集まれ!手芸部~横浜・磯子の洋裁教室~

オンライン手芸部では、手作り布小物・バッグなどの作り方、レシピなど紹介します。
リアル手芸部では、バッグ、布小物はもちろん、大人服、子供服の製作のお手伝いをさせていただきます。
大人服では、生徒さんの体型に合わせた型紙補正もいたします。


テーマ:

お着替え袋の作り方

大好きなYUWAの鉄板布合わせで作ったお着替え袋。

作り方をアップしようしようと思いつつ、なかなか更新できず。

やっと。

型紙はこちらから。→→→ お着替え袋のレシピはこちら

表布。型紙にすべて1センチの縫い代を付けて裁断したところ。
持ち手は4つ折りにするので、断ち切りです。(縫い代はつけません。)

裏地も同じように縫い代1センチつけて裁断します。



持ち手。4つ折りにしますので、アイロンをかけておきます。
端は縫い込むので、端の処理はしなくて大丈夫です。



持ち手。アイロンをかけたら、両端にミシンステッチします。
「わ」になっているほうには、ステッチしなくてもいいんじゃない?
と言われそうですが、両側にかけたほうがいいかも。
ステッチしてないほうだけ伸びちゃうから。

底切り替え(ドット)、本体布(いちご柄)、上切り替え布(ドット)を縫い合わせます。
縫い代は片側に倒してステッチをします。

このとき、お好みでレースをはさみこんでもよいです。

ちなみに、レースを挟み込んで縫う縫い方は、この日の記事に書いています。
→→→  ★★★

縫い代はすべて1方向に倒します。

持ち手つけ位置に持ち手を仮止めします。






この持ち手は、裏表がないので気にしなくてよいけど裏表のある持ち手の場合、ここは、
「中表」なるように仮止めしてください。
(本体の表と持ち手の表同志があわさる、という意味です。)



裏地をこのように合わせて、入れ口の部分を縫います。
この裏地も表裏がわかりにくい布ですが、この裏地と表地も「中表」になるように縫います。



こんな感じです。



今縫った表地と裏地の縫い代はアイロンで割っておきます。
(ここでは、表地と裏地の厚みが同じくらいだったので、割りましたが、明らかに
どちらかの布が厚い場合は、自然に倒れる方に倒した方が仕上がりはキレイです。)





表地同志、裏地同志に布をずらします。

脇を縫います。
このとき、紐通し口は縫い残します。
切り替え部分がずれないように気をつけます。




次に脇を縫いますが、ここの切り替えのところ、縫い代を一方向に倒しているので、
縫い合わせるときに縫い代の厚みが均等になって仕上がりがキレイです。



こんなの持ってますか?

そでまんじゅう。





そでまんじゅうを中に入れて、脇の縫い代をアイロンで割ります。





マチを開いて、





縫います。





裏地の底も返し口として真ん中3分の1位を縫い残して縫います。





裏地の底の縫い代もアイロンで割るのですが、ここのように、縫い代を広げられない、しかも
そでまんじゅうも入らないようなところは、どうやって割るのかというと、
まず、写真のように、縫い代の一枚だけにアイロンを当てます。

そしたら、ひっくり返して



反対側もアイロンで折りあげます。




次に、裏地のマチを縫います。ここね。
よく、この状態で、縫っちゃう人がいますが、マチは開いて縫いますよ。



こうやって開いて。



ここを縫います。



今、こんな状態ですね。
返し口以外ぐるっと袋になっている状態です。






返し口から表にひっくりかえします



裏地は表地の中にしまいます。形になってくると嬉しいですね♪


入れ口のキワと紐通し口と3本ステッチをします。



わっかになっているものを縫うときは、表を内側にして、わっかの内側から縫う方が縫いやすいです。なので、いったんひっくりかえして、表を内側にします。
(そうすると、上糸が表にくるので。上糸のほうがステッチがキレイなので。)



紐通し口(両側)から紐を通します。



完成~♪


このお着替え袋の型紙はこちら→→→お着替え袋のレシピはこちら



ランキングに参加しています。ぽちっとして頂けるとうれしいです。
 
 にほんブログ村

リネン・リネン小物 ブログランキングへ 

いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

ラフ・パターンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント