや、

美しいことや、技術があることや、知恵があることや・・・

 

 

すなわち、その人自身や物品に備わった何らかの「価値」を生きるために交換していたわけですが・・・

 

 

(その根本は現代でも変わりませんが)

現代では「お金」がそれら全てと交換可能な、「最強の価値」としてありとあらゆるものを数値化しています。

 

 

 

貨幣経済の歴史を神秘学的に考察してみると、

それだけで一本長い記事が書けそうなくらい興味深いのですが、

 

今日はそこまで深入りせず、大事なところだけ。

 

 

 

 

 

「好きな時に好きなことができる、十分なお金が欲しい」

 

「お金のことで不安になったり自信喪失したりしたくない」

 

「人生の決断や投資を、お金が無いという原因で諦めたくない」

 

「自分や家族が安心して暮らせる、安定した継続収入を確保しておきたい」

 

 

 

 

億万長者になりたいかどうかはともかくとして、

上記のようなことは、ほとんどの皆さんが同意する感覚だと思います。

 

 

 

そして、

 

 

「もしもお金の心配が一切なかったら、今の仕事は続けていないだろう」

 

「もしもお金の心配が一切なかったら、子供を連れて離婚しているだろう」

 

「もしもお金の心配が一切なかったら、もう一度大学に入って勉強したい」

 

 

 

そんな風に、「お金」というハードルを除外して考えてみると、

人生のプランが大きく変わる、という方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

 

 

 

私たちは、もう意識しないくらい当たり前に、

「お金のハードル」をマインドに持ったまま、人生を歩み、決断し、生きています。

 

 

 

 

もっと言うならば、有史以来ほとんどの人間は

お金のハードルから解放されることなく生きて、一生を終えてきました。

 

 

死のその日まで、「生きるエネルギーを作り出し続けること」から解放されることはありませんでした。

 

 

 

これは精神性の高さや情感の豊かさとは全く関係のない話です。

 

 

「衣食住を賄うために働き続ける」=人生

 

 

というくらい当たり前の常識です。

 

 

 

 

しかし、一部の特権階級の人々だけはこうした常識から外れた生き方をしました。

 

 

 

すなわち王侯貴族や高位の神官たち。

それに大きな事業を成功させた人たち。

 

 

彼らは

「生きるために働き続ける」という状態を超えた、

違った生き方をしました。

 

 

 

 

さて、タロットカードや占星術、言霊やアルケミー、神託などの神秘学は、

もともと帝王学として伝わってきたものです。

 

 

 

女神イシスが「女王レッスン」という通り、

 

 

神秘学的知識というのは、

 

「ただ死ぬまで生きる」

「生きるためのお金を稼いで一生を終える」

という状態を脱して、

 

「王・女王として生きる」ための学びです。

 

 

 

 

こういう言い方をすると身も蓋もないようですが、

 

「生きるのに一生困らないような豊かさ(のシステム)を作り出す」のは、

 

帝王学としての神秘学にとっては、入門の第一歩。

 

 

 

世界から十分に豊かさを受け取って、人生という自分の王国を富ませること。

 

そこをクリアして初めて、数々の神秘学的魔法はその真価を顕します。

 

 

 

 

しかし、第一歩であるからこそ、

「豊かさとお金」の神秘学的真実を知ること、

そしてそれを使いこなすことは、すべての基礎としてとても重要です。

 

 

 

 

私たちは今、すべての人間がその本来の姿である

王・女王として生きられる時を迎えています。

 

 

 

 

光も、空気も、水も、植物も。

 

世界から与えられているものは、すべて無料の純粋贈与です。

 

 

 

 

であるのにもかかわらず、なぜ私たちは、

ただ生きるというために、お金を稼がなければいけないのでしょうか?

 

 

 

スピリチュアル的な言い回しを使うなら、

本来私たち人間は、「生きるために稼ぐ」という状態をいち早く脱して、

宇宙や星や天使たちとの共同作業で様々な創造を行うという役割があります。

 

 

これまでの連載でも話してきた通り。

 

 

 

あなたの命は本来、あなただけを満たして幸せにしたいと「熱望する」、

素晴らしい神さまによって内側から支えられています。

 

 

 

にもかかわらず、なぜ、人間はお金で苦労するのでしょうか。

 

 

 

本来私たちは、お金のことなんてすっかり忘れ去ってしまえるくらいの

無尽蔵と呼べるほど莫大な財産を神から与えられています。

 

 

にもかかわらず、なぜ、その財産は今目の前にないのでしょうか。

 

 

 

 

 

その理由は、「お金」の神秘学的正体を知ると、見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♦︎フィアット・マネー

 

 

 

 

今日の記事のタイトル、

「フィアット・マネー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

 

日本語に訳すと法定通貨。

 

つまり私たちが普通に使っている、円や、ドルや、ポンドや、ユーロや、ウォンなどの、

各国政府が発行している通貨のことです。

 

 

 

お金というのはかつては、金貨だったり銀貨だったり、

穀物や珍しい石や貝だったり、

 

通貨それ自体に価値があるものでした。

 

 

 

しかし現在私たちが使っているお金は、

 

 

発行元の政府が、

「この紙には、ありとあらゆるものと交換できる価値があるものとする!」

 

と宣言して印刷しただけの、ただの紙切れです。

 

 

 

政府がその価値を宣言して保証することで、

全てがその通貨の元に数値化される・・・

 

 

 

私たちの知る「国家」という集団社会は、

一つの絶対的通貨、「フィアットマネー」によって、一元管理されているわけです。

 

 

 

 

 

Fiat Moneyの「フィアット」とは、

ラテン語で「そうであれ」という意味。

 

 

 

 

知っている方はピンときたかもしれません。

 

 

 

 

 

一神教の父なる神が、世界を創造するときに言った言葉が、

 

 

「Fiat Lux」

フィアット・ルクス=光あれ

 

 

という言葉でした。

 

 

 

その一言によって世界は光に照らされ、

父なる神の目によって、森羅万象は目撃された。

 

 

私たちの知るところの「世界」は、そのようにして生まれたというわけです。

 

 

何人たりとも、全てを平等に見下ろす神の目から逃れることはできない。

 

 

 

 

さあ、この創世神話、

驚くくらい「フィアット・マネー」の生まれた経緯と似ています。

 

 

というか、そのままですよね。

 

 

 

 

 

つまり、私たちの使っている「お金」とは、

「一神教的な父なる神の目」とほぼ、全く同じエネルギーでできているのです。

 

 

だから、取り扱うのが難しい。

 

 

この世に存在するあらゆるものが、この「一神」の目から逃れられないように、

 

この社会に存在するあらゆるものが、「お金」による数値化から逃れられない。

 

 

 

 

 

山奥で自給自足していても、

 

ノマドワークで自由に仕事していても、

 

住所不定で誰かからお金を寄付してもらって生きていても。

 

 

税金を払ったり、

社会保障を受けたり、

 

 

社会で生きている以上必ず「お金」が介在して生きています。

 

 

 

 

 

 

※Eye of RA

 

 

 

 

 

 

さて、改めてここで、昨日までのレッスンの内容を思い返していただきたい。

 

そして、女神イシスがどういう女神であったかの神話を、思い返していただきたい。

 

 

 

 

女神イシスは、太陽神として森羅万象を白日の元に照らす、父なる神・ラーから、

秘密の名前を奪って、玉座を譲らせた。

 

 

 

 

そして女神イシスは、月の女神でもあります。

 

 

月は夜に属するもの。

夜とはつまり、父なる神の「光」が及ばない領域。

 

 

 

全てを平等に見下ろす神の目の元、

自分の順位や評価や優劣を白日の元に晒す、

容赦のない太陽の光が沈んで、

 

 

ほのかな月明かりが照らす夜が来ると、

月神イシスは私たちのいちばん繊細で大切な魂を

夜のヴェールの向こうに隠してくれる。

 

 

 

 

誰にも評価や価値判断をされたくない、

数値化して値札をつけられたくない、

ありとあらゆる「ほんとうに大切なもの」。

 

 

 

 

それは長い長い時、夜の帳の中に厳重に隠されてきたのです。

 

 

 

月のイシスが、父なる太陽に反逆する。

 

 

 

それは、たった一つのルールやものの見方、価値判断の元に

全てが比較され、ジャッジされてきた

長年の「父なる神」が支配する古い社会が終わる、

 

今現在の「創造時代」の到来を表した神話なのです。

 

 

 

 

そして女神イシスは、殺された最愛の夫オシリスを蘇らせ、新しい太陽である息子・ホルスを産みます。

 

 

 

それはまさに、

あなただけを愛し、満たしたいと熱望する、あなたの神の復活です。

 

 

 

 

 

 

 

自由自在にお金を得て、お金から自由になるには、

 

豊かさを得るには、

 

豊かさが注がれ、溢れ出るための器となる「世界」を取り戻す必要があります。

 

 

 

 

思い出していただきたいのですが、

 

かつて「あなたの神」は22の天の向こうから、地球ごとあなたを包み込んでいた

 

と言いました。

 

 

 

 

そしてあなたの神はその全存在ごと、あなたの心臓に落ちてきたのです。

 

 

 

 

「世界を取り戻す」とは、

 

つまりは、あなたがあなたの神から贈られた、世界を取り戻すということ。

 

 

それが、豊かさの器になります。

 

 

 

 

別の言い方をしましょう。

 

 

あなたはあなたの神から、世界を丸ごと、贈られたのです。

 

 

 

今日も目を覚ますと心臓がちゃんと動いていて、

 

あなたの目の前には世界が広がっている。

 

 

 

それが全て丸ごと、あなたへのプレゼントです。

 

 

 

世界はあなたのものなのです。

 

 

 

だから、あなたが豊かにならないと、世界が困ります。

 

 

 

 

 

 

 

さて、具体的に行きましょう。

 

 

 

豊かさの器を取り戻すには、

まず一元的な支配を敷く、父なる神のルールから精神的に自由になる必要があります。

 

 

あなたは自分に対する評価を、それが良いものであれ、悪いものであれ、

決して鵜呑みにして受け入れてはいけません。

 

 

評価をされるということ自体が既に、

古い父の体制の中でその他大勢として扱われているということに気が付きましょう。

 

 

 

その上で、あなたが今日も生きている、ということは

「あなたの神」があなたに世界をプレゼントしているのだ、という事実を実感してください。

 

 

今日という一日はあなたのものだ。

 

 

誰にもそれは奪えない。

 

 

奪おうとする人がいたり、

大人しく集団の中でその他大勢でいるようにと説教をしてくる人がいたら、

 

そんな行為は1ミリも、あなたが「あなたの神」から熱愛されているという事実を傷つけられない、ということを思い出して、

 

ごく冷徹に、その場を立ち去りましょう。

 

 

 

人生で「結果が出ているかどうか」と、

あなたの価値は、一切何ら、関係がない。

 

 

他人の声など聞くな。

 

 

あなたの心臓の声を聞け。

 

あなたの心臓が欲していることを行動してください。

 

 

 

 

 

それらを全て、しっかり体感し、深く納得し、理解し、

あなたの神の純愛を感じた上で、

 

 

 

つまりは、古き父が発行する紙幣についた額面は、

一切なんら、あなたの自身の価値を評価する力を持たないと痛感した上で、

 

 

古き父のお金のルールの外側から遊んでください。

 

 

 

「億万長者はお金に対する考え方が人と違う」と前回書きました。

 

 

 

お金は頑張りの量によって入ってくると思っている人は、

給与明細によって「父なる神」から人間性を評価されると思っています。

 

 

それは自分だけの神も、贈られた素晴らしい世界にも気づかず、

その他大勢として生きる「見られている人」の発想です。

 

 

彼らにとってそれは成績表です。

 

 

だから、成績表に怯えたり、逆にそこにプライドをかけて変に興奮して執着したりする。

 

 

それは、実際に自分が何を習得したかよりも

点数だけを気にする人です。

 

 

 

 

でもお金に好かれる人は違います。

 

 

彼らはお金を得るのが大変だとは全く思っていません。

それはもう、実際にお金持ちになる以前から。

 

 

 

 

お金とは、フィアット・ルクス(光あれ!)の眷属なのです。

 

 

 

すなわちそれは、

「見られるもの・評価されるもの」が作ったルールで動くのではなく、

「見るもの・評価するもの」が作ったルールで動くエネルギー。

 

 

 

自分自身が神として、

世界を満たし、富まそうと思うもののためのエネルギーなのです。

 

 

 

 

ラーに反逆し、オシリスを蘇らせ、新しき太陽・ホルスを産む。

 

女神イシス。

 

 

 

それはみなさん一人一人が世界の女王として立ち上がった姿そのものでもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は再び、女神イシスに語っていただきます。

 

 

 

 

Crossing

岡崎直子

 

 

 

 

 

 

 

____________________________________________

INFORMATION

 

 

6月24日(土)・25日(日)、7月22日(土)・23日(日)

タロット・アカデミア レベル1(全4日間)

成功哲学として学ぶ、超本格的タロット講座

豊かさを全肯定し、カードを読み解き、運命の輪を回す!

※大変お得な早割情報アリ!

 

 

 

7月12日(水)・13日(木)
【アストロロジー基礎講座】創造時代の占星術
魂のレシピを知り、神聖な星の獣のパワーを目覚めさせる、

特別な二日間の講座。

占星術の基礎を学びながら自分自身の意識が目覚めていく、

大好評の体感型レクチャーです。

 

 

 

_______________________


岡崎直子のプロフィールはこちらです。

ブログCrossingの人気記事まとめはこちらです。

現在募集受付中のイベント・クラス情報はこちらです。

無料の電子コンテンツはこちらです。

無料メールマガジン登録受付中
スピリチュアルエレガンス~魂の魅力を引き出すメルマガ~



________________________

Facebook https://www.facebook.com/naoko.okazaki.714
Twitter https://twitter.com/Naoko_crossing
Instagram https://www.instagram.com/lavalse.cosmicdance/?hl=ja
_______________________

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

NAOKOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります