2017年01月28日(土) 22時56分48秒

おやすみプンプン

テーマ:漫画
予想以上にキモい漫画だった……

 が、その上でなお、先が気になる漫画だった。
 ブックオフに『おやすみプンプン』があったので立ち読みしたのだけど、かなり特殊な描写のマンガなので、一般ウケしないのは間違いないような作品。

https://manga.line.me/product/periodic?id=00008byl

 細かく気になる人は適当なネタバレサイトを見てきたらよろし。

 プンプンとは主人公の名前で、変な細長い生き物として比喩的に描写されてる。
 プンプンの家族親族も同じように描写されてる。
 そのプンプンが、社会の病んだ部分だけを集めたような社会で成長していく話。

 全体的に描写はクソキモイんだけど、それでいて物語はなかなか面白い。
 ただ、二度繰り返して読みたくなるような作品ではなかった。

 4巻まで読んだのだけど、その先買おうかどうか心底悩む。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年01月27日(金) 02時29分01秒

東京タラレバ娘

テーマ:日記
ドラマ、これ、どうなんだろう

 東京タラレバ娘のドラマを見てみた。
 面白いか、つまらないか、というよりもまず、長い。
 この作者の漫画をドラマ化するのは難しいと思う。
 この人の描く漫画は、とにかく早いテンポで物語が進んでいくから、ドラマにするにしても尺が足りてない。

 まだドラマの2話の途中までしか見てないけど、どうも2話まで行っても原作1巻分も消化しなさそう。

 かなり原作とは雰囲気の違う作品になってしまっている気はする。

 ドラマじゃこの雰囲気は出せんわなぁ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月25日(水) 21時57分36秒

あああー

テーマ:日記
終焉の時が近い……

 社内の雰囲気が一変しそう。
 各営業がそれぞれ担当のエリアを単独で管理してるから、物の単価以外はほとんど各営業の裁量に任されている。
 が、多分よそから見れば、各営業が好き勝手やっているってレベルの任され方。

 先日、アルハラを知らない企業カウンセラーが「素晴らしい職場だと思いますが、社内の管理が緩すぎるかもしれませんね」みたいな事を言ったため、社長が「これじゃいかん」と思い始めた様子。
 社内の評価システムを再認識させたり、今の自分の仕事がひと段落したら、また自分も営業に身を乗り出すみたいな事を言い始めた。

 それがどう転ぶかは正直分からんけど、自分の仕事の拙さをどうにかこうにか誤魔化しながら適当に働いてる定あきとしては、不安しか感じない。
 数字は上げてるけど、定あきの営業としての仕事の仕方は、他の面々とは異質過ぎて、決してまともに評価されるもんじゃないのは確か。

 あー……、これはあかんかもしれんなー。

 仕事ができない定あきの明日はどっちだ!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月24日(火) 22時55分11秒

響け!ユーフォニアム

テーマ:アニメ


『響け!ユーフォニアム』

 を2期まで全部見終わった。
 ええ話やった……。
 1期程に目標の為にただひたすら努力するっていうスポコン的な描写が減って、2期は少し人間ドラマに傾倒してたと思うけど、それはそれで面白かった。

 主人公が、お姉ちゃんと楽器を演奏するためにユーフォを始めたっていうくだりはすごい切なかった……。

 まあそういう月並みな感想はともかく、この作品を見ていて何度も頭をよぎった言葉がある。
 これはこの言葉が頭をよぎったというだけで、別に直接的な感想でもなんでもないんだけど……。



「クレイジーサイコレズ」

 って言葉が何度か口から漏れてた。

 レイナ←→おうまえちゃん←→アスカ先輩
 リボンの人←→カオリ先輩
 鎧塚先輩←→その相棒みたいな人
 眼鏡のモブ←→前髪目隠れのモブ

 レズばっかりやないか!!
 主人公に対して、幼馴染の男がきちんといるのに、そちらに対する感情はほとんど無いという描写は、むしろ清々しいレベルだった。

 まあしかし、こういう充実した青春作品を見ると、なんだか、死にたくなるな。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月23日(月) 22時49分43秒

今は忍耐の時!

テーマ:日記

 原作ゲームをやらずに見ている人はこう思っているだろう。

『意味が分からなくてつまらん』

 と……。
 その感想は正しい。全く間違っていない!!

 本編はこの後のTERRA編だからね……。
 ただTERRA編を楽しむ為にも、そもそも一期の各ヒロインたちと、今のMOON編がいったい何なのかという事を知っておく必要があるのだよ!!

 ちなみに、TERRA編では、各ヒロインはほとんとまともに出てきません。
 幼馴染の小鳥と、ガイアの重要人物である朱音先輩だけちょこちょこ出てきます。
 そもそもこの作品のメインヒロインは、篝ちゃんですので……。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月19日(木) 00時33分02秒

なにこれ……

テーマ:日記

ごめん、無理でした

 

 なうなヤングにバカ受けという噂の

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

 をちょっと視聴した。

 具体的には、実家のレコーダーの中にあった3話を見てから、一応冒頭を見てみようと思って1話も見た。

 

 徹頭徹尾、意味が分からなかった。

 

 放送期間中、日課で朝のトップニュースを眺めていたら、ちょこちょこ『逃げ恥』が話題になっていて、人気のドラマが終わってしまうと心にポッカリ穴が開いてしまう「逃げ恥ロス」という言葉まで出ていたので、そりゃさぞ面白いんだろうと思って興味を持ったのです。

 そうしたら、実家のレコーダーに妹が録画したドラマの3話以降が入っていたので、3話を見てみたんです。

 

 さっぱり面白さが分からなかったんです。

 

 そりゃ導入も見ずにいきなり3話から見たって分かる訳ねーだろって話なので、1話を探して見てみたのです。

 

 正直、ちょっと気持ち悪いって思ったのです。

 

 主人公が熱を出して、それを女性が看病するってくだりは、シンプルな恋愛ドラマ的山場だと思って良いなーって思ったんだけど、後日主人公が事実婚を切り出す為に「比較資料を作ってみました」ってあたりにドン引きして、ちょっと気持ち悪いって思ったの。

 

 職場の女性事務さんから「あれは物語を楽しむんじゃなくて、あの(主演)二人のドギマギする感じを楽しむんだよ」って言われたんだけど、主人公の思考回路がぶっ飛びすぎてて楽しみようが無いんじゃないかなって。

 ああいう極端に理解しがたいキャラ付けを許容できないってのは、老いて柔軟性が無くなってる証拠なのかねぇ……。 

 

 と言うか、このドラマ、少し見て思ったんだけども、少年誌系のラブコメ漫画みたいな内容だよね。

 ひょんな理由から出会って急接近して、短期間で妙な関係になるって物語。

 大雑把に、かつ適当に例えれば

 

 受験勉強する為に親戚の運営する寮に住み込んだら、可愛い女子高生達がいっぱい。

 な『ラブひな』とか。

 

 もっと新しめで考えたら、家のしがらみから、好きでもない女の子と恋人関係を演じることになった二人の物語。

 な『ニセコイ』とか。

 

 この手の、少年誌系ラブコメを見てる気分になった。

 面白いかどうかは別として、定あき、この手のラブコメがガチで苦手なんよね。

 だから大ヒットドラマ『逃げ恥』を受け付け入れられないのもきっと仕方がないことなんだよ……。

 

 今後このドラマには一切言及しないことにしよう……

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月17日(火) 20時36分46秒

温泉旅行

テーマ:日記

アキトはどこへ行きたいのー?

 

「秩父山中」

 

 

 と、いう訳で、秩父の方へ温泉旅行へ行ってた次第です。

 

 水曜に「温泉行こうぜ!」

 木曜に「どこの温泉行く!?」

 そして土曜に決行、という超適当計画っぷりにめぼしい温泉地のめぼしいプランは無く、結果、埼玉は秩父よりやや東の「生越」(おごせ)という土地へ行ってきました。

 ちゅーても、素泊まりプランで一人7000円強と、近年の小旅行では一番金使ったけどね。

 

 秩父と言えば

 

「心が叫びたがっているんだ」

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」

「秩父山中」

 

 ですが、定あきは聖地巡礼にはまるっきり興味が無い人間でして、いまだに大洗にも行ってません。

 意図して聖地を巡ったのは、自転車旅の時に富山の城端へ行った時だけです。

 そんな定あきですから、秩父へ行ったところで、特に聖地巡礼気分になる訳でもなく、当初は友人Eの希望につき「鍾乳洞見に行こうぜ!」って話になりました。

 

 いざ、秩父の鍾乳洞の駐車場に着いて、案内板を見たところ

 

 鍾乳洞は2月中旬まで閉鎖しています。

 

 とのこと。

 ちくしょう……誰がこんなことを。

 

 じゃあ仕方ねーから聖地行くかという話になりました。

 と言ってもどこがどこなのかよくわからないので、とりあえず「秩父駅」へ。

 するとタイムリーにもラッピングバスが到着。

 

 

 多分このラッピングのバスはもうそんなに数が走ってないだろうに、無駄に運よく遭遇でてしまった。

 

 観光案内所に名所案内があり、例の橋へ。

 

 

 作中表現より、大分小さい。

 橋自体が150mくらいしかなかった。

 アニメの作中じゃ結構デカイように描かれている気がしたんだがね。

 

 橋を見たらすでにチェックインまで時間があまりなくなっていたので、温泉宿へGO。

 温泉宿っていうかどちらかと言えばホテルだけど、別に温泉地という訳でもなく、保養地と言うか、ゴルフする人たち向けの施設だった。

 打ちっぱなしゴルフ場とか隣接してたし。

 

 温泉も、ホテルの浴場っぽい感じで普通だった。

 温泉とは別にホテルに大浴場があるのだけど、そこにサウナがなくてちょっぴり不満だった。

 

 まあ、温泉どうこうよりも、久々に仲間内でダラダラ遊べたことが楽しい週末でしたとさ……。

 

>mutaさん

 コメントが一つ付いているのを見て、これはmutaさんが「秩父山中」に共感してくれたに違いないと思った俺の予感は一部の隙も無く正しかった……。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月14日(土) 22時44分42秒

真田丸

テーマ:日記

 

 年末あたりから見始めた真田丸を今見終えた。

 スゴイ面白かった。

 

 が、正直な感想を一つ。

 

バッドエンドの物語って大嫌い!!

 

 史実で定まっている以上、どうしようもないというのがまた性質が悪い……。

 すげぇ面白かったのに、見終わってみると気分が悪いっていうのはいったいどういう了見だい。

 

 まあ、俺にとっての真田って、「秩父山中」と同じ感じで

 

「親方さまあああぁぁ!!」

 

 

 なんだよね。

 まあ三谷監督の演出が加わっているとは言え、真田幸村という戦国武将の史実を知れたのは良かった。

 大河ドラマって初めてまともに見たけど、面白いもんだね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月09日(月) 00時07分01秒

「「「秩父山中」」」

テーマ:日記

俺にとっての秩父はこっちやねん

 

 1月の4日に、「7日と8日で温泉行こうぜ!」と思い付きで計画を立てる。

 

 当初、関東の温泉地の代表と言っても過言かどうかはよくわからないが、とりあえず有名であるところの、箱根湯本を考えたが、実行が確定した5日夜の時点で、一等温泉地であるかもしれないところの箱根の宿でお手頃な場所が残っていようはずもなく、箱根はあえなく断念。

 それじゃあどこにするかと考えたところ、関東の温泉地としては関東では北方向に様々な温泉地がある為、そこを考えるも、正直関東の東北寄りの温泉地は、ガチで遠い。という考えから、そっちも却下。

 計画が突発的過ぎた為、関東の温泉地としては多分相当マイナーにあたるであろう、「もう千葉の南の館山とかにするか!!」と提案したが、正直千葉の南方面はしょっちゅう釣りで行っている為、これも却下。

 

 正直、もう手頃ならどこでも良いな。という定あきの諦めと、なるべく北方面に行きたいという友人の希望の折衷点として、埼玉の北西方面に確定。

 

 そしてその辺りにある温泉地が、いろいろとオタクには縁のある「秩父」

 

 の手前にある『越生』という土地へ行きました。

 やっぱりね、代表的な温泉地の宿はリーズナブルなプランは埋まってしまっているよ……。

 温泉と宿泊は越生で、近いから秩父にも足を延ばすというスタイルで決行。

 

 まあ、細かい事は今回は省くとして

 

『秩父』

 

 新しいイメージ→『心が叫びたがっているんだ』

 

 メジャーなイメージ→『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』

 

 ダメなオタクのイメージ→「秩父山中」

 

 という事で、定あきは秩父の前後で、延々と「秩父山中」を連呼しておりました。

 まー、ぶっ通しの運転手役というのはなかなか疲れますな……

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年01月02日(月) 01時33分28秒

街コン、実に恐ろしきものよの

テーマ:日記

「げに」って変換すると「実に」になるんだ……

 

 新年あけましたが、正直そんなことはどうでもいいところの定あきです。

 いろいろと勉強の為に、12月は4度、街コンに参加しました。

 

 最初のクソ街コン。

 次に少し質が良くなった街コン。

 三度目にアニメ好きが集まる街コン。

 最後に、アニメ好きが集まる街コンのはずが、人数が集まらず、調整の為銀座に行かされたオサレ街コン。

 

 最後の銀座はね、正直、辞退すれば良かったと思うほどに切ない目に遭ったよ。

 銀座でやるオサレ街コンで、クソオタである定あきがまともに動ける訳も無し!!

 大晦日にとんでもねぇ目に遭ったもんだよ。

 

 まあそれは今更どうでもよし。

 そんなことよりも、街コンの後の戦いを知っていくうちに、漫画の如き恐ろしき展開になっている事を知った。

 

 未だにガラケーを使っているものの、街コンを経験するうちに、ガラケーでもLINEなるものができて、ガラケーでもまだまだいけるな!という事を知った定あき。

 どうも真面目な話、今の世はLINEが無ければ話にならないのが現実。

 なので定あきは、未だにガラケーであるという珍しさを逆手に取り、それをネタにし、その上でLINEができるという意外性で戦っている状況。

 

 三度目のオタク系街コンで、9割がたの女性とLINEの交換をした。

 そして数名とはその後もLINEでやり取りを続けている。

 こうした地道な活動が、後に実りとなるのである……と、思いきや、物語はあらぬ方向へ。

 

 個人参加の男にとって、街コンで最初に組まされる別の個人参加の男たちは、その時点で戦友となる。

 当然、街コンを進めるうちに連帯感が生まれ、その絆も深まるというもの。

 女性との知己を得るための街コンだが、男同士の繋がりも生まれる。

 

 定あきは数名の女性とLINEでやりとりをし、いきなり一対一でデート、という話になろうはずもなく、「新年会的な飲み会をやるので参加しませんか?」という、ちょっとしたパーティーのお誘いを受ける。

 まあいきなり良い雰囲気になれるはずもなく、そこでまた新たな知己を得られるのであれば悪くないかと思い、正月休みが明けて仕事の予定次第で参加する旨を伝えた。

 

 そして、そのたぐいの話を戦友と話すと

 

「あ、それ、僕も誘われました」

 

 と報告を受ける。

 おっと……、これは?

 もう一名、少し遠方から来ていた男性も、「僕もその誘い受けてます」と報告される。

 

 自分だけが特別な訳ではないのだから、自分以外の男がその新年会に招待されることは特になにもおかしくはない。

 問題は、それぞれが誘われている日付が厳密に揃っておらず、別の日の可能性が高いという事。

 

 皆で集まる新年会のような飲み会を、そんな別々の日で何度もやるってーのは、ちょっときなくさい……。

 

 ちなみに、会話のやりとりをしている3名のうち、2名から「新年会」なる飲み会の招待を受けている。明らかにそれぞれは別件。

 

 これはアレだね。

 なんかの勧誘的なアレだね!!

 マルチか、宗教か……。何かしら良くない感じのする何かという気配が非常に強い。

 

 東京開催の街コンは、めんどくせー要素が多いなぁ……

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。