2013年02月27日(水) 00時30分17秒

終了

テーマ:日記

強制終了です


 先日、都内の友人の家の近くでバーベキューをした。

 メインは牡蠣。

 福岡で牡蠣を食いまくった話をしたら、じゃあこっちでも牡蠣食ってみようぜという話になり、バーベキュー場を借りて牡蠣バーベキューをした。


 超強風の日に


 牡蠣の他、牛肉やソーセージ等いろいろ用意した。

 が、強風による寒さの所為で疲労ばかりが蓄積され、全体の半分程度しか消化できなかった。

 寒さと風で全員変なテンションだったけど。

 

 例の如く、写真は無い



 三連休最後の日、午前中に茹でる前のパスタ300グラムを茹でて食し、その後スナック菓子とかも食し、3時前にお昼寝に突入した。

 4時過ぎに胃が痛くて目が覚めた。

 ストレスなのか、食べすぎなのか良く分からない。

 寝る前には満腹感は無かったしな……。


 再び寝るのもままならず、どうも運動不足のようなので、自転車で出かける事に。

 中古ショップを回り、2軒目でPS2の鬼武者480円とオーフェン180円を買う。

 鬼武者soulをやっている時、空想さんにやったらどうかと勧められ、まあPS4も発表されたこのご時世に、PS2初期のゲームなど捨て値で手に入るので、買ってみた。


 家に帰ってきて、P4を貸した友人にメモリーカードごと貸しているのを思い出した。

 とりあえずプレイしてみた。

 風使いのボスに殺されて、コンテニューができると思いきや、できなくて終わった。


 コンテニュー機能はつけるべき…


>農業さん

 どうも、女性はフォーマルスーツ最強派です。

 和服は芸術性が高くてエロい目で見づらい。あと動き辛そう。

 鬼武者soulは、キャラブラウザゲーはモゲマスを見習うべき。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013年02月25日(月) 15時22分54秒

ぬあああああああああああああ

テーマ:日記

改善を要求する!


 一ヶ月くらい前に空想さんとチェリングさんにつられて始めた鬼武者SOULに飽きてきた。

 スタミナ消費型のブラウザゲーは性に合わない。

 対人要素も若干薄く、説明書はきちんと読む事に定評のある定あきだが、ネットゲームのチュートリアルは全く読まない事にも定評があり、対人要素である、合戦、週末のなんとか合戦、攻城戦の3対人戦は何をすれば良いのか分からない。

 なのでやる事といえば、専ら城下町の開発と、鬼物語と、武将育て。

 城下町の開発は、生産した資源ではなく、ほとんどスタミナ消費で行われるのでやれる事が少ない。

 鬼物語は、完全にスキップで物語読んでないので、面白みが無い。

 武将育ても、育て甲斐のある武将が育ちにくい。

 もうダメダメじゃん!

 基本、ユーザーは初期能力値の高い武将や、有用性の高いスキルを持った武将を優先的に育てるが、課金しないと手に入りにくい。それでも多分他のブラウザゲーに比べたら無料ガチャはやりやすくはある。


 しかしね、定あきが気に食わないのはそんなゲームを構成する主要素じゃぁないんですよ。

 定あきがこれを始める当初から、プロネットゲーマーである空想さんはこう言っていました。


「幻魔は武将が揃わねぇ」


 と。

 これは、ゲーム開始時に3勢力から所属勢力を選んだ場合、主に使用する武将もその勢力の武将に偏る為、ガチャないしイベントで自身が選んだ勢力以外の武将は、それが1/1000程度の確率で出てくるレアカードですら、ゴミに等しく、そういう意味で幻魔は有用性の高い武将が揃いづらいという意味での言葉です。

 勢力には、鬼、人、幻魔の3勢力があり、実際の戦国史における土地とそこにいた武将、その経歴などで歴史に登場する様々な人間がこの3勢力に割り振られています。

 定あきはこの勢力において、自身の地元である千葉を選んだのですが、千葉は里見の土地らしく、勢力が鬼になります。

 どうも空想さんやあんこさんの言によると、鬼勢力を使用しているユーザーはこのゲーム中最も多いらしい。

 まあ、鬼武者だから当然っちゃ当然かもしれないけど。

 しかし、今現在、定あきはこの鬼という勢力にかなりの不満を抱いている。定あきの認識において、鬼という勢力の武将には、とある要素が3勢力中最も欠けているからである。

 その要素から考えれば、今定あきが一番使いたい勢力は幻魔。

 割と空想さんがうらまやしい現状。


 だからこのゲームに飽きてきた。

 ゲームの主要素を楽しめない場合、自分なりにそのゲームを楽しむ要素を見つけるしかない。

 そして、定あきなりに見つけた楽しみが、鬼要素では満たせないという結論に至りつつある。

 定あきを失望させている1つの事実


 鬼陣営の女武将に全く魅力が無い


 という事。

 このゲーム、強い武将を育てる場合、レア度の高い高性能武将を使用するより、中性能で入手率の高い武将を多用した方が効率がいい。

 トップ集団を目指すなら当然レア武将を多用するに越した事は無いが、この手のゲームは無課金でトップ集団に食い込むのはまず無理。

 であれば、無料でできる範囲でそこそこのところにとどまるには、レア武将より中性能武将が重要になってくる。


 そんな効率の話は置いておいて。


 初期状態から強い武将を使わずとも、入手率の高い武将をそれなりに集めればそれなりにゲームは楽しめる。

 だったらゲームの本編はそれなりで楽しんで、後は自分の楽しめるところを楽しむ事にした。


 女武将の徹底強化である。


 日本史において、女性が戦争そのものに活躍したという記録はほとんど無い為、一部例外こそあれ、女武将の数値は軒並み男武将より平均的に低い。

 特に攻撃力においては攻撃メインに使うには絶望的なレベル。防御、内政においてだけそれなりの数値を持った女武将はまあそれなりにいる。

 そして、その手の女武将の入手率はかなり高い。というより、このゲームの女武将の役割は、どうやら男武将を強くする為の燃料的扱いらしい。


「女武将を強化に使用すると経験値が多く入ります」


 とかたまにアドバイスで出てくる。

 なにその男尊女卑思想。頭のおかしい人権団体に訴えられらたら勝てないだろ。

 定あきはゲームの細かいところは全く無視して遊んでいるので、上位を目指す気は全く無い。

 なら、別に強い武将を使う必要は無いし、使う気もない。だって、手に入らないし。

 だったらエロ・可愛い女武将を多用する事によって、ここにハーレムを作れば、このゲームもそれなりに楽しいものになるのではないかと考えた。

 思い立ったら即行動と、普段腰の重い定あきも、二次元的欲望には素直なので、まず攻撃班の控え枠を全員女武将で埋めた。

 直後、このやり方が壁にぶち当たった。


 上記した通り、鬼陣営には魅力のある女武将がいないのである。


 マジで。

 隣の芝は青く見える的な現象ではなく、ガチャで手に入る幻魔、人陣営の女武将に比べ、鬼陣営の女武将は恐ろしく魅力が無い。


 まず露出度が違う


 鬼勢力の女武将は、平均的に厚着。こいつらの肖像画はきっと冬に撮影した物に違いないと思うくらい平均的に厚着。

 人勢力は多分春過ぎ。まだ薄着をするには寒いけど、少し露出する程度なら大丈夫という感じ。中には下乳を見せている痴女ギリギリのもいる。

 幻魔はもう完全に夏気分。女武将の8割が巨乳であり、5割は谷間がヤバイ。

 そのくらい3勢力の女武将には格差がある。

 マジで。

 幻魔の何がおかしいって、幻魔の力にかかれば貞淑を謡うキリシタン達が揃ってボインで露出が際どいという妖艶っぷり。

 更に幻魔の女武将の半分近くの中の人が井上喜久子や田中理恵という、アダルト力がカンストしている面々。対照的に鬼陣営には井上喜久子ボイスはいないが、金田とも子はいる。

 トドメがモリガンとリリスだろう。淫魔という存在そのものがエロスの塊がじて、モリガンに関してはもう文句のつけようのないビジュアルのエロさ。勢力のこだわりを捨て、肖像画設定したくなってくる。

 人陣営に関して言えば、幻魔程の妖艶武将はすくないものの、谷間やら腹やら下乳やらを見せてる女武将がちらほらいる。

 露出はなくとも、雰囲気がエロい武将も多く、滲み出るエロスが半端ない。


 それに比べて鬼はどうだろうか…。

 まず露出の限界が肩。上位のレア武将にボインで腹を露出してるエロ武将がいるけど、レア度の高いガチャを回さないと手に入らないので、手に入る気がしない。

 それ以外、本気で全員露出が無い。精々バレンタインデーイベントの柳生十兵衛茜が肩と胸元を露出している程度であろう。なので肖像画に使っている。

 ノーマル武将に関しては最上義姫と前田豪姫が肩と脇を露出してるのが精一杯のエロさ。

 何故か鬼武将のキリシタンは絵に描いたような清楚っぷりである。

 本当に9割の武将が「THE大和撫子」と言っていいほど見事に着物を着こなした美女っぷりではあるが、いかんせん定あき、和服萌え要素を持ち合わせておらず、浴衣・巫女服に全く興味が無い。

 何故鬼勢力だけが徹底した和製っぷり……。

 とりあえず鬼のキャラデザ全員変えろ!


 先日、運営に、陣営の選択を含めゲームをやり直したいのだがリセットのシステムはあるのかと、直接問い合わせのメールを送信したところ、そういった機能は無いと帰ってきた。これはもうアカウントを作り直すしかないのか…。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013年02月25日(月) 01時29分01秒

はははははは

テーマ:日記

芝居気味に笑ってみたら、変な笑いが止まらなくなった


 どうやらまた職場から人が1人減るらしい。

 定あきより仕事できる人が。

 この人いなくなったら、マジで現場のクオリティ維持できなくなる存在。


 ああ、経営本部って本気で現場の事考えてないんだな…


 って思った。

 でもって、まあ定あきももうすこしで退職する予定な訳なんですが、その人が辞めて、定あきが辞めたら、確実に週に2日、現場で仕事が成り立たない日が発生する。

 なぜなら有資格者で仕事分かる人間が現場に1人になるから。

 遊び半分で笑いながらそれを考えたら、状況が滑稽すぎて本当の笑いになっていった。


 うちの会社、もう少ししたら業績落ち始めるだろうなぁ…。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年02月19日(火) 12時16分45秒

乗り越えた先に

テーマ:日記

1週間、生き延びた…


 2月13日、朝の10時出勤、7時に起きて9時過ぎに職場入り。22時半退勤。

 2月14日、朝の10時出勤、7時に起きて9時過ぎに職場入り。22時半退勤。

 2月15日、朝の10時出勤、7時に起きて9時過ぎに職場入り。翌5時過ぎに退勤。

 2月16日、朝の11時出勤、10時過ぎに職場入り。23時退勤。

 2月17日、朝の11時出勤、10時過ぎに職場入り。23時過ぎ退勤。

 2月18日、朝の7時出勤、7時前職場入り。12時前退勤。


 疲れた…。ただただ時が過ぎるのを待った。

 16日に関しては、思考が鈍りすぎて2回くらいクレーム起こしかけた。

 本当に疲れた…。


 でもね、定あき思うの。


 この会社としても、この状況としても、散々文句言ってるけど、ブラックはおろか、グレーですらないよね…。って。


 ブラック → まともに家に帰れない

 グレー → 朝9時からほぼ毎日終電、大部分がサービス残業


 多分世間の認識の平均がこんな感じなんじゃないかなーと。

 そういうとこ渡ってきた先輩社員が、「ここはまだ良いほうなんじゃない。毎日帰れるし」って言ってたからね。

 その上で賃金もわりかし出てる方だしね。

 賃金に関しては、週休2日で祝日分が全く無いから、まあ労働量とかから考えればもらえて当然と言うか、これで給料低かったらマジで人が残らないし。

 実際のところ、定年間際まで残ってる人ってすげー少ないんよね。

 ま、昔よりは環境良くなっていってるって言うから、今後は残る人も増えていくんだろうけどね。



 「エデンの檻」という漫画がある。確かマガジンで連載されてた漫画。

 「ク○ニしろおらああ!」でちょっと有名な漫画。

 最近、最新巻で完結した。本当に当初こういう終わり方する予定だったのか?っていう感じの終わり方。

 物語の内容は


 グアムへの修学旅行の帰り、主人公達高校生を乗せた飛行機が、空で謎の物体と衝突しかけて無人島に不時着。

 飛行機の周りでただ救援を待てば良いと思われた状況が、見たことも無い大型動物に襲われ死者が多数発生。学生、その他乗客の遭難者達は飛行機から逃げ出し、島の中で救助を待てる場所を探す事に。

 しかし、その行く先々で飛行機を襲ったような見たことの無い大小のバケモノのような動物に襲われ、死者は増え続ける。

 そんな中、主人公の同級生のインテリメガネが、手持ちのノートパソコンから図鑑情報を出し、今まで襲ってきた動物達は、太古に生息していたと思われる絶滅した動物達だと言う。

 遭難者達に襲い掛かる存在しないはずの絶滅動物達。まるで現代からはるか過去へとタイムスリップしたかのような状況。

 しかしその後垣間見え始める人工物の存在。

 いったいこの島はなんなのか?彼らは島から生きて抜け出す事ができるのか?


 という、まあ、結構ありがちな作品。

 正直すげー面白い作品という訳ではなく、結構面白い作品。という訳でもなく、そこそこ面白いかと言われるとそれも微妙で、まあ悪くないしそれなりに先の気になる漫画という感じの作品。

 ただハッキリ言うと、巷で騒がれた「進撃の巨人」よりは面白いと思う。と言うか、小倉のネカフェで進撃の巨人を読んだ時、これが面白いかどうかはともかく、何故あそこまで世間に騒がれたのか全く理解できなかった。

 受ける人には受けても、あそこまでバカ売れする漫画ではないと、それなりに漫画を読んできた定あきの感性は告げている。

 完全に金の力だよね…。


 で、こっからはネタバレしていきますが…。

 序盤は、太古の生物達の登場から「これタイムスリップしてんじゃね?」という考えを想起させる。しかし少し進むと、ある程度文明を持った人工物が登場し、タイムスリップじゃなくてジュラシックパーク的な古代生物再生ネタかと思われる。

 と言うか、中盤以降は完全に舞台は現代のままで、この無人島は、巨大企業の手によって作られた古代生物の再現舞台としか言いようの無い展開になる。

 巨大モニュメント、かなりのハイテクノロジーによって構成されていた地下生物プラント、灯台等など様々な人の手の入った建物が出てくる。

 また、インテリメガネの情報によるとグアムから日本までの間に散策して把握した程度の規模を持つ島は地図上存在せず、この島はかなりの広大さを持ちながら世間に知られていない場所だという設定。

 巨大組織、かなり高度な技術者達で運営されていた建造物群、地図上存在しない島。

 ああ、なるほどやっぱりジュラシックパーク的な物語ね。

 と、ここまでが最終巻手前の流れ。


 そして最終巻。

 主人公達の乗った飛行機は実際世間では完全に行方不明になり、全員死んだものとして扱われた。 

 この島は、行方不明者の祖父が会長を務める巨大企業と主人公の母親その他大勢の手によって作られた島で、場所はまさに飛行機が行方不明になった場所。

 行方不明者たちの1人に巨大企業の会長の孫がいて、その孫はまだ小学生程度でありながら、動物の生態に異常な興味を持っており、現在に分かっている情報から存在するであろう古代生物をスケッチするという趣味を持っていた。

 大雑把なこの島の意味は、行方不明者達の慰霊碑的な役割としての島。

 実際に再生された古代生物達は、「この島を孫の思い描いた古代動物達で満たしてやりたい」という企業会長の願い。

 ちょっと分かりづらいが、まとめると


 まず主人公達飛行機の搭乗者が行方不明になる

 ↓

 その死を悼んだ遺族達が慰霊島を作る

 ↓

 その島で冒険する主人公達


 完全に時間の矛盾があるが、物語は実際これであってる。

 つまり、結論からすればタイムスリップ物というオチ。

なにこの打ち切り

 打ち切りなのか作者が話しまとめられなくなって投げたのか分からないけど。

 最終巻とその1つ前の巻での話の内容カが、島内に数ある施設の内から、居住施設を発見して捜索するという話。

 生存者達はリーダーシップとカリスマのある主人公に従い、居住施設にやってくるが、施設外でベースを構築する待機組みと、施設捜索組みとに別れる。

 その施設でいろいろな物を見つけるが、結局この施設の人間はバイオテロ的な何かで全員死に絶えている事が分かる。

 そしてここから、一気に展開が終わりへと転がる。

 施設外でベースを構築していたグループが、再び巨大動物に襲われる。しかし、施設の敷地内に入り込むと、何故か敷地内には踏み入ろうとしない動物。

 そこで1人の学生が気付く。


「この建物、私達の高校の校舎と同じ形してね?」


 と。

 何故か先行した捜索グループはその外観に気付かず、後の野営グループがそれに気付く。

 そして、捜索グループが施設内の最奥でナンバー錠の付いた開かずの扉を発見。そのナンバーは建物の一部に書かれているのを見つける。

 開かれた扉の先には、この島の設営に関わった人間達の写真が並んでいる。全部今いる遭難者達の身内の写真。

 物語の視点が、島の遭難者達から、行方不明になった主人公の母親視点に変更される。

 上記したような理由でこの島が創造される事となり、母親もそれに携わる。

 そして老いて死ぬ間際に後任者から、「何故あのような島にしたのですか?」と問われると、母親はこう言う。


「あの子(主人公)達が、あの島で冒険している姿を思い浮かべる事ができるから」

(冒険している主人公達の絵を背景に)


 その後、最後に主人公達が島でサバイバルして、箱舟作って島を脱出する所が描かれて完結。

 最後の流れは本当に酷かった…。

 これが本来想定されてなかった終わり方だと思う根拠の1つに、主人公の幼馴染の存在がある。

 幼馴染が2人いて、作中ずーっと主人公の傍で行動する女の子と、昔から仲の良かったイケメンハイスペックな男の子。しかし、この男の子が中盤に命を落とすような描写があるのだけど、明らかに後々出てくるであろう伏線を思わせる死に方。濁流の水の流れに飲み込まれて消えるっていうね。

 その男の子が最後全く出てこなかった。と、これはまあ読み違えと言えばそれだけだけど。

 他にも、状況で頭が暴走しちゃって、変なお面付けて自分をハデスと名乗る学生が出てくるんだけど、物語にどう絡むのかなーと思ったら、無かった事になってた。

 で、本当に急な展開の収束の仕方が酷かったのが最終巻。

 打ち切りとかでなければ、アメーバによって主人公と幼馴染数人が命の危機を乗り越えて、やったね!ってなったんだろうけど…。


 アメーバで2人倒れる

 ↓

 介抱しようとした主人公ともう1人も倒れる

 ↓

 インテリ眼鏡達が解決策を模索する

 ↓

 このアメーバが原因で施設の住人が全滅したとして、何故そんな事が起こったかを理解できれば解決策が分かるかも!?

 ↓

 原因とかはともかく、粘菌だったら塩擦りこみゃ沈静化するだろう!

 ↓

 塩を擦り込んで4人回復

 ↓

 開かずの間開放

 ↓

 島創造者関係者の写真がズラリ


 居住施設で開かずの間で真実を知って終わるっていうエンディングなら、粘菌によって死に掛ける展開いらなかったよね。

 まあ最後のクライマックスだとして用意したならまだしも、塩擦り込んで収まるような状況なら、住人が全滅するのに粘菌がどういう状況でどう使われたかを皆で模索する件全く必要なかったよね。

 最終巻で何から何まで無理矢理終わってマジでビックリするわ。


 元々面白かったという訳ではないけど、島についてどう結論付けてどうやって現実社会に復帰するかのオチは楽しみにして買っていただけに、この打ち切り的終わり方がは本当に酷すぎた。



 17日に、後輩社員のミスでお客さんの家まで商品を届ける事になった。

 そういう場合、大概商品を配送して、その場で買ってもらった商品と配送するって手続きを取る方向に話を進めるのだが、だから交換できるのが19日になる。という話をすると「じゃあそれが無い2日間どうすりゃいいんだよ」と言われ、訪問する事に。

 ミスをしたのがまだ1年目の後輩という事と、定あきがファーストコンタクトの電話を取ってしまったという理由から、定あきが訪問する。

 場所は都内で比較的近い場所だったので特に苦労はしなかった。

 まず最寄駅まで行き、タクシーで大雑把な番地近くまで行ってしまう。

 その間、駅の中に臨時出店のミニクレープ屋があり、1個105円で甘々なクレープが売っていたので2つ食べる。

 タクシーで近くまで向かってそこから歩いてすぐのお客さん宅へと向かう。

 路地が細かったので、少し離れたところでタクシーから降りたのだけど、人通りも少なくなんとも暗い雰囲気の漂う住宅街。

 その中を歩いていると前方から


 ガンガンガン


 と、戸を叩くような音が聞こえてくる。

 そのまま進むと、音の発生源を発見。

 周囲よりやや古めの住宅の玄関から、ガンガンと棒か何かを使って戸を叩く音。それと一緒に


「タスケテー、タスケテー」


 と助けを求める声。

 ……なにこれ、怖。

 警察に通報しようかとも考えたけど、仕事中なのでスルーした。

 というのも、「タスケテー」の声があまりに棒読みだった為、全く逼迫した感じが無かったという理由と、この辺り一帯にアレな人間が多すぎるという理由から。

 携帯で離している訳でもなく、立ちションをするでもなく、この寒い中で壁に寄りかかってジっと動かないオッサンとか。

 何故か後ろを歩いている定あきを何度も何度も振り返って確認してくるオッサンとか。

 ああ、この土地って、そういう人の多い場所なんかな…という印象があった為、とりあえずこの救難もスルーしてしまった。

 これが事件に繋がったらめちゃ後味悪いけど…。

 ただ多分仕事中じゃなかったら警察呼んでたと思う。

 帰りは歩いて駅まで戻る。

 途中スーパーでポテチを2袋買い、ボリボリ食いながら歩いて戻る。

 駅まで戻ったら、クレープを5つ買って電車の中でむしゃむしゃ食う。

 気持ち悪くなった。

 願わくばあの救助を求める声が、頭のアレな子の奇行であったことを祈る。



 この一週間を終えて、新しいシフトになるのだけど、何故か次の週末と、次の次の週末で3連休が2回続く。

 嬉しいと思う反面、明らかに後半がシンドくなると分かりきっているため、苦い汁が喉をこみあげてくる。

 2月が終わると有資格者の社員が3人しかいなくなる為、もう定あきは基本毎日最後まで。入りの時間は早かったり遅かったりだけど。

 ああ…もう本当に酷いな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月15日(金) 00時51分20秒

モテキ

テーマ:日記
全部中古で100円だった

 久保ミツロウのモテキが全部100円で買えた。
 全4巻て案外短かったんだな…。
 しかし、これ映画化したとか、邦画業界もネタがないんだな。

 感想の方を結論からバッサリ言ってしまうと、結構嫌いなタイプの主人公だった。

 もー…、めちゃ内心ウジウジ系の主人公なのね。鳴海孝之なんて比じゃないくらいに。
 そして、久保ミツロウに対してアゲインから入った為、性的な描写というか要素は割かし薄いんじゃないかと思っていたら…、極濃だった。
 最近ぐぐってみたら、久保ミツロウって女性らしくてさ…。ああなるほど、女性の本音系の作品かと思わされたよ。
 女性が性に対して露骨なモノ描いたら、そら男の俺は楽しみきれんわ…。

 さて、明日が最初の山だ…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月13日(水) 02時13分40秒

最近のいろいろ

テーマ:日記

さあ、地獄の1週間の幕開けや…


 早番→ラストまでを金曜まで続け、金曜は夜通し改装作業。そのまま土曜も出勤で、日曜は棚卸し。さらに翌月曜に営業開始前の棚卸しの差異チェック。

 まる1週間の地獄。

 まあこんなもん、世のブラックな企業と比べたら大したことないんだろうけどね…。

 少なくとも、明日からはほとんどダークブラッドには入れないだろうなと。


 …


 引退、かな?



 久保ミツロウの「アゲイン」を現行で出ている7巻まで読んだ。

 割とありがちな、高校を卒業する主人公が、記憶を保ったまま時間を遡って高校の入学式から同じ時間をやり直すという話。

 一瞬だけ「タイムリープ」という言葉が作中で出てくる辺り、シュタインズゲートの前後からこういう時間遡行ネタがはやってんだなーと思う。ただ流行ってる事と、面白いかどうかは別なので、その点、このアゲインはよくできてると思う。


 もうちょっと具体的な話だと、不良っぽい外見をしている主人公は都心から郊外へ越してきて高校へ入った為、正史だと高校3年間友達もできず怖がられて孤独に過ごしたが、卒業式の日に事故で意識が3年前に戻ってしまう。

 高校を卒業する主人公は、高校生活が上手く送れなかった事と、入学時に一度だけ見た応援団の女性団長の事が気になっていた。女だてらに雄々しく新入生を歓迎する姿に心惹かれたが、応援団はその団長の代で廃部になってしまい、主人公が卒業する頃には跡形もなくなってしまったのだ。

 主人公は、高校1年に戻って青春を謳歌するよりも、もしかしたら自分が行動する事で、応援団を残せるかもしれないと考え、応援団に入部をするが……。


 という話。

 この人の作品だと、タイトル的に映画化された「モテキ」が有名だと思うけど、こちらは全く見た事が無い。

 ただアゲインが面白いので、今度買って見ようかと思う。

 物語の前半から中盤は、応援団とチア部の合同練習から、野球部の試合応援の話に集中する。

 ここを具体的に書くと、チア部の部長の策略で嫌われ者にされた応援団女団長が合同練習で赤っ恥をかかされる合同練習から、義務感から暴走して野球部の応援に乱入しメチャクチャにしてしまう野球の試合という流れ。

 が、これは正史の話で、ここに主人公が介入する事で、状況は正史より良くなって行く。

 シュタゲもそうだが、これの主人公は全く万能感のある人間じゃない。

 本来3年間誰とも接点を持てなかったくらい人付き合いが下手だし、対人経験が無い。根暗で鈍感。

 そんな主人公が動く訳だから、物事がスマートに転がる訳でもない。

 そもそも高校3年間を自分の殻に閉じこもって生きてきた主人公は、3年前に戻ってきても、やり直される3年間の中でどんな事が起こるのかあまり覚えてない。

 大雑把に覚えているのは、応援団が廃部になる事、クラスメイトの数人が卒業時にはどんな人間になっていったかという事くらい。


 そんな中、野球部の試合が終わるまでは、主人公が恥をかき、四苦八苦しながらも、なんとか応援団が潰れない方向に物語を持っていく事ができるのだけど、正史ではずっと怖がられてた主人公が積極的に行動しちゃったもんだから、主人公今村に対して


「今村って実は結構優しいよね」

「今村って良い奴だよな」

「今村って割りとカッコイイ・カワイくない?」


 と、正史とは全く違う印象を持たれ始める。

 当然物語の中でメイン寄りの名前を持つ女性キャラの中から、主人公に好意を抱くキャラも出始める。

 ええ、ここからが定あきの好きな恋愛タイムに突入な訳です…が。

 6巻までが野球部の応援をやり遂げる山場に対して、7巻が割りと恋愛中心の話題になってしまう。

 これが割りとさめる。

 恋愛中心というか、主人公に惚れた優等生キャラがいて、主人公にアタックをかけるのだが、その手の話題に全く免疫のない主人公はただただうろたえるばかり。

 主人公が存続させたい応援団団長も女性で、主人公はこの女団長を「好き」だから頑張っている訳ではないのだが、意識はしている。

 そんな優等生と団長の間で揺れる主人公。

 7巻の内容がこんな感じ。

 何が気に食わないって…優等生ちゃんが報われ無さそうな雰囲気が嫌!

 女団長もそれなりに見てる分にはカワイイキャラではあるのだが、定あきは断然優等生ちゃん派。

 しかし、状況によっては優等生ちゃんが完全に物語の主流から切り離されそうな雰囲気がしてて気が気じゃない…。

 そして次の8巻では、話題のメインが演劇部に移るらしい。そこで新しい女性キャラが出現。

 確実に恋愛ネタに絡んできる気配がする…。

 恋愛は要素としてあるから面白いんであって恋愛がメインの物語はダメなんよね…。

 まあ面白いので読んでみてくんしゃいー。


 

 最近通勤時によく思う事がある。


 世の中邪魔な人間が多すぎる…。


 というのは、別に自分を特別視した痛々しい意味での発言ではなくてですね…。

 自身の行動がいかに周囲に影響をもたらすかが分かってない人間が多いと思うんですよ。

 具体的には、大体駅の改札周りで実感するんですが…。

 多いのが、JR上野駅のしのばず口という出入り口の所。

 駅自体の出入り口と、改札の周囲。ここに人が集まっている事が多い。お前らは空間を認識する能力が無いのかと…。

 駅自体の出入り口も、角の所に立って人を待つ人間が結構多い。

 大雑把に適当に図にすると


    駅構内

___|      |__

   ○   ○


 こんな感じで、○が人だとして、出入りの道に突っ立つ人が本当に多い。

 人通りが多いから、そこに立たれると完全に流れが阻害される。

 別にこういった状況じゃなくて、昔は学校で、今は会社で、狭い通路で会話をする人間が邪魔でしょうがない。

 ただの通路ならまだしも、人通りが多かったり、どこかへの出入り口のまん前だったり、少し考えればそこで立ち止まるべきじゃないのは分かるだろうという場所ばかり。

 先日は、副支社長が休憩室の出入り口で何かの案件について人と会話していて、その出入り口、同時に2人は通れない狭さで、その上でその近くで立ち話されると、マジで人の流れが詰まる。

 職場のある秋葉駅において、帰る直前の数人の男女が、まさに改札の目の前を陣取って「またねバイバーイ」みたいな事をしてガチに人の流れを邪魔していた。改札から1mくらいの位置で。

 その改札を通る為に、その人らの横小さく迂回して改札に通ろうとしたら別れを終えたらしいその人らが、後ろを向いたまま全く周囲を見ずに進みだそうとした。

 そのまま前を見ないで定あきが通ろうとした改札に入ろうとした為、そのうちの1人と定あきが同時に改札に入るようなタイミングになる。

 普通にぶつかりそうだったので、一歩大きく踏み出してぐいと前に出ると、「うわなに、いきなり前出てきた」と定あきが悪い事をしたように後ろで喋っている。

どうしてそこまでバカなのか…

 改札塞いだ挙句に後ろ向いて歩き出すとか、気の短いおっさんとかならその場で怒鳴りつけてるぞ…。

 まあ、そういうおっさん方も上野駅では改札の前とか平気で塞いでるけど。

 どちらかというと定あきは気が短いので、明確な迷惑行為が身近で行われると口が出てしまうんよね。

 去年の年明けに旧友と都内で映画見たら、上映中に高校生が真後ろで電話で通話し出した時は直接言って辞めさしたし。そのまま追い出してしかるべきだったとすら思う。

 映画が終わってシアターから出る時に後ろから「マジしめようぜ…」とか聞こえてきたけど、手を出してきたら徹底的にボコボコにして逃げたと思う。もしくは徹底的にボコボコにされて民事で訴えたと思う。もしくはボコボコにされた後に警察に突き出して学校にも苦情。

 定あきはその程度には大人気ない。



 アゲインと一緒に、押切蓮介の「ハイスコアガール」にも手を出した。

 押切蓮介は、物語が読みきり系だというイメージと、あの絵柄から手を出していなかったのだけど、人からハイスコアガールはそれなりに一連の流れを持った物語だと教えてもらった為、踏み切ってみた。

 レトロなゲームネタを織り込んでいる作品だとかそういう要素はまず置いておいて、今月末に出るらしい3巻以降、割と恋の三角関係な漫画になりそう。

 ただ、この作者の場合、物語上で真面目な恋の三角関係をやっても、外から見て深刻な様子にならなそうだから恋愛ネタが強くなっても楽しめそう。

 1巻の最後とか、多分違う作者で等身の高い絵柄の人が描いてたら、多分定あき泣いてたと思う。

 押切蓮介だと、顔に爪を立てて歪んだ挙句に顔に3本のラインとか、シリアスなのかギャグなのかよくわからなかった。いや、あのシーンが気に入らない訳じゃないんだけど。

 ああいう別れと再会って結構好きだし。

 3巻が楽しみだわ…。



 さて…夜が明けたら、地獄の始まりだ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月11日(月) 02時59分53秒

昔より酷いらしい

テーマ:日記

俺達は試験前の学生じゃないんだよ…


 所属部署からどんどん人がいなくなってしまう為、諸所から人員が補充された。

 最終的には4人減って5人増える予定。

 その中で、他支社から配属されてきた後輩がいる。

 そして、その後輩が、この支社のやる事なすこと何故こんなおかしいのか?と尋ねてきたからこう言ってやった。


「昨日も言っただろう。トップの頭がおかしいからだって」


 トップがおかしきゃ下はその被害を受けるだけ。

 何故そんな話になったかというと、次の週末に、支社店内の大改装が行われる事になった。

 閉店後、社員が残って作業である。


 徹夜で


 閉店時間まで営業する。

 営業が終わったら改装する。


 朝まで


 朝が来たらどうなる?翌日の営業が始まる。

 営業が始まったら、もちろん仕事の始まりである。


 寝ないで


 営業時間終了→徹夜で改装→翌日の営業開始

 というスケジュール。

 さらに言うと、その次の日の夜が棚卸の為、また遅くまで残りで、その翌朝が早朝出社。

 訳が分からんスケジュールになっている。

 一夜漬けして翌日のテストに望む高校生じゃないんだよ俺達は…。


 改装日、翌日の出勤者は終電までで終了で、翌日の公休者だけが徹夜とか、そんなんでもなく、全員強制出勤強制徹夜。

 でもって早番はそのまま仕事の、遅番は一度帰って仮眠とってきていいよ☆みたいな感じらしい。

 アホか。

 そんなんで帰って仮眠取ったら起きれんわ。

 個人的に正直言ってしまえば、宿泊施設さがさんとシャワーも浴びれないしヒゲも処理できないから、ぶっちゃけもうシャワー浴びる気もないしヒゲを処理する気も起きない。

 

 そりゃ退職者も続出するわ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013年02月08日(金) 08時43分37秒

ビックリした

テーマ:日記

この先こういう事はまた増えるんだろうなぁ…


 日曜の夜、もう1週間近く前の話ですが。

 今月で会社を離れる面々を主賓に迎え、焼肉屋で送別会を行いました。

 その内容に特に触れるべき事はなく、食べ放題だったけど、ちょっとした催しなんかもあって満腹になるまでは食べられなかった。

 家に帰って0時半過ぎ。2時前には寝たと思う。

 月曜夜明け前の朝5時ごろ。

 腹に違和感を覚えて目覚める。

 違和感がどんどん強くなる。

痛みに変わる

 割と真面目に「ぐぬぬぬぬぬ」って感じの痛み。

 だったらなおさら寝た方が良いじゃんとか言ってられない痛み。痛くて寝れないし、横になったほうが痛い。

 腹が下っている感じも、吐き気も無い。

 しかし治まる気配のいっこうに無い痛み。

 こりゃなんかヤバいんじゃないかと思い、とりあえず携帯を持って一階へ降りる。

 吐き気があった訳ではないけれど、昨夜に食べた物が胃に残ってる感覚が強く、とりあえず吐いた。

 吐いても治まらない痛み。

 むしろ吐いてより強まった感がある。


 居間の椅子に座りグッタリ。

 救急車を呼ぼうかとも考えたものの、まあいきなり死ぬ事もあるまいと、とりあえずしばらく座っていると、なんとなく治まってきた気がする。

 大雑把に数字で言うと、10だった痛みが8くらいになった感じ。

 まあこれ以上酷くはならなそうだと思い、自室に戻って布団に入る。

 正直横になる方が痛む感じが強かったけども、姿勢次第でやわらいだのでなんとかなった。

 結局寝れるのに1時間くらいかかったと思う。


 翌日病院へ行ったけど、原因や厳密な症状は分からず。そもそも病院に行った時点で10だった痛みが2くらいになってたので、厳密に診てもらうのもためらわれた。

 痛み止めの薬だけもらう。

 胃を刺激しないように、起きてからポカリ以外を口にしていない為、常に空腹状態。空腹状態なのだが、食欲がほとんど出ない。

 恐るべし胃痛。

 19時を越えた辺りで空腹に耐え切れなくなり、固形物を口にする事にするも、流石に胃に負担をかける訳にはいかないので


 おかゆパック


 おかゆパック


 惣菜パン+3


 と、わりとお腹一杯になるまで食べた。

 とても美味しかった。


 今現在、違和感はたまにあるが痛みは全く無い。

 下痢もしてないしそれ以後吐き気もまったく無い。

 結果から見れば、ただの胃痛なんだと思う。当初はノロ的な何かを疑ったけど、一緒に焼肉食べた面々に確認してみたら、他には誰も同じような目にはあってないとのこと。

 まーね…ストレスなんじゃないかと。

 正直個人的には、今現在面倒な状況ではあるものの、あまりの痛みに夜中に目が覚めるなんて程になるくらいにストレスを感じてるつもりはないんだけどな…。

 今まで生きてきた中で、そこまで強いストレスを感じる状況ではないと思う。

 というのは、俺の思い込みだったのかもしれんな。

 食べすぎとかも考えたけど、どちらかというといつもに比べればまだ腹の許容量はそこまで満杯ではなかったから、考えづらい。

 やはりストレスか。

 仕事中に再発させない為にも、ちょっと生活態度は改めた方が良いかもなぁ…。


 と思いつつ、オールナイトで空想さん、チェリさん、あんこさんとMMORPGをやった上、解散してから未だに起きている定あきであった…。

 チェリさんの新ペットは恐竜!

 定あきも恐竜!

 以上

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。