2015年07月30日(木) 21時52分40秒

人は誰しもクレーマー足りえる

テーマ:日記
よほどの要求でもない限り、世の中ごね得ってのは結構ある

 少し前に、テレフォン人生相談でクレーマー自身の相談について記事にしました。
 クレーマーってのは絶対的に自分が正しいって思ってるケースもあるんだなぁという話でした。

 ところ変わって弊社の話の話なのですが、今年の社員旅行の幹事をやらされています。
 二日間の小さな旅行なのですし、もう一人いるので大した仕事ではないのですが、ある事柄を決めるのに少々揉めました。
 ある事柄とは

 一日目の昼食

 の内容です。
 今年の旅行先は、宮城の松島と、定あきがプチ自転車家出で自転車がパンクし、適当に入った定食屋で常連のおっさんに4時間近く付き合わされた松島です。
 旅行先が松島に決まった時に知ったんですが、松島って日本三景っていう有名な土地らしいですね!
 正直、全く興味が無かったので、牡蠣で有名な土地らしい。ってイメージでしかなかった。

 で、この松島へ社員旅行で行くにあたって、初日の昼食をどこでとるのかという話になり、松島が日本三景だと知らないのと同じ程度に食に興味が無い定あきがお店を探すことに!?
 正直、個人的にはほんとどこでも良いよ……ってね。

 でもこれも仕事なので、湾にある街として海鮮を楽しむのに、あまり大衆的過ぎず、かといって高すぎずでお店を探して、本当に適当にネットで探していたら、ある料理屋を発見した。
 おそらくそもそもは居酒屋で、日中は海鮮のランチを出しているというお店。

 そのお店でまず席の予約をして、メニューを先に決めてしまうのに、メニューを郵送してくれるという話になった。
 そして郵送されたメニューを見たところ……。

鍋or刺身のプラン2種のみ

 という、ネットに載っている料理とは全く違うメニューのみが提示された。
 ネットで見れる美味そうな海鮮丼や定食ではなく、このプランから選べという話に。

 いやいやそれは、さすがに温厚を旨とする定あきもそれはどうなんだろうと思い店に電話をかけたところ、電話に出たのが、予約を依頼したときのパートのおばちゃんではなく、支配人が出た。
 事情をはなし、ネットに載っているメニューから選べないかという話したところ

「種類は限定されますけどいいですよ」

 と返事がもらえた。
 さすが支配人、話が分かる……。

丼モノはダメね

あと握りもダメ

だから定食の3種の中から選んでね

 うーん……。
 正直定あきはね、それでも構わんのですよ。
 店の支配人がそれがルールというのであれば、それに従うのが客の義務だと思うので。
 ある程度こだわりを持って料理を出すということと、予約などとらなくても連日満員御礼なお店なので手間のかかる事は正直できないという店の状況から、その店の人気商品が予約では食べられないとのこと。

 この話をもう一人の幹事、および社員様方に伝えたところ

「いや、おかしいでしょ。スジが通らないでしょそんな話」
「普通に行って食えるのに予約だと食べれないとか意味が分からない」
「その店おかしいよ、ふざけてる」

 等々、クレームの嵐に。
 文句があるなら単純に店を変えれば良いだけの話なのですが、松島にあり、安すぎず高すぎず、ある程度落ち着いて食事がとれる店、というのが他になくて、店はここで決めてしまいたいという事もあり、また店がそんな客に偉そうな条件出していいはずがない!という社員一同の意志により、言いたいことはハッキリ言えるもう一人の幹事が直接交渉することに

「できません。そもそもそんな大人数の予約、本来なら受けたくもありません。それまで席空けておかなきゃならないし」

 と、支配人からさらに強い拒絶を示される。
 この話に、定あきを除く一同は激怒。じゃあもう店変えようぜ!っていう話になる。


 いやまあ店を変えるのは別に良いと思うんだけどさ……。
 店には店のやり方があって、客商売だという事は理解してるはずで、その上でそういう条件を出してくるのであれば、それはもうそこに文句をつけるものではないと思うんですよ。
 まあ定あきは別に現地特産の海鮮物だろうがなんだろうが、飯なんでどーでもいーじゃんっていうのが本音であるからこその意見ですが。
 
 そもそも弊社の仕事も、結構多くの人を対象とする客商売であると言えますし、前職なんてまさに客商売そのものでした。
 だからクレームを言われる側の立場という物が分かって良いと思うんですね。
 今の職にせよ前の職にせよ、客側からしたら正論を言っているつもりかもしれないけど、店側からしたら「それでも会社の方針上それはできねーんですよ」って話はいくらでもある。

 友人の会社でも、今取引先とエンドユーザーとの間で問題が起きてて、友人の会社としては筋道の立った説明をしているのに、取引先が責任を取りたくないが為に友人の会社に無理を言っているという事態が起こっているらしい。
 そういうことってどこの会社でもある事だと思うの……。

 大概の社会人はそういったことを身を以て経験していると思うのに、何故人は自分が客の立場になると自分の思い通りにならい事になんでもかんでも文句を付けてしまうのだろう……。
 全員が全員ではないけれど、少なくとも今回の件で、弊社の社員の定あきを除くほぼ全員が「その店の言い分はおかしい!!」って憤ってた。

 みんなもっと平和に生きようよ……

 結局昼食は、少しエリアを変えて、同じような海鮮を出す店で、予約も快く引き受けた店に変更したのだけど、その店の支配人的立場の人とすこし話をしてみたら、こちらは逆に「予約だったら丼ものだけね!握りとか定食はダメ!」って言われた。
 まあ丼が売りの店で、種類の多さから言っても丼が予約できれば問題ないようなお店だからいいんだけどさ。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年07月15日(水) 23時54分41秒

友人の披露宴に行ってきた

テーマ:日記
先週末、中学時代の友人の披露宴に行ってきた

 イケメンの友人と、可愛い奥さんだった。
 定あきは中学の同級生のくくりで、当時の顔見知りが他に6人いたけど、高校や大学、職場の関係で招待された人たちが100人くらいいた。

 多いな……。

 旧友の幸せな姿を見ているのはとても心が和んだけれども、そういう物があると分かっていたものの

新郎と新婦のなれ初め映像


 みたいな、FLASH動画みたいなのを見せられてる時間はちょっと苦痛だった。
 新郎の方は良いけど、新婦の方は全く知らない人だし……新婦の方の高校時代の友達の話とかもう、母親の妹の娘の友達の人、的なもう全然関係ない話じょん!!

 そっちはそっちでその関係者が来てるから、そういうのがあるのは当然なんだけどさ……。

 割とみんなそう思ってたらしく、定あきの座っているテーブルの面々はみんな映像を見ないでおしゃべりをしているという、結構に迷惑な席だった。
 そして映像を映してる幕の真ん前の席でもあったという……。

 ちなみに会場が六本木という、定あきの人生の中でそうそう関係がない土地で、受付時間まで暇つぶしに本屋とかブラブラしてたけど、 店のいたるところにベンチがあって、そのベンチのそこかしこでカップルがイチャイチャしているというあまりの異次元空間に、定あきは二度とこの土地に足を踏み入れる事はないだろうと思いたくなった……
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年07月10日(金) 00時55分48秒

あれ?あれれ?

テーマ:日記
不思議なことがあるもんだ

 やめようやめようと思いつつ、AOCで外人をいじめていたある日の事、なかなか理解が難しい出来事が起こった。
 4対4人のゲームで、強めのプレイヤーと弱めのプレイヤーが半々になるように設定したゲームで、定あきは強めのプレイヤーとして参加し、こちらのチームには、レート上そこそこ強いだろうと思われるプレイヤーも参加していた。

 定あきは、文明が熟してからの帝王戦はあまり好まず、どちらかと言えば早い段階から攻めてイニチアシブを取ってしまうのが好き。
 そして、このゲームで定あきに振り当てられた文明はスペイン。

 スペインは城から作成できるユニークユニットに「コンキスタンドール」というものがある。コンキとか言われる。
 銃手が馬に乗っている、騎乗銃兵。
 このユニット、攻撃力が高く移動の足が速いという性能で、ゲームの中盤では驚異的な存在である。
 ゲーム中盤でこのコンキが相当数用意されると、それだけでゲームバランスが崩れる。

 ってなことで、城主でコンキを作って速攻で相手をつぶす。
 結果だけ言うと、ゲーム中盤で、プレイヤーを一人リタイアさせ、もう一人も半壊させた。
 つまり、ゲーム中盤で4対2という状況になったのである。

 そして結論から言うと

負けたのである


 意味が分からなかった。
 定あきは中盤で攻撃を開始した分、終盤に向けての文明の成熟が遅れて、後半はあまり戦力にはなれなかった。
 その分敵を二人つぶしたわけだが。
 そしてチームメイトの3人が、3対2でボロ負けするという無残な結果に……。

 そんな事有りえんのか……

 まあ大分前に、3対3のゲームをした時に、味方の二人が序盤のミスにキレ落ちして、定あきvs3人というゲームで勝ったこともあるので、別に3v2で絶対に勝てるってもんでもないんだけど、まさかある程度バランス見て作ったチームで負けるとは思わなかった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。