2010年12月24日(金) 23時36分51秒

マジ無理、ほんともう無理

テーマ:日記

なんつーか無理

定あきです


 まず涼宮ハルヒの憂鬱という作品について話をしましょう。

 あの作品の名前が世に広がり始めアニメ化で大ブレイクして騒がれたのは、もう4,5年前でしょうか…、いえ、もっと前ですかね。さして時期は関係ないのです。

 とりあえずアニメ化する前から、面白いと評判になりつつあったので一気に3巻まで買って読んだ当時の定あき。

 しかし「…これ、そんな面白いか?」という感想でした。

 「未来人と宇宙人と超能力者」云々という台詞をチラシで初めて目にした時、近未来でそういうのが日常になった作品の話かと連想したのですが、全くそんなことはなく、ただ頭のおかしい既知外女子高校生の願望が実現するという話でした。

 つまらないという訳ではありませんが、少なくとも世間に騒がれるほどの面白さのある作品には到底思えませんでした。

 でも今はこう思うんです

涼宮ハルヒの憂鬱はすっげぇ面白いんじゃねぇの!?

 って。

 少し前に、今更エンドレスエイトを見たんですが、別にそれが原因じゃありません。

 むしろ、涼宮ハルヒ関連の作品に触れて云々というものでもありません。

 こう思ったのは、逆説的な結果なのです。

 具体的には

「俺の妹がこんなに可愛いはずがない」があまりにもつまらな過ぎて、この作品のつまらなさから考えれば、涼宮ハルヒの方が全然おもしれーわ。

 となった訳です。


 万能美少女が実はガチオタで、兄への吐露をきっかけに周囲にも打ち明け、親にもバレて、でもなんだかんだあって素直になってく。みたいなのが序盤の面白さってーのは分かるんですがね…。

 18禁ソフトを娘がやって親が激怒ってーのは、まぁなんとなく分かるが、そういう趣味をしてるというだけで親友だと思ってた人間を拒絶するって、そんな奴いないんだけどな…。

 どんなに早くても、成長の過程でオタクの要素が混じってくのって、小学生高学年くらいだと思うのよ。

 それ以前は漫画好きでアニメ見てても、経済的な問題もあってオタクって言えるほどいろんなものに手を出せるはずもないし。

 で、その間にまぁ友達と言える人間ができると思うんだけど、そうやってできた人間が、その後自分がオタクになったからという理由で離れていくなんてことも無いと思う。

 つか自分がその例で、今考えると幼少期~中学までの定あきは今以上にウザくて空気の読めない人間だった訳ですが、それでもオタクという理由で友人が離れていったなんてことは全くなし。


 そういう経験からすると、まず5話くらいで親友がオタク趣味だからという理由で完全拒絶して、人を指して「偽者」呼ばわりするという展開がもう理解できない。

 親に怒られる時の理由もそうだけど「世間が蔑視してる」「有名な評論家が危険だって言ってる」とか、そういう世間がダメって言ってるからダメ。この考え方をリアルでオタクに向けてる人間なんて、実際んとこ見たことないんだけどな…。

 まぁそこはともかく、その妹の問題解決の為に兄が動くっていうのも理解できん。

 あと、あの主人公の、妹の親友の説得の内容が「あの事件の真実はそうじゃなかった」と、オタクが起こした事件が話の争点になってるけど、そこも意味がわからんかった。

 本人の人間性に問題が無い限り、オタクがどんな事件起したって、オタクだからという理由で周りから非難されるなんてねーよ。その点で言えば、あれだけ万能美少女キャラがオタクだからって、意外と思われても危険視されるはずもねーよ。

 その問題の事実を確かめる為に親の協力までしてもらってるけど、あの親友キャラ説得材料が、その事件の真相だとすると、別の事件が起こって、尚且つマジにオタクがオタクらしい痛々しい理由なんてことになったらもう親友キャラ説得するの不可能じゃん。

 見ていて思うのは、全体的にどうしてそういう方向に話が進むのかさっぱりわからないということ。


 まず自分の趣味の一部が兄貴に露呈したから、兄貴に全部吐露する。ここが分からない。

 そのあとその兄貴に無理矢理エロゲをやらせようとする。ここが分からない。

 親にバレて非難されて逃げ出して喫茶店で泣き言言う。せめて公園とかにしろよ。

 主人公の「高校生がエロゲやってなにが悪い!」発言。悪い。

 エロ同人満載ボックスを回収するのに、何故か力ずく。小声で一言言えば良いじゃない…。

 親友関係の話は全体的によくわからない。


 でもこのアニメ、今世間じゃすっごい人気なんでしょ?

 どんだけ俺は時代の流れに逆行してんだよ。

 つか、コレと良い乃木坂なんたらの秘密と良い、とりあえず美少女がオタクっていう設定ならなんでもいいんじゃねぇかって気もしてくる。

 

 ということで、俺の妹云々があまりに酷くて、これを考えると、ハルヒって面白かったんだな。って思いなおした。

 ハルヒは、ハルヒの頭がおかしいってだけで、話がどう転んでもまぁ違和感がないからなぁ。

 おそらく先の話で、そもそも何故妹がオタクの道に走ったかっていう原因の話も出てくるんだろうけど、なんにせよ中学生の女の子がエロゲやってる時点で気持ち悪いわ。

 巷で面白いと噂だった某漫画で、中学生が授業中にナチュラルにタバコすう程のヘビースモーカーなんて設定があるのと同じくらい気持ち悪いわ。


 最近どんどんどんどんアニメ見なくなってきてるけど、そりゃこんなアニメばっかりが受けて世間に増えてったら、必然的に俺がオタクじゃなくなるわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010年12月19日(日) 23時34分59秒

ちきしょう!ちきしょう!!

テーマ:日記

久々に電車の中で泣いた

定あきです


 そうですね…本当に久々です。前に泣いたのは、確か今年の10月くらいだったでしょうか…。


 スカーレット・ウィザード


 という、茅田砂胡先生の2作品目の作品を読み終わりました。

 なんていうか、なに?この終わり方?っていう感じでした。

 幽霊星ってボンジュイの事じゃねぇの!?


 前作のデルフィニア戦記は、まぁ余韻を残しつつもそれなりにスッキリ終わらせたのに、スカーレットウィザードはやけに思わせぶりな感じで終わったものだと思う。

 定あき、あまりSFって好きじゃないの。機械の名詞みたいなのが一杯出てくるから。

 でもこれはかなり楽しんで見れた。やっぱ人間劇が上手いとそれだけで面白いね。多分水野良のスターシップオペレーターズとかも、読んだら面白いんだろうなと思う。リウィで水野良好きだし。


 多分、次シリーズの暁の天使たちでボンジュイに帰ってきたリィの話と、さらにそこでまたケリーが出てきて、いろいろあってクラッシュブレイズに続くんだと思う。

 クラッシュブレイズは4巻くらいまで読んだけど、今まで出てきたキャラ達が集まってワイワイやるっていう、タイプムーンの歌月十夜とか、フェイトフォロウとかああいうのと同じ雰囲気がするんだよね。

 ファンディスクというかなんというか。


 デルフィニア戦記は、異世界から迷い込んできたリィがクーデターで国を追われた国王ウォルと共に戦う話。

 スカーレットウィザードは、宇宙経済の頂点に立つ会社の後継者ジャスミンが、孤高の宇宙最強の海賊ケリーを結婚相手にして、ジャスミンを引きずり落とそうとする会社の幹部達と争う話。

 大雑把ですが、こんな感じ。

 めちゃくちゃ面白いので、読んでみれ。

 まぁスカーレットウィザードは5巻までと短いし、SFに興味が無いとちょっと億劫なところもあるけど、まずデルフィニア戦記を読んで茅田作品に慣れてから読めば大丈夫。

 デルフィニア戦記は、ラノベ好きの後輩に読ませたら、読ませただけなのに何故か軽く尊敬されたような気がするくらい面白い作品。

 早く次を貸してくれと催促されたので、全4章あるうち、3章まで全て100円で買えたので進呈したら、すっごい感謝されちゃった。

 まぁそんくらい面白い訳ですよ。


 別に本を読むのにそんなに興味が無ければ、別に良いです。


>空想さん

 どうもあの手のゲームは、ヘッドフォンを装着するのではなく、首に引っ掛けて最低限の音だけ聞こえるようにしてやると酔わないようです。

 SDガンダムの対戦ゲーム、SDGOで判明しました。ヘッドフォン首に引っ掛けるだけだと何時間でも遊んでられると。

 あと、まぁ、ヘルズゲートでは頂点取りたい訳でもないですし、自分が楽しいめるならブレードマスターでも別に良いんじゃないかって思いました(墓石乱立しながら


>釜さん

>>戦場の絆

 なにその下手なギャンブルより危険なゲーム。

 バンダイもやる事がアコギだぜ…

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年12月10日(金) 23時58分58秒

HELL GATE

テーマ:日記

ちょっと頭痛い

定あきです


 定あき、3Dにめっぽう弱い。

 俺の3D酔い耐性の無さは異常。乗り物酔いは滅多にしないのにね。

 自分としては、動体視力が良いので画面上の細かな変化を感知しているが、脳がそれを処理しきれない為、脳に過負荷がかかって頭痛がすると…そういう言い訳を自分にしている。


 空想さんもすなるHELLGATEというものに手を出してみた。

 そこらのMMOより導入が分かりやすい。

 ただ、戦闘で何が起こってるのか良く分からない。とりあえず敵の周りで武器振り回してればいつのまにか勝ってる。二刀剣使いだからかなぁ。


 今空想さんのブログを読んでいたら、ブレードマスターは無しというアドバイスが…。

 プレイを始めて2時間程度…引退の頃合か…。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年12月07日(火) 23時45分31秒

気が狂いそう…

テーマ:日記

面倒ごとってなんで集中して起こるのかね…

定あきです


 ホント世の中って既知外だらけだわ…。

 ここんとこ集中して、仕事で頭のアレな人間が多く出没している。


 何度か、仕事で酷いミスをしたということを書いていましたが、マジでそのミスの内容が書くのもためらわれるぐらい酷かったので書いていませんでした。

 が、ようやく事態が解決へ向けて動き出したので、そろそろ自分のバカさ加減を書いてしまおうかと思う。

 この人気が関係者に見られて、また会社の上の方に見られて特定されるとまずいので、あんまり具体的な言葉は使わないで書きます。


 11月の下旬に、かなり高い商品の注文をされていて、それが入荷。

 その客が人の話を聞かない、もしくは聞いても自分に都合の悪い内容の場合完全に意識の外に追いやってしまうという非常に厄介なババアで、その日も、唐突に店に来たと思ったら、勝手にバックヤードに突っ込んで行って「これが私の?」と勝手な行動を取る。

 パーツを交換していて、本来付いていたパーツを取り外してまとめておいたんですが、それを見て「どうしてこっちのパーツは付けてくれてないの?」と意味不明な事を言い出す。

 その2つのパーツは、構造的にどちらか片方しか取り付けできないもので、当然、注文された時にもそのことは説明していたにも関わらず、やっぱりその説明異は無かった事になってる。

 「こっちのパーツに交換したので、こっちは取り付けられませんよ」と説明しても「いや!私付けてるの見たことある!付くはずでしょ!」と、かなりレアケースの目撃情報おを訴え始める。

 この、できる、できないの決着がつくのに20分ていど掛かった。本来なら、それだけで一連のお渡し手続きがおわる時間。

 同じようなやりとりが延々続き、結局商品を渡すまでに通常10分から15分程度かかるところが、1時間30分かかった。

 やっと全ての手続きが終わり、商品を渡してその客が帰ったのを見送った直後、大変なミスに気付いた。


 金もらってない


 絶対やってはいけない失敗ランキング完全1位をやってしまった。

 その客があまりにウザ過ぎて、本来ならそんなウザイ客相手にはむしろ絶対にミスをしてはいけないのに、嫌な事を早く終わらせたい一心と、まともに意図の通じ合わない質問と説明の連続で、完全にやってしまった定あき。

 戻って追いかけようかと思ったが、かなり遠くへ行くのを見送ったし、少しだけ時間が経っていたのでもう追いつくのは困難だと感じ、即電話で連絡を試みる。が、繋がらない。

 とりあえず上にそのことを報告し、とにもかくにもその客と接触を取るために動いた。

 が、それから一週間、接触が取れなかった。その客の住所にも直接行ったけどダメだった。

 しかし事態は定あきが休みの最中に進展した。

 客が自ら、商品の調整をする為に来店した。

 事態を知っていた売り場の皆が、件の客だということに気付き、「うちのバカ定あきが、御代を頂戴し忘れたので、こちらのお金を払っていただく必要がある」と説明すると、「銀行へ行かないと持ち合わせが無い」「急いでいる、モノは返して欲しい」という話になる。

 当然、ウチとしては金を払ってもらうまでは店の商品という扱いなので、今更返せるわけもなく、そこで少し問答が続いた後、唐突に立ち去ったらしい。

 そこで面々は、諦めて銀行へ行ったのだろうと思った。

 が、しばらくして戻ってくると、そのババアは、またしても商品を置いていたバックヤードに買ってに突撃し、商品を持って帰ろうとした。

 慌てて止めて、お代の事を話すも「金は払った!」と主張し始める。

 難しいのは、このババアは自分に都合の悪い事は完全に頭から閉め出し、自分の妄想を現実だと思いこんでしまう脳を持っているらしく、割と本気で金を払ったと言ってるらしい。

 元々は定あきのミスなので、ここまで暴言を吐くのもアレなのだけど、金を払ってもらってない以上は商品は未だ店の商品だし、仮に定あきが金をもらい忘れたとしても、それが金を払わなくていいという流れになるのはいくらなんでもなり得ない。

 チームの責任者も呼ばれて、再び「御代をもらってない」と「金は払った」の問答の堂々巡り。

 結局その日は、そのババアは暴言を吐き捨てて商品を置いて帰っていった。

 この日は定あきは休みで、完全にその場にいた人間に聞いた話になるが、この話が店長や責任者の面々に報告され、今後どういう対応をするかという話になる。

 場慣れしすぎている店長は、金はもらって当然だし、こちらから詫びる必要も無い、あくまで毅然とした対応を取ればいいと主張。

 とりあえず定あきが電話してババアと接触を図るも、電話ではやはり繋がらない。

 そして週末の夜、思い出したようにその番号に「今日も繋がらないだろうなぁ」と内心思いつつ電話すると、ババアが電話に出た。

 軽く驚きつつ話をすると、始めはまともに会話が成立していたが、どんどん興奮していって、何を言ってるのか、何が言いたいのかが良く分からなくなる。

 先日に、「御代をいただいていないのでお渡しできない」ということを説明し商品を渡さなかった事に対し「泥棒の犯人扱いされた」という良く分からない被害妄想を叫ばれ、前述した通り、この妄想はこのババアの中では半ば現実として認識されてしまっているらしい。

 その時の会話の一部がこんな感じ


バ「結局あんたはどうしたいのよ!」


定「我々としてはやはり御代をいただかなければなりませんので、もしご足労いただくのが面倒であれば」


バ「そうじゃないでしょ!あんたのせいで私は非常に不愉快な目にあったのよ!」


定「まことに申し訳ありません」


バ「申し訳ありませんじゃないわよ!誠意を見せなさいよ!あんたはどうしたいの!」


定「確かに私のミスで大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、やはりお代は」


バ「そうじゃないでしょ!あんたはどうしたいのよ!」


定「・・・(会話が成り立たないことに焦る)」


バ「あんたの所為でこうなってるんでしょ!あんたが悪いのよわかってんの!」


定「はい」


バ「はいじゃないわよ!」


定「申し訳ありません」


バ「申し訳ありませんじゃないわよ!あんたはどうしたいのよ!」


 という、会話の不成立っぷり。

 何言ってもあんまり意味が無さそうだったので、途中からもう相手の言う事に対して適当に相槌を打つ程度にして、最終的には金の問題になり、要約すると「誠意を数字で示せ3万円なら買う」と要求してきた。本来は13万程の商品。

 ありえねーと思いつつ、「私の一存では決められないので、上のものと話します」といってこの電話を終了。

 これを責任者各位に報告したところ、3万にしろという要求は、ほとんど詐欺まがいな事に成り始めているという認識になり、ここに来て完全にババアの扱いが、悪質な既知外というレベルになる。

 上位責任者は「もう放置しようぜコイツ」とまで言い出す。

 そもそも品を差し押さえて金をもらってないという話をした時に、「払った」と言い張っていたのに、希望金額を向こうが提示してくるあたり、払ってないという事実を理解しているし、本当に人間として意思が通じ合えない相手だと感じる。

 結局3万なんていう要求は呑めるはずもなく、店長の意向として、お客を相手にしているという意味で丁寧に接する必要はあるが下手に出る必要は皆無という方向性が定まり、責任者の一人が、定あきの代わりに電話をすること。

 細かいところを省略するも、だいたいこんな感じ


責「うちの定あきが大変迷惑をかけましたが、販売価格に関しては下げることはできず、あくまで当初のお値段になる」


バ「そう・・・まぁ仕方ないわね。主人に相談するわ」


責「はい、お願いします」


バ「でも、この前本当に泥棒扱いされたのよ!!」


責「いえ、そのような扱いは一切しておりません」


ガチャン!ツー ツー


 電話を切られる。結局状況の進展は無し。

 用件は伝えられたものの、やりとりに進展がなく、数日が過ぎた。

 すると、また定あきが休みの日にババアが直接店頭に出現。

 諦めて金を払いにきたでもなく、文句を言いにきたでもなく、商品に自分で取り付けたパーツを交換しにきただけで、状況の進展なし。

 その場で「もう訳のわかんない人に電話させないで!定あきさん以外の人間は電話しないで!」と言われたらしく今日、定あきが連絡をする事に。


バ「この前変な人から電話あったのよ!定あきさん以外の人が電話しないでよ!」


定「○○からの電話ですね」


バ「知らない知らない、名前なんて聞いてない」


定「○○からの電話でも話させていただいたと思うんですけども・・・」」


バ「そんな話されなかった」


 なんなんだよこのババァ!!

 電話をした責任者は、三度、ババアに名前を尋ねられ明確に説明をしたという。そのくせ会話の内容はおろか名前までおぼえて無いとか言い出す。

 多分このババァのことだから本当にもう頭の中には残っていない様子。


 結局、ここにきて事態は少しずつ解決に向かっている為、ブログに書いてしまうことにしました。

 まぁ実際問題、発端は定あきの低レベルかつ悪質なミスなんですが、それ以上にこのババァが悪質すぎる。まともに会話が成立しないし、むこうが妄想を現実として喋るしで、もうどうしようもない。

 これ以上ごねたら、「じゃぁもう買わなくていいです」という話にするよう、店長からも言われた。

 ほぼ周り全員の見解が、ミスをした定あきはもちろん悪いが、高額な商品だし、金を払うのは当然の事であり、定あきのミスがあったとしても客の方が金を払うのは当たり前。ミスがあったのとしても金を払わなくていい訳は無い。そこであれだけごねるのはおかしい。あれは悪質な何か。という感じになっている。

 定あきは、ミスの張本人だけど、相手はもうまっとうな思考回路を持っていない頭のかわいそうな人、というあくまで病的な何かとして感じているが、周りはみんな意図的やっている詐欺まがいだと言っている。


 まぁとにかく、とんでもない既知外相手に問題をおこしてしまったものだ・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。